WEB・アプリサービス

ユーザベースへ転職したい方必見。転職難易度や福利厚生についてご紹介

ユーザーベース転職者の主なキャリアステップ

ユーザベースの主な転職元・転職先

学歴学歴は、大学・大学院卒が在籍。難関大学出身者が比較的多く、海外大学出身者の人材も在籍しています。ただし学歴によって出世コースが決まることはなく、実力が正当に評価されます。

前職ユーザベースには、ヤフーなどのWEB系事業会社や、商社メーカー代理店などからの転職者が多く在籍しています。

次の転職先ユーザベースを退職したのち、ベンチャー系企業やデロイトKPMGアクセンチュアなどの・コンサルティングファームへ転職する傾向があります。

ユーザベースは、情報の発信・取得ができるプラットフォーム「SPEEDA」「NewsPics」を提供する企業です。
また、マーケティングの制度を高められるクラウドサービス「ORCAS」の開発・運営にも力を入れています。
さらには、SPEEDAやNewsPicksに次ぐ事業として、新規事業育成プログラム「think beyond」のスタートや、2022年に子どもと家族のためのサービス「NewsPicks for Kids」を開始するなど、さまざまな支援を行っている企業です。
ユーザーベースでは、完全子会社化した「News Picks」の爆発的な成長や海外事業の拡大などに伴い、即戦力となる人材のキャリア採用を積極的に行っています。

ユーザベースを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・ユーザベースの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ユーザベースの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ユーザベースの企業概要や事業内容
  • ユーザベースへ転職するときのポイント
  • ユーザベースの給与や働き方など

ユーザベース転職するポイント

ユーザベースの特徴

POINT

 

・上海やシンガポール、香港、スリランカに拠点を置くグローバルな企業
・社内の風通しが良く、意思決定のスピードが早い
・「スーパーフレックス制度」という働く場所も時間も選べる制度が存在

ユーザベースへ転職するポイント

POINT

 

・企業理念として掲げる「7つのルール」に共感できるかが重視される
・エンジニアの場合は課題リポートの提出、顧客サポートの場合は短期間のインターンシップの参加が求められる
・面接では10人程度の社員と顔を合わせるケースもあり

ユーザベースの企業概要

会社名 株式会社ユーザベース
本社所在地 東京都港区六本木7-7-7 TRI-SEVEN ROPPONGI 13F
社長 稲垣 裕介・佐久間 衡
設立 2008年4月1日
株式 上場(東証グロース)
株主構成 新野良介(16.38%)
梅田優祐(12.36%)
稲垣裕介(6.76%)

ユーザベースの売上

ユーザベースの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 12,521百万円 13,809百万円 16,063百万円
経常利益 -1,429百万円 -281百万円 1,576百万円

ユーザベースの最新ニュース

ユーザベースの事業内容

ユーザベースは、情報の発信・取得ができるプラットフォームやマーケティングの制度を高められるクラウドサービスの開発や運営を行っている企業です。
主力として、ビジネスシーンにおける情報収集を効率的に行うことができる情報情報プラットフォーム「SPEEDA」や、90以上のメディアのニュースをまとめて読むことができるサービス「NewsPicks」が挙げられます。
また、データを活用して成約率の高いターゲットを予測し、効率的に事業を展開する「ABM」というマーケティング手法をサポートするクラウドサービス「FORCAS」の提供なども行っています。
そのなかでもSPEEDAは、600万もの企業の業績・財務情報、560業種の市場環境、世界のM&A案件のデータを素早く取得可能であり、これまでに1,300社を超える企業の資料作成の効率化に成功しているサービスです。
今後もSPEEDAをはじめ、さまざまなサービスを導入する企業が増えることが見込まれており、さらに売上を伸ばすことが期待されています。

ユーザベースの転職の募集要項

FORCAS エンジニア(Webアプリケーションエンジニア)

FORCASのシステム開発全般に携わるポジションです。
ユーザベースでは仕事のスピード感を重視しており「最速でユーザーの理想を実装してくエンジニア」を募集しています。
フロントエンドはVue.js、サーバーサイドはJava、Kotlin、Python、DBにはRedis、Elasticsearch、MySQL、システム構成の管理にはDockerを使用しています。
FORCASエンジニアはプランニングや開発手法も全て、開発チームで決定し、開発を進めていくため、エンジニアファーストな環境で自由に働くことが可能です。

必須なスキル・経験
・3年以上のJavaやKotlin、Scala、C#のいずれかの実務経験
・OOPの知識の保有
・Webアプリケーション開発経験 など

インサイドセールス

ユーザベースの営業はマーケティング→インサイドセールス→フィールドセールス→カスタマーサクセスという流れで行われています。
インサイドセールスはカスタマーと最初に接点をもつ立ち位置であり、全体の中でも特に重要な役割を担うポジションです。
見込顧客に対して、メールやテレアポなどでニーズを聞き取り、FROCASやSalesforceなどのプロダクトを、セールスへ繋ぐことが主な業務です。
また、案件が取れなかった見込顧客や保留している顧客に定期的なフォローを行うこともあるため、営業スキルが求められます。

必須なスキル・経験
・BtoBのインサイドセールス経験
・法人営業の経験

SPEEDA オフラインイベント

ユーザベースが開催するイベントやセミナーの企画と運営を行います。
ユーザベースでは、オフラインにおけるユーザーの接点作りも重要視しており、そのためにはイベントのスムーズな運営が必須となります。
イベント関係者の調整や運営に関する準備を円滑に行うスキルが求められます。

必須なスキル・経験
・法人営業の経験
・営業サポートやマーケティングサポート、SaaSにおけるフィールドセールスなどの経験

ユーザベースの転職難易度

事業の拡大に伴い、キャリア採用に積極的なユーザベースですが、転職難易度は高いです。
日本経済新聞社が選ぶ「新興の中堅200社成長力ランキング」にランクインしているほど、注目を集める企業であるため、競争率はかなり高いものとなるでしょう。
職種によって転職難易度は異なりますが、エンジニア職は特に、狭き門となります。

ユーザベースが転職者に求める人物像

ユーザベースの企業理念は「7つのルール」と呼ばれており、

  • ・自由主義で行こう
  • ・創造性がなければ意味がない
  • ・ユーザーの理想から始める
  • ・スピードで驚かす
  • ・迷ったら挑戦する道を選ぶ
  • ・渦中の友を助ける
  • ・異能は才能

以上の社風に対応できるかが大切です。

なぜユーザベースではルールを7つ決めているのか、そのルールを守れば自分がどうなるのかを、具体的にイメージすることが、採用のポイントとなります。

ユーザベースの転職までの流れ

選考フロー

書類・エントリーシート提出

1次面接

想定選考官:人事
カジュアルな雰囲気で「企業理念に共感できるか」を軸に質問されます。

最終選考

想定選考官:社長
最終選考は社長と面接が行われます。一次面接で聞かれたことをより掘り下げて質問されます。

ユーザベースの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
面接回数は2回です。

1回につき30分程度となります。

ユーザベースの面接内容

他社との選考状況や、ポジションによって異なりますが、基本的に面接回数は3回です。
企業理念に共感できるかどうかを判断するべく、さまざまな角度から質問が飛んできます。
「将来何をやりたいのか」や「50年後どうなっていたいか」といったものから「最近感動したことは?」「最近笑ったことは?」など、その人の価値観を探るような質問をされることが多いです。
また、望むポストに対してスキルが足りない場合でも、「やりたいことに実現するためには技術(手段)を選ばない」意思があれば、ポテンシャルで採用されることもあります。
与えられた職務を完璧にこなす人材よりも異才な人材を求める傾向があるため、常に新しいことにチャレンジできるマインドをアピールしましょう。

ユーザベースの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには比較的多くのポジションで求人募集
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・一般的な質問が多い

プログラマー、30代前半、男性
一般的な質問を幅広くされました。これといって嫌な質問などはされませんでしたが、こちらの回答に対して深堀される傾向があるため、あらかじめ回答を用意しておいたほうが良いかもしれません。
エンジニア、30代前半、男性
自分のスキルで特化しているものは?と質問されました。iOSアプリにおけるプロトタイプ作成のスピードには自信があり、アジャイル開発のフィールドで強みを発揮できるということをアピールしました。
システム運用、30代後半、男性
今までの業務のなかで困難だったところは?と聞かれました。前職にて、システム全体のダウンにつながるレベルの障害が発生し、その原因追及が非常に困難だったと伝えました。
営業、30代後半、女性
将来どうなっていたいかを質問されました。将来のビジョンは未だ未確定なところもあったため、明確になっている範囲で将来のビジョンをアピールしました。
セールス、30代前半、女性
基本的な質問を中心にされました。また、人柄を判断されるような質問が多く、技術面と同等に人間性なども重要なのかと感じました。

ユーザベースで働いている方の評判・口コミ

マーケティング、正社員、30代、男性
ユーザーを大事にしようという価値観が根付いている印象。ユーザー目線に立って考えられる人材が集まり、常にどうしたらユーザーのためになるのかを考え、実行している。
エンジニア、正社員、30代、女性
仕事とプライベートを両立できる。社内には既婚者も多く、定時で退社し家族との時間を作っている人が多い印象です。残業していることはむしろマイナスに評価される雰囲気があり、ライフワークバランスはかなり良いです。ワーママが多く、女性で管理職についてる人もいるので、女性が働きやすい会社ではあると思います。
企画、正社員、40代、男性
以前と比べると意思決定のスピードは落ちたとはいえ、提案から実行までの時間は、比較的早く、若手の意見でも周りが納得すればすぐに採用されます。社内の風通しもよく、年齢や性別で差別されることはまずありません。自分でやりたいことを決めて、発言できる人にとってはいい職場ですが、給与のために働いている人は、長く続かない傾向があります。
口コミの要約
ユーザベースの評判は給与・ワークライフバランス・評価制度、全てにおいて高いです。
自分のスキルを最大限に発揮できる職場として、やりがいを感じている人も多い印象です。
以前よりも意思決定スピードが落ちたという口コミも見られますが、それでも他の企業と比べて早いという口コミが圧倒的に多かったです。

ユーザベースの年収・給与

年収 759万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 なし
福利厚生 スーパーフレックス制度、ロングバケーション制度、
保育料補助制度など

ユーザベースでの転職者の出世難易度

ユーザベースは出世難易度も高いです。
ユーザベースでは挑戦する姿勢を見せる人が評価される傾向があります。7つのルールにある「迷ったら挑戦する道を選ぶ」に則り、失敗しても挑戦から学ぶことのできる人材が求められます。

ただし、プロパーに比べて転職者が出世しにくいことはありません。7つのルールを理解し率先して行動することで、正当に評価してもらえるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 700万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 ディレクター 1,200万円
40代前半 なし 1,200万円
40代後半 なし 1,000万円

ユーザベースはどんな人が働いている?

ユーザベースの従業員数

373名(単独)
779名(連結)

ユーザベースの平均年齢

33.0歳

ユーザベースの平均勤続年数

2.51年

ユーザベースの社風

ユーザベースでは、常に意見を出し続けることが求められます。
仕事を待つのではなく、今自分に何ができるのかを考え、常にアクションを起こしている人が多いです。
性別や年齢を問わず意見を出せる環境となっているため、働きがいのある職場環境といえるでしょう。
仕事に熱意をもった社員が多いユーザベースですが、同時に、プライベートも重視している社員も多いです。ライフワークバランスが良く、働きやすい環境が整っています。
ユーザベースが掲げる「7つのルール」が浸透しており、イメージした通りの職場となるでしょう。

ユーザベースのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
平均残業時間 月30時間程度
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
休暇制度 夏期冬期休暇、年次有給休暇、産前産後休暇、育児休暇、結婚休暇など
時短勤務 有り

ユーザベースの社長

稲垣 裕介

共同代表取締役社長の1人。
埼玉大学卒業後、アビームコンサルティング株式会社へ入社。
テクノロジーインテグレーション事業部の責任者としての経験を活かし、梅田氏や新野氏とともに株式会社ユーザベースを創業。
2017年に代表取締役CEO兼社長兼ニューズピックス代表取締役に就任したが、2020年に代表取締役COOに就任。
2021年に再び代表取締役CEOに就任。

佐久間 衡

京都大学大学院理学研究科数学専攻・修士課程修了後、UBS証券株式会社へ入行。
2013年に株式会社ユーザベースへ入社し、事業企画・事業開発に従事。
同年、CxOに就任。
2017年に株式会社FORCASのCEOに就任。
2021年より、代表取締役CEOを務めている。

ユーザベース現職、OB/OGの有名人

梅田 優祐

共同代表取締役社長の1人。
横浜国立大学卒業後、戦略系コンサルティングファームのコーポレイトディレクションへ入社。
2008年に高校時代からの友人であった稲垣氏や新野氏とともに株式会社ユーザベースを創業。
翌年、企業・業界分析情報プラットフォームの「SPEEDA」をリリースし、2013年にはニュースプラットフォームの「NewsPicks」の提供を開始、そのほかにも数多くのアプリケーションの開発を手掛けてきた人物。
現在は、非常勤取締役を務めている。

ユーザベースの転職に関わるQ&A


スーパーフレックス制度とは、出社義務もなければコアタイムもなく、それぞれが働く場所や時間を決められる制度のことです。通常のフレックス制度よりもより自由な働き方を選ぶことができます。


退職者の口コミで最も多かったのは「事業展開のスピードについていけなかった」というものです。
ユーザベースは上場企業でありながら、ベンチャーの気質が強く、常に新しいことにチャレンジする姿勢があります。そのため、指示をまつのではなく、自分で仕事を作り、こなすことができるスキルが必須となります。
ただし、出産や育児、療養などで退職を余儀なくされることはなく、育休・産休制度や、保育料補助制度など、働きやすく、また、職場復帰がしやすい企業となっています。

ユーザベースへ転職する方法

まずは公式サイトで概要を確認

ユーザベースのキャリア採用ページでは、働き方やビジョン、決算報告、社員インタビューなど、転職者に希望者にとって有益なコンテンツが多数掲載されています。
特に社員インタビューでは、ユーザベースで求められる人材のヒントが読み取れるため、エージェントや転職サイトを利用する場合でも、必ず目を通すようにしましょう。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ユーザベースの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

転職先を比較検討するなら「doda X(旧:iX転職) 」

ユーザベースの募集要項を転職サイトから探すのであればdoda X(旧:iX転職)がおすすめです。
転職サイトでは、豊富な求人案件から、似たような業界、規模、職種のスカウトメールをすぐに比較検討することができます。そのため、エージェントを利用する予定でも、まずは転職サイトで企業の募集を探すという活用方法も転職活動を進めるうえで非常に有効的な手段です。

また、転職サイトを利用するメリットとして、応募から内定までの早さが挙げられます。エージェントを介して転職する場合、打ち合わせの日程決めや、対策期間などが必要となるため、一社に対する応募から内定までの期間が半年以上かかることもあります。
転職サイトからであれば、企業と直接のやりとりとなるため、よりスピード感を持って転職活動を進められるのです。

doda X(旧:iX転職)には新規事業立ち上げのリーダーポジションが多数

doda X(旧:iX転職)に職務経歴を登録するとスカウトメールが届きます。

※画像はイメージです。
スカウトメールは、ユーザベースの新規事業に関するマネージャー・リーダーポジションなど、即戦力としての活躍が求められるポストが多い傾向があります。
またハイクラス専門の転職サイトということもあり、年収水準は比較的高め。キャリアアップを望む転職であれば、魅力的に感じるポストがきっと見つかるでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

エイチームの転職難易度は高い?口コミや面接情報解説まとめ

エイチーム転職者の主なキャリアステップ 前職 グリーなどのWeb系事業会社 不動産販売 ITソリューション 広告制作会社 広告代理店 株式会社エイチームに転職 ...

Kaizen Platformへの転職事情。事業内容や将来性、転職難易度などを解説

Kaizen Platform転職者の主なキャリアステップ 前職 ヤフー、グリー、コロプラなどのWEB系事業会社 株式会社Kaizen Platformに転職 ...

ESETの転職事情。転職難易度や面接内容などを解説

ESETは、コンピュータやインターネット用のセキュリティ関連製品の開発と提供をしているソフトウェア企業です。 現在ほどコンピュータが一般的でなかった1980年代からウィルス対策ソフトの研究と会は宇に取り組んでおり、未知のマルウェアを検...

ランサーズへの転職は難しい?面接内容や年収などを解説

ランサーズ転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天、グリー、アイレップなどのWEB系事業会社 ランサーズ株式会社に転職 次の転職先 リクルートなどのWEB...

株式会社サイバーセキュリティクラウドへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

サイバーセキュリティクラウド転職者の主なキャリアステップ ...

セーフィーの転職難易度は高い?面接の傾向や社員の声などを解説

セーフィー転職者の主なキャリアステップ 前職 メルカリなどのWEB事業者 セーフティ株式会社に転職 次の転職先 転職事例はほとんどなし セー...

株式会社アカツキへの転職。面接内容や口コミを調査

株式会社アカツキ転職者の主なキャリアステップ 前職 IT系 セガなどのゲームメーカー コロプラなどのWeb事業会社 株式会社アカツキに転職 次の転職先 ...

プルーフポイントの転職難易度は高い?面接内容や選考フローなど解説

プルーフポイントは、米国カリフォルニア州に拠点を置くエンタープライズセキュリティ企業です。 主に、インバウンド電子メールセキュリティやアウトバウンド情報漏えい対策、ソーシャルメディアなど、幅広い製品とサービスを提供しています。 世界...

デジタルマーケティング業界に転職する際におすすめの転職エージェント・転職サイト

デジタルマーケティングとは、様々なものがデジタル化しデジタル関連のサービスが増えている中で注目されているデジタル化されているマーケティグのことです。 デジタルマーケティング業界への転職を検討するにあたって、まずはデジタルマーケ...

ZUUへの転職は難しい?年収・評判・面接内容を調査

ZUU転職者の主なキャリアステップ 前職 野村證券、大和証券などの証券会社 三井住友銀行、地銀などの金融機関 リクルートなどのWEB系事業会社 株式会社ZUUに転職 ...

TOP