金融

ウェルスナビへの転職は難しい?面接内容や転職難易度などを解説

ウェルスナビ転職者の主なキャリアステップ

ウェルスナビの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、専門学校卒業や大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職ウェルスナビ在籍者の主な職歴は、メルカリ楽天などのWEB事業者のほか、広告代理店地方銀行都市銀行などが挙げられます。

次の転職先ウェルスナビからの転職先として、ラクスルなどのWEB事業者デロイトトーマツなどのコンサルへ転職しています。

ウェルスナビは、ロボアドバイザーを活用した個人向けの資産運用サービスを展開している日本のフィンテック企業です。
取引手続きの徹底的な自動化により、これまでにない資産運用サービスを実現し、サラリーマンなど働く世代から根強い支持を得ています。
2020年に東証マザーズへ上場を果たし、口座数は31万を超えるなど、積極的に事業展開を行っている企業です。
そんなウェルスナビは、プロジェクトマネージャーやエンジニア、UIデザイナーなど、幅広いポジションで求人募集しており、金融業界への転職を検討している方には見逃せない企業でしょう。
この記事では、ウェルスナビへ転職する前に必ずおさえておきたい、面接の傾向や対策、社員の口コミなどを解説します。

ウェルスナビを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・ウェルスナビの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ウェルスナビの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ウェルスナビの企業概要
  • ウェルスナビの転職ポイント
  • ウェルスナビの社風や企業文化

ウェルスナビに転職するポイント

ウェルスナビの特徴

POINT

  • ・ロボアドバイザーを活用した資産運用サービスを提供するフィンテック企業
  • ・口座総数は31万を超えるなど、現在も利用拡大中
  • ・ワークライフバランスは良好で、残業時間も平均的

ウェルスナビへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用枠は比較的多い
  • ・エンジニアやUIデザイナーなどで求人募集
  • ・チャレンジ精神と行動力を持っていることが肝心

ウェルスナビの企業概要

会社名 ウェルスナビ株式会社
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル9F
社長 柴山 和久
設立 2015年4月28日
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 柴山和久(24.31%)
SBIホールディングス株式会社(6.94%)
ノーザン・トラスト(AVFC)UCITS・NT15.315PCT(3.05%)

ウェルスナビの売上

ウェルスナビの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
営業収益 881,171千円 1,552,903千円 2,516,709千円
経常利益 -1,718,020千円 -2,057,005千円 -999,410千円

ウェルスナビの最新ニュース

ウェルスナビの事業内容

ウェルスナビは、ロボアドバイザーを活用した個人向け資産運用サービスを提供しているフィンテック企業です。
ロボアドバイザー業界のなかでは業界シェア第1位のポジションを確立しており、高い安定性を誇っています。
そのなかでも事業の柱となっているのが、社名と同一名を冠したサービスである「WealthNavi(ウェルスナビ)」です。
ユーザーが許容リスクを入力するだけで資産運用が開始できる手軽さや、ロボアドバイザーによる強力なサポートなどで人気を博しています。
ほかにも、「マメタス おつりでコツコツ資産運用」という少額資産運用サービスも展開しており、電子マネーやクレジットカードでの支払いを100円単位として、端数を投資に回すという独自のサービスです。
手軽さにこだわった独自のサービスを展開し、競合他社との差別化を図っている企業でしょう。

ウェルスナビの募集要項

プロダクトマネージャー

ウェルスナビの運用するサービスであるWealthNaviの顧客に対し、最適な資産運用が行えるよう各種企画・開発・運用を担当するポジションです。
また、WealthNaviのコンテンツやサービス機能について決定したり、市況の変化を取り入れた柔軟な対応により長期投資のサポートを行います。
そのため、責任感は問われますが、それ以上にやりがいを感じられる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・インターネットやスマートフォン関連のプロダクト企画・運用の経験
  • ・顧客データ分析業務の実務経験
  • ・各種KPI管理経験

iOSエンジニア

ウェルスナビの自動資産運用を可能にしている「ロボアドバイザー」のiOS開発を担当するポジションです。
具体的には、iOSアプリの企画や設計、開発、運用などを行います。
スタートアップ企業ならではのスピード感と、金融業界ならではの堅牢性を両立した開発が求められる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上のiOS向けアプリケーションの開発経験
  • ・C向けサービスの運用経験

ウェルスナビの転職難易度

ウェルスナビの転職難易度は中程度です。
ウェルスナビでは、近年の急速な業績拡大に伴い、さまざまな職種で中途採用を積極的に行っており、特にエンジニアの採用には力を入れている傾向があるため、サーバーサイドやフロントエンドなどで募集されています。
職務内容も多彩なため、自身の経験にマッチした求人が見つかりやすいといえます。
ただし、どの職種でもある程度の実務経験は求められており、ハードルが低いというわけではありません。
さらにウェルスナビは近年、金融業界を中心に注目が集まっており、ロボアドバイザー業界No1のポジションを確立しているため、競争率が高まっていることは確実です。
ウェルスナビへの転職を成功させるには、手抜かりのない面接対策が必要といえるでしょう。

ウェルスナビが転職者に求める人物像

ウェルスナビでは、転職者に求める人物像として「チャレンジ精神のある人材」「チームワークに強い人材」、さらには「実行力のある人材」の3つを掲げています。
ウェルスナビは、「働く世代に豊かさを」をミッションとして、主に働く世代に向けた個人投資サービスを展開しています。
スピード感が必要とされるフィンテック業界の現場では、複数人で協力して開発に取り組むことが欠かせません。
それに加えて、ウェルスナビでは現在新規事業開拓が進んでいます。
今までに前例のない独自のサービスを展開するチャレンジ精神や、実際に取り組むための実行力は選考でも重きが置かれているといえるでしょう。

ウェルスナビの転職までの流れ

ウェルスナビの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:現場社員
想定内容:志望動機や入社後のキャリアプランなど、定型的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員・代表
想定内容:これまでの質問に加え、ウェルスナビに関する質問をされます。

内定

ウェルスナビの面接形式

面接は応募者1人に対し、面接官が複数人で行われます。
面接回数は基本的に2回ですが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は40分前後と標準的な長さです。

ウェルスナビの面接内容

ウェルスナビの面接は、志望動機や入社後のキャリアプランなど、定型的な質問から進みます。
それ以外にも、「フィンテック業界でウェルスナビが活躍するために必要なことは何か」や「ウェルスナビに入社し、どのような人材になりたいか」といったウェルスナビに関連する質問を多くされます。
そのため、競合他社を含めた企業研究をしっかりと行い、ウェルスナビが掲げている経営方針や経営戦略などを理解しておくことが重要です。
また、エンジニアなどといった専門職の場合は、スキルを確認するような質問をされるため、効率的にアピールできるようあらかじめ準備しておくと良いでしょう。
面接の雰囲気は、比較的和やかなため、変に緊張せず、リラックスして自分らしく臨めるといえます。

ウェルスナビの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多種多様な職種で求人募集
・求人情報はDODAやGreen、スタンバイなどでも確認可能
・全体的に和やかな雰囲気のなかで面接が行われる

PM、在籍3年、男性
ウェルスナビへの志望動機について非常に細かく聞かれました。ほかのフィンテック企業ではなく、どうしてウェルスナビを目指したのかは事前に明確化させておくと良いでしょう。
エンジニア、在籍3年、男性
ウェルスナビのサービスを知っているかどうかについて聞かれました。知っていると答えたところ、ウェルスナビのサービスで良いと思う点、改善すべきだと思う点について聞かれました。
デザイナー、在籍1年、女性
ウェルスナビのサービスの画面を見せられて、この画面のなかで改善したほうが良いと思う点があれば教えて下さい、といわれました。デザイナーとしてのスキルを見ているような気がしました。
エンジニア、在籍2年、男性
面接は1次面接、最終面接ともに話しやすく、和やかな雰囲気で進みました。担当の方が自分の話を引き出してくれるように感じたので、いつも通りの自分を出せたと思います。入社後のビジョンについては掘り下げられました。
営業、在籍4年、男性
オーソドックスな内容が多く、これといって答えにくいような質問はありませんでした。志望動機やこれまでの経験についてかなり掘り下げられたため、そのあたりを整理しておくと良いのではないでしょうか。

ウェルスナビで働いている方の評判・口コミ

エンジニア、在籍3~5年、男性
企業としてエンジニアに力を入れている感じがあります。人間関係はかなりフラットで、社内の風通しも良いなど、新しい企業らしい一面が多くあります。また、配属部署にもよりますが、休日出勤はほとんどありません。残業もエンジニアとしてはやや少なめか、標準的な水準だと思います。
カスタマーサポート、在籍1~3年、女性
職種を問わず、投資についての情報を学ぶ機会が数多くあります。そのため、金融業界ならではの経験を積むことができます。また、毎週金曜日の夕方には「HAPPY HOUR」という、ドリンクを飲みながら一週間について振り返る時間があります。独自の制度が多く、働きやすい環境です。
PM、在籍5~7年、男性
新しい企業のため、さまざまな独自の制度があり、どれも充実しています。しかし一方で、社内で全体的に投資のノウハウや金融業界の知識が不足しがちではないかと感じます。経常利益は赤字が続いており、改善するためには売上をさらに伸ばしていくしかないのではないでしょうか。

口コミの要約ウェルスナビの口コミを見てみると、新しい企業ということもあり、フレックスタイム制や充実した研修など、多様な働き方に対応するための制度が整備されているということが伝わってきます。また、毎週金曜日の「HAPPY HOUR」を評価する声も多く、一人一人に合った働きやすい環境があるということが伺えます。

ウェルスナビの年収・給与

年収 727万円
ボーナスの有無 年俸制
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り(月5万円まで)
住宅手当 記載なし
福利厚生 PCの自由選択制度、書籍購入補助、シャッフルランチなど

ウェルスナビでの転職者の出世難易度

ウェルスナビの出世難易度は中程度です。
ウェルスナビに在籍している社員は中途入社の方が多く、そのため、新卒入社の方と比較しても出世に影響することはほとんどありません。
入社時期に関わらず、実績をあげれば出世するという実力主義の風潮があります。
また、社内での人間関係が出世に影響することもあり、チーム内で親睦を深めるための「チームメシ」という制度や、ランダムに選出されたメンバーと食事に行くと会社が食費補助を行うという「シャッフルランチ」などの制度が充実しています。
出世を狙うのであれば、これらの制度を活用しつつ、人間関係を上手く築くことが非常に大切といえるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 グループ長 1,100万円
30代後半 マネージャー 1,100万円
40代前半 マネージャー 900万円
40代後半 マネージャー 900万円

ウェルスナビはどんな人が働いている?

ウェルスナビの従業員数

91名

ウェルスナビの平均年齢

37.7歳

ウェルスナビの平均勤続年数

2.3年

ウェルスナビの社風

ウェルスナビは、2015年設立と非常に新しい企業であり、典型的なベンチャー企業に見られるような若い風土が根付いている企業です。
そのなかでも特筆すべきなのは、「シャッフルランチ」や「チームメシ」に代表される独自の福利厚生制度が挙げられます。
会社としてもチーム内での交流を促進しており、結果として職場での人間関係も良好となっています。
また、何事にもスピード感を持って行う風土もあるため、フィンテック企業ならではのスピード感があるでしょう。
チームワークを大切にし、スピード感をもって業務を遂行したいという方には、向いている企業といえます。

ウェルスナビのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 10:00~19:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始、年次有給休暇、その他会社の定める休暇など
平均残業時間 月20.4時間
フレックス制度 有り(コアタイム 10:00〜16:00)
リモートワーク 有り
産休・育休制度 記載なし
時短勤務 記載なし

ウェルスナビの社長

柴山 和久

東京大学法学部卒業後、日英の財務省で9年間、予算や税制、金融、国際交渉などに携わる。
その後、3ヶ月以上に及ぶ転職活動を経てマッキンゼーへ転職。
ウォール街にて、機関投資家のサポートなどを行い、リスク管理や資産運用の知識を身に付ける。
その後、金融インフラの革新へ強い想いを抱き、2015年にウェルスナビ株式会社を創業し、代表取締役CEOに就任。
ニューヨーク州の弁護士でもある人物。

ウェルスナビ現職、OB/OGの有名人

廣瀬 学

早稲田大学員大学院商学研究科修了後、ドイツ証券株式会社へ入社。
資金調達やM&Aアドバイザリー業務などに携わる。
2014年にトライフォースへ入社し、ソーシャルアプリの開発や運営を担当。
クレディ・スイス証券株式会社を経て、2019年にウェルスナビへ参画、取締役CFOに就任。

ウェルスナビの転職に関わるQ&A


ウェルスナビでは、フレックスタイム制を導入しています。
コアタイムが10:00〜16:00となっており、子育てと仕事を両立したいという方にとって働きやすい時間帯といえます。


ウェルスナビでは年俸制を採用しています。
平均年収は727万円と、同規模の企業としてはやや高い水準です。
普通に生活する分には全く困ることのないという口コミが目立ち、福利厚生面では、独自の制度に力を入れているため、比較的待遇は良いといえるでしょう。

ウェルスナビへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ウェルスナビの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
求人情報以外にも、「行動指針」や「特徴的な社内制度」などが掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合は、比較的時間がかかってしまう傾向があります。
できるだけ時間をかけずに転職したい方や公式サイトに載っていないような求人も見てみたいという方には、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ウェルスナビの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

金融業界の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してウェルスナビに転職するなら、競合他社の募集要項を比較できる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・気軽に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が比較的豊富であり、案件確認から応募までにスピード感があります。
今すぐ転職をしたい方やまずはさまざまな企業を比較したいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社の募集を比較するなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)には、金融といった幅広い業界の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールの金融業界の平均年収は800万円~1,500万円程度となっており、別サイトよりも比較的高くなっています。
また、doda X(旧:iX転職)は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「金融業界の求人はどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを調べたい場合は、doda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめです。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

インヴァスト証券の転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

インヴァスト証券は、FXやETFといった自動売買サービスを提供している証券会社です。 オンラインに特化しているという特長を持ち、「トライオートEX」や「マイメイト」といったさまざまなサービスを提供しています。 また、日本国内...

明治安田生命への転職のポイントは?離職率や社員評判も徹底解説!

明治安田生命転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員中心 明治安田生命保険相互会社に転職 次の転職先 WEB系事業会社 生命保険会社 ...

マーキュリアインベストメントの転職難易度は高い?口コミや面接内容などを解説

マーキュリアインベストメントは、さまざまな投資戦略を展開している日系投資ファンドです。 「すべてのステークホルダーの幸せの総量を最大化する」ことを目指しており、既成概念や国境にとらわれずにあらゆるソリューションを駆使したクロスボー...

あおぞら銀行の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

あおぞら銀行転職者の主なキャリアステップ 前職 三井住友銀行、SMBC信託銀行、新生銀行などの銀行 みずほ証券などの証券会社 株式会社あおぞら銀行に転職 ...

SMBC日興証券の転職事情とは?年収やノルマの有無などを調査!

SMBC日興証券転職者の主なキャリアステップ 前職 国内の大手・中堅証券会社 SMBC日興証券株式会社に転職 次の転職先 証券会社 信託銀行 ...

ウェルスナビへの転職は難しい?面接内容や転職難易度などを解説

ウェルスナビ転職者の主なキャリアステップ 前職 メルカリ、楽天などのWEB事業者 広告代理店 地方銀行 都市銀行 ウェルスナビ株式会社に転職 次の転職...

おきなわフィナンシャルグループの転職は可能?事業内容や面接の口コミを紹介

おきなわフィナンシャルグループ転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員がほとんどである。 株式会社おきなわフィナンシャルグループに転職 次の転職先 ...

HSBCへの転職はおすすめ?年収や業績について調査

HSBC転職者の主なキャリアステップ 前職 大手銀行 外資系証券会社 HSBCホールディングスに転職 次の転職先 外資系銀行 証券会社 ...

ROBOT PAYMENTへの転職。面接の口コミや年収・社風などをご紹介

ROBOT PAYMENT転職者の主なキャリアステップ 前職 ソフトウェアメーカー ROBOT PAYMENTに転職 次の転職先 ゲーム開発などのエンター...

モルガン・スタンレーの転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

モルガン・スタンレー転職者の主なキャリアステップ 前職 銀行 証券会社 コンサルティング会社 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社に転職 次の転職...

TOP