メーカー

サントリーへの転職まとめ。面接の傾向や社員の口コミなどを解説

サントリー転職者の主なキャリアステップ

  • 前職

    プロパー社員

  • サントリーホールディングス株式会社に転職
  • 次の転職先

    食品メーカー
    製薬会社

サントリーの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、大学卒業や大学院卒業などが在籍しており、大学は国立大学や早慶MARCHなどの有名私立大学の割合が高く、海外大学出身者もいます。

前職サントリー在籍者はプロパー社員がほとんどであり、これといった転職事例はありません。

次の転職先サントリーからの転職事例はそれほど多くありませんが、一部転職先として食品メーカーや製薬会社などが挙げられます。

サントリーは、「伊右衛門」をはじめとするお茶飲料から、「ほろよい」「STRONG ZERO」などのお酒まで、幅広く人気商品を展開している大手企業です。
毎年1兆円を超える売上を誇るなど、飲料品業界では国内第一位のポジションを確立しており、社員からの満足度ランキングでも業界一位を獲得しています。
また、2022年1月に発生したトンガ海底火山噴火による被害に対して支援を行うなど、幅広く手掛けている企業です。
今回はサントリーへの転職を検討している人に向けて、中途採用の面接では何を聞かれるのかや、実際に働いている社員の声などを解説します。

サントリーを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・サントリーの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、サントリーの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • サントリーの企業概要
  • サントリーの転職ポイント
  • サントリーの社風や企業文化

サントリーに転職するポイント

サントリーの特徴

POINT

  • ・飲料品業界第1位のポジションを築く業界最大手の飲料品メーカー
  • ・社員の満足度ランキングでは業界首位を獲得
  • ・待遇や勤務時間は配属部門によって大きく異なる

サントリーへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的少ない
  • ・コンサルタントなどで求人募集
  • ・最前線から物事を変えていける意欲があることが重要

サントリーの企業概要

会社名 サントリーホールディングス株式会社
本社所在地 大阪市北区堂島浜2-1-40
社長 新浪 剛史
設立 2009年2月16日
株式 非上場
株主構成 寿不動産株式会社(89.50%)
サントリー持株会(5.07%)
株式会社三菱UFJ銀行(1.00%)

サントリーの売上

サントリーの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上収益 2,517,258百万円 2,569,230百万円 2,367,632百万円
税引前利益 232,347百万円 241,505百万円 201,042百万円

サントリーの最新ニュース

サントリーの事業内容

サントリーは、コーヒーやお茶をはじめとしたソフトドリンクの販売から、ビールやチューハイなどのアルコールまで幅広い商品を手掛けているメーカーです。
飲料品業界では国内第一位を誇っており、毎年の売上は1兆円を超えています。
サントリーの主な事業としては、下記の3事業を主軸として運営しています。

食品事業

主に清涼飲料類を扱っている事業です。
そのなかでもコアブランドとなっているのは「サントリー天然水」「BOSS」「伊右衛門」「GREEN DAKARA」「ペプシコーラ」「CCレモン」「なっちゃん」の7つが挙げられます。
自動販売機が普及しているという日本の特徴を活かした効果的な販売戦略の結果、高いシェアを獲得しています。
国外では、「Orangina」「Lucozade」などの商品を展開しており、健康志向が高まるグローバルな流行に合わせた商品展開を行い、フランス・ベルギー・スペインなどで人気を博している商品です。

ビール・ワイン事業

サントリーでは創業当初よりアルコール飲料の製造を手掛けてきた企業です。
130年以上の歴史をかけて培われてきた多くのノウハウを生かし、現在ではグローバルな視点を生かしたビジネスが展開されていることが特徴的です。

ビールを扱うビール分野やワインなどを扱うワイン分野、さらに焼酎やウィスキーなどを扱うスピリッツ分野の3つに分かれます。
新しい商品開発なども盛んに行われているため、競合が増えるなかでもシェアを拡大していくことを目指している事業です。

その他事業

飲料品の生産などで培われた独自の技術をもとに健康食品やスキンケア用品を展開している事業です。
酵母の力を生かしたスキンケア化粧品である「FAGE」や、ゴマの栄養素を用いて作られた「セサミンEX」など、自然由来の成分で作られた商品展開が特徴的です。
外食分野にも積極的に進出しており、グループ会社であるダイナックホールディングス、プロントコーポレーションなどを中心とし、国内におよそ600店舗のカフェ、飲食店を展開している事業です。

サントリーの募集要項

外食コンサルタント

サントリーの展開している飲食店において、メニューの提案や研修の実施、業態開発などに携わり、飲食店の支援を行うポジションです。
また、場合によっては「お酒の新しい飲み方」などを提案するなど、商品のブランディングも行います。
スキルや経験によってドリンクスーパーバイザーやフードスーパーバイザーなどを担当することもあるため、責任とやりがいを感じられる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・5年以上の飲食店などにおける実務経験

サントリーの転職難易度

サントリーの転職守難易度は比較的高いです。
サントリーは業界第1位のポジションを確固たるものにしており、そのため、非常に高い知名度と人気を誇っています。
また、在籍している社員の離職率は1.5%と低く、ポジションがなかなか空かないということもあり、大幅な事業拡大などが行われない限り、中途採用枠はそれほど多くありません。
そのため、サントリーへの転職難易度が高いといえるでしょう。
サントリーへの転職を目指すなら、簡単ではないことをあらかじめ理解しておくことが肝心です。

サントリーが転職者に求める人物像

サントリーは、求める人物像として「最前線から物事を変えていける意欲のある人」を掲げています。
これは人事部長からのメッセージでもあるため、選考に臨むうえで非常に重要なポイントです。
また、業界首位のポジションを確立したあとも盛んに商品開発を行うなど、気を抜かない経営を続けています。
今後も変化が激しくなるこれからの時代に向けて、自ら課題探究を行うなど、好奇心に溢れた人材が求められています。

サントリーの転職までの流れ

サントリーの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接・適性検査

想定選考官:現場社員・人事
想定内容:志望動機や前職の退職理由など、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:人事・役員
想定内容:これまでの質問を再度深堀し、改めてマッチしている人材かを判断されます。

内定

サントリーの面接形式

面接は応募者が1人に対し、面接官複数人で行われます。
面接回数は基本的に2~3回ありますが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30分程度です。

サントリーの面接内容

サントリーの面接は、志望動機や前職の退職理由など、定型的な質問から進みます。
それ以外にも、「あなたのキャリアを3つのキーワードにまとめてください」や「サントリーにどのように貢献できるか」など、入社後のキャリアに関する質問をされる場合もあります。
さらには、「サントリーのなかで好きな商品は何か」といったサントリーに対する興味を確認するような質問をされることがあるため、あらかじめ回答を準備しておくことが必要です。
また、こちらの回答に対して、「それはなぜ?」と深堀される傾向があるため、自己分析はしっかりと行っておきましょう。

サントリーの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は少ない
・求人情報はスタンバイなどでも確認可能
・人柄を判断するような質問をされる

マーケティング、30代前半、男性
入社したあとや将来はどうなりたいかを質問されました。将来的なビジョンやどのような意思をもっているかを重視しているように感じました。
営業、20代後半、男性
自分の人柄は何かを聞かれました。第三者から見た自分とはどんな人間かを分析しながら説明しました。比較的話しやすい雰囲気でしたが、第二言語を使用しての会話は難しかったです。
生産管理、20代前半、男性
最も好きな製品は何かと質問されました。私はビール製品が好きだったので全て正直に答え、それに加えて他社製品と比較してどのような特徴があるかも説明しました。
営業、30代前半、女性
現職で成長を実感できたことは何かを聞かれました。立場が代わり、支店の売上全体の管理を任された際に経験したことを語り、また、これまでの経験と入社してからできることを絡めながら話すことを意識しました。
営業、20代後半、女性
好きな言葉は何かを問われました。全く予想をしていなかったので準備をしていませんでしたが、仕事で刺激をもらっていた人にもらった言葉が心にあったので、それを答えました。

サントリーで働いている方の評判・口コミ

法人営業、在籍8~10年、男性
営業では数字が重要視されており、ほかの企業と比較してもシビアだと感じます。実績のある社員はしっかりと評価され、逆に実績のない社員には厳しい傾向があります。営業するうえでサントリーのブランド力を感じる場面は非常に多くあるため、やりがいを感じながら働けるでしょう。
企画開発、在籍10年以上、女性
有給などが非常に取得しやすく、働きやすい環境があると感じます。残業なども削減されてきており、基本的に業務は時間内で終わらせようという雰囲気です。さらには、産休や育休などの整備も進んでいるため、女性には働きやすい環境があるといえます。
研究開発、在籍3~5年、男性
部門によって雰囲気がかなり異なりますが、研究開発部門は基本的に日本の古き良き大企業のような雰囲気です。残業時間などは少なくなってきており、その点では時代に合っている働き方だと感じます。

口コミの要約サントリーの口コミを見てみると、仕事の評価は正当にされてやりがいにつながるということが伝わってきます。また、有給などが取得しやすく、時間内で業務を終わらせるという雰囲気があるため、働きやすい環境があるということが伺えます。

サントリーの年収・給与

年収 1,185万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回(職種による)
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り(全額支給)
住宅手当 有り
福利厚生 各種社会保険制度、出張手当、残業手当、通勤手当、社宅制度など

サントリーでの転職者の出世難易度

サントリーの出世難易度は比較的高いです。
サントリーでは基本的に年功序列と上司からの評価で出世が決定されるため、コミュニケーション能力に長けた人が出世する傾向にあります。
また、新卒社員と中途社員での待遇の差はなく、入社時期にかかわらず、サントリーの業務やシステムなどを覚えて即戦力となれることが重要です。
出世を目指すならこれらを意識し、日々努力することで、出世への道が拓けるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 900万円
30代中盤 課長代理 1,200万円
30代後半 なし 1,400万円
40代前半 課長 1,800万円
40代後半 部長代理 1,400万円
50代前半 部長 1,800万円

サントリーはどんな人が働いている?

サントリーの従業員数

462名(単独)
40,044名(連結)

サントリーの平均年齢

44.5歳

サントリーの平均勤続年数

18.9年

サントリーの社風

サントリーは、「やってみなはれ」をキーワードとして掲げており、社内にもその精神が浸透しているため、さまざまな挑戦を後押しする社風があります。
そのため、入社後間もない時期から裁量の大きな仕事を任せてもらえる環境があります。
在籍している社員は、明るい方が多く、コミュニケーションも活発に行うという風土があります。
若手からでも実力を積み、和やかな雰囲気のなかで働きたいという方には、向いている企業といえるでしょう。

サントリーのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:00~17:30
休日 年間休日121日(部門による)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇、介護休暇など
平均残業時間 月25.9時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

サントリーの社長

新浪 剛史

1959年生まれ。
スタンフォード大学への留学を経て、慶應義塾大学経済学部卒業後、三菱商事株式会社に入社。
1995年に株式会社ソデックスコーポレーションの代表取締役に就任。
2000年には、三井商事株式会社のローソンプロジェクト統括室長に就任。
その後も、株式会社ローソンの代表取締役社長に就任し、2014年よりサントリーホールディングス株式会社の代表取締役社長に就任。

サントリー現職、OB/OGの有名人

佐治 信忠

1945年生まれ。
慶應義塾大学経済学部経済学科を卒業後、1971年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校経営大学院を修了。
ソニー商事を経て、1974年にサントリーホールディングス株式会社に入社。
1989年に副社長、2001年に社長に就任。
日本ワイナリー協会会長なども務めたのち、2014年より代表取締役会長を務めている。

サントリーの転職に関わるQ&A


サントリーでは女性社員が多く在籍しており、男女問わず働きやすい環境があります。
産休や育休をはじめとした各種制度はもちろんのこと、それらを利用しやすいという雰囲気もあります。

また、女性を管理職に登用しようという動きもあり、実際に女性の出世も促進されています。
そのため、女性でも活躍できる企業といえるでしょう。


サントリーの平均残業時間は月25.9時間です。
これは同業他社と比較すると標準程度か、やや短めの傾向にあります。
そのため、残業はそれほど多くないといえるでしょう。

サントリーへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

サントリーの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
採用情報ページには、「商品」や「キャンペーン・エンタメ」、「環境」など、さまざまな情報が掲載されているため、一度目を通したほうが良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合は、どうしても時間がかかってしまいます。
できるだけ時間かけたくない場合や公式サイトに載っていないような求人に応募したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、サントリーの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

メーカーの募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してサントリーに転職するなら、競合他社の募集要項を比較することができる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・気軽に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が比較的豊富であり、案件確認から応募までにスピード感があります。
今すぐ転職をしたい方やまずはさまざまな企業を比較したいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社の募集を比較するなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)には、メーカーといった幅広い業界の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールのメーカー企業の平均年収は800万円~1,200万円程度となっており、別サイトよりも比較的高くなっています。
また、doda X(旧:iX転職)は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「製造販売を行っているメーカーはどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを調べたい場合は、doda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめです。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

ジェイフロンティアへの転職は難しい?ビジネスモデルや年収、面接内容などを解説

ジェイフロンティア転職者の主なキャリアステップ 前職 化粧品メーカー デジタルマーケティング企業 ジェイフロンティア株式会社に転職 次の転職先 化粧品メ...

キヤノンの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

キヤノン転職者の主なキャリアステップ 前職 NEC、日立などの電機メーカー 富士フィルム、パイオニア、アシックスなどのメーカー キヤノン株式会社に転職 次...

ユニチャームへの転職。職種別の仕事内容や面接内容について解説

ユニチャーム転職者の主なキャリアステップ 前職 P&Gなどの大手消費財メーカーのほか、アイリスオーヤマなど ユニ・チャーム株式会社に転職 次の転職先...

株式会社ポケモンへの転職は難しい?求人情報や年収などを解説

ポケモン転職者の主なキャリアステップ 前職 セガ、スクウェアエニックス、任天堂などのゲーム関連企業 株式会社ポケモンに転職 次の転職先 DeNA GAME...

キリンホールディングスの転職難易度は高い?口コミや年収を解説

キリンホールディングス転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 キリンホールディングス株式会社に転職 次の転職先 メーカー キリンホ...

コベルコ建機の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

コベルコ転職者の主なキャリアステップ 前職 日本電気などの大手電機メーカー 機械メーカー コベルコ建機株式会社に転職 次の転職先 クボタなどの建機メーカ...

中外製薬は転職しやすい?面接の傾向や対策のポイントなどを徹底解説

中外製薬転職者の主なキャリアステップ 前職 アストラゼネカ、ツムラ、小林製薬などの製薬メーカー 三菱化学などの大手化学メーカー 中外製薬株式会社に転職 次...

カルビーへ転職するには?採用フローや面接内容をご紹介!

カルビー転職者の主なキャリアステップ 前職 サントリー ハウス食品 IBMなどのIT アクセンチュアなどのコンサルファーム アパレル 機械メーカー カルビー株式会社に転職 ...

カネカの転職事情。年収や面接内容など解説

カネカ転職者の主なキャリアステップ 前職 小林製薬などの化学系メーカー シャープ、東芝などの大手製造メーカー 株式会社カネカに転職 次の転職先 P&am...

ヤンマーの転職事情。難易度や面接内容など解説

ヤンマー転職者の主なキャリアステップ 前職 日立、シャープ、パナソニックなどの電機メーカー ホンダ、日産などの自動車メーカー ヤンマーホールディングス株式会社に転職 ...

TOP