メーカー

マンダムへの転職。社風や面接内容、難易度をご紹介

マンダム転職者の主なキャリアステップ

  • 前職

    カネボウ、コーセー、ノエビアなどの化粧品メーカー
    大王製紙、王子ネピアなどの製紙メーカーからの転職事例がある。

  • マンダム株式会社に転職
  • 次の転職先

    転職事例は多くないが、UCC、サントリーなどの食品メーカーへの転職事例がある。

マンダムの主な転職元・転職先

学歴学歴は、大学、大学院卒などが在籍している。学歴の幅は広い。

前職・カネボウ、コーセー、ノエビアなどの化粧品メーカーや大王製紙、王子ネピアなどの製紙メーカーからの転職事例がある。

次の転職先転職事例は多くないが、UCC、サントリーなどの食品メーカーへの転職事例がある。

「GATSBY」をはじめとした男性をターゲットとした化粧品の販売で知られるマンダム。
化粧品業界では国内第5位のポジションを確立している日本の大手化粧品メーカーです。
男性向け化粧品の分野では国内トップシェアを獲得しており、アジアを中心とした海外展開を進めていることでも知られています。
また、2022年に「ギャツビー スペースシャワーペーパー」が国際宇宙ステーションの搭載品として若田宇宙飛行士とともに宇宙へ行くなど、非常に注目を集めている企業です。
そんなマンダムでは、営業企画などの職種で求人募集しています。
この記事では、マンダムへの転職を考えている方に向けて、面接前に知っておきたい事業内容や面接傾向、対策ポイントなどを解説ます。

マンダムを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・マンダムの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、マンダムの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • マンダムの企業概要
  • マンダムの転職ポイント
  • マンダムの社風や企業文化

マンダムに転職するポイント

マンダムの特徴

POINT

  • ・国内第5位のシェアを誇る大手化粧品メーカー
  • ・「GATSBY」など男性向け化粧品の売上は圧倒的
  • ・海外進出を進めており、特にアジアへの事業展開に注力

マンダムへ転職するポイント

POINT

  • ・営業企画部など、幅広い求人あり
  • ・社内には中途採用の社員も多い
  • ・人物面重視の選考との声多数

マンダムの企業概要

会社名 株式会社マンダム
本社所在地 大阪府大阪市中央区十二軒町5-12
社長 西村 健
設立 1927年12月23日
株式 上場(東証プライム)
株主構成 日本マスタートラスト信託銀行(12.63%)
公益財団法人西村奨学財団(7.46%)
自社(6.84%)

マンダムの売上

マンダムの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 81,774百万円 63,310百万円 57,361百万円
経常利益 6,706百万円 -273百万円 -1,856百万円

マンダムの最新ニュース

マンダムの事業内容

男性向け化粧品で圧倒的なシェアを誇るマンダムは、主力事業として、「GATSBY」などをはじめとした化粧品に関する製造事業が挙げられます。
そのなかでも、男性向けの化粧品を取り扱う分野では、ヘアスタイリング剤やスキンケア商品、ボディケア商品などを扱っており、マンダムの売上の59.8%を占めている得意分野です。
また、女性向け商品の展開も行っており、ブランドとしては「Bifesta」や「Barrier Repair」などが挙げられます。
2021年度は売上が落ち込みましたが、男性商品分野に次ぐ2つ目の柱として力を入れている分野です。
さらには、海外進出にも積極的であり、2022年3月期の海外売上比率は44.5%となっています。
特にインドネシアを中心としたアジア地域にはグループ拠点を数多く設置しており、ほかの追随を許さない事業展開が行われています。

マンダムの募集要項

ブランドマーケティング

女性化粧品部門におけるデジタルコミュニケーション業務の運営やマネジメントを担当するポジションです。
具体的には、ブランドやコミュニケーションといったマーケティング戦略の立案と運営、社外取引先との協業による各種クリエイティブ制作、媒体展開案の立案と実践を行います。
また、関係部門との良好なコミュニケーションやプレゼンテーション、女性ブランド育成に向けたデジタルコミュニケーション戦略の立案と運営を行うなど、幅広い業務に携われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・デジタルマーケティングの実務経験
  • ・事業会社でのSNS戦略立案や運用経験、または広告代理店などでのソーシャルメディアに関する業務に携わった経験
  • ・組織運営や人財育成、管理職の実務経験 など

ECマーケティング

自社や国内外ECの推進、運営を行うポジションです。
具体的には、新規集客やCRM施策の立案と実行、顧客管理、販売データや市場データの分析、モール出店と運営を行います。
ダイレクトECにおける新規獲得やCRM、EC事業拡大を担うため、責任感が問われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・ダイレクトマーケティングやECに関する業務経験
  • ・ダイレクトECの新規獲得やCRMに関する実務経験
  • ・論理的思考力の保有

財務

グループの会計基準や決算会計を担当するポジションです。
具体的には、海外グループ会社の連結業務全般や開示業務全般、海外グループ会社への教育とサポートを行います。
自社の業務プロセスを理解したうえで、海外各社との積極的なコミュニケーションと適格なアドバイスを行うため、高いコミュニケーションが必要となる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・上場企業での海外子会社の連結業務の経験
  • ・簿記1級相当の知識の保有や実務経験
  • ・社内外での円滑なコミュニケーション能力 など

マンダムの転職難易度

マンダムの転職難易度は中程度です。
マンダムは、同規模の化粧品メーカーと比較すると、中途採用に積極的です。
事務系の職種を中心に求人募集していますが、時期によっては技術系の求人も数多く出されています。
そのため、さまざまな経験を活かすことのできる企業であるといえるでしょう。
ただし、決して簡単に採用が勝ち取れるわけではありません。
ポジションによっては、基本情報技術者や統計検定などが応募資格として設定されています。
個々のポジションに求めている能力が高いという点が、マンダムへの転職を目指すうえでの高いハードルとなるでしょう。

マンダムが転職者に求める人物像

企業理念として「人間系企業」を掲げているマンダム。公式サイト上を見てみると、求める人物像として「創造的破壊力」「共創力」「自己研鑽力」「共感力」「体現力」の5つが挙げられています。

マンダムは、男性向け化粧品や、アジアへの事業展開という他の企業にはないユニークな強みを持っています。化粧品業界においてますます競合他社が増える中で、この強みを活かしてさらにマンダムを成長させるという意識が重要です。

マンダムの掲げているもう一つの理念として「チャレンジ・チェンジ・イノベーション」が挙げられます。マンダムは設立から90年を超える歴史ある企業でありながら、時代に合わせた柔軟性を持った体制を模索中です。このような企業の精神をよく理解し、即戦力として仕事に取り組むことのできるような人物像が求められていると言えるでしょう。

マンダムの転職までの流れ

マンダムの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接・Webテスト

想定選考官:現場社員・人事部
想定内容:現場社員や人事部を中心とした面接で、人物面を重視した選考が行われます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの選考をもとに、志望動機や人物面についてさらに掘り下げた質問が中心です。

内定

マンダムの面接形式

マンダムの面接は、面接官と応募者が1人ずつの形式で行われることが多くなっています。
応募者側が3〜4人となるグループ形式での面接も行われており、面接回数はWEBテスト前に1〜2回、WEBテスト後に1回です。
面接1回あたりの時間は30分程度で、やや手短に感じたという応募者が多数あり、面接後は出口まで見送ってくれるという情報もありました。

マンダムの面接内容

化粧品メーカーとしての国内有数のポジションを確立しているマンダムは、面接内容も化粧品メーカーらしく、「自分のかっこよさを10点満点で表すと何点か」といった容姿に関連する質問が多い傾向にあります。
そのため、独特な質問にも対応できるようにしっかり回答を準備しておきましょう。
そのほかには、「自身を漢字で表すと何か」や「今までに何かチャレンジしたことはあるか」など、個性を見極める質問が多かったという声もあります。
単純に思いつくままに回答しても、説得力のある回答はできません。
自己分析を徹底的に行ったうえで、根拠のある受け答えができると好印象です。
また、髪型や服装を細かくチェックされているような印象があるという情報もありました。
見た目の清潔感には特に気を使い、抜け目なく準備をしてから面接に臨むようにしましょう。

マンダムの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は比較的少ない
・求人情報はDODAなどでも確認できる
・美容関連の質問が多い

営業、20代後半、男性
なぜマンダムで働きたいのかを質問されました。学生時代より見た目の清潔感を意識してきており、消費者に対しても何かしらの貢献がしたいと思ったということを軸にアピールしました。
マーケティング、30代前半、男性
美容に関することで心がけていることは?を聞かれました。清潔感を保つために髭剃りをしっかりと行い、肌荒れしないように保湿液や乳液などを塗って保護していると伝えました。
経理、20代後半、女性
基本的な質問が多かったです。特に回答しづらい質問はありませんでしたが、美容関係に関する質問が多かったため、あらかじめ準備しておくと良いかもしれません。

マンダムで働いている方の評判・口コミ

事務、在籍15年、男性
男性化粧品の国内トップシェア、アジアへの積極的な事業展開という他社にはない強みを持っているため、比較的安定性はあります。しかし2021年3月期に減収を記録したため社内には危機感が強く、GATSBYに次ぐ主力ブランドがなかなか生み出せないことに焦りを感じている雰囲気があります。
企画、在籍10年、女性
最近は競合が増えてきたため、以前のような思い通りの利益を出せなくなりつつあります。経営に焦りはある一方で社内の雰囲気は比較的穏やかで、男女問わず働きやすい職場となっていると思います。特に産休と育休の制度は充実しており、時短勤務も自分の好きなように時間を設定することが可能です。保育園に見送った後に出社する社員も多くいます。
商品開発、在籍3年、女性
社内には自由な雰囲気があり、誰でも思ったことを積極的に発言できる風土があります。設立から100年近くの歴史を持つ企業ながら風通しの良い、働きやすい企業です。有給も取りやすく、ワークライフバランス重視方の人にはおすすめできます。全体的にキャリア志向の人が少なく、みな良い意味でのんびりと働く風土です。

口コミの要約近年は競合他社の台頭により、男性化粧品や海外展開といった自社独自の強みがなくなってきていることに対する危機感が多く見られました。実際2021年3月期の決済では経常利益がマイナスを記録するなど、社内に焦りもあるようです。

一方、働きやすさに関する口コミは非常に好意的。男女問わず、誰にも遠慮することなく育休を取得することができる風土があるようです。

マンダムの年収・給与

年収 771万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 企業年金基金、共済会、従業員持株会、財形貯蓄制度、退職金制度、総合福祉団体定期保険、団体生命保険、社員研修旅行、社内販売、誕生日プレゼント、教育制度など

マンダムでの転職者の出世難易度

マンダムでの出世難易度は中程度です。マンダムの評価体系は基本的に年功序列。社内にも出世を意識してとにかく働くというタイプの社員は少なく、皆のびのびと働く雰囲気があるようです。

自身で目標を設定し、毎年度それを振り返る機会がありますが、それも出世にはあまり影響しません。中途だからといって不利になることはあまりありませんが、コツコツと勤務実績を積み上げつつ、上のポストが開くのを待つというのがマンダムでの出世の実情のようです。

もちろん中には勤務実績が評価されて周りより早く出世できる人もいます。特に成績を数字で評価しやすい営業などにはそのような傾向が強いです。周りが出世を意識していない分、出世を狙って仕事に対する熱意をアピールすれば、出世は不可能ではありません。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 課長補佐 900万円
40代前半 マネージャー 1,100万円
40代後半 なし 1,400万円

マンダムはどんな人が働いている?

マンダムの従業員数

643名(単独)
2,763名(連結)

マンダムの平均年齢

42.2歳

マンダムの平均勤続年数

17.0年

マンダムの社風

マンダムの社風の特徴として、ワークライフバランスを保ちながら非常にのびのびと働く社員が多いことが挙げられます。
キャリア志向でひたすら仕事に打ち込みたいという方は少なく、家庭と仕事の両立を重視している風土があります。
実際に制度面でもそのような考えが後押しされており、産休や育休の取得推進はもちろん、非常にフレキシブルな時短勤務など、選択の幅も広がってきている企業です。
一方で、近年は経営がそれほど順調でなく、社員のなかからは今が踏ん張りどころだという声も少なくありません。
競合他社が増えるなかで、これまでにない変革を求められているのもまた事実です。
余裕のある働き方を意識しながらも、常に社員が一体となって仕事に臨んでいるのもマンダムの社風の特徴の一つといえるでしょう。

マンダムのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:00〜17:35
休日 完全週休二日制
その他の休日・休暇 祝日、夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇、慶弔休暇、特別休暇など
平均残業時間 月20.4時間
フレックス制度 有り(コアタイムなし)
リモートワーク なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

マンダムの社長

西村 健

1982年生まれ。
2008年、マンダムへ入社。
2011年よりMandom Corporation(Singapore) Pte. Ltd.のアシスタントマネージャーに就任。
2013年より人事部に所属。
2015年の欧州駐在を経て、2017年に執行役員に就任。
その後、経営戦略部長や常務執行役員、マーケティング統括などを経て、2019年に取締役へ就任。
2021年4月より代表取締役、社長執行役員を務めている。

マンダム現職、OB/OGの有名人

西村 元延

1951年生まれ。
1977年、マンダムへ入社。
1983年より、東日本地区営業部長を務める。
1984年に取締役、1987年に常務取締役に就任。
1990年に取締役副社長に就任し、1995年より取締役社長を務めた。
2000年にMandom Indonesia Tbk監査役に就任。
2004年に社長執行役員、2021年より会長を務めている。

マンダムの転職に関わるQ&A


マンダムでは化粧品メーカーらしく、面接で「服装自由」という指示がされることがあるようです。この場合、いわゆるオフィスカジュアルのような清潔感のある私服で面接に臨むことがおすすめです。また、髪型も個性の一環としてチェックされることが多いため、意識しておきましょう。


マンダムの平均年収は831万円と、かなり高くなっています。国内の化粧品メーカーとしてもトップクラスの水準で、非常に待遇面は恵まれていると言えるでしょう。特に福利厚生については充実していると感じている社員が多かったです。住宅手当は8割ほど会社負担になるなど、待遇に関しては安心して働くことのできる環境が整っていると言えます。

マンダムへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

マンダムの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、企業メッセージなど、有益な情報が掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまう傾向があります。
できるだけ時間をかけずに転職したい場合や公式サイトに載っていないような求人を見てみたいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、マンダムの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

化粧品メーカーの募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してマンダムに転職するなら、競合他社の募集要項も比較できる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までがスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)には、化粧品メーカーなどの競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールの平均年収は、800万円~1,000万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、doda X(旧:iX転職)は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはdoda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

スクウェア・エニックスの転職情報まとめ。難易度や面接情報などをご紹介

スクウェア・エニックス転職者の主なキャリアステップ 前職 セガなどのゲームメーカー 銀行、生保などの金融関連企業 出版社 ソフトウェアメーカー 株式会社スクウェア・エニックスに...

コニカミノルタへの転職難易度はどれくらい?評判や採用情報などを調査

コニカミノルタ転職者の主なキャリアステップ 前職 ロームなどの半導体 キャノンなどのメーカー アクセンチュア、BMなどのITコンサル など コニカミノルタ株式会社に転職 ...

ヤマハ発動機への転職情報まとめ。面接の流れや口コミ、必須スキルなどを解説

ヤマハ発動機転職者の主なキャリアステップ 前職 マツダなどの自動車メーカー ソニーなどの電機メーカー 銀行 ヤマハ発動機株式会社に転職 次の転職先 本...

ジェイフロンティアへの転職は難しい?ビジネスモデルや年収、面接内容などを解説

ジェイフロンティア転職者の主なキャリアステップ 前職 化粧品メーカー デジタルマーケティング企業 ジェイフロンティア株式会社に転職 次の転職先 化粧品メ...

DICの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

DIC転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 大日本、凸版などの印刷会社 DIC株式会社に転職 次の転職先 電子部品メーカー D...

ローランドへの転職事情。面接内容や社員のリアルな声などを解説

ローランド転職者の主なキャリアステップ 前職 ヤマハ、河合楽器製作所などの楽器メーカー オンキョー、DENONなどの音響機器メーカー ローランド株式会社 ...

ライオンへの転職は難しい?年収や口コミなどを解説

ライオン転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からのプロパー社員 同業他社の日清食品 マーケ部門ではインテージ システム部門ではSAP ライオン株式会社に転職 ...

HOYAの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

HOYA転職者の主なキャリアステップ 前職 オリンパス、ペンタックス、キヤノンなどのカメラ・光学機器メーカー 非鉄金属、化学、精密機器、医療機器などのメーカー HOYA株式会社に転...

エブレンの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

エブレンは、情報や通信、制御などの分野を対象に、産業用電子機器や工業用コンピューターの設計と製造を専門としているメーカーです。 バックプレーンやバスラック、システムシャーシを中心に、電子機器本体まわりの開発や試作、設計などに関...

日東電工の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

日東電工転職者の主なキャリアステップ 前職 パナソニックなどの電機メーカー 武田薬品などの製薬会社 電子部品、化学製品、住宅などのメーカー 日東電工株式会社に転職 ...

TOP