メーカー

マブチモーターへの転職。面接内容や評判などを解説

マブチモーター転職者の主なキャリアステップ

日本郵政の主な転職元・転職先

学歴学歴は、高校、短大、大学、大学院卒など幅広く在籍している。学歴の幅は広い。

次の転職先三菱ふそうトラック、積水化学、マキタ、ダイドードリンコ、カシオ計算機、日本板硝子など、様々なメーカーがあげあられる。

マブチモーターは千葉県松戸市に本社を構える、小型モーターに特化した電気機器会社です。自動車関連だと、ミラー用で約85%、ドアロック用で70%。理美容関連で、ドライヤー、シェーバーなどで約40%の世界せシェアを誇っています。モーターの設計開発エンジニア、プレス技術、成形技術エンジニア、金型設計開発エンジニア、その他には営業スタッフやマーケティングスタッフなどの人材を募集しています。更なるグローバル化推進に向けてキャリア採用を積極的に行っています。

マブチモーターを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・マブチモーターの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、マブチモーターの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • マブチモーターの企業概要
  • マブチモーターの転職ポイント
  • マブチモーターの社風や企業文化

マブチモーターに転職するポイント

マブチモーターの特徴

POINT

  • ・小型直流モーターで世界トップシェアを誇る。
  • ・アジア各国に生産シフト加速。
  • ・地球環境に配慮した事業活動の推奨。

マブチモーターへ転職するポイント

POINT

  • ・仕事を通じて社会貢献に参画する気持ちが求められる。
  • ・電磁力の基礎知識、モーターの動作原理等の専門知識が必要。
  • ・事務職や事務職など幅広く求人募集が行われている。

マブチモーターの企業概要

会社名 マブチモーター株式会社
本社所在地 千葉県松戸市松飛台430番地
社長 大越 博雄
設立 1954年1月18日
株式 上場(東証1部)
株主構成 :日本マスタートラスト信託銀行(9.4%)日本カストディ銀行(7.6%)公益財団法人マブチ国際育英財団(4.5%)など

マブチモーターの売上

マブチモーターの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 143,116百万円 131,807百万円 116,432百万円
経常利益 24,840百万円 20,854百万円 12,675百万円

マブチモーターの最新ニュース

マブチモーターの事業内容

マブチモーターの主な事業内容は、小型モーターの開発・製造・販売です。自動車電装機器、事務機器、音響・映像機器に至る様々な用途に対応していて、工業用モーターが中心となっています。世界シェアの有鉄心モーターで、業界1番のシェアを誇る電気機器の大手になっています。現在では小型モーターの生産は、アジアを中心とする海外の工場になっているので、日本にあるのは本社と研究所のみです。

製品開発部門

モーターの開発・既存、既存の品の改良設計を行うポジションです。
製品開発は、お客様との技術的折衝からモーターのコンセプト策定、開発・設計をしていきます。
メーカーとして培ってきたノウハウと技術を融合し、高性能と低価格を両立を目指しています。
0から1を生み出すことのできる職種です。

工程設計部門

新しく開発されたモーターや、既存のモーターを生産するための工法や工程の設計や改善を行うポジションです。
品質の良いモーターをより安く安定的に提供することを念頭に置いて、工程・工法の研究・開発・設計などを行っている職種です。

マブチモーターの募集要項

ブラシモーター、ブラシレスモーターの設計開発エンジニア

小型モーターの設計、試作評価から品質管理をするポジションです。
設計に関する仕様協議や新製品の立ち上げのために海外に出張していただくこともあります。
お客様対応の仕事もあります。

必須な経験・スキル

  • ・電気電子部品や精密機械製品の設計・開発経験
  • ・英語等の語学力

プレス技術・成形技術エンジニア、金型設計開発エンジニア

金型スタンピング部品や射出成形品に関する、生産の開発および改善業務をするポジションです。
金型や部品生産設備に関する、設計業務、研究開発をします。

必須な経験・スキル

  • ・順送系プレス、トランスファー系のプレスの設計経験
  • ・公差設計、加工技術に関する基礎知識
  • ・英語等の語学力

マブチモーターの転職難易度

マブチモーターの転職難易度は比較的高めです。
その理由は、日本を代表する小型モーター企業であり、技術職の転職者に非常に人気です。
中途採用枠は随時募集をしていますが、応募者が優秀な方も多いためそのライバルに勝たなくてはいけません。
また、企業側から求められるスキルや経験も高いためマブチモーターの転職は簡単ではないでしょう。

マブチモーターが転職者に求める人物像

マブチモーターでは、「国際社会への貢献と持続的拡大」という経営理念があります。仕事を通じて、どのように社会に役に立てるのかを自問自答しながら行動できる人物を求めています。営業部門、技術部門の枠を超えた連携が行われ、海外拠点チームとのチームワークも求められます。チームのメンバーでお互いに刺激しあいながら、高い目標に向けて仕事を楽しく進めていける人物が求められます。

マブチモーターの転職までの流れ

マブチモーターの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事担当者
想定内容:志望動機や前職での経験を聞かれます。定型的な質問の他、海外勤務についても聞かれます。

最終面接

想定選考官:役員
志望動機など掘り下げて聞かれます。ゼロから作る開発か既存の商品の改良をどちらをしたいかを聞かれます。

内定

マブチモーターの面接方式

面接は2回あり、適性検査があります。
面接時間は、約1時間程度予想されます。

マブチモーターの面接内容

マブチモーターの面接内容は、志望動機など基本的なことを聞かれ、キャリプランについても聞かれます。海外勤務についても掘り下げて聞かれます。
面接を通じて、コミュニケーション能力を見ているため、自信を持って元気よく回答することが重要です。
面接の雰囲気は、一次面接と最終面接とあまり変わらず、穏やかな場合が多いです。

マブチモーターで働いている方の評判・口コミ

研究・開発、在籍3年〜5年、男性
若くても積極性のある人には、チャンスが多いです。また、海外駐在のチャンスも多く用意されています。30代で3回ほど駐在する人もいます。駐在を目指されている方は、非常に恵まれた環境だと思います。面倒見もよく、中途の方でも馴染みやすいと思います。
海外営業、在籍5年〜7年、男性
世界中の企業と取引があり、製造業としては広いフィールドに関わることができる。家電、音響、精密機器、自動車電装と全く違う雰囲気の違う部門がある。自動車部門では、規模の大きなプロジェクトを数年がかりでこなしていきます。
総合職、在籍3年~5年、男性
休日出勤はありません。残業が発生することも少なく、シフト決定後の変更もほぼないので予定が立てやすいです。希望休も2日取れて、リフレッシュ休暇と組み合わせれば4連休も可能です。早番出勤であれば仕事後のプライベートの時間も維持できます。

口コミの要約マブチモーターの口コミを見てみると、社会貢献度が非常に高く、実感して働いていることが伝わってきます。海外勤務やスキルアップできる環境があり、ワークライフバランスも良いため、働きやすい環境が伺えます。

マブチモーターの年収・給与

年収 680万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 寮社宅:独身のみ(27歳以下)
福利厚生 社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)、社員食堂、語学研修・通信教育の費用補助、財形貯蓄、弔慰金、社員持株会など

マブチモーターでの転職者の出世難易度

マブチモーターの出世難易度は比較的高いです。優秀な社員が在籍しているので、その中から秀でた実績を出さないといけません。実績以外にも、社員同士でのコミュニケーションなども見られます。
リーダーシップやマネジメントの要素も重要です。出世を目指すなら効率よくアピールしていきましょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 主任 900万円
40代前半 部長 1000万円
40代後半 部長 1000万円
50代前半 室長 1300万円

マブチモーターはどんな人が働いている?

マブチモーターの従業員数

851名

マブチモーターの平均年齢

43.7歳

マブチモーターの平均勤続年数

18.0年

マブチモーターの社風

マブチモーターの社風はアットホームで、離職率も低く、各種手当や語学研修などが充実しています。年間休日が127日あり、ワークライフバランスもしっかり人事部で管理されています。
新製品を立ち上げる時期の技術部門は、出張者も含め多忙になりがちです。ですが、社員一人ひとりの残業時間には、上司と人事部が情報交換しながら、有給休暇を促す等のケアを行っています。
福利厚生にもちからを入れており、最近だと育児休暇の取得も増えてきています。そのおかげで、女性社員の平均勤続年数が長くなってきています。

マブチモーターのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 8:30〜17:25
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、夏季休暇、GW休暇、リフレッシュ休暇、年次有給休暇、永年勤続特別休暇など
平均残業時間 月20時間〜30時間
フレックス制度 シフト制
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

マブチモーターの社長

大越 博雄

1961年生まれ、神奈川県出身。中央大学経済学部卒業後、マブチモーター入社。
2004年経営企画部長就任。2009年執行役員管理本部長就任。
2019年より、代表取締役社長CEOを勤めている。

マブチモーター現職、OB/OGの有名人

馬渕 健一

1922年生まれ、香川県出身。1946年関西理科研究所を創業。1954東京化学工業を創業。
1958年には馬渕工業を設立し社長に就任する。1985年社長を弟の馬渕隆一に任せ、会長に就任。

マブチモーターの転職に関わるQ&A


社員の口コミによると、多くの社員は真面目で優秀なようです。中には飛び抜けて仕事をこなすことのできる社員もいます。このような社員一人一人の優秀さと、様々なイベントなどによる社員同士の仲の良さが合わさって、世界最先端の技術を作り出す企業が成立していると言えるでしょう。


事務系方のみTOEIC 730点以上を選考基準として設けています。

マブチモーターへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

マブチモーターの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
採用情報ページには、企業メッセージや企業プロフィールなどが掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、マブチモーターでは、キャリア登録を行ったうえでマッチしているポジションがあれば、企業側からオファーするという方式を採用しているため、募集要項を確認することができません。
自分で募集要項を確認してから応募したい方や公式HPに載っていないような求人に応募してみたい方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、マブチモーターの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

競合他社の募集要項も見比べたいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してマブチモーターに転職するなら、競合他社の募集要項も一緒に見比べられる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・同じような条件の募集も見れる
  • ・求人件数が豊富
  • ・手軽に始められる

転職サイトは、空き時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすいでしょう。
また、求人件数が豊富なため、自分の希望するポジションを見つけやすいという特徴があります。
できるだけ早く転職したい方や希望ポジションを見つけたい方は、転職サイトの活用がおすすすめです。

競合他社を比較するなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)には、メーカー企業をはじめとした企業の募集要項もまとめて確認できます。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールのメーカー業界は、800万円~1,200万円が平均年収となっており、ほかの転職サイトと比べると比較的高くなっています。
また、doda X(旧:iX転職)は非公開求人を多く保有している転職サイトとしても有名であり、ヘッドハンターに相談することで、自分のスキルや経験に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「時計を製造している企業はどれほどあるのか」や「競合他社では募集要項はどのように変わるのか」などが知りたい方は、doda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

第一三共への転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

第一三共転職者の主なキャリアステップ 前職 アステラス、イーライリリーなどの製薬会社 協和発酵、アムジェンなどのバイオテクノロジー企業 第一三共株式会社に転職 ...

住友化学の転職難易度は?年収や口コミなどを解説

住友化学転職者の主なキャリアステップ 前職 新日鐵住金、花王などの大手メーカー 三井物産などの商社 コンサルファーム 大学 住友化学株式会社に転職 次...

ミネベアミツミへの転職情報。面接の傾向や社員の声などを解説

ミネベアミツミ転職者の主なキャリアステップ 前職 京セラ、パナソニック、日本電産などの電子・電機メーカー ミツバ、三菱自動車などの自動車関連メーカー ミネベアミツミ株式会社に転職 ...

コニカミノルタへの転職難易度はどれくらい?評判や採用情報などを調査

コニカミノルタ転職者の主なキャリアステップ 前職 ロームなどの半導体 キャノンなどのメーカー アクセンチュア、BMなどのITコンサル など コニカミノルタ株式会社に転職 ...

オムロンの転職難易度は高い?面接内容や年収などを解説

オムロン転職者の主なキャリアステップ 前職 東芝、IBMなどの大手電機メーカー オムロン株式会社に転職 次の転職先 ソニー、三菱電機、NECなどの大手電機...

パイオニアの転職難易度は?口コミや年収など解説

パイオニア転職者の主なキャリアステップ 前職 JUKIなどの建材メーカー キヤノン、日本電気などの電機メーカー 三菱重工 パイオニア株式会社に転職 次の...

ブルボンの転職難易度は?口コミや社風などを解説

ブルボン転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員がほとんどだが、飲料メーカーからの転職事例あり 株式会社ブルボンに転職 次の転職先 東ハト、三幸製...

パナソニックホールディングス(旧・パナソニック)の転職難易度は?面接内容や年収について徹底調査!

パナソニック転職者の主なキャリアステップ 前職 日立製作所などのIT系メーカー パナソニック株式会社に転職 次の転職先 メーカー Web系事業会社 コ...

三菱電機の転職難易度は?年収や面接対策を解説

三菱電機転職者の主なキャリアステップ 前職 東芝 トヨタ メーカー系 三菱電機株式会社に転職 次の転職先 電機 日用品 アパレル メーカー系 ...

味の素への転職情報を調査!求人情報や事業内容などのまとめ

味の素へ転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー 食品関連企業 アクセンチュアなどの コンサル 総合商社 味の素株式会社に転職 次の転職先 ハウ...

TOP