メーカー

第一三共への転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

第一三共転職者の主なキャリアステップ

  • 前職

    アステラス、イーライリリーなどの製薬会社
    協和発酵、アムジェンなどのバイオテクノロジー企業

  • 第一三共株式会社に転職
  • 次の転職先

    ジョンソンエンドジョンソンなどの製薬会社
    日本メドトロニックなどの医療機器メーカー
    病院

第一三共の主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、大学院卒業の割合が高く、なかには大学卒業の方もいます。

前職第一三共在籍者の主な職歴は、アステラスやイーライリリーなどの製薬会社、協和発酵やアムジェンなどのバイオテクノロジー企業が挙げられます。

次の転職先第一三共からの転職先として、ジョンソンエンドジョンソンなどの製薬会社や日本メドトロニックなどの医療機器メーカー、さらには病院などへ転職しています。

第一三共は、三共株式会社と第一製薬株式会社が経営統合して発足した日本を代表する大手製薬会社です。
主に、薬となりうる物質を新たに発見と開発を行い、医薬品として実用化する創薬型企業を目指しています。
その結果、日本の創薬をリードする多くの薬を生み出してきており、2021年にがん治療用ウイルスG47Δ製品「デリタクト」を製造販売の承認取得するなど、医療業界をけん引している企業です。
そんな第一三共では、データサイエンティストや研究開発などにポジションで、自発的にチャレンジし、自律的な行動により自らを高められる人材を求めています。

第一三共を目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・第一三共の口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、第一三共の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 第一三共の企業概要
  • 第一三共の転職ポイント
  • 第一三共の社風や企業文化

第一三共に転職するポイント

第一三共の特徴

POINT

  • ・三共株式会社と第一製薬株式会社の統合により誕生した製薬会社
  • ・薬となる物質の発見と開発を行い、医薬品としての実用化を目指している
  • ・国内のみならず、アメリカやフランスといった海外へも事業展開

第一三共へ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・データサイエンティストや研究開発などで求人募集
  • ・自発的にチャレンジし、自律的な行動により自らを高められることが重要

第一三共の企業概要

会社名 第一三共株式会社
本社所在地 東京都中央区日本橋本町三丁目5番1号
社長 眞鍋 淳
設立 2005年9月28日
株式 上場(東証1部)
株主構成 日本マスタートラスト信託銀行(11.42%)
日本カストディ銀行(10.04%)
JPMORGANCHASEBANK(9.53%)

第一三共の売上

第一三共の売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上収益 929,717百万円 981,793百万円 962,516百万円
税引前利益 85,831百万円 141,164百万円 74,124百万円

第一三共の最新ニュース

第一三共の事業内容

第一三共は、三共株式会社と第一製薬株式会社が経営統合して誕生した日本を代表する大手製薬会社です。
主に、薬となりうる物質を新たに発見と開発を行い、医薬品として実用化を目指しており、医療従事者や患者とその家族からの期待に確実に応えるべく、健康で豊かな生活に貢献しています。
第一三共の主な事業として、下記の2事業を主軸として運営しています。

国内医薬品事業

第一三共の収益基盤を担っており、医療に関係する幅広い方から信頼のあるパートナーとして認めてもらうことを目標としている事業です。
主力製品として、静脈血栓塞栓症の治療と再発抑制に活用できる「リクシアナ」や、末梢性神経障害性疼痛治療剤の「タリージェ」などが挙げられます。
また、患者視点を大切にしつつ、医療関係者の立場になり、正確かつ迅速に分かりやすい情報を提供しています。
治療満足度をさらに向上する高品質な医療品と関連情報を確実に届け、医療従事者や患者の健康で豊かな生活の貢献に注力している事業です。
今後も、医療関係者や患者からの期待に確実に応えるとともに、医療情報の架け橋として未充足の医療ニーズに応えていくことを目指しています。

グローバル医薬品事業

世界の人々の健康ニーズに応えるべく、世界に通用する新薬を創出や提供に注力している事業です。
「がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」を目指しており、日本はもちろんのこと、アジアやヨーロッパ、アメリカなど、さまざまな国と地域に提供しています。
主力製品として、静脈血栓塞栓症(VTE) の発症抑制が期待できる「エドキサバン」や、動脈の狭窄や閉塞を防ぐ効果がある「プラスグレル」が挙げられます。
世界各地のグローバルかつ多様なニーズを捉え、グローバル医薬品事業に反映するべく、研究開発やサプライチェーン、マーケティングなど、多方面で促進させる活動を行っている事業です。
今後も、 世界各国の医療現場に提供し、国境を越えて世界の人々の健康に貢献することを目指しています。

第一三共の募集要項

データサイエンティスト

医療用医薬品の研究開発や製造、販売などを行うポジションです。
具体的には、CDISC標準に準拠したSDTM/ADaMデータセット仕様と関連資料の作成や、試験中のデータレビュー用プログラム仕様作成と構築、統計解析計画書を基にした帳票/グラフと解析プログラムの仕様作成を行います。
また、承認申請時に必要な電子データの作成や規制当局対応も行うなど、幅広く活躍できる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・5年以上の医薬品企業やCROでの統計解析の実務経験
  • ・5年以上のCDISC標準に準拠したSDTM/ADaMデータセット作成の実務経験
  • ・CDISC標準に準拠したデータセットの作成業務経験 など

薬理研究

中枢神経疾患領域の創薬研究や研究リーダーとして業務を遂行するポジションです。
具体的には、中枢研究ポートフォリオ構築やテーマ立案、評価系構築や化合物評価のリードと研究員への指導、技術導入を行います。
中枢神経疾患領域の創薬研究をリードするマネージャーや、中枢神経疾患領域での大型共同研究やグローバルプロジェクトのリーダーなどを担うことがあるため、キャリアアップが見込める職種です。

必須な経験・スキル

  • ・10年以上の医薬品企業や化学企業にて、中枢神経疾患領域の創薬研究経験
  • ・10以上のベンチャー企業またアカデミアにて、中枢神経疾患領域の創薬に関する研究経験

臨床開発

抗がん剤プロジェクトのグローバル臨床試験のプロトコール作成の推進やオペレーションの推進をリードするポジションです。
固形がんもしくは血液がん領域開発戦略のプロジェクト責任者や、固形がんと血液がん開発チームを束ねるグループのマネージャーなどとして働くため、キャリアアップが目指せるとともに、責任感が問われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の抗がん剤の開発経験
  • ・臨床試験推進のリーダーとしての経験
  • ・固形がんや血液がんなどを含むがん領域の基礎や臨床の知識の保有

第一三共の転職難易度

第一三共の転職難易度は比較的高いです。
その理由として、非常に知名度が高く、人気のある企業であるということが挙げられます。
中途採用によるキャリア募集自体は多くありますが、どのポジションでも倍率が高く、競争率が激しいことが想定できます。
また、企業側からも非常に高いスキルや経験年数などが求められるため、転職難易度は高いといえるでしょう。
第一三共への転職を目指しているなら、簡単ではないことをあらかじめ理解しておくことが肝心です。

第一三共が転職者に求める人物像

第一三共は、自発的にチャレンジし、自律的な行動によって自らを高められる人材を求めています。
また、目標を高く持ち、その想いを行動に変えられる人材や、困難や大変なことに対しても逃げずに立ち向かえる人材も求めている傾向があります。
第一三共は、業界第1位のMRとして顧客から大きな期待を背負っているため、これらの能力が必要不可欠といえるでしょう。
面接では、これらを効率的にアピールし、面接官を関心させられるかどうかがポイントです。

第一三共の転職までの流れ

第一三共の選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事担当者・部署担当者
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、オーソドックスな質問をされます。

最終面接

想定選考官:部長・役員
想定内容:これまでの質問に加え、第一三共について質問をされます。

内定

第一三共の面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回ありますが、職種によって異なります。
1回あたりの時間は1時間前後です。

第一三共の面接内容

第一三共の面接は、志望動機やこれまでの経験など、オーソドックスな質問から進みます。
それ以外にも、「第一三共の製品は10個いえるか」や「客観的に見る第一三共はどんな印象?」といった第一三共に関する質問をされる傾向があります。
これといった変わった質問はありませんが、こちらの回答に対して、「それはなぜ?」と深堀される傾向があるため、一貫性のある回答ができるように準備しておくことが大切です。
企業研究はもちろんのこと、自己分析もしっかりと行い、万全な準備をしてから面接に臨むと良いでしょう。

第一三共で働いている方の評判・口コミ

総務、在籍3~5年、男性
職種問わず、通常の業務に一生懸命取り組むことができ、世のため人のためになると信じながら働くことができます。在籍している社員は自身に業務に高い誇りをもって進めているため、お互いに高め合って働けるでしょう。
医療事務、在籍5~7年、女性
製薬業界のなかでは研修が非常に充実しています。半年に及ぶ研修などがあり、それ以外にも身に付けられる研修が多数あるため、自発的に行動することができれば、どんどんステップアップすることができるでしょう。
MR・MS、在籍3~5年、男性
有給休暇の取得が強く推進されているため、取得がしやすくなっています。基本的には自分のタイミングで取得することができます。また、従業員の健康を守るための労働時間管理なども徹底されているため、働きやすい環境があるといえるでしょう。
口コミの要約第一三共の口コミを見てみると、世の中のために貢献しているという実感を得ながら働けるため、やりがいを感じられるということが伝わってきます。また、研修制度が充実しているため、スキルアップできる環境があるということが伺えます。

第一三共の年収・給与

年収 1126.7万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り(全額支給)
住宅手当 首都圏のみ有り(家族有 55,000円/独身 30,000円)
福利厚生 家族手当、寮社宅、退職金制度、導入研修、OJT研修など

第一三共での転職者の出世難易度

第一三共の出世難易度は比較的高いです。
在籍している社員は優秀な方が多く、それぞれ多くの実績を残しています。
そのようななかから自身が出世するということは簡単ではありません。
また、実績を残す以外にも、高いコミュニケーション能力やマネジメントスキルの保有していることも必要な要素です。
これらを意識しながら実績を残しつつ、周囲に効率的にアピールすることで、出世への道が拓けるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 800万円
30代中盤 主任 900万円
30代後半 主任 1,000万円
40代前半 課長代理 1,200万円
40代後半 課長 1,400万円

第一三共はどんな人が働いている?

第一三共の従業員数

5,703名(単独)
16,033名(連結)

第一三共の平均年齢

44.3歳

第一三共の平均勤続年数

19.6年

第一三共の社風

第一三共は、個人の成果達成に取り組むという風土があり、一人一人が裁量を与えられて働ける企業です。
主体的かつ積極的に取り組める環境などがあるため、スキルアップできる環境があります。
また、風通しが比較的良いため、意見がしやすく働きやすい雰囲気があるといえます。
常に学びやスキルアップを意識し、医薬品のプロフェッショナルとしてキャリアや人間力を磨いていきたいと考えている方には、向いている企業といえるでしょう。

第一三共のワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 8:45~17:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 創業記念休暇、夏季休暇、年末年始休暇、リフレッシュ休暇など
平均残業時間 月20時間程度
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

第一三共の社長

眞鍋 淳

1954年生まれ、香川県出身。
東京大学農学部卒業後、三共株式会社に入社。
研究開発に従事し、2005年に安全性研究所所長に就任。
その2年後、第一三共株式会社に入社、安全性研究所所長に就任。
その後も、執行役員 研究開発本部プロジェクト推進部部長や、執行役員 グループ人事 グループCSR担当、執行役員 戦略本部経営戦略部部長などを歴任。
2019年より、代表取締役社長兼CEOを務めている。

第一三共現職、OB/OGの有名人

中山 讓治

1950年生まれ、大阪府出身。
大阪大学大学院生物工学科修士課程修了後、サントリー株式会社(現・サントリーホールディングス株式会社)に入社。
2000年に取締役に就任し、その2年後に第一サントリーファーマ株式会社を設立。
さらに1年後である2003年に第一製薬株式会社に移籍し、取締役に就任。
2007年の経営統合により第一三共株式会社に入社、執行役員に就任。
2010年に代表取締役社長兼CEOに、2017年に代表取締役会長兼CEOに就任。
2020年より、常勤顧問を務めている。

第一三共の転職に関わるQ&A


結論からいうと、楽に働ける企業ではありません。
一人一人が請け負う業務量は多く、しっかりとした業務管理を行う必要があります。
ただし、一方で頑張れば頑張った分だけ、正当な評価を得られるため、やりがいを感じながら働くことができるでしょう。


男性社員だけでなく、女性社員も多く在籍しています。
仕事に対する評価に男女差別などはないため、女性でも活躍しやすい環境があるといえます。

また、産休や育休といった制度にも理解がある企業なため、そういったライフイベントの差異でも安心でしょう。

第一三共へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

第一三共の公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、「企業からのメッセージ」や「社員と職場環境」、「第一三共人材マネジメント理念」など、企業研究に役立つ情報が多数掲載されています。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまいがちです。
できるだけ時間をかけたくない場合や、公式サイトに載っていないような求人にも応募してみたいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、第一三共の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを利用して第一三共への転職を考えている人には、ハイクラス求人が豊富な「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つです。

  • ・非公開求人が比較的多い
  • ・求人案件が豊富
  • ・案件の確認から応募までスピーディー

転職サイトは、比較的非公開求人を多く持っている傾向があります。
また、非公開求人も含め、非常に多くの求人案件があるため、希望するポジションを見つけ出すことができるでしょう。
さらには、案件確認から応募までが素早く行えるので、できるだけ時間をかけずに転職したい方には、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社の募集要項もまとめて比較したいなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)には、豊富な求人が取り揃えらえており、製薬を行っている競合他社の募集要項も確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)はさまざまなハイクラス求人を取り揃えており、ほかの転職サイトでは扱っていないような非公開求人も持っている可能性があります。
そのため、doda X(旧:iX転職)では、製薬を行っている競合他社と比べながら検討することも可能です。
ほかの競合他社の募集要項も含め、さまざまな情報が知りたいという方は、doda X(旧:iX転職)に登録し、届いたスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

カネカの転職事情。年収や面接内容など解説

カネカ転職者の主なキャリアステップ 前職 小林製薬などの化学系メーカー シャープ、東芝などの大手製造メーカー 株式会社カネカに転職 次の転職先 P&am...

コニカミノルタへの転職難易度はどれくらい?評判や採用情報などを調査

コニカミノルタ転職者の主なキャリアステップ 前職 ロームなどの半導体 キャノンなどのメーカー アクセンチュア、BMなどのITコンサル など コニカミノルタ株式会社に転職 ...

ヤマハ発動機への転職情報まとめ。面接の流れや口コミ、必須スキルなどを解説

ヤマハ発動機転職者の主なキャリアステップ 前職 マツダなどの自動車メーカー ソニーなどの電機メーカー 銀行 ヤマハ発動機株式会社に転職 次の転職先 本...

日清食品の転職事情。口コミや面接内容などを解説

日清食品転職者の主なキャリアステップ 前職 サッポロビール、ネスレ、日本ハムなどの食品・飲料メーカー ユニ・チャーム、P&Gなどの消費財メーカー 双日などの商社 日清食品...

ローランドへの転職事情。面接内容や社員のリアルな声などを解説

ローランド転職者の主なキャリアステップ 前職 ヤマハ、河合楽器製作所などの楽器メーカー オンキョー、DENONなどの音響機器メーカー ローランド株式会社 ...

ビーアンドピーの転職事情。選考フローや転職難易度などを解説

ビーアンドピーは、顧客の販促やマーケティング活動を支え、社会の発展に貢献している企業です。 主力として、顧客からの受注を受けて業務量インクジェットプリンターを使用し、プリントや加工といったインクジェットプリント事業を展開してい...

東京エレクトロンへの転職。年収や今後の成長性、社風などについて解説

東京エレクトロンへ転職者の主なキャリアステップ 前職 トヨタなどの自動車、金属、電機などのメーカー 東京エレクトロン株式会社に転職 次の転職先 金属、機械...

大東建託へ転職するには?難易度や面接内容などを解説!

大東建託転職者の主なキャリアステップ 前職 住友不動産、積水ハウスなどの住宅関連メーカー 建設会社 大東建託株式会社に転職 次の転職先 ミサワホーム、サ...

ツムラの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

ツムラ転職者の主なキャリアステップ 前職 曙ブレーキ工業、ブリヂストンなどの自動車関連メーカー 東レなどの化学製品メーカー 富士薬品などの医薬品企業 株式会社ツムラに転職 ...

東和薬品の転職難易度は?面接内容や口コミなどを解説

東和薬品転職者の主なキャリアステップ 前職 武田薬品、大日本住友製薬、小林製薬などの製薬会社 三栄源エフエフアイなどの食品メーカー 東和薬品株式会社に転職 ...

TOP