メーカー

JFEホールディングスへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

JFEホールディングス転職者の主なキャリアステップ

  • 前職

    プロパー社員

  • JFEホールディングス株式会社に転職
  • 次の転職先

    ユニゾホールディングス

JFEホールディングスの主な転職元・転職先

学歴学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職JFEホールディングス在籍者はプロパー社員がほとんどであり、これといった職歴はありません。

次の転職先JFEホールディングスからの転職事例はそれほど多くないが、ユニゾホールディングスなどへの転職事例が挙げられます。

JFEホールディングスは、鉄鋼メーカーであるJFEスチール株式会社やJFEエンジニアリング株式会社、造船メーカーのジャパン マリンユナイテッド株式会社などを傘下に持つ持株会社です。
主に、エネルギー技術や資源リサイクル技術といった幅広い分野に向け、世界最高の技術を活用して社会に貢献しています。
また、2021年に原料物流計画最適化システムを開発し、鉄鉱石ヤードの運用最適化による物流効率向上と安定操業の両立を実現した企業です。
そんなJFEホールディングスでは、データサイエンティストなどのポジションで、自由で柔軟な発想を持ち、社会に貢献する志を持っている人材を求めています。

JFEホールディングスを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・JFEホールディングスの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、JFEホールディングスの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • JFEホールディングスの企業概要
  • JFEホールディングスの転職ポイント
  • JFEホールディングスの社風や企業文化

JFEホールディングスに転職するポイント

JFEホールディングスの特徴

POINT

  • ・鉄鋼メーカーや造船メーカーなどを傘下に持つ持株会社
  • ・世界最高の技術を活用し、社会への貢献に注力
  • ・アジアやアメリカなど、約20か国に事業展開

JFEホールディングスへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は非常に少ない
  • ・データサイエンティストなどで求人募集
  • ・自由で柔軟な発想を持ち、社会に貢献する志を持っていることが重要

JFEホールディングスの企業概要

会社名 JFEホールディングス株式会社
本社所在地 東京都千代田区内幸町2丁目2番3号
社長 柿木 厚司
設立 2002年9月27日
株式 上場(東証1部、名証1部)
株主構成 日本マスタートラスト信託銀行(9.3%)
日本カストディ銀行(6.92%)
日本生命保険相互会社(3.61%)

JFEホールディングスの売上

JFEホールディングスの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上収益 3,873,662百万円 3,729,717百万円 3,227,285百万円
税引前利益 209,313百万円 -213,473百万円 -4,930百万円

JFEホールディングスの最新ニュース

JFEホールディングスの事業内容

JFEホールディングスは、JFEスチール株式会社やJFEエンジニアリング株式会社、ジャパン マリンユナイテッド株式会社などを傘下に持っている持株会社です。
2002年に日本鋼管株式会社と川崎製鉄株式会社が共同して設立された企業であり、主力として鉄鋼分野、エンジニアリング分野、商社分野の3つを展開しています。
JFEグループの戦略機能を担うとともに、リスク管理業務と対外説明責任を果たし、分野ごとの特性に応じた最適な業務執行体制による競争力の強化と収益力の拡大を図っています。
そのなかでも、鉄鋼分野は国内トップクラスの生産規模を誇り、技術開発にも注力しているため、非常に注目を集めている分野です。
今後も、常に世界最高の技術を活用して、社会に貢献することを目指しています。

JFEホールディングスの募集要項

データサイエンティスト

制御技術に関するテーマを担当するポジションです。
具体的には、各種センサデータやプロセス操作量などからなるビッグデータを活用したプロセスモニタリングを行い、直接観察することができない部分の可視化や、品質予測を行うためのシステム開発を行います。
幅広い業務に携わることができる反面、責任のある職種なため、非常に大きな責任感が求められます。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の統計的システムモデリング関係の研究開発経験

JFEホールディングスの転職難易度

JFEホールディングスの転職難易度は比較的高いです。
その理由として、JFEホールディングスは注目を集めている企業であり、知名度が非常に高いということが挙げられます。
そのため、多くの転職者が集まりやすい傾向がある反面、中途採用にキャリア募集は非常に少ないため、倍率が高くなり、競争率が激しくなることが想定できます。
JFEホールディングスへの転職を目指すなら、簡単ではないことをあらかじめ理解しておくことが肝心です。

JFEホールディングスが転職者に求める人物像

JFEホールディングスでは、自由で柔軟な発想を持ち、社会に貢献する志を持っている人材を求めています。
また、自発的に行動でき、積極的に物事に取り組んでいける人材も求めている傾向があります。
JFEホールディングスは、グループ一丸となり、グループが誇る世界最高技術を活用して社会に貢献することを目標としているため、上記のような能力が必要不可欠です。
面接では、「今までに貢献したこと」や「参加したボランティア活動」などを踏まえて、アピールすることで、面接を有利に進められる可能性があるでしょう。

JFEホールディングスの転職までの流れ

JFEホールディングスの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事担当
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、人柄や人間性を判断するような質問をされます。

内定

JFEホールディングスの面接形式

面接は応募者1人に対し、面接官複数人で行われます。
面接回数は2~3回ありますが、職種によって異なります。
1回あたりの時間は30分程度です。

JFEホールディングスの面接内容

JFEホールディングスの面接は、志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問から進みます。
それ以外にも、「自身の長所と短所は?」や「学生時代に頑張ったこと」など、人柄や人間性を判断する質問もされる傾向があります。
特段変わった質問をされることはありませんが、JFEホールディングスにマッチしている人材かどうかを重要視しているため、どの質問に対しても堂々と回答できることが大切です。
面接の雰囲気は、面接官が複数人いるということもあり、圧迫面接のような緊張感がありますが、臆することなく自分らしく面接に臨むと良いでしょう。

JFEホールディングスで働いている方の評判・口コミ

生産技術、在籍10年以上、男性
技術者であれば、巨大で複雑な製造設備の開発や建設、保守など、非常にやりがいのある業務に携わることが可能です。また、そのような業務に携わることで、さまざまな知識やスキルが身に付き、一流の技術者として働くことできるでしょう。
生産管理、在籍5~7年、男性
JFEカレッジという大学の授業に似た講座を無料で受けることが可能です。主な内容としては、製鉄に関する知識から英語、ビジネスマナーなど、社会人として役立つものが多くなっています。そのため、学べる環境は多いでしょう。
法人営業、在籍10年以上、女性
社内の方との交流が多く、全体的に社員は仲が良いと感じます。また、部署によりますが、仕事が溜まっていなければ定時で退社することが可能であり、プライベートな時間を大切にすることができるでしょう。

口コミの要約JFEホールディングスの口コミを見てみると、巨大で複雑な開発や建設、保守など、大きなやりがいを感じられる業務に携われるということが伝わってきます。また、業務に関する知識や英語、ビジネスマナーなど、スキルアップできる環境があるということが伺えます。

JFEホールディングスの年収・給与

年収 966万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 教育資金融資制度、財形貯蓄制度、保養所、両立支援制度など

JFEホールディングスでの転職者の出世難易度

JFEホールディングスの出世難易度は比較的高いです。
在籍している社員はそれほど多くはありませんが、優秀な社員が多く、少数精鋭のような雰囲気があります。
そのため、それぞれ実績を残しており、そのようななかから自身が出世するというのは簡単ではありません。
また、実績以外にも、コミュニケーション能力の高さやマネジメントスキルの有無なども重要な要素です。
JFEホールディングスでの出世を目指すなら、これらを意識し、上司や先輩といった周りの社員にアピールすることで出世への道が拓けるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 なし 800万円
40代前半 なし 900万円
40代後半 なし 900万円
50代前半 部長 1,400万円

JFEホールディングスはどんな人が働いている?

JFEホールディングスの従業員数

52名(単独)
64,371名(連結)

JFEホールディングスの平均年齢

45.1歳

JFEホールディングスの平均勤続年数

21.7年

JFEホールディングスの社風

JFEホールディングスは、和やかな雰囲気があり、誠実な方が多く在籍している企業です。
社員同士のコミュニケーションは比較的活発であるため、さまざまな方と関わることができ、その結果、社員同士は比較的仲が良い傾向があります。
また、若手でも大きな仕事を任せてもらえる雰囲気があるため、積極的に行動し、さまざまなことにチャレンジしたいという方には、向いている企業といえます。

JFEホールディングスのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~17:30(職種による)
休日 土日祝日
その他の休日・休暇 年末年始休暇、慶弔休暇、特別休暇、介護休暇など
平均残業時間 月26時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

JFEホールディングスの社長

柿木 厚司

1953年生まれ。
東京大学経済学部卒後、川崎製鉄株式会社に入社。
主に総務や人事畑を歩み、2003年JFEスチール株式会社の組織人事部長に就任。
2007年に常務執行役員、2012年に副社長に就任。
2015年から代表取締役社長を務めている。

JFEホールディングス現職、OB/OGの有名人

林田 英治

1950年生まれ、神奈川県出身。
慶應義塾大学経済学部卒業後、川崎製鉄株式会社に入社し、水島製鉄所総務部会計課に配属。
1985年にスイス国際経営開発研究所(IMD)へ留学し、1989年に米国アームコスチール(現在のAKスチール社)に勤務。
1998年に経営企画部海外事業管理室長、翌年には経理部長に就任。
2008年にJFEホールディングス株式会社代表取締役専務執行役員に就任し、翌年にはJFEスチール株式会社の代表取締役副社長に就任。
2019年より、JFEホールディングス株式会社の取締役特別顧問を務めている。

JFEホールディングスの転職に関わるQ&A


結論からいうと、業務量が少ないということはありません。
また、時期によっては業務量が増えることもあり、その場合は残業する必要もあります。
ただし、働いた分はしっかりと支給されるため、ブラック企業ではないといえます。


男性社員だけでなく、女性社員も多く在籍しています。
仕事に対する評価制度は、平等な傾向があるため、女性でも正当な評価を得ることができるでしょう。

また、出産や育児といった場合でも休暇が取りやすくなっているため、そういった際でも安心して働けます。

JFEホールディングスへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

JFEホールディングスの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
採用情報ページには、企業情報やニュースリリースなどが掲載されているため、一度目を通しておくことをおすすめします。
ただし、2021年9月現在、公式サイトでは中途採用によるキャリア募集は行われていません。
今すぐJFEホールディングスに転職したい場合や公式サイトに載っていないような求人に応募したい場合は、転職サイトの活用がすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、JFEホールディングスの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

競合他社の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してJFEホールディングスに転職するなら、競合他社の募集要項も一緒に比較できる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までがスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)には、競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールの鉄鋼メーカーの平均年収は、900万円~1,300万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、doda X(旧:iX転職)は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはdoda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

テクノフレックスへの転職情報。口コミや転職難易度を解説

テクノフレックス転職者の主なキャリアステップ ...

日本マイクロソフトへの転職は難しい?口コミや年収などをチェック

日本マイクロソフト転職者の主なキャリアステップ 前職 大手SIer アクセンチュア、IBMなどのコンサルティングファーム 大手ソフトウェア会社 日本マイクロソフト株式会社に転職 ...

三井化学の転職難易度は?面接内容や口コミなどを解説

三井化学転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 凸版印刷 TDK 三井化学株式会社に転職 次の転職先 ・トヨタ自動車、日東電工などの製造メー...

NECへの転職。残業やNECからの転職先などについてご紹介

NEC転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒中心 日立製作所などの大手電機メーカー 日本電気株式会社に転職 次の転職先 パナソニック、ルネサスエレクト...

ミルボンへの転職は難しい?面接突破方法や口コミなどを解説

ミルボン転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 リクルートなどのWEB系事業会社 株式会社ミルボンに転職 次の転職先 ホーユー、ドクターシーラ...

カネカの転職事情。年収や面接内容など解説

カネカ転職者の主なキャリアステップ 前職 小林製薬などの化学系メーカー シャープ、東芝などの大手製造メーカー 株式会社カネカに転職 次の転職先 P&am...

レキットベンキーザーへの転職はおすすめ?年収や転職情報について調査

レキットベンキーザー転職者の主なキャリアステップ 前職 食品・飲料・消費財メーカー レキットベンキーザージャパンに転職 次の転職先 外資系含む食品・飲料・...

森永乳業への転職を成功させるためには?面接内容や年収など解説

森永乳業転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員がほとんど 森永乳業株式会社に転職 次の転職先 ファイザー、大正製薬などの製薬会社 その他メーカ...

オリンパスの転職難易度は?年収や口コミなどを解説

オリンパス転職者の主なキャリアステップ 前職 テキサスインスツルメンツ、パナソニック、ソニー、日立製作所などの大手電機メーカー オリンパス株式会社に転職 次...

ジェイフロンティアへの転職は難しい?ビジネスモデルや年収、面接内容などを解説

ジェイフロンティア転職者の主なキャリアステップ 前職 化粧品メーカー デジタルマーケティング企業 ジェイフロンティア株式会社に転職 次の転職先 化粧品メ...

TOP