WEB・アプリサービス

ウイングアーク1stの転職難易度は高い?選考難易度や対策ポイントを解説

ウイングアーク1st転職者の主なキャリアステップ

ウイングアーク1stの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学・大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

職歴ウイングアーク1st在籍者の主な職歴は、デロイトなどのコンサルファームNEC富士ゼロックスなどの機械メーカーのほか、三菱総研リクルートなどが挙げられます。

退職後の主な転職先ウイングアーク1stからの転職先として、日本オラクル日本アイビーエムなどのSIerアクセンチュアアビームなどのコンサルファームのほか、楽天などへ転職しています。

ウイングアーク1stは、帳票管理を行うサービスである「SVF」や、データ活用のためのソリューションを提供する「Dr.Sum」などを展開しているソフトウェアメーカーです。
主力サービスである「SVF」は、28,000社以上の導入実績を誇っているおり、最近では企業のみならず、官公庁などにも採用されています。
また、2021年11月より、多様なグラフや集計表を用いてデータ分析と可視化を可能とし、さらに集計表に特化して、簡易な操作性を追求した「MotionBoard Cloud」Entry Editionを提供するなど、幅広く手掛けている企業です。
そんなウイングアーク1stでは、社員による会社への満足度ランキングでは上位2%にランクインするなど、ワークライフバランスも良い見逃せない企業といえます。
この記事では、ウイングアーク1stへの転職を検討している方に向けて、転職を目指すうえで必ず知っておくべき事業内容や面接の傾向などを解説します。

ウイングアーク1stを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・ウイングアーク1stの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ウイングアーク1stの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ウイングアーク1stの企業概要
  • ウイングアーク1stの転職ポイント
  • ウイングアーク1stの社風や企業文化

ウイングアーク1stに転職するポイント

ウイングアーク1stの特徴

POINT

  • ・帳票管理サービス「SVF」などを展開するソフトウェアメーカー
  • ・主力である「SVF」は28,000社以上の導入実績を誇り、事業規模も拡大中
  • ・残業も少なく、ワークライフバランスは良いと評判

ウイングアーク1stへ転職するポイント

POINT

  • ・開発エンジニアを中心に求人募集
  • ・時期によっては専門職や総合職で求人募集される可能性がある
  • ・面接はリラックスした雰囲気で話しやすかったという声が多数

ウイングアーク1stの企業概要

会社名 ウイングアーク1st株式会社
本社所在地 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
社長 田中 潤
創業 2004年3月
株式 上場(東証1部)
株主構成 IW.DXパートナーズ株式会社(22.41%)
東芝デジタルソリューションズ株式会社(13.50%)
日本マスタートラスト信託銀行(4.59%)

ウイングアーク1stの売上

ウイングアーク1stの売上推移

事業年度 2017年 2018年 2019年
売上収益 15,566百万円 17,287百万円 18,677百万円
営業利益 4,223百万円 4,887百万円 5,684百万円

ウイングアーク1stの最新ニュース

ウイングアーク1stの事業内容

ウイングアーク1stは、「データエンパワーメント事業」の単一セグメントです。
データエンパワーメントとは、複雑なビッグデータを処理して企業や官公庁などに価値をもたらすことです。
ウイングアーク1stでは、帳票管理や文章管理、データ分析のソリューションを主にBtoBで提供しています。
そのなかでも主力としている製品は、帳票などを管理する「SVF」です。
これまでに28,000社以上の導入実績を誇っており、企業のみならず、官公庁などでも活用されています。
このほかにも、ビッグデータの活用を推進するためのサービスである「Dr.Sum」、情報活用をサポートするダッシュボードを提供する「MotionBoard」なども展開中です。
近年では企業の急速なDXが進んでおり、文書管理などをクラウド上で行う流れも加速しています。
ウイングアーク1stは、そのようなニーズに応えた製品展開をしているため、売上高と経常利益はともに上昇しており、関連会社の事業も含めて今後の規模拡大していけるかを注目されている企業です。

ウイングアーク1stの募集要項

開発エンジニア

ウイングアーク1stの展開するサービスの開発を担当するポジションです。
サポート部門などとも連携しながら高品質なソフトウェアの開発を行うことはもちろんのこと、R&D業務や特許出願、品質保証業務なども行います。
開発環境はプロダクトによって異なるため、事前に確認しておきましょう。

必須な経験・スキル

  • ・Webシステム開発経験
  • ・Java開発経験
  • ・RDBMSの知識

ウイングアーク1stの転職難易度

ウイングアーク1stの転職難易度は比較的高いです。
ウイングアークは一定数の求人を出していることが多いですが、一度に大量に募集することはほぼありません。
公式サイト上での公開求人も1〜2種類となっていることとがほとんどで、募集している職種が限られているのが現状です。
さらには、東証1部に上場したばかりの人気企業なため、選考の倍率も非常に高くなることが予想されます。
しかしながら、過去にはマーケティングやサポートエンジニア、営業職などの求人が出ていたこともあります。
職種にこだわりがある場合でも、応募する時期によっては採用を勝ち取ることができる可能性は十分高いです。
ウイングアーク1stへの転職を検討している方は求人をこまめにチェックし、人気な求人を見逃さないようにしましょう。

ウイングアーク1stが転職者に求める人物像

ウイングアーク1stが掲げている求める人物像は、「課題に向き合い、スピード感を持って解決する」「挑戦し、創造することを楽しむ」「互いに尊重し、共通の目標達成を行うチームになれる」の3点です。
ウイングアークの展開しているサービスはBtoBのものがほとんどであり、プロダクトも必然的に大規模なものとなります。
さまざまな部署と連携しながらコミュニケーションを図っていけるチーム力は必須です。
また、企業のDXを取り巻く環境は激しく変化しているため、プロダクトの開発や営業においても、スピード感を持って仕事に望むことが重要といえるでしょう。

ウイングアーク1stの転職までの流れ

ウイングアーク1stの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・現場社員
想定内容:志望動機や前職の退職理由など、オーソドックスな質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員・社長
想定内容:これまでの質問に加え、入社後のキャリアを入念に質問されます。

内定

ウイングアーク1stの面接形式

面接は1対1や1対複数人で行われるなど、職種によって異なります。
面接回数は2~3回ありますが、状況によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は45分程度で標準的な長さです。

ウイングアーク1stの面接内容

ウイングアーク1stの面接は、志望動機や前職の退職理由など、オーソドックスな内容がしっかりと問われるようです。
特に、入社した後のビジョンや想定しているキャリアパスなどは入念に聞かれます。
入社後にやりたいことなどを自分の経験を交えながら丁寧に伝えられるよう、事前に準備をしておきましょう。
また、変わった質問として「今からこのコートを売ってこいといわれたらどうするか」や「夢の実現にどれぐらいの費用がかかると思うか」といったものが挙げられます。
意表をつくような質問も目立ちますが、落ち着いて素直に答えることがポイントです。
事前に企業選びの軸やアピールポイントなどを整理しておくと、答えにくい質問であっても説得力のある回答ができるでしょう。

ウイングアーク1stの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトにある求人はそれほど多くない
・求人情報はDODAや求人ボックスでも確認可能
・奇をてらった質問をされることもある

営業、20代後半、男性
「目の前のコートを今売り込んでみてください」といわれたことが印象的でした。そのあとにどのようなことを意識して売り込んだかを聞かれたため、前職での経験なども絡めながら丁寧に答えました。
エンジニア、30代前半、男性
志望動機や前職での経験など、オーソドックスな内容を聞かれました。また、前職でどのような製品を開発していたのか、開発環境はどうだったかなど、業務に直接関わるような質問が多かった印象があります。
マーケティング、30代後半、男性
将来の夢を聞かれました。家族に金銭的な不安を与えない、幸せな家庭を築着たいと答えたところ、その夢の実現にはどれぐらいの費用がかかると思うかなどを聞かれました。
事務、20代後半、女性
前職での経験や、退職経緯といった基本的な質問が多かったです。また、DXについて知っていることはあるか、業界についてどのようなことを知っているか、などウイングアーク1stに関連する知識は重点的に聞かれました。
人事、30代前半、女性
圧迫面接のような雰囲気はなく、非常に和やかで話しやすかったです。それほど答えにくい質問はなかったですが、入社後にどのようなことをやりたいのかを深堀りされました。

ウイングアーク1stで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍5~7年、男性
自社ならではのプロダクトがあることが強みだと思います。一時は東証2部から上場廃止していましたが、DXの流れが加速するに伴い売上も伸びてきて、東証1部に上場しました。国内トップシェアの製品があるため安定性も高く、プロダクトはシステムの根幹に関わることが多いため、独自の営業手法を身に付けることが求められました。
PM、在籍5~7年、女性
時短勤務や時差出勤など、上司によっては非常に柔軟な働き方ができます。有給も取りやすく、ワークライフバランスは良いほうだと思います。給与は社内のランクによって決定される仕組みになっており、自らアピールポイントを提言する仕組みがあります。基本的に社内の風通しは良く、コミュニケーション費用という名目で部署外の人とコミュニケーションをとるための手当も支給されます。
エンジニア、在籍3~5年、男性
風通しが良く、社員の挑戦を後押しするような雰囲気があります。エンジニアが大切にされる風土があり、技術者が尊重される企業です。組織体制の変更がかなりの頻度であるため、合う人と合わない人が分かれるかもしれません。社長のトップダウンの体制が強く、考え方は全体的に保守的です。

口コミの要約社員からの企業に対する評判が高く、企業の総合満足度ランキングでは上位2%にランクインする結果となっています。風通しが良く、経営が安定していることに対する好意的な意見が目立ちました。その一方で、経営戦略に合わせて組織体制がころころ変わるという意見もちらほら見られます。改変後間もない企業のため、制度が未整備な面もまだまだ残っています。

ウイングアーク1stの年収・給与

年収 769万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険、団体福利厚生サービス、クラブ活動補助金など

ウイングアーク1stでの転職者の出世難易度

ウイングアーク1stの出世難易度は中程度です。
ウイングアーク1stでは、社内ランクを上げることが出世に直結します。
この社内ランクを上げるのにはある程度の勤続年数が必要となることが多く、勤続年数による年功序列と実力主義のハイブリッド型評価が採用されています。
転職者だからといって出世に極端な有利不利はありません。
また、評価の際には個別の評価理由説明や自己アピールの機会が設けられており、透明感があるという声も少なくありません。
ウイングアーク1stで出世をするためには、実績を積み上げるとともに効果的なアピールを行うことがポイントでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 室長 900万円
40代前半 なし 900万円
40代後半 副部長 1,400万円
50代前半 部長 1,100万円

ウイングアーク1stはどんな人が働いている?

ウイングアーク1stの従業員数

592名

ウイングアーク1stの平均年齢

40.0歳

ウイングアーク1stの平均勤続年数

3.6年

ウイングアーク1stの社風

ウイングアーク1stの社風の特徴として、非常に風通しの良い雰囲気があることが挙げられます。
クラブ活動補助金はもちろん、3か月に一度5,000円程度のコミュニケーション費用が支給され、部署内外との交流を深めるのに使われています。
会社をあげて風通しを良くしようという取り組みが行われていることがウイングアーク1stの特徴といえます。
また、組織体制が頻繁に変わるという特徴もあり、会社の戦略に合わせて柔軟な組織形態となるのを良しとする雰囲気があります。
そのため、合う人と合わない人が分かれるポイントといえます。
さらには、事業本部ごとにそれぞれ異なる雰囲気、カルチャーがあるという意見もあります。

ウイングアーク1stのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00〜18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、バースデーホリデーなど
平均残業時間 月28.9時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ウイングアーク1stの社長

田中 潤

1976年生まれ。
1999年、株式会社エリスネットに入社。
システム開発エンジニアとして、企業の業務システムやウェブアプリケーションなどの開発に携わる。
2004年、ウイングアーク1st株式会社に入社。
2011年に執行役員CTOへ就任、2012年には取締役、2017年に取締役副社長COOに就任。
2020年より、代表取締役CEOを務めている。

ウイングアーク1st現職、OB/OGの有名人

内野 弘幸

1956年生まれ。
1979年、株式会社多摩ユーザックに入社。
1983年に日本オフィスメーション株式会社、1992年に翼システム株式会社へそれぞれ入社する。
2004年にウイングアーク1st株式会社の代表取締役社長に就任し、2006年からディジタルワークス株式会社の取締役を務めるなど、数々の企業で役員を歴任。
2018年より、ウイングアーク1st株式会社の取締役会長を務めている。

ウイングアーク1stの転職に関わるQ&A


産休や育休の制度など、男女問わず活躍できるような制度がしっかりと整備されています。
女性比率に関しては部署によって異なり、開発部門などはどうしても男性中心の環境となってしまっています。
女性のキャリアパスを確立しようという動きもあり、現在は1人の女性が役員を務めています。


月平均残業時間は29時間前後となっており、これは同規模の同業他社と比較するとやや低い水準です。
有給休暇も取りやすいなど、ワークライフバランスは良いと感じている社員が多くいます。

ただし、業務の性質上、部署によってはどうしても休日出勤や夜間対応を求められることもあります。
そのような場合でもしっかりと代休は取れるため、総合すると働きやすい環境があるといえるでしょう。

ウイングアーク1stへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ウイングアーク1stの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、企業の実績や提供しているサービス内容、代表メッセージなどが掲載されているので、一度を目通したほうが良いでしょう。
ただし、求人内容はざっくりとした掲載されておらず、不透明なところも少なくありません。
より詳しい内容が知りたい場合やできるだけ時間をかけずに転職したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ウイングアーク1stの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

募集要項の詳細を確認したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してウイングアーク1stに転職するなら、競合他社の募集要項も比較できる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・簡単に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人数の豊富さ
  • ・求人内容確認から応募までがスピーディー

転職サイトは、空いている時間などを使って簡単に転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすくなっています。
また、求人数が豊富であり、競合他社の募集要項も確認することができるため、幅広く求人情報をチェックすることができます。

競合他社の募集内容も見たいなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)には、情報・通信業を行っている企業の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールの通信事業会社は、平均年収が800万円~1,200万円と比較的高くなっています。
また、doda X(旧:iX転職)には一般公開されていない非公開求人が多く扱っている転職サイトとしても有名であり、相談することで自分に見合った非公開求人を紹介してもらえることがあります。
「この企業はどんな人材を求めているのか」や「競合他社では募集要項にはどんな違いがあるのか」などを知りたい方は、doda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールをチェックすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

フィーチャの転職難易度は高い?年収や口コミなどを解説

フィーチャは、画像認識ソフトウェアの開発を行っている企業です。 主に車載カメラやドライブレコーダー向けのADAS(運転手操作支援システム)用の組み込みソフトウェアの開発と提供を行っています。 さまざまなもののインテリジェント...

デジタルマーケティング業界に転職する際におすすめの転職エージェント・転職サイト

デジタルマーケティングとは、様々なものがデジタル化しデジタル関連のサービスが増えている中で注目されているデジタル化されているマーケティグのことです。 デジタルマーケティング業界への転職を検討するにあたって、まずはデジタルマーケ...

リビン・テクノロジーズへの転職情報。転職難易度や社員の口コミなどを解説

リビン・テクノロジーズ転職者の主なキャリアステップ ...

リクルート住まいカンパニーへの転職。難易度や年収などを公開

リクルート住まいカンパニー転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天などのWeb系事業会社 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム ワークスアプリケーションズなどのSIer、ツールベンダー ...

ゼンリンの転職情報を解説!難易度や口コミなどをご紹介!

ゼンリン転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からのプロパー社員がほとんど 株式会社ゼンリンに転職 主な転職先 銀行 通信会社 建築会社 ...

ピアラの転職事情。転職難易度や口コミなどを解説

ピアラは、ビューティ&ヘルス領域や食品領域において、通販事業を展開する企業の課題解決を図るECマーケティング支援を行っている企業です。 購買行動に大きく影響する方の悩みに対して悩み別データと分析システムを活用し、企業のマーケテ...

i-plugの転職事情。転職難易度や面接内容などを解説

i-plug転職者の主なキャリアステップ 前職 人材サービス業 マーケティング企業 株式会社i-plugに転職 次の転職先 トレンドマイクロなどのセキュ...

株式会社ジィ・シィ企画への転職まとめ。事業内容や面接の傾向などを解説

ジィ・シィ企画は、「CARD CREW」シリーズなど、オンラインを中心とした各種決済サービスを展開しているIT企業です。 キャッシュレス化をサポートするための端末開発や、キャッシュレス決済のノウハウを活用したシステム開発の受託など...

ワンダープラネットの転職事情。出世難易度や年収などを解説

ワンダープラネット転職者の主なキャリアステップ 前職 トランス・コスモス サイバーエージェント DeNA オールアバウト ゲーム関連企業 ワンダープラネット株式会社に転職 ...

チームラボに転職するのは良い?評判や給料などを解説

チームラボ転職者の主なキャリアステップ 前職 SIer、WEB系のエンジニア チームラボ株式会社に転職 次の転職先 LINEなどの国内メガベンチャー ヤ...

TOP