グループ企業

ヤマエグループホールディングスへの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

ヤマエグループホールディングス転職者の主なキャリアステップ

  • 前職

    プロパー社員

  • ヤマエグループホールディングス株式会社に転職
  • 次の転職先

    飲食業界
    小売業界

ヤマエグループホールディングスの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、高校卒業や専門学校卒業、大学卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

職歴ヤマエグループホールディングス在籍者はプロパー社員がほとんどであり、これといった職歴はありません。

退職後の主な転職先ヤマエグループホールディングスからの転職先として、飲食業界や小売業界などへ転職しています。

ヤマエグループホールディングスは、環境の変化を見極め、「食」と「住」に関する商品やサービスを提供している企業です。
業界の公共性を理解し、社業の進展を通じて、社会に貢献することを目標に、効率的な営業体制を活用し、収益の向上を推進しています。
また、持続的な成長と企業価値の向上を実現すべく、事業環境の変化や事業領域の拡大と多様化の対応も可能としてます。
さらには、経営の意思決定の迅速化と健全性の向上を図るなど、人や企業、社会をつないでいる企業です。
この記事では、そんなヤマエグループホールディングスへの転職を目指す前に必ず知っておきたい転職難易度や面接内容、口コミなどを解説します。

ヤマエグループホールディングスを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・ヤマエグループホールディングスの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ヤマエグループホールディングスの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ヤマエグループホールディングスの企業概要
  • ヤマエグループホールディングスの転職ポイント
  • ヤマエグループホールディングスの社風や企業文化

ヤマエグループホールディングスに転職するポイント

ヤマエグループホールディングスの特徴

POINT

  • ・「食」と「住」に関連する商品やサービスを提供している企業
  • ・効率的な営業体制を活用し、収益向上を推進している
  • ・事業環境の変化や事業領域の拡大と多様化にも対応可能

ヤマエグループホールディングスへ転職するポイント

POINT

  • ・2021年12月現在、中途採用によるキャリア募集はされていない
  • ・グループ会社では求人募集されている
  • ・前向きで誠実であることが肝心

ヤマエグループホールディングスの企業概要

会社名 ヤマエグループホールディングス株式会社
本社所在地 福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目13番34号
社長 網田 日出人
設立 2021年10月1日
株式 上場(東証1部、福証)
株主構成 ヤマエ第一食栄会(7.13%)
ヤマエ久野社員持株会(6.04%)
ヤマエ第二食栄会(4.16%)

ヤマエグループホールディングスの売上

ヤマエグループホールディングスの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 488,704百万円 522,102百万円 483,834百万円
経常利益 3,899百万円 4,959百万円 1,928百万円

ヤマエグループホールディングスの最新ニュース

ヤマエグループホールディングスの事業内容

ヤマエグループホールディングスは、食品関連や糖粉・飼料畜産関連、住宅・不動産関連を展開しており、「暮らしをつなぐ総合流通業」として、安心・安全な商品の安定供給に努めている企業です。
主力として、一般加工食品や菓子、酒類など、あらゆる商品を取り扱い、多様化する消費者のニーズに対応した新しい食文化の提案を行っています。
また、食品原材料や飼料、畜産物などの販売も行っており、食品製造業や醸造業、外食産業などへ幅広く供給し、顧客のサポートと課題解決にも注力しています。
さらには、住宅建築資材や住宅設備機器の販売をはじめた住まいのトータルサポートや、運送や燃料関連、レンタカーなど、幅広く展開している企業です。
今後の展望として、「クオリティ」と「ビッグ」を両立させ、規模拡大を実現したうえで、経営品質やSDGsの向上を目指しています。

ヤマエグループホールディングスの募集要項

2021年12月現在、ヤマエグループホールディングスでは中途採用は行われていません。
ただし、グループ子会社では以下のような求人情報があります。

製造職

製造部門スタッフとして、製造ラインや品質管理、商品開発などを担当するポジションです。
具体的には、スタッフ管理や商品の品質チェック、現場の進捗管理、商品の保存検査を行います。
また、新商品の企画や立案、原材料の調達、市場調査など、幅広い業務に携われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・食に携わる仕事への関心
  • ・真面目で堅実に業務に取り組む姿勢
  • ・地域に根ざし、長く働きたいという意欲 など

システム営業

製造や配送、販売といった流通業を中心とした消費者に、システムの提案などを行うポジションです。
具体的には、小売業や卸売業、物流センター関連システム、電子データ交換システムといった業務系システムの提案とユーザーフォローを行います。
スキルや経験などによっては上流工程の要件整理など、一部SE的な能力が活かすことが可能な職種になります。

必須な経験・スキル

  • ・第一種自動車運転免許
  • ・ITパスポートレベルの基礎的なICT知識

システムエンジニア

製造や配送、販売を中心としたシステムの設計や開発、導入などを行うポジションです。
具体的には、食品工場向け生産管理支援システムや一般的な販売管理システム、インフラ基板といったさまざまな業務シスsてむの設計や開発、運用フォローなどを行います。
業務によってはサーバやネットワークといったインフラ関連の見識や作業が必要となる場合もある職種です。

必須な経験・スキル

  • ・VB.NETまたはC#によるアプリケーション開発の経験
  • ・基礎的なデータベースやSQLの知見

ヤマエグループホールディングスの転職難易度

ヤマエグループホールディングスの転職難易度は非常に高いです。
2021年12月現在、中途採用によるキャリア募集は行われておりません。
そのため、定期的に公式サイトをチェックし、求人募集がされているかを確認する必要がります。
また、ヤマエグループホールディングスは知名度が高く、人気のある企業なため、中途採用の求人募集がされた場合でも、倍率が高くなることが想定できます。
その結果、ヤマエグループホールディングスの転職難易度は高いといえるでしょう。

ヤマエグループホールディングスが転職者に求める人物像

ヤマエグループホールディングスでは、前向きで誠実な方を求めています。
また、人との信頼関係や人間関係を大切にできる人材や、向上心や成長意欲が高い人材、困難にも負けないバイタリティ溢れる人材も求めている傾向があります。
ヤマエグループホールディングスは、「食」と「住」に関する商品やサービスを提供し、社会に貢献することを目標としているため、このような人材が必要不可欠です。
面接ではこれらを持っていることをアピールすることで、面接官を感心させられるでしょう。

ヤマエグループホールディングスの転職までの流れ

ヤマエグループホールディングスの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機や前職までの経験など、オーソドックスな質問をされます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、人柄や人物像を判断するような質問をされます。

内定

ヤマエグループホールディングスの面接形式

面接は応募者1人に対し、面接官が複数人で行われるのがほとんどです。
面接回数は2~3回ありますが、職種によって異なる場合があります。
1回あたりの時間は30分~1時間程度です。

ヤマエグループホールディングスの面接内容

ヤマエグループホールディングスの面接は、志望動機や前職までの経験など、オーソドックスな質問から進みます。
それ以外にも、「自分の長所と短所は?」や「学生時代に頑張ったことは?」など、人柄や人物面を判断するような質問もされる傾向があります。
さらには、「ヤマエについて知っていることは?」や「ヤマエにどこに魅力を感じるか」といった企業に関する質問をされるため、企業研究は欠かせないでしょう。
面接の雰囲気は、比較的和やかであり、話しやすい雰囲気のなかで面接が行われます。
変に緊張せず、リラックスして自分らしく面接に臨めるといえます。

ヤマエグループホールディングスの選考対策・口コミ

ヤマエグループホールディングスは2021年10月に設立された企業なため、これといった口コミはありません。
しかし、グループ子会社では口コミが多数あるため掲載いたします。

最新情報

・2021年12月現在、公式サイトでは求人募集されていない
・求人情報はDODAやリクルートなどで確認できる可能性あり
・コロナ禍ということもあり、対面面接は最終面接のみ

代理店営業、30代前半、男性
これからの日本はどのような政策を実施しなければならないか、また、変わらないといけないか、という質問をされました。私の考えとして、TPPの関税に関してや、管政権に関して責任転嫁して自分の評価を気にするよりも原発被災者の早期解決策を打ち出すことを伝えました。
研究開発、30代前半、男性
一般的な質問を多くされました。コロナ禍ということもあり、最終面接のみ対面で行われました。感染対策はしっかりとされていると思います。
人事、20代後半、女性
ヤマエに魅力に感じるところはどこかを聞かれました。ヤマエの展開しているサービスや商品を事前に調べ、前向きな言葉でアピールしました。

ヤマエグループホールディングスで働いている方の評判・口コミ

法人営業、在籍5~7年、男性
業務量は多く大変ではありますが、日常生活のなかで自分の担当している商品を見るため、やりがいと充実感を感じられます。また、商流物流のどちらも勉強できるので、知識の幅が広がります。
個人営業、在籍3~5年、男性
教育体制は比較的整っていると感じます。また、上司や先輩にも気軽に質問できる雰囲気があるので、働きやすい環境があります。ただし、受け身で自発的に行動できない方には、物足りなく感じるかもしれません。
ルートセールス、在籍3~5年、女性
年々働き方改革が推進されており、残業時間に対して厳しく取り締まっています。そのため、仕事が溜まっていなければ、自由な時間を作れるようになり、プライベートも大切にすることも可能です。

口コミの要約口コミを見てみると、日常生活のなかで自分が担当する商品を目にする機会があり、やりがいや達成感を感じられるということが伝わってきます。また、働き方改革の推進により、働きやすい環境が整ってきているということも伺えます。

ヤマエグループホールディングスの年収・給与

年収 524万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 記載なし
残業手当 記載なし
固定残業手当 記載なし
通勤手当 記載なし
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険完備、社員持株会、財形貯蓄制度、退職年金制度など

ヤマエグループホールディングスでの転職者の出世難易度

ヤマエグループホールディングスの出世難易度は比較的高いです。
習慣的に年功序列が根強いため、基本的には勤続年数順に出世していく傾向があります。
しかし、実績を多く残している社員もしっかりと評価される傾向があり、周囲に認められれば出世できる可能性は高まるといえます。
ただし、優秀な社員が非常に多く在籍しているため、簡単に認めてもらえないでしょう。
ヤマエグループホールディングスで出世を目指すなら、日々の努力を怠らず、上司や先輩といった周囲に効率的にアピールできることが前提といえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 主任 600万円
30代中盤 係長 600万円
30代後半 係長 600万円
40代前半 課長 700万円
40代後半 課長 900万円
50代前半 課長 700万円

ヤマエグループホールディングスはどんな人が働いている?

ヤマエグループホールディングスの従業員数

1,168名(単独)
3,617名(連結)

ヤマエグループホールディングスの平均年齢

40.0歳

ヤマエグループホールディングスの平均勤続年数

記載なし

ヤマエグループホールディングスの社風

ヤマエグループホールディングスは、比較的風通しが良く、意見がしやすい社風です。
体育会系な雰囲気も多少あり、上下関係はありますが、上司や先輩が意見を聞いてくれるという環境があります。
また、社員同士助け合うという風土もあり、困っている社員がいれば手助けし、相談に乗るという方も多く在籍しています。
コミュニケーションも盛んに取られており、上司や先輩、後輩などは関係なく、定期的にコミュニケーションを取っている明るい職場といえるでしょう。
自発的に行動し、意見しながら協力し合って業務を遂行したいという方には、向いている企業といえます。

ヤマエグループホールディングスのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 8:30~17:30(職種による)
休日 週休二日制
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、特別休暇など
平均残業時間 記載なし
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

ヤマエグループホールディングスの社長

網田 日出人

1949年生まれ。
日本大学法学部卒業後ヤマエ久野株式会社に入社。
2002年に取締役食品部長に就任。
2006年に食品担当、その2年後には常務取締役食品担当に就任。
その後も、専務取締役営業統括や代表取締役専務営業統括などを歴任。
2021年より、ヤマエグループホールディングス株式会社の代表取締役会長兼社長を務めている。

ヤマエグループホールディングス現職、OB/OGの有名人

大森 礼仁

1956年生まれ。
1979年にヤマエ久野株式会社に入社。
2005年に鮮冷部長に就任。
2009年に執行役員鮮冷部長に就任。
その後も、取締役鮮冷部長や取締役鮮冷担当、常務取締役食品・鮮冷・酒類担当などを歴任。
2021年より、ヤマエグループホールディングス株式会社の取締役副社長を務めている。

ヤマエグループホールディングスの転職に関わるQ&A


結論からいうと業務量は多い傾向があるため、楽して働ける企業ではありません。

また、時期によってはさらに業務量が増える傾向があるため、プライベートを大切にしたいという方には、大変に感じるかもしれません。
ただし、働いたら働いた分だけ給与には支給されるため、バリバリ働きたいという方には向いているでしょう。


男性だけでなく、女性社員も多く在籍しています。
仕事に対する評価制度は平等なため、女性でもしっかりとした評価を得ることができます。

また、産休や育休といった福利厚生も充実しているため、ライフイベントの際でも安心でしょう。

ヤマエグループホールディングスへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ヤマエグループホールディングスの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
しかし、2021年12月現在、公式サイトでは中途採用の求人募集は行われておりません。
そのため、公式サイトを定期的にチェックしておくことが欠かせないでしょう。
今すぐヤマエグループホールディングスへ転職したい方やできるだけ時間をかけずに転職したいと考える方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ヤマエグループホールディングスの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

自分のペースで転職を進めたいなら「転職サイト」

求人情報の検索から応募まで、自分のペースで転職活動をするなら「doda X(旧:iX転職)」をはじめとした転職サイトの活用がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。

  • ・公開求人の件数が多い
  • ・自分のタイミングで転職活動が進められる
  • ・気になる求人に素早く応募することができる

転職サイトは、公開されている求人件数が多いため、希望するポジションが見つけやすいという特徴があります。
また、自分のペースで転職活動ができるため、忙しい方でも転職しやすくなっています。
豊富な企業や職種のなかから自分が希望するポジションを探したい方や、自分の時間やペースを大切にしながら転職活動がしたい方には、転職サイトが向いているでしょう。

競合他社の募集要項も比較したいなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)では、競合他社の募集要項も一緒に確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールの卸売業の平均年収は800万円〜1,200万円程度で、別サイトよりも比較的高い水準となっています。
また、doda X(旧:iX転職)は一般的に掲載している公開求人に限らず、非公開求人が多い転職サイトでもあるため、アドバイザーに相談すると、自分にあった非公開求人を紹介してもらえる可能性が高いです。
「卸売業を行う企業がどれほどあるのか」や「それぞれ募集要項はどのように違うのか」などを自分で調べたい方は、まずはdoda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

テレビ朝日への転職。就職難易度や面接内容を徹底解説!

テレビ朝日転職者の主なキャリアステップ 前職 NHKやフジTVなどのテレビ局、制作会社、映像機器販売会社などマスメディア系企業の他、IBMなどのIT系企業、サイバーエージェントなどのWEB事業会社、セガなどのゲー...

セブン&アイ・ネットメディアに転職するべき?口コミや面接内容を調査

セブン&アイ・ネットメディア転職者の主なキャリアステップ 前職 メーカー IT系企業 小売 株式会社セブン&アイ・ネットメディアに転職 次の転職先 W...

TREホールディングスへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

TREホールディングスは、建設系廃棄物処理大手の株式会社タケエイと金属リサイクル大手のリバーホールディングス株式会社が経営統合し、2021年10月に設立された企業です。 「地球環境保全に貢献する。」を企業理念として掲げ、社会的に問...

日本郵政に転職するには?面接での質問内容や社員のリアルな声などを解説

日本郵政転職者の主なキャリアステップ 前職 住宅、自動車、衣料品などのメーカー 電通などの広告代理店 日本郵政株式会社に転職 次の転職先 銀行、消費者金...

京王電鉄への転職。採用情報や社員の評判について解説

京王電鉄転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員がほとんど 京王電鉄株式会社に転職 次の転職先 JR東日本などの鉄道関連、不動産開発関連企業、JT...

リニューアブル・ジャパンへの転職。事業内容や転職難易度などを徹底解説

リニューアブル・ジャパン転職者の主なキャリアステップ ...

ANAへの転職で年収アップ!社員の評判や面接内容を徹底調査

ANA転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 転職元の特徴は特になし 全日本空輸株式会社に転職 次の転職先 転職先の特徴は特になし ...

東映の転職難易度は高い?年収や選考フローなどを解説

東映転職者の主なキャリアステップ 前職 映画配給会社 新聞社 放送事業者 東映株式会社に転職 次の転職先 ヤフー、サイバーエージェントなどのWEB事業...

NTT東日本へ転職するには?年収や面接難易度について調査

NTT東日本転職者の主なキャリアステップ ...

ソフトバンク・テクノロジーへの転職。評判や年収、残業は?

ソフトバンク転職者の主なキャリアステップ 前職 大手SIer 大手NIer ヤフー 楽天 ソフトバンク・テクノロジー株式会社に転職 次の転職先 大手...

TOP