メーカー

スバル(SUBARU)への転職。面接ポイントや評判をご紹介

スバル転職者の主なキャリアステップ

  • 前職

    本田技研日産自動車マツダなどの自動車メーカー
    フォルシア、タムラ製作所などの電子部品メーカーがあげられる。

  • スバル株式会社に転職
  • 次の転職先

    ダイハツなどの自動車メーカーや沖電気工業、三菱電機などの電機メーカーがあげられる。

スバルの主な転職元・転職先

学歴学歴は、大学、大学院卒などが在籍している。学歴の幅は広い。

前職本田技研日産自動車マツダなどの自動車メーカーやフォルシア、タムラ製作所などの電子部品メーカーがあげられる。

次の転職先ダイハツなどの自動車メーカーや沖電気工業、三菱電機などの電機メーカーがあげられる。

レガシィやステラなど、国内外に幅広い車種を生産販売していることで知られるスバル。
航空機メーカーに源流を持つ、国内大手自動車8社の一角です。
自動車生産以外にも航空機の生産を手掛けており、ヘリコプターの製造販売なども行っており、また、2022年にドライブアプリ「SUBAROAD」が2022年度グッドデザイン賞を受賞するなど、非常に注目を集めています。
近年は海外展開に力を入れており、北米を中心に業績拡大中です。
そんなスバルでは、事務系の総合職からセキュリティ系のエンジニア、自動車の設計開発など、中途採用で幅広い職種を募集しています。
多様な経験を生かすことができるため、自動車業界への転職を考えている方にとっては見逃すことのできない企業です。
この記事では、スバルへ転職を目指すうえで知っておきたい面接傾向や社員の口コミなどを解説します。

スバルを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・スバルの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、スバル(SUBARU)の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • スバルの企業概要
  • スバルの転職ポイント
  • スバルの社風や企業文化

スバルに転職するポイント

スバルの特徴

POINT

  • ・国内大手自動車8社のうちの一角を担う自動車メーカー
  • ・海外売上比率は8割を超えており、北米を中心にシェアを拡大中
  • ・有給休暇の消化率は75%以上で、ワークライフバランスが良いとの声が多数

スバルへ転職するポイント

POINT

  • ・文系から理系まで、70種類を超える求人あり
  • ・理系の職種はエンジニアか技術職の2択が中心
  • ・勤務地は東京本社か、関東の各事業所がメイン

スバルの企業概要

会社名 株式会社SUBARU
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿一丁目20番8号 エビススバルビル
社長 中村 知美
創立 1953年7月15日
株式 上場(東証プライム)
株主構成 トヨタ自動車(19.97%)
日本マスタートラスト信託銀行(14.87%)
日本カストディ銀行(6.27%)

スバルの売上

スバルの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上収益 3,344,109百万円 2,830,210百万円 2,744,520百万円
税引前利益 207,656百万円 113,954百万円 106,972百万円

スバルの最新ニュース

スバルの事業内容

1917年に設立された「中島飛行機」にその源流を持つスバルは、自動車事業で有名ですが、元々は航空機を開発する会社でした。
現在のスバルでは、売上のうち8割が自動車事業、残りの2割が航空宇宙事業によるものとなっています。

自動車事業

スバルといえば自動車事業です。
業界では独特なメカニズムを持つ自動車を開発することで有名で、1953年の再スタート以降、「スバル360」や「スバル1000」といったヒット商品を生み出してきました。
その後も、「レガシィ」や「インプレッサ」など、数々の主力製品を発売しています。
悪路走行と安全性の高さに強みを発揮する車種として、スバルブランドを確立させてきました。
近年は、独自の衛生技術を用いた安全運転支援技術である「アイサイト」を開発、最先端の自動車技術を軸に、今後のさらなる事業拡大が見込まれています。

航空宇宙事業

スバルの源流である航空宇宙事業は、自動車の影に隠れていてそれほど有名ではありませんが、国内の航空宇宙業界で第3位の地位を確立している業界のリーディングカンパニーです。
ボーイング社向けの部品生産が主な収入源となっています。
また、防衛省向け航空機の製造や開発、定期整備などを手掛けています。
そのほかにも、海上保安庁や警察など、官公庁を中心に高いシェアを誇るため、安定した利益を生み出すことが可能です。
感染症流行の影響を受けた2021年には一度売上が落ち込みましたが今後の立ち直りが期待されています。

スバルの募集要項

事務総合職

営業から営業マーケティング、人事やアフターサービス担当など、幅広い職種を3~5年ごとのジョブローテーションで経験する責任のあるポジションです。
将来の幹部候補として、事務系の幅広い職種に対する経験を蓄えていきます。

必須な経験・スキル

  • ・製造業での営業、マーケティング、購買、生産管理、アフターサービス、人事の担当経験

エンジニア

機械学習の最新技術を用いて、自動運転の実現に向け必要な技術の開発研究を行います。
文献調査やアルゴリズムの考案、実環境での実証実験など、さまざまな職務を担当し、将来的にはスバル乗車時の死亡事故がゼロとなることが目標です。

必須な経験・スキル

  • ・組み込み機器向け、CやC++の開発経験
  • ・ML、CVに必要な最低限の統計、数学の知識

マーケティング

DXや新規事業などを担うポジションです。
具体的には、オーナー向けのAppマイスバルの新機能開発や運用、保守、SnowPeakをはじめとした外部企業との協創とサービス企画などを行います。

必須な経験・スキル

  • ・マーケティング全般の知識と経験
  • ・開発業務におけるプロジェクトマネジメント経験
  • ・アプリ開発の経験 など

スバルの転職難易度

スバルの転職難易度は中程度です。
スバルでは、非常に多彩な職種の中途採用を募集しています。
大手の製造業でここまでの数の求人を出している企業は珍しく、転職を狙っている人にとっては見逃すことのできない企業です。
文理問わず、さまざまな職種の経験を生かすことができます。
どの職種も積極的に中途採用を行っているものの、面接は決して簡単に突破できるわけではありません。
特に、「なぜ、ほかの国内メーカーではなく、スバルを選んだのか」については明確化させておきましょう。
油断せずに、手抜かりのない面接対策をしておくことが重要です。

スバルが転職者に求める人物像

スバルが求める人物像として必ずおさえておきたいポイントは3つ。公式サイト上にも記載されている通り、「創造力」「バイタリティー」「コミュニケーション力」が重要です。
スバルは、アイサイトを中心とした様々な最先端の技術を世の中に送り出してきました。今までにないものを新たに生み出す想像力と、最後までやり遂げるバイタリティーは欠かすことができません。周囲とコミュニケーションをとり、パフォーマンスを最大限まで伸ばすことも重要です。
面接対策をする上では、これらの3点をぜひ頭に入れておきましょう。

スバルの転職までの流れ

スバルの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事部・中堅社員
想定内容:志望理由や前職をなぜ退職しようと思ったのかなど基本的な内容が中心となります。

最終面接

想定選考官:人事・役員
想定内容:1次面接で聞かれた内容をもとに、志望理由などをさらに掘り下げられます。

内定

スバルの面接形式

スバルの面接は、1対1で行われることが多いです。
なかには面接官が複数人いたという情報もありましたが、ほとんどの職種では面接官が1人となっていました。
面接時間は30分程度で一般的な長さです。
エントリーから内定まではおよそ2週間前後となっています。
面接日当日に採否が連絡されることが多いのが特徴的です。

スバルの面接内容

スバルの面接内容は、志望理由など基本的な事柄はもちろん、自動車業界全体に対する理解を問う質問が多いことがポイントです。
内定した人からの声でも、「最後まで業界研究をするべき」といった意見が多くありました。
「スバル車について、どのような印象を持っていますか?」や「スバルの車種で好きなものはありますか?」といったスバルに対する興味を確かめるような質問もあります。
多くの自動車メーカーが国内にひしめくなかで、なぜスバルへ転職しようと思ったのかを明確化させておくことが必要です。
ほかにも、応募する職種によっては、「今の画像認識技術についてどう思うか」といった専門性を問う質問をされたという情報がありました。
自分の経験を生かしつつ、落ち着いて対応していきましょう。

スバルの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多くのポジションで求人募集をしている
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・これまでの経験などについて質問される

プログラマー、20代前半、男性
入社して何が作りたいかを質問されました。SUBARUの独自機能であるsiドライブシステムの開発や電気自動車の開発を行いたいと伝えました。
開発、20代後半、男性
人生で最も悔しかったことは?と聞かれました。大学時代、アルバイトやほかの活動があるなかで全力で部活に注ぎ込んだのにも関わらず、地区の決勝で敗退してしまったことが非常に悔しかったと伝えました。
開発、20代後半、女性
これまでの一番怒られた経験は何かを質問されました。過去の業務のなかから一番記憶に残っている例に出し、そこから学んだことや改善したことを具体的に説明しました。
整備、20代後半、女性
誰にも負けないという強みは?と聞かれました。強みは自分自身で考えて行動し、試行錯誤しながら1つの物を作り上げられることだとアピールしました。
設計、30代前半、男性
未来の車はどうなっているかを質問されました。ありきたりではありますが、空を飛べるようになっているのではないかと考えているということを伝えました。

スバルで働いている方の評判・口コミ

開発、在籍3年、男性
個性的な商品を数多く手掛けており、熱心なファンに支えられているなと感じています。開発環境は充実していて、最新の機器などを自由に使えることがメリットです。しかし、企業全体としては意識が古い部分が多く、プロセス自動化に消極的だったりと前時代的な雰囲気も目立ちます。
総合職、在籍21年、男性
入社後様々な職種を経験することができました。総合職といえどもここまで多くの職種を経験できるのは、ジョブローテーションを導入しているスバルならではだと思います。有給休暇の取得率は高い一方で残業が多いです。部署によってはかなりの残業時間になっています。
技術、在籍9年、女性
以前までは年功序列の古い組織体系でしたが、近年は実力主義の風潮が強まっています。まだハイブリッドで評価されていますが、今後徐々に完全な実力主義に近づいていくでしょう。仕事ができる人が多く、そうでない人はあまり馴染めないような雰囲気があるかもしれません。

口コミの要約会社全体としてはやや保守的で、良くも悪くも安定志向だという声が目立ちました。情報のデジタル化が進む中で未だペーパーワークにこだわっていることに疑問を感じる声も。社内風土の改善が今後の課題です。有給休暇の取得率など、ワークライフバランスについては好意的な意見が複数ありました。

スバルの年収・給与

年収 645万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 独身寮・社宅、退職金制度、企業年金制度、研修制度など

スバルでの転職者の出世難易度

スバルでの出世難易度は中程度です。スバルでの出世は、業務報告書の数や研究成果など実績で決まるという情報が多くありました。中途採用の場合、スタート時のポジションや年収がやや抑え気味な一方、出世にはほとんど影響しないようです。
また、学歴や男女の差などもあまり関係ありません。実力主義の方針が社内にも浸透してきているようで、ほとんどの社員が平等に評価されています。
一方、所属する部署によって出世が早い、遅いの差があるようです。中途社員でも管理職まで出世している人は複数いるため、スバルでの入社を狙うのであれば着実に仕事で成果を上げていくことが重要です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 500万円
30代中盤 主任 700万円
30代後半 なし 900万円
40代前半 係長 900万円
40代後半 次長 1,400万円
50代前半 担当部長 1,700万円

スバルはどんな人が働いている?

スバルの従業員数

16,961名(単独)
36,910名(連結)

スバルの平均年齢

39.1歳

スバルの平均勤続年数

16.0年

スバルの社風

スバルは、戦前時代の社風を現在まで受け継いでいる企業です。
職人気質の風土があり、現場至上主義で回っている会社だという声が複数見られました。
経営陣の判断に疑問を持つ社員もおり、社内の風通しの改善が求められています。
一方で、技術職を中心に現場に開発環境が整っており、仕事がしやすいという声も見られました。
また、新しいことに手を出したがらない保守的な社風があり、現状を変えようという意識はある一方で、なかなかボトムアップの意見が採用されることがありません。
新しいことに多くチャレンジしたいというタイプの人よりも、安定志向の人に向いている社風といえるでしょう。

スバルのワークライフバランス

副業可否 不可
勤務時間 9:00~18:00(職種による)
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 GW休暇、年末年始休暇、夏季休暇、年次有給休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月28.7時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

スバルの社長

中村 知美

1959年生まれ。
1982年に慶應義塾大学法学部を卒業後、富士重工業(現・スバル)へ入社。
2004年にスバル国内営業本部マーケティング推進部長を務め、2006年に国内営業本部営業第一部長に就任。
2011年に執行役員に就任し、スバルグローバルマーケティング副本部長などを歴任。
2018年より、代表取締役社長兼CEOを務めている。

スバル現職、OB/OGの有名人

竹中 恭二

1946年生まれ。
大阪市立大学工学部を卒業後、富士重工業へ入社。
1988年に商品企画室担当部長に就任。
要職を歴任後、2001年から富士重工業代表取締役社長兼COOを務める。
2006年にはゼネラルモーターズとの提携解消を行い、その後相談役に就任。
スバル・プレオの開発などを指揮、統括した人物。

スバルの転職に関わるQ&A


基本的に産休育休など、多様な働き方に対応するための各種制度は整っているようです。それを積極的に利用しようとする社内の雰囲気もあり、名実ともに女性にとっても働きやすい環境であると言えるでしょう。一方、製造系の職種は力仕事の側面があり女性社員が少ないようです。職種によって、いくらか差があるようです。


スバルの平均年収である640万円は国内の同規模自動車メーカーとしては標準的な水準です。最大手などと比べると見劣りしますが、まずまずの水準と言えるでしょう。評価制度は、まず担当から主任、S1〜S4まで順番に出世していきます。その後、課長昇進の試験を通過するとさらに上の主幹、部長、役員となります。課長までは給料が大きく上がるということはないため、課長昇進の試験を突破できるかどうかが年収に大きく影響します。

スバルへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

スバルの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、企業メッセージをはじめ有益な情報が掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまう傾向があります。
できるだけ時間をかけずに転職したい場合や公式サイトに載っていないような求人を見てみたいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、スバル(SUBARU)の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

自動車メーカーの募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してスバルに転職するなら、競合他社の募集要項も比較できる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までがスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)には自動車メーカーなどの競合他社の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールの自動車メーカーの平均年収は、900万円~1,200万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、doda X(旧:iX転職)は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはdoda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

IHIの転職難易度は?口コミや年収などを解説

IHI転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からのプロパー社員 パイオニアなどの電機メーカー トヨタ、川崎重工などの自動車・輸送用機器ケーカー 建築会社 株式会社IHIに転職...

HOYAの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

HOYA転職者の主なキャリアステップ 前職 オリンパス、ペンタックス、キヤノンなどのカメラ・光学機器メーカー 非鉄金属、化学、精密機器、医療機器などのメーカー HOYA株式会社に転...

日東電工の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

日東電工転職者の主なキャリアステップ 前職 パナソニックなどの電機メーカー 武田薬品などの製薬会社 電子部品、化学製品、住宅などのメーカー 日東電工株式会社に転職 ...

恵和の転職情報。事業内容や将来性、転職難易度などを解説

世界最高峰の性能を誇る高機能フィルムを製造していることで知られる恵和。 コア技術である製膜技術や積層技術、塗布技術の3つに加え、Ultra Precisionと呼ばれる高精度な先端技術を組み合わせた製品を展開している企業で...

大正製薬の転職事情。面接内容や年収などを解説

大正製薬転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 武田薬品、万有製薬などの製薬会社 メナード、オルビスなどの化粧品メーカー 大正製薬株式会社に転職 ...

味の素への転職情報を調査!求人情報や事業内容などのまとめ

味の素へ転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー 食品関連企業 アクセンチュアなどの コンサル 総合商社 味の素株式会社に転職 次の転職先 ハウ...

デンカへ転職するためには?面接の傾向や採用のためのポイントなどを解説

デンカ転職者の主なキャリアステップ 前職 東レ、トクヤマなど大手化学品メーカー 大学 重工業 商社 オムロンなどの電気機器メーカー デンカ株式会社に転職 ...

第一三共への転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

第一三共転職者の主なキャリアステップ 前職 アステラス、イーライリリーなどの製薬会社 協和発酵、アムジェンなどのバイオテクノロジー企業 第一三共株式会社に転職 ...

日本電解への転職情報まとめ。事業内容や転職するメリット、社員の口コミなどを徹底的に解説

電解液を用いて生成される金属銅の薄膜の製造販売などを行っている日本電解。主に事業者向けに電解銅箔を販売しているため普段はなかなか耳にすることがない会社かもしれませんが、車載電池や5G関連機器、半導体や携帯電話など幅広い分野でその製品...

日本たばこ産業(JT)の転職難易度は?将来性や面接対策について解説。

日本たばこ産業(JT)転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 日本たばこ産業株式会社(JT)に転職 次の転職先 web系事業会社 メーカー ...

TOP