WEB・アプリサービス

Twitter Japanへの転職。年収や仕事内容について解説

Twitter Japan転職者の主なキャリアステップ

Twitter Japanの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、大学や大学院卒業が在籍、幅広い大学の出身者がおり、海外大学出身者も多くなっています。

職歴Twitter Japan在籍者の主な職歴は、営業・マーケ部門では、総合代理店Web系代理店出身者が多く、企画系は前述のほか、外資系などの大手事業会社のマーケ・新規事業部門出身者などが多くなっています。

退職後の主な転職先Twitter Japanからの転職先として、アマゾングーグルなどの外資系WEB系事業会社のほか、外資系を中心とした業種を問わないマーケティング系のポジションへ転職しています。

Twitter Japanは、言語や文化などの壁をなくしてアイデアや発見した情報を共有し、さまざまな方へ提供することを目指したTwitter, Inc.の日本法人です。
SNSで非常に高い知名度を誇っている「Twitter」を手掛けており、新たな機能やサービスの導入を加速させることに注力しています。
その結果、2022年でのケニア総選挙がTwitterで行われるなど、さまざまな場所で活躍している企業です。
そんなTwitter Japanには、優秀な人材が数多く揃っており、日本でもトップクラスの高待遇を受けています。
現在も数多くの職種の募集を行っており、積極的に自分の能力を発揮してくれるハイレベルな人材を求めています。

Twitter Japanを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・Twitter Japanの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、Twitter Japanの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • Twitter Japanの企業概要
  • Twitter Japanの転職ポイント
  • Twitter Japanの社風や企業文化

Twitter Japan転職するポイント

Twitter Japanは世界トップクラスの人気を誇るSNS「Twitter」の日本国内で運営する会社です。
カスタマーサポートから、プロダクトの戦略・開発、広告のサポートまで行っています。

Twitter Japanの特徴

POINT
・有名SNSである「Twitter」を運営している企業
・Twitterのみならず、新たな機能やサービスの導入を加速させることにも注力している
・年収も高く、福利厚生も充実しており、ストックオプション制度も存在

Twitter Japanへ転職するポイント

POINT
・中途採用者が多いが、一定以上の業務経験が必要不可欠
・高い英語能力を持つグローバルな人材が求めている
・面接回数が多く、面接で好印象を持たれるように事前準備は必須

Twitter Japanの企業概要

会社名 Twitter Japan株式会社
本社所在地 東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン19階
社長 笹本 裕
設立 2011年4月
株式 非上場
株主構成 記載なし

Twitterの売上

Twitter Japanは非上場企業のため、Twitter Inc.の売上を掲載しております。

Twitter Inc.の売上推移

事業年度 2019年度 2020年度 2021年度
売上高 3,459百万ドル 3,716百万ドル 5,077百万ドル
経常利益 390百万ドル -50百万ドル -411百万ドル

Twitterの最新ニュース


Twitterの事業内容

Twitter Japanでは、日本国内での使用されているTwitterの運営を行っている企業です。
現在、Twitterは全世界で2.1億のユーザーを抱える世界最大規模のSNSであり、日本における利用者数は約4,500万人を誇っています。
諸外国よりもTwitterの利用者比率が高いことで知られており、TwitterはFacebookやInstagramと並んで人気を集めています。
Twitterの主な機能は140字のテキストを「ツイート」として投稿できるというものであり、ほかの利用者の投稿内容に返信することも可能です。
Twitterの最大の特徴として、ほかの投稿を「リツイート」することで、自分のフォロワーへと拡散することができるという点が挙げられ、人によっては何万件もリツイートされることもあり、世界中にその投稿内容が知れ渡る可能性もあります。
また、トレンド欄に表示されるキーワードは日本中のユーザーの目に止まるため、Twitterでは商品の宣伝宣言や個人のプロデュヂュースが可能となっています。
Twitterは情報発信のみならず、情報収集ツールとしても活用されており、自分の好きな著名人やアーティストをフォローすることで、その人のプライベートや新商品の情報をいち早く知ることができるサービスです。

Twitterの転職の募集要項

IT サポートエンジニア

ヘルプデスクスタッフと連携し、顧客サービスとしてチャットやメールを通して利用者のサポートを行います。
そのほかにみ、ツールの構築と保守やハードウェアの修理、スケジュール管理、チームメンバーの面接、トレーニングなども行うため、専門的な知識だけでなく、高いコミュニケーションスキルも必要となっています。
さらには、エンジニアリングオペレーションやセキュリティー、そのほかのチームと連携して問題解決を図るなど、幅広い業務に携われるポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・1~3年のITサポート業務経験
  • ・問題解決能力やチームワーク能力、コミュニケーションスキルの保有
  • ・MacOS 10.13.x、10.14.x、iOSやAndroidの広範な技術知識 など

リサーチアナリスト

リサーチ・アナリストは、Twitter広告の価値を証明し、効果をより高めるための調査プロジェクトの開発・提供を行います。
また、セールスチームやブランド戦略チームとコミュニケーションを取り、広告キャンペーン測定と分析も行います。

必須な経験・スキル

  • ・中級ビジネスレベルの英語力
  • ・5年以上のメディアや市場調査、コンサルティング会社での業務経験
  • ・分析の基本スキルの保有

クライアントアカウントマネージャー

広告主・広告代理店との関係性をマネジメントします。
クライアントマネージャーはマーケットの状況や業績、トレンドに基づき、クライアントごと戦略を策定するため、消費財や各業界に関する知識が求められます。
また、国内外のクライアントを相手にするため英語での高いコミュニケーションスキルも必要です。

必須な経験・スキル

  • ・関連業種での実務経験
  • ・5年以上の広告営業やビジネス開拓、マーケティングなどでの実務経験
  • ・英語による読み書きや基礎会話ができる

Twitter Japanの転職難易度

Twitter Japanの転職難易度は日本の企業のなかでも非常に高い企業です。
有名外資系企業の一つであるため、毎年多くのたくさんの応募が集まり、在宅勤務ができるといった働き方改革を推し進めているため、非常に人気が高まっています。
また、Twitter Japan側からは高い英語力や論理的思考能力やセールス力の保有していることも求められます。
そのため、あらかじめ事前にしっかりと準備をしておき、全ての面接で良い印象を残せるようにしておきましょう。

Twitter Japanが転職者に求める人物像

何よりもTwitterというサービスに対して、ポジティブな思いを持っていることが求められます。
また、Twitterはどういった価値を社会に生み出しているのかなど、自分なりの答えを出せる方が求められる傾向にあります。
さらには、次から次へとチャレンジする活力がある方も必要としている傾向にあり、新しいものを生み出す積極性と失敗を恐れずにチャレンジし続けるメンタルも必要不可欠です。
面接ではこれらをアピールできるエピソードを複数用意し、効率的にアピールできるようにしましょう。

Twitter Japanの転職までの流れ

書類・エントリーシート提出

1次面接~5次面接

想定選考官:人事
想定内容:1人〜2人との電話面接が30〜40分程度で行われます。
Twitter Japanは面接を5回以上行うことが多く、それぞれの面接での印象から総合的に判断されます。

最終選考

想定選考官:社長、幹部
想定内容:1回〜2回現場に行き、5人〜10人との面接を行います。
最終面接では入社の意思があるかどうかを問われるため、Twitter Japanで自分は何ができるのかを的確に表す必要があるでしょう。

Twitter Japanの面接形式

面接はほとんどの場合1対多人数で行われます。
一度の面接で失敗してしまった場合でもほかの面接で挽回することができます。
面接回数は5~10回程度と非常に多く、1回あたりの面接は30分程度です。

Twitter Japanの面接内容

Twitterでは多種多様な質問がされるため、事前に答えを用意しておくことが困難です。
そのため、質問に対してその場で考えて答えられる能力が求められてきます。
過去の転職者の口コミでは「Twitterというブランドのどこが良いと思いますか」や「マーケティングが上手いと思うブランドと下手だと思うべランドについて教えてください」など、非常に難しい質問を受けたというものが多々見られます。
そのほかにも、「あなたのことを雇うべきでない理由を教えてください」といっ正解のないような質問を投げかけられることも少なくありません。
こういった論理的思考能力や発想力を問われる質問はGoogleやマイクロソフトでもよく出されており、大手一流企業の特徴ともいえるでしょう。

Twitter Japanの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は非常に多い
・求人情報はビズリーチなどでも確認できる可能性がある
・英語に関する質問をされる傾向がある

営業、20代後半、男性
どうしてうちを選んだのかと質問されました。学生時代から使用させてもらってるTwitterを自分の力でより良くしたいと考えているということを軸に、ポジティブな言葉でアピールしました。
営業、30代前半、男性
英語は話せるかと聞かれました。前職でも英語を使用する職場で働いていたため、難なく英語を話せるということを伝えました。また、読み書きも問題なくできるとアピールしました。
エンジニア、20代後半、女性
Twitterの何に魅力を感じるかを質問されました。気軽に発言できることやさまざまな人とつながりやすいSNSであることが非常に魅力的だと伝えました。
営業、30代後半、女性
SNSはよく使うかを聞かれました。Twitterを含め、いくつかのSNSを活用しており、定期的に最新情報を得るように心がけているということを伝えました。

Twitter Japanで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍5〜10年、男性
クライアントに対するソリューション提供という点で非常に楽しく仕事ができている。営業職は同じことに繰り返しになってしまいがちだが、自分の工夫次第でいくらでも面白くできるし、それが実現できる環境が用意されていると思う。
また、他の優秀な同僚と一緒に仕事ができるのも魅力的な点の一つだ。人事評価に関しても、非常に公平なやり方になっていると思う。評価はピテンシーとパフォーマンスで測られており評点式になっている。
営業、在籍3〜5年、男性
自社の商品への理解に結構時間がかかった。関連業界出身でないというのもあるが、その分力にはなった。コンピテンシーを高めるための教育機関も多く、積極的に勉強しようとする意思があれば成長に繋がるだろう。社内資料が全て英語であるため、英語力に関しても自ずと身に付くような環境だと思う。
マーケティング、在籍3〜5年、女性
クライアントのニーズに合わせた対応をしていること、日々変化するマーケットに触れられること、そして結果がきちんと評価されること。この3点があるから非常にやりがいを感じている。一緒に働く人々も優秀な方が多く、日々刺激を受けられる環境だ。英語教育やビジネススクールの受講など、ラーニングの機会は多く提供されているため、スキルアップもしやすい会社だと思う。

口コミの要約

人事評価の公平性を称賛している口コミが多い印象で、結果さえ出せばきちんと昇給がされる会社ということがわかります。優秀な社員か多いため、モチベーションが上がりやすい環境ともいえるでしょう。
ラーニングの機会も多く提供されており、特に英語に関しては業務で触れることが多いため身につきやすいことが伺えます。口コミ全体を通して非常にハイレベルな企業であることがわかります。

Twitter Japanの年収・給与

年収 約900万~1,800万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 記載なし
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 英語レッスン、軽食・飲み物無料、従業員持株制度、育児支援制度など

Twitter Japanでの転職者の出世難易度

Twitter Japanはプロパーに比べて転職者が出世しにくいということはありません。人事評価が平等という口コミや中途採用者が多いことから、Twitter Japanは転職が出世に響くことがないといえるでしょう。

ただし出世難易度自体は非常に高めです。優秀な社員が多く、出世するのは並大抵の努力では厳しいでしょう。
自分から積極的に動いていき、考えを発信していける人が出世しやすいです。スキルを高めることも大事ですが、マネジメントができる人が重宝される傾向があります。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 マネージャー 900万円
30代前半 なし 1,300万円
30代中盤 マネージャー 1,200万円
30代後半 なし 1,100万円
40代前半 マネージャー 2,500万円
40代中盤 なし 1,300万円

Twitter Japanはどんな人が働いている?

Twitter Japanの従業員数

4,600名(全体)

Twitter Japanの平均年齢

記載なし

Twitter Japanの平均勤続年数

記載なし

Twitter Japanの社風

風通しが良く、自宅勤務ができたりと自由な社風であるのが特徴です。
モチベーションの高い社員が多く、一緒に働くと自分も頑張れるという方が多いです。
福利厚生も充実しており、週に1回のランチやフィットネス費用が出たり、社内にはお菓子やコーヒーが充実しています。
オフィスもとても綺麗で、さまざまなワーキングスペースが存在します。
また、Twitter Japanは社員の男女比が半々なため、女性が働きやすい環境でもあります。
有給扱いの4か月の育休制度もあり、男性でも子育てをしながら働くことが可能です。
さらにハラスメントに関するポリシーが厳しいため、セクハラはパワハラはほぼありません。
忙しい時期はあるものの、ワークライフバランスも保ちやすく、プライベートを大事にしている社員が多いです。

Twitter Japanのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~18:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、慶弔休暇、年次有給休暇
平均残業時間 月28時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

Twitter Japanの社長

笹本 裕

ニューヨーク大学経営修士を修了した後、リクルートに入社。
マイクロソフト株式会社執行役を経験し、2014年にTwitter Japanの代表取締役に就任。
現在、日本ではFacebookなどのSNSよりもTwitterが人気を集めており、笹本氏は「今やTwitterは日本人にとって代替不能なインフラになった」と語る。

Twitter Japan現職、OB/OGの有名人

近藤正晃ジェームス

2007年に世界の飢餓と肥満の同時解消を目指す社会運動、TABLE FOR TWOを成立し、実業家として活動の道を歩む。
2011年には、被災した若者のリーダーシップ教育を支援する教育支援グローバル基金発起人となって、代表理事を務める。
2014年にTwitter社副社長兼Twitter Japan代表取締役会長に就任。
東日本大震災後にライフラインとしてのTwitterの機能拡充に注力し、その重要性を強く強調していたことで知られる。

Twitter Japanの転職に関わるQ&A


Twitter Japanは業界内でも年収がとても高めとなっています。具体的な年収額は不明ですが、口コミによると1000万円以上の金額を貰っている人が多くいました。その他福利厚生も充実していることもあり、待遇面で不満を持つ人は少ないです。
またTwitter Japanには「ストックオプション」という制度が存在します。ストックオプションとは、株主会社の従業員や取締役が、自社株を定められた価格で予め取得できる権利を有することです。ストックオプショの権利があれば、自社の業績が向上した場合、自分の収入もアップするということになります。
この制度を活用することによって、更に年収を上げることが可能になるため、従業員のから大変好評であり、モチベーションアップにも繋がっています。なおストックオプションはアメリカで始まった制度であり、日本でも外資系企業を中心に導入が進められています。


社内資料やシステムがほとんど英語であるため、英語が読めない人は仕事をする上で苦労するでしょう。また、英語ができないと昇格もしにくい傾向があります。英語を使った読み書きや、英語を使った簡単な会話ができるぐらいの英語力は求められます。なお、社内で英語レッスンが開催されているので、それでスキルを身に付けることもできます。

Twitter Japanへ転職する方法

まずは公式採用ページから概要をチェック

twitter公式サイトでは、世界中のオフィス共有の中途採用ページが用意されています。
採用ページは全て英語表記となりますが、tweepする(Twitter社で働くこと)するうえで重要な考え方や、従業員満足度に関するレポートなど、twitter社への転職に役立つ様々なコンテンツが用意されています。
転職サイトやエージェントを利用する場合でも、必ず一度目を通しておくことをおすすめします。
また、公式サイトから応募する場合、応募フォームに基本的な情報を記入し、プロフィール/レジュメとカバーレターのファイルを添付して送信します。
応募フォームも英語表記となっているためレジュメ・カバーレターは英語での記入が望ましいです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、Twitter Japanの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

SNS運営会社を一気に比較するなら「転職サイト」

Twitterだけでなく、facebookやline、TikTokなど大手のSNS運営企業へ転職を希望している場合は、転職サイト「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。
転職サイトを利用するメリットは圧倒的求人情報掲載数。
アカウントを作成することで、回覧履歴によるマッチ度の高い求人案件をサジェストされるため、自分の興味のある業界の募集情報を効率的に収集することが可能です。
また、転職サイトでは、一度登録した職務経歴を保存できるため、一度に複数も募集に応募でき、転職活動をよりスピーディーに進めることが可能です。
ただし、面接の日程調整や、給与交渉も全て1人で行う必要もあるため、じっくりとキャリアについて考える時間はあまりありません。
エージェントを利用する前に、転職サイトを比較のために利用するなど、うまく活用することをおすすめします。

doda X(旧:iX転職)には大手SNS募集要項が多数

2020年6月現在、doda X(旧:iX転職)にはtwitter japanの募集要項は掲載されていないものの、大手SNS運営会社の求人募集が多数掲載さています。

※画像はイメージです。
doda X(旧:iX転職)では、facebookを始め、LINEやtiktokなど、大手外資系SNS運営会社の求人募集が多数掲載されています。
ハイクラス専門の転職サイトということもあり、平均年収は800万円〜1,300万円と他サイトと比べて高水準となっています。

また、doda X(旧:iX転職)は非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、転職アドバイザーにキャリアについて相談することで、掲載されていない求人情報を紹介してもらえる可能性が高いです。
さらに、自身の職務経歴を登録しておくことで、スキルを求める企業家ヘッドハンティングを受けることも可能です。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

キャリアについてじっくり考えるなら「転職エージェント」

転職エージェントを利用してTwitter japanへの転職を目指すなら「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」がおすすめです。
ロバート・ウォルターズ・ジャパンは外資系企業に特化した転職エージェント。1985年ロンドンで設立され、現在では世界31か国に展開する老舗のグローバルな人材紹介会社です。
各企業からの信頼は厚く、非公開求人の数は業界トップクラスともいわれています。

転職エージェントを利用するメリットは、サポートの厚さ。
提出書類の添削から、模擬面接、日程管理や給与交渉まで一貫したサポートを受けることができるため、転職活動をスムーズに進めることが可能です。
ただし、サポートが手厚い半面、登録から入社までの期間が半年以上かかるケースもあり、ある程度の時間がかかることも考慮しておきましょう。
自身のキャリアについて疑問を感じた方や、転職活動への不安を感じている方には転職エージェントの利用をおすすめします。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンには外資系案件が多数掲載

2020年6月現在、twitter japanの公開求人を取り扱う転職エージェントは存在しません。
日本国内のエージェントの中で、twitter japanの非公開求人を所有している可能性が高いエージェントがロバート・ウォルターズ・ジャパンです。


※画像はイメージです。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンで必ずtwitter japanの非公開求人を紹介してもらえる保証がありませんが、コンサルタントによるヒアリングのなかで、自身が今まで気がつかなかったキャリアに気づく可能性は非常に高いです。

twitter japanへの志望理由が漠然としている場合、自身のスキルと目指すべきキャリアに合った転職先を紹介してくれるのも転職エージェントを利用する大きなメリットです。
また、非公開求人を紹介してもらえなかった場合でも、大手外資系企業への転職実績が多いロバート・ウォルターズ・ジャパンであれば、twitter japanへの転職アドバイスも受けられるでしょう。

関連記事

Geolocation Technology(ジオロケ)への転職。面接内容や給与・社風まで徹底解説

IPアドレスなどを始めとしたビッグデータを活用し、Web広告マーケティングや通信セキュリティなどで数多くのサービスを展開しているGeolocation Technology。Web制作やログ解析はもちろん、オンライン不正検知やIP移...

LinkUへの転職は難しい?口コミや転職難易度などを解説

LinkUは、自社設計したオリジナルサーバーを軸に、データ配信やそのデータの蓄積や分析を行うAIソリューションの提供といったサーバープラットフォームを展開している企業です。 また、「マンガワン」や「ゼブラック」といったマンガア...

ココナラへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

ココナラ転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートなどのWEBサービス事業者 マッキンゼーなどの戦略コンサル 株式会社ココナラに転職 次の転職先 ド...

サイバー・バズへの転職は難しい?事業内容や将来性、転職難易度などを解説

サイバー・バズ転職者の主なキャリアステップ ...

くふうカンパニーへの転職は難しい?面接内容や難易度などを解説

くふうカンパニーは、株式会社オウチーノと株式会社みんなのウェディングの共同株式移転によって誕生した企業です。 オウチーノでは、住宅購入や賃貸、建築・リフォームの情報提供などを行っており、みんなのウェディングでは、結婚式場の口コミサ...

ベルフェイスへ転職するには?評判や採用のポイントまとめ

ベルフェイス転職者の主なキャリアステップ 前職 エンジャパンやパーソルキャリア、ランサーズなど人材紹介を専門としたWeb系事業会社 サイボウズやセールスフォースドットコムなどのIT系企業 三菱電機やデルなどの...

Zoom(ZVC JAPAN)への転職。年収や評判について解説

Zoomはアメリカのソフトウェア開発企業です。 クラウドプラットフォームを使用したマルチデバイス対応のビデオ会議やオンライン会議、モバイルコラボレーションを組み合わせてWeb上でのコミュニケーションソフトウェアを提供しています...

AI CROSSへの転職情報まとめ。将来性や事業内容、口コミなどを解説

AI CROSSは、「Smart Work, Smart Life」を理念に掲げ、AIや5G稼働通信システムなどの最新テクノロジーを活用した各種BtoBサービスを展開している新進気鋭のテクノロジー企業です。 主力として、顧客企...

セーフィーの転職難易度は高い?面接の傾向や社員の声などを解説

セーフィー転職者の主なキャリアステップ 前職 メルカリなどのWEB事業者 セーフティ株式会社に転職 次の転職先 転職事例はほとんどなし セー...

マーベラスの転職事情。口コミや難易度などを解説

マーベラス転職者の主なキャリアステップ 前職 グリー、コロプラ、セガなどのゲーム業界関連企業 株式会社マーベラスに転職 次の転職先 コロプラ、ガンホー、セ...

TOP