グループ企業

キリンビバレッジの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

キリンビバレッジ転職者の主なキャリアステップ

キリンビバレッジの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、学歴は幅広くなっています。

前職キリンビバレッジ在籍者はプロパー社員がほとんどであり、転職事例はほとんどなく、一部社員はキリングループからの出向や転籍の事例が多くあります。

次の転職先キリンビバレッジからの転職先として、P&Gなどの消費財メーカーコカ・コーラなどの飲料メーカーアビームやドリームインキュベーターなどのコンサルへ転職しています。

キリンビバレッジは、日本の清涼飲料水メーカーであり、清涼飲料などのRTD製品の製造や販売を行っている企業です。
1963年に「自動販売サービス株式会社(現・キリンビバレッジ株式会社)」を創業して以来、「品質本位」「お客様本位」を掲げ、清涼飲料の販売を通じて、新しい飲料文化の創造を目指しています。
2006年、親会社であるキリンビールが、長期経営構想の一環としてキリンビバレッジを完全子会社化、資本金は84億1,650万円で、従業員数は3,629名です。
現在キリンビバレッジはキャリア採用を行っており、各地のグループ関連会社を通じて応募することができます。

キリンビバレッジを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・キリンビバレッジの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、キリンビバレッジの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • キリンビバレッジの企業概要
  • キリンビバレッジの転職ポイント
  • キリンビバレッジの社風や企業文化

キリンビバレッジに転職するポイント

キリンビバレッジの特徴

POINT

  • ・ブランド力が非常に高い
  • ・各地にグループ関連会社を展開
  • ・研修制度が充実している

キリンビバレッジへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に少ない
  • ・営業を中心に求人募集
  • ・新しいアイデアを生み出す発想力が重要

キリンビバレッジの企業概要

会社名 キリンビバレッジ株式会社
本社所在地 東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス
社長 堀口 英樹
設立 1963年4月15日
株式 非上場
株主構成 キリンホールディングス株式会社(100%)

キリンビバレッジの売上

キリンビバレッジは非上場のため、親会社であるキリンホールディングス株式会社の売上高を掲載しています。

キリンホールディングスの売上推移

事業年度 2018年度 2019年度 2020年度
売上収益 1,930,522百万円 1,941,305百万円 1,849,545百万円
税引前利益 246,852百万円 116,923百万円 124,550百万円

キリンビバレッジの最新ニュース

キリンビバレッジの事業内容

キリンビバレッジは、清涼飲料水の製造や販売を行っている企業です。
主力商品として、「キリン 午後の紅茶」や「ソルティライチ」などを製造し、提供しています。
また、特定保健用食品「キリン メッツコーラ」といった健康に配慮した商品の展開も推進しています。
さらには、売れ筋商品のデータ収集や、自動販売機を設置している企業の要望や苦情などのフィードバックなどにも取り組み、空き缶改修や自動販売機の清掃し、快適な環境の提供にも注力している企業です。
今後の展望して、「キリン 午後の紅茶」のリニューアルをはじめ、売れ行き好調な商品ブランドの強化と育成に取り組み、商品ラインナップの拡大を目指しています。

キリンビバレッジの募集要項

ルート営業

担当エリア内のキリンビバレッジの自動販売機を定期的に巡回し、商品の補充と売上金の回収などの業務を行います。
具体的には、訪問計画の立案や顧客のニーズを捉えた商品構成の工夫、自動販売機の環境整備など自動販売機の管理業務全般を行います。
入社直後から数年間は既存の取引先を担当し、その後スキルアップしながら、さまざまなキャリアを選択していくことができる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・高校や短期大学、4年制大学を卒業している
  • ・普通運転免許を保有

メンテナンス・サービス

自動販売機などの販売機材の設置や修理、撤去、整備、廃棄といったメンテナンスに関するトータル管理業務を行うポジションです。
高い技術サービス力を支える人材を養うため、国家資格である「自動販売機調整技能士(特級・一級)」の取得を積極的に進めています。
また、実機を使って行う動作説明や分解、組立などの実践的な指導をする新入社員教育をはじめ、各種の技術研修やOJTを実施しているため、自身の成長が見込める職種です。

必須な経験・スキル

  • ・自動販売機のメンテナンス経験
  • ・普通運転免許を保有

ラインオペレーション

清涼飲料製造場でのものづくりをたんとうするポジションです。
具体的には、中味を作る調合工程からボトルを製造する成形工程、ラべリング・ケーシングを行うパッケージング工程まで製品製造に関わる一連の工程で、機械操作を中心としたオペレーションと管理を行います。
さらには、生産設備のメンテナンスや新商品スケールアップ、生産産性向上、品質向上に繋がる改善活動も担う職種です。

必須な経験・スキル

  • ・工場の生産ラインでの機械操作やトラブル対応などの経験
  • ・設備保全やメンテナンス、改善活動などのオペレーション作業経験

キリンビバレッジの転職難易度

キリンビバレッジの転職難易度は比較的高いです。
ポジションによっては、未経験や経験が少なくても応募することができますが、基本的には一定以上のスキルや経験が必要となっています。
また、キリングループということもあり、知名度が非常に高く、応募者が多くなる傾向があります。
さらには、人柄やコミュニケーション能力の有無なども問われるため、キリンビバレッジへの転職は、簡単ではないといえるでしょう。

キリンビバレッジが転職者に求める人物像

キリンビバレッジは強い志と主体性を持った「人の力」を原動力として、「よろこびがつなぐ世界」を目指して、一人一人が新たな価値創造に挑んでいる企業です。
そのため、自由な発想で新しい価値を顧客や社会に提案することへの熱意、謙虚な気持ちでステークホルダーに貢献するという誠実さ、個々の価値観や視点の違いを認め合う多様性を持っている人材を求められます。
面接では、これらをアピールできるエピソードを用意し、面接官を感心させられるようにしましょう。

キリンビバレッジの転職までの流れ

キリンビバレッジの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接・筆記試験

想定選考官:人事・現場責任者
想定内容:志望動機や前職までの経験など、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、人柄を見るような質問をされます。

内定

キリンビバレッジの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回ですが、タイミングなどによって異なります。
1回あたりの時間は30分~1時間です。

キリンビバレッジの面接内容

キリンビバレッジの面接は、志望動機や前職までの経験など、定型的な質問から進みます。
それ以外にも、「学生時代に打ち込んだこと」や「意見に反する人に対し、どう対応するか」など、人柄や人間性を判断するような質問をされる傾向があります。
これといった奇抜な質問をされることはほとんどありませんが、どんな質問に対しても一貫性をもって回答できることが肝心です。
面接の雰囲気は、比較的和やかであり、終始話しやすい雰囲気で行われるため、変に緊張せず、自分らしく面接に臨むことができるでしょう。

キリンビバレッジで働いている方の評判・口コミ

ルートセールス、在籍7~10年、男性
ルート営業なため、新規開拓のようなことはほとんどありません。しかし、自分の裁量で仕事することができ、単純な仕事もさまざまな工夫をしたり、クリエイティブな活動をすることができるため、人によっては楽しく仕事できると思います。
営業マネージャー、在籍10年以上、男性
職種ごとで豊富なスキルやさまざまな知識を得ることができる研修が充実してます。全体的にスキルアップのための制度が多く、外部の研修を受けることも可能です。また、そういったことに会社から支援されるため、実費負担が少なく勉強することができます。
法人営業、在籍3~5年、女性
残業時間が特に多いということもなく、無理なく働くことができます。また、溜まっている仕事などがなければ、有給申請することもでき、比較的自由に休みを取ることができると思います。

口コミの要約キリンビバレッジの口コミを見てみると、自身の裁量で仕事することができ、自身の工夫を加えながら働けるということが伝わってきます。また、溜まっている業務がなければ、比較的有給取得がしやすいということが伺えます。

キリンビバレッジの年収・給与

年収 563万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備、家族手当、自己啓発支援制度、財形貯蓄など

キリンビバレッジでの転職者の出世難易度

キリンビバレッジの出世難易度は比較的高いです。
在籍している社員は優秀な方が多く、また、優秀な人材がキリングループから出向してくることもあります。
その中で、自分が出世するというのは、簡単なことではありません。
ただし、評価制度は平等であり、プロパー社員と中途社員での出世しやすさの違いはないでしょう。
中途社員でも、より多くの実績を残し、周囲に認めてもらうことで出世できる可能性があるといえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 課長 800万円
30代後半 主任 800万円
40代前半 部長代理 800万円
40代後半 部長 1,200万円
50代前半 部長代理 1,100万円
50代後半 役員級 1,800万円

キリンビバレッジはどんな人が働いている?

キリンビバレッジの従業員数

3,629名(連結)

キリンビバレッジの平均年齢

38.1歳

キリンビバレッジの平均勤続年数

15.6年

キリンビバレッジの社風

キリンビバレッジは、コンプライアンスを尊重している社風があり、人当たりが良く活気がある社員が多く在籍しています。
社員自ら考えて協力しながら仕事を進めることができ、成果をあげればしっかり評価してもらえるので、安心して働くことができます。
また、働き方改革にも率先して取り組んでおり、フレックスタイム制により勤務時間の調整ができるなど、非常に働きやすい企業といえるでしょう。

キリンビバレッジのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 所定労働時間 7.5時間
休日 週休二日制
その他の休日・休暇 有給休暇、年次有給休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月20時間前後
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り(一部)
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

キリンビバレッジの社長

木村 弘毅

1962年生まれ、神奈川県出身。
慶應義塾大学商学部卒業後、キリンビール株式会社に入社。
2000年に営業本部営業部長代理に就任し、その後も総務部秘書室部長代理や経営企画部部長代理、フォアローゼズディスティラリー代表取締役社長を歴任。
さらに、2013年に小岩井乳業常務取締役、2014年からは小岩井乳業代表取締役社長に就任。
2016年より、キリンビバレッジ代表取締役社長に就任し、主に電子商取引などを担当している。

キリンビバレッジ現職、OB/OGの有名人

前田 仁

1950年生まれ。
元キリンビバレッジ代表取締役社長。
関西学院大学経済学部を卒業後、麒麟麦酒(現・キリンホールディングス株式会社)に入社。
営業を経て、マーケティングを担当し、キリン一番搾り生ビールや麒麟淡麗〈生〉、氷結などのヒット商品の開発を担当。
2004年に麒麟麦酒執行役員酒類営業本部企画部長に昇格。
2006年に執行役員国内酒類カンパニー戦略企画部長、2007年キリンホールディングス常務執行役員、メルシャン代表取締役専務執行役員を歴任。
2009年にはキリンビバレッジ代表取締役社長に就任。
それ以外にも、全国清涼飲料連合会会長や亀田製菓取締役などを務めていた人物。

キリンビバレッジの転職に関わるQ&A


社員の多様化したニーズに対応するため、外部厚生システムを導入しており、育児や介護、家事代行、宿泊のメニューを利用することができます。

また、その他財形貯蓄(住宅・年金)や財形住宅融資、団体保険(希望グループ生命保険ほか)、キリングループ従業員持株会などもあります。
さらには、キリングループ福祉会という互助会もあるため、非常に働きやすい環境があるといえるでしょう。


業界基礎知識研修やオペレーション研修、安全運転研修などの新入社員研修があります。

また、業務習得マンツーマン教育や正社員登用診断などの契約社員研修、人権研修やコンプライアンス研修、ハラスメント研修などのCSR研修など、多数の研修制度が整っています。

キリンビバレッジへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

キリンビバレッジの公式HPにある採用情報ページからエントリーすることができます。
採用情報ページには、トップメッセージや企業方針、事業紹介など、さまざまな情報が掲載されているので、企業研究に役立てることができるでしょう。
ただし、2021年3月現在、キリンビバレッジの求人情報は掲載されていません。
それでも転職したい方や確実な転職を目指している方は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、キリンビバレッジの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

自分のタイミングで転職活動したいなら「転職サイト」

キリンビバレッジへの転職において転職サイトの活用を考えているなら、豊富な求人案件数を誇り、転職サイトの中ではハイクラス求人を豊富に取り扱っている「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つあります。
・求人数が豊富で選択肢が比較的多い
・スケジュールの状況に合わせて転職活動が可能
・少しでも気になった求人があれば、気軽に応募できる

求人案件を多く扱っているため、自分の希望する条件を満たしている求人を探したいという方は、転職サイトの利用がおすすめです。
転職エージェントとのスケジュールが調整しにくく、なかなか転職活動ができないという方でも、転職サイトなら自分のペースで転職活動がしやすいという特徴があります。
また、気になった求人があればすぐに応募することができるので、比較的時間をかけずに転職活動することができるでしょう。

doda X(旧:iX転職)は平均年収が全体的に高く、年収交渉も可能!

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールです。

※画像はイメージであり、タイミングによって掲載内容が異なる場合があります。

doda X(旧:iX転職)では、今の自分の市場価値を知ることができ、より自分に合ったポジションへ転職しやすくなっています。
また、キャリアアドバイザーの評価を知ることができ、自分に合ったアドバイザーを見つけることができるというメリットもあります。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

ニッソウの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

ニッソウは、原状回復工事や空室対策リノベーションといった建設業を手掛ける企業です。 そのほかにも、賃貸物件などの入退出の際に行うハウスクリーニングなども行っています。 これまでに約2,000社の不動産会社との取引実績を誇って...

博報堂テクノロジーズへの転職。グループの情報や口コミを紹介

博報堂DYグループが基盤としている「生活データのマネジメント型プラットフォーム」を様々な形で実装するためのプロフェッショナル集団として設立された博報堂テクノロジーズ。エンジニアを中心に構成されたメンバーが活躍している、2022年4月...

いすゞ自動車への転職は難しい?事業内容や面接の傾向などを解説

▼下記は、いすゞ自動車に転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからいすゞ自動車に転職してくるのか ・転職先:いすゞ自動車からどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

オリックスの転職事情。難易度や年収などを解説

オリックス転職者の主なキャリアステップ 前職 メガバンク 大手証券会社 外資系証券会社 日産自動車などの大手国内メーカー オリックス株式会社に転職 次...

GMOインターネットの転職難易度は?口コミや面接内容などを解説

GMO転職者の主なキャリアステップ 前職 IBMなどのSIer HPなどのIT系ベンチャー企業 ミクシィなどのベンチャー企業 GMOインターネット株式会社に転職 ...

ステムセル研究所への転職は難しい?事業内容や年収、出世などについて解説

赤ちゃんのへその緒や母親の胎盤に含まれる血液である「さい帯血」の分離・保管を行う、「細胞バンク事業」を展開しているステムセル研究所。民間さい帯血バンクとして1999年に設立された、さい帯血バンクや細胞バンクを運営している企業です。同年の...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度は?面接内容・選考フローや年収を解説!

三菱UFJリサーチ&コンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 メガバンクなどの銀行 ソニー、日立製作所などの大手電機メーカー アクセンチュアなどのコンサルティング会社 ...

トヨタ自動車への転職。難易度や年収、面接内容を調査!

トヨタ転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒中心 トヨタ自動車株式会社に転職 次の転職先 国内、外資系の自動車メーカー トヨタ自動車の主な...

三菱自動車工業の転職事情。口コミや年収などを解説

三菱自動車工業転職者の主なキャリアステップ 前職 自動車関連メーカー 機械メーカー 日用品メーカー 商社 三菱自動車工業株式会社に転職 次の転職先 ...

小田急電鉄へ転職すべき?面接突破のポイントや社員の口コミなどを解説

小田急電鉄転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 西武グループ 小田急電鉄株式会社に転職 次の転職先 不動産開発系の事業会社 総合商社 ...

TOP