WEB・アプリサービス

スパイダープラスの転職事情。選考難易度や対策ポイントなどを解説

スパイダープラスは、建設業を主要なターゲットとした建築図面や現場管理アプリケーション「SPIDERPLUS」を展開している企業です。
「SPIDERPLUS」は、2011年リリースにされて以降、利用アカウント数は拡大を続け、2020年12月時点では全国793社、38,560名もの利用者を抱える業界標準サービスとなっています。
また、蓄積したデータをAI活用で高効率に、顧客対応スピードも加速したBPOサービス提供を本格的な強化も図っています。
事業規模も順調に拡大を続け、2020年には経常利益が1億669万円を記録するなど、今後の発展も期待できる企業です。
そんなスパイダープラスでは、iOSエンジニアやプロダクトディレクターなど、数々の職種で中途採用を募集しています。
管理職や事務職など幅広い職種の募集があるのはもちろんのこと、エンジニアなど技術系の職種の求人が非常に豊富であることも特徴の一つです。
この記事では、スパイダープラスへの転職を検討している方に向け、スパイダープラスの事業内容や面接の傾向、社員の口コミなどを解説します。

スパイダープラスを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・スパイダープラスの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、スパイダープラスの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • スパイダープラスの企業概要
  • スパイダープラスの転職ポイント
  • スパイダープラスの社風や企業文化

スパイダープラスに転職するポイント

スパイダープラスの特徴

POINT

  • ・図面・現場管理アプリ「SPIDERPLUS」を展開するIT企業
  • ・サービスのシェアは拡大を続け、2021年には東証マザーズへ上場
  • ・スタイリッシュなイメージへの刷新を続け、近年はグローバル展開も模索中

スパイダープラスへ転職するポイント

POINT

  • ・管理職や専門職など、幅広く求人募集
  • ・エンジニアの採用が多く、特にiOSエンジニアの中途採用に注力
  • ・面接では人間性重視の質問が多い傾向にある

スパイダープラスの企業概要

会社名 スパイダープラス株式会社
本社所在地 東京都豊島区東池袋1丁目12番5号 東京信用金庫本店ビル7階
社長 伊藤 謙自
設立 2000年2月
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 伊藤謙自(56.77%)
ゴールドマン・サックス(レギュラー)アカウント(4.12%)
SSBTCクライアント・オムニバス(3.88%)

スパイダープラスの売上

スパイダープラスの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 909,077千円 1,286,109千円 1,973,405千円
経常利益 -123,809千円 59,458千円 106,696千円

スパイダープラスの最新ニュース

スパイダープラスの事業内容

スパイダープラスは、建築現場で用いられる各種管理アプリケーションの開発や運用を行っている企業です。
以前は熱絶縁工事などの施工会社として事業を展開していましたが、建築現場のIT化の必要性に目をつけ、2011年に「SPIDERPLUS」をリリースしました。
また、リリース以降は、「風力測定オプション」や「騒音計連携オプション」など、幅広い機能の拡充を続けています。
「SPIDERPLUS」は、月額制のサブスクリプションモデルを採用しているため、安定した収益源となっていることも特徴です。
その結果、2020年12月には利用ID数は38,000以上となるなど急激にシェアの拡大を続けています。
今後は、音声入力やAIによるデータ活用機能など、さまざまな機能拡張を行う予定であり、グローバル展開にも注力していくことを目指しています。

スパイダープラスの募集要項

iOSエンジニア

SPIDERPLUSの新機能追加やUI/UXの改善、パフォーマンスの向上や技術刷新などを担当するポジションです。
設計や開発はもちろん、開発要件の整理や要件定義、コードレビューやテストなども行います。
サーバーサイド言語としてはPHPとRbuy、アプリ言語としてはSwiftとObjective-Cが用いられています。

必須な経験・スキル

  • ・Swiftを用いたiOS向けアプリケーションの開発や運用の実務経験
  • ・チームで開発を行った経験

プロダクトディレクター

SPIDERPLUSに関わる各種調整業務を担当するポジションです。
具体的には、ユーザーから寄せられる要望や改善点などの整理、ソリューションの検討、営業やユーザーに対するプロダクトの説明や開発チームとの調整などを行います。
将来的には、新規プロダクトの開発を担うなど、幅広い活躍が期待されている職種です。

必須な経験・スキル

  • ・社外ユーザーに対するプロダクト開発のディレクション・マネジメント経験
  • ・上流工程の経験
  • ・フロントエンドやバックエンドでのwebアプリ開発経験

スパイダープラスの転職難易度

スパイダープラスの転職難易度は中程度です。
スパイダープラスでは、非常に多彩な職種で中途採用を行っています。
そのなかでも特に、iOSエンジニアを始めとした技術系の職種の求人が非常に充実していることがスパイダープラスの特徴です。
そのため、大規模なSaaSアプリケーションの開発に携わることのできる貴重な環境といえるでしょう。
エンジニア以外にも、プロダクトディレクターといった裁量の大きな職種やマネージャー候補など、キャリアパスが魅力的なポジションも多数あります。
ただし、スパイダープラスは2021年に東証マザーズへ上場するなど、近年注目の集まっている企業であるため、面接の倍率が高まりつつあるのも事実です。
SaaS業界の特徴やスパイダープラスの事業内容についてはあらかじめ理解してから面接に望む必要があります。
業界研究を始めとした面接対策は手を抜かずに行っておくようにしましょう。

スパイダープラスが転職者に求める人物像

スパイダープラスは、ミッションとして「私達は”働く”にもっと『たのしい』を創造します。」という文言を掲げています。
有価証券報告書に記載されている内容によると、スパイダープラスは働くうえで「楽しいと感じることができるか」を重視していることが伺えます。
楽しみながら業務に取り組み、生産性を向上させることができる人物が求められているといえるでしょう。
また、中途採用の募集背景は事業規模の拡大がほとんどです。
スパイダープラスは現在、SPIDERPLUS以外のサービスのローンチも検討しており、将来的に新規事業へ関わることを見据えた採用を行っています。
新たなことにも意欲的に取り組むことのできるチャレンジ精神に溢れた人物であることも重要です。

スパイダープラスの転職までの流れ

スパイダープラスの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・現場社員
想定内容:志望動機や前職の退職経緯など、基本的な質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員・社長
想定内容:これまでの質問に加え、人物面に関する質問をされます。

内定

スパイダープラスの面接形式

面接は応募者1人に対し、面接官複数人で行われます。
面接回数は2~3回ありますが職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は45分前後です。

スパイダープラスの面接内容

スパイダープラスの面接は、志望動機や前職の退職経緯といった基本的な質問はもちろん、人物面について深く掘り下げるような質問が多いのが特徴です。
「今まで何かをチームで達成した経験はあるか」や「困難を乗り越えたエピソードを教えて」といった基本的なものから、「どうしてSaaS業界で働きたいと思ったのか」など、スパイダープラスならではの質問まで幅広く聞かれます。
これらの質問に対する回答の軸は志望動機なので、事前にどうしてスパイダープラスで働こうと思ったのかをしっかりと固めておきましょう。
また、技術職の場合は、Swiftなどの実際に用いられている環境にどの程度慣れているかを確かめるような質問が多い傾向があります。
事前に募集要項を確認し、開発環境についての簡単な下調べを行っておくことが肝心です。

スパイダープラスの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多くのポジションで募集をしている
・求人情報はリクルートやGreenなどでも確認可能
・前職の経験を聞かれる傾向にある

エンジニア、20代後半、男性
エンジニアでの実務経験があったため、どのような環境で開発をしていたのか、プロダクトの規模はどの程度だったかなどを掘り下げられました。前職での経験はかなり深堀りされる印象です。
営業、30代前半、女性
SaaS業界や建築業界についてどの程度知っているかを聞かれました。また「BtoBで知名度の低い企業だと思うが、どのような経緯でこの会社を知ったのか」という質問もありました。
コンサルティング、20代後半、男性
前職での経験を中心に聞かれました。同様の職種でコンサルティング経験があったためその旨を伝えたところ、仕事をする上で大切にしていることはなにか、などを聞かれました。
事務、30代前半、女性
これといって特に答えにくいような質問は少なく、志望動機等に関する一般的な質問が多かったような印象です。面接の雰囲気は1次、2次ともに和やかで、話しやすく感じました。
マーケティング、30代前半、男性
「将来何をやりたいですか」「この会社に対する想いを聞かせてください」といった未来志向の質問が目立ちました。能力面というよりも、業務に関する想いが重視されていたような気がします。

スパイダープラスで働いている方の評判・口コミ

管理、在籍5~7年、男性
展開しているサービスは既に業界標準を獲得しつつあり、売上高も順調に伸びています。サブスクリプションモデルを採用しているというのが強みですが、一方でSPIDERPLUS以外の収入源がほとんどないという点は安定性に欠けます。ワークライフバランスは比較的良く、有給休暇も取りやすい雰囲気です。
カスタマーサポート、在籍3~5年、女性
研修制度が充実しているため、スムーズに業務に入ることができます。営業推進部ではリモート勤務が推進されており、チーム内では常にオンラインで繋がっています。また、チームリーダーと1on1での面接が月に1度行われており、業務面のみならず日常のことでも相談できるような環境です。社内には女性の多い部署と少ない部署があり、開発系の部署はどうしても男性に偏っているような印象があります。
営業、在籍10年以上、男性
創業当初からのビジネスモデルを転換し成長を遂げた企業です。最近はグローバル展開にも注力していますが、コロナ禍の影響もありあまり成功していない印象があります。一方でデジタルマーケティングには力を入れており、国内シェアの拡大は順調です。近年急速に拡大した影響で社内の制度は未だに整っていない部分が多数あり、人事の評価制度などには不公平感を感じることもあります。

口コミの要約「SPIDERPLUS」によって近年急速に成長した企業であり、業界標準のソフトウェアを持っているのが強みだという声が多く見られます。ただし、SPIDERPLUS以外の収入源がなく安定性に欠けるという口コミも少なくありません。その一方で、ワークライフバランスについては肯定的な意見が多くあります。また、定期的に上司と1対1で対話することができるなど、チームワークを大切にする環境があります。

スパイダープラスの年収・給与

年収 491万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年2回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 社会保険完備、役職手当、出張手当、確定拠出年金制度など

スパイダープラスでの転職者の出世難易度

スパイダープラスの出世難易度は中程度です。
スパイダープラスは、近年急速に成長を続けている企業であり、中途採用を積極的に行っています。
その影響で社内は中途採用の社員がほとんどいっても過言ではないような状況であり、ほかの企業でよくあるような中途採用と新卒採用の間で出世に差があるということは全くありません。
また、上司との面談が最低でも月に1回の頻度で行われており、比較的多い面談となっています。
この面談の機会などで業務の実績をアピールしつつ、コツコツと日々の業務をこなしていくことが出世につながるでしょう。

スパイダープラスはどんな人が働いている?

スパイダープラスの従業員数

92名

スパイダープラスの平均年齢

33.5歳

スパイダープラスの平均勤続年数

2.7年

スパイダープラスの社風

スパイダープラスの社風の特徴としては、まさにベンチャー企業らしい非常に風通しの良い風土が挙げられます。
業務がオンライン化されたときも、常に社員同士がオンラインでつながっているような環境を作るなど、社員間のつながりを非常に大切にしていることが特徴です。
最近は部署をまたいだ交流の機会の拡充にも力を入れています。
また、社員の平均年齢は33.5歳と比較的若く、大学のサークルのようなノリがあり、活気のある風土があるという口コミもあります。
このあたりは人によって合う合わないが分かれるポイントとなるといえるでしょう。

スパイダープラスのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00〜18:00
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、夏季休暇、年次有給休暇、特別休暇など
平均残業時間 月25時間程度
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

スパイダープラスの社長

伊藤 謙自

建築資材の商社営業や熱絶縁工事の施工管理などの実務経験を積んだのち、1997年に伊藤工業を創業。
建設業界のIT化の遅れを痛感し、建築現場をターゲットとしたサービスの開発を決意。
タブレット端末の登場に合わせ、ICT事業を開始した。

スパイダープラス現職、OB/OGの有名人

石戸 祐輔

スパイダープラスのICT事業部長。
建築業界にて、施工管理技士として現場管理を経験。
ITベンチャーにて営業職、コンサルティング企業でコンサルタントなどの経験を積んだのち、ディレクターを務める。
2019年、スパイダープラスへ参画。
現在はSPIDERPLUS事業を統括している人物。

スパイダープラスの転職に関わるQ&A


スパイダープラスの公式サイト上によると、2020年12月31日時点で女性従業員比率は36%となっています。
全従業員が92名となっているため、およそ33名の女性が在籍している計算です。
部署によって女性社員数に偏りがあり、事務系の職種には女性が多い一方、開発系の職種は男性が中心となっています。


有価証券報告書に記載されているスパイダープラスの平均年収は491万円であり、同規模のITベンチャーとしては平均的な水準です。
2021年に東証マザーズへ上場するなど、近年は業績の拡大が急速に続いているため、今後待遇は改善されていく可能性があります。

また、求人上では実力によって1200万円以上の給与となることも可能との記載があるため、実力と職種によっては高年収を狙うことも十分可能といえるでしょう。

スパイダープラスへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

スパイダープラスの公式HPにある採用情報ページからエントリーできます。
募集要項以外にも、企業メッセージや社員インタビューなど、有益な情報が掲載されているので、企業研究に役立てることができるでしょう。
ただし、公式HPからの応募の場合は、どうしても時間がかかってしまう傾向にあります。
できるだけ時間をかけずに転職したいと考えている場合や公式HPに載っていない求人に応募してみたいと考える方は、転職サイトの活用がおすすです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、スパイダープラスの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

競合他社の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してスパイダープラスに転職するなら、競合他社の募集要項を比較できる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・気軽に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間を活用して転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が比較的豊富であり、案件確認から応募までにスピード感があります。
今すぐ転職をしたい方やまずはさまざまな企業を比較したいという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

webサービス業を行う企業の募集を比較するなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)には、webサービス業界の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールのwebサービス業の平均年収は800万円~1,200万円程度となっており、別サイトよりも比較的高くなっています。
また、doda X(旧:iX転職)は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
「サービス業の求人はどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを調べたい場合は、doda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめです。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

Retty(レッティ)の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

▼下記は、Rettyに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからRettyに転職してくるのか ・転職先:Rettyからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラ...

グッドパッチの転職事情。年収や面接内容などを解説

グッドパッチ転職者の主なキャリアステップ 前職 グリー、マクロミル、リクルート、サイバーエージェント、DeNA、カカクコムなどのWEB系事業会社 SCSKなどのSIer 株式会社グ...

サスメド株式会社への転職は難しい?事業内容や将来性、転職難易度などを解説

サスメドは、「ICTの活用で『持続可能な医療』を目指す」という理念のもと、医薬品や医療機器に続く第3の治療法として注目されている「デジタル治療」分野で事業を展開している企業です。 不眠症や乳がんといった疾患を対象としたスマート...

HENNGE(へんげ)への転職まとめ。面接で聞かれる質問や社員口コミなどを解説

▼下記は、HENNGEに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからHENNGEに転職してくるのか ・転職先:HENNGEからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

株式会社いつもの転職事情。選考フローや口コミなどを解説

いつも転職者の主なキャリアステップ ...

ベネフィットワンの転職難易度は高い?選考フローや口コミなどを解説

ベネフィットワンは、官公庁や企業の福利厚生業務「ベネフィット・ステーション」などの運営代行サービスを行っている企業です。 主に法人向けサービスを主軸に手掛けており、設立以来より、ユーザー定額課金型のサービスマッチングを展開することで、...

ジモティーへの転職は難しい?年収や面接の傾向などを解説

ジモティーは、地元での情報交換プラットフォーム「ジモティー」を運営している企業です。 個人での広告掲載が無料で行える点を特色としたサービス展開を行っており、今や月間利用者数は1000万人を超える一大プラットフォームへと成長していま...

カカクコムの転職情報。学歴や転職難易度をご紹介

カカクコム転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループなどのWeb系事業会社 サイバーエージェントなどのネット専業広告代理店 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム ベンチャー企業 ...

カラダノートへの転職情報。年収や事業内容、面接対策のポイントなどを解説

カラダノートは、「家族の健康を支え、笑顔を増やす」というコーポレートビジョンのもと、妊娠や出産の場面で役立つファミリー向けのデータ活用サービス、webメディアなどを運営しているIT企業です。 妊娠・出産中の母親に寄り添う情報を発信...

リクルート住まいカンパニーへの転職。難易度や年収などを公開

リクルート住まいカンパニー転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天などのWeb系事業会社 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム ワークスアプリケーションズなどのSIer、ツールベンダー ...

TOP