メーカー

QDレーザへの転職。面接の口コミや売上、年収などを解説

レーザ技術を用いた半導体レーザチップなどの開発、製造、販売を手掛けているQDレーザ。富士通で培われていた量子ドットレーザ技術を活用したベンチャー企業としてスタートした、光デバイスを製造する東証マザーズ上場企業です。小型化された半導体レーザ部品の製造に高い技術を誇っており、品質の高さに一定の評価を得ています。

そんなQDレーザは、生産技術やレーザ関連エンジニアといった職種で中途採用を募集しています。半導体レーザに直接携わる専門性の高い職種での募集が多いですが、職種によっては異業種からの転職も十分狙えることが特徴です。そこでこの記事では、QDレーザへ転職する前に必ず知っておきたい、QDレーザの事業内容や将来性、転職するメリットなどについて徹底的に紹介します。

QDレーザを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・QDレーザの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、QDレーザの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • QDレーザの企業概要
  • QDレーザの転職ポイント
  • QDレーザの社風や企業文化

QDレーザに転職するポイント

QDレーザの特徴

POINT

  • ・小型化された半導体レーザ部品を製造する企業
  • ・富士通の技術からスターとしたベンチャー企業で、事業規模は年々拡大中
  • ・海外出張などが自由に行える、グローバルな環境との声多数

QDレーザへ転職するポイント

POINT

  • ・半導体レーザ関連エンジニア、生産技術などの職種で中途採用あり
  • ・半導体やレーザ技術に直接関わる、専門性の求められる職種が多い
  • ・面接は人物面重視で、自己分析や性格に関する質問が多い

QDレーザの企業概要

会社名 株式会社QDレーザ
本社所在地 神奈川県川崎市川崎区南渡田町1番1号
社長 菅原 充
設立 2006年
株式 東証マザーズ
株主構成 MGI Global Fund 9.01%
東京センチュリー 7.17%
JPモルガン・セキュリティーズ・クリアリング 2.36%

QDレーザの売上

QDレーザの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 961百万円 757百万円 896百万円
経常利益 -996百万円 -1226百万円 -708百万円

QDレーザの最新ニュース

QDレーザの事業内容

QDレーザの主力事業は、レーザ技術を用いた各種レーザデバイスなどの開発、製造、販売です。レーザデバイスは、顕微鏡や光通信機器、細菌検査装置など高い精度が求められる機器で数多く使われています。どの機器も非常に精密な構造をしていることが特徴で、レーザーデバイスを製造するためには500nmや600nmといったサイズの製品を扱う技術が必要です。

QDレーザでは、富士通で培われたレーザデバイス加工技術を活用し、このような精密なレーザデバイスの製造を行っています。特に、半導体基盤の上に別の半導体材料を作成する「半導体結晶成長」や従来よりも小型化された部品を製造する「小型モジュール」といった技術が強みです。海外にも取引先を数多く抱えており、新型コロナウイルスが流行する前は海外出張も多く行われていました。参入障壁が高い事業ということもあり、安定性があるのがQDレーザの魅力です。今後はさらなる事業規模の拡大とともに、業績を改善していけるかが注目されています。

QDレーザの募集要項

半導体レーザ関連エンジニア

QDレーザの製造する半導体レーザ製品の設計や評価業務が主な職務内容です。外部生産工場との連携や顧客からの問い合わせ対応なども行う、裁量の大きな職種です。

必須な経験・スキル

  • ・半導体レーザ、またはLEDに関する製品設計や素子設計、モジュール設計、評価、生産技術、生産管理のうちいずれかの経験があること
  • ・ビジネス英会話(目安:TOEIC500点)

生産技術・プロセス開発

半導体レーザ製品の製造販売プロセスのうち、特に製造段階に集中して携わるのが生産技術・プロセス開発です。生産技術の補助や生産の管理などを担う、専門性の求められる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・半導体レーザ、またはLEDに関する製品設計や素子設計、モジュール設計、評価、生産技術、生産管理のうちいずれかの経験があること
  • ・ビジネス英会話(目安:TOEIC500点)

QDレーザの転職難易度

QDレーザの転職難易度は中程度です。QDレーザでは、半導体レーザ関連エンジニアや生産技術といった職種のほか、製品設計補助や生産管理といった職種で中途採用を募集中です。いずれの職種も事業規模の拡大を募集背景とするものであり、半導体業界で経験のある中途採用の社員に企業を引っ張ってほしいという会社の意図がうかがえます。多くの職種でビジネス英会話の技術が必要ですが、基準はTOEIC500点程度とそれほど高いものではないため、それほど心配する必要はないでしょう。

一方、多くの職種で高い専門性が求められるのも事実です。特に製品の設計を行うエンジニアなどは半導体技術に精通している必要があります。異業種からの転職を目指す場合、まずは設計補助といったアシスタント的な職種に応募するのもおすすめです。募集中の職種は多いため、自分の経験に合った職種を見極めてから応募するようにしましょう。

QDレーザが転職者に求める人物像

QDレーザが転職者に求める人物像は、「新しい技術に興味を持ち、自ら考えて行動できること」です。QDレーザは、世界の中でもトップクラスに小型化された高精度なもの技術を多く扱っています。しかし、精密機械のニーズが高まるとともにレーザ技術も日々進歩が進んでおり、常に新しい技術に目を向けていかなければ時代に取り残されてしまいます。そのため、QDレーザへ転職する上では、常に新しい技術に興味を持つ、能動的な姿勢が重要です。

また、「職種問わずメンバーと密な連携を取ることのできるコミュニケーション能力」も重要視されています。東証マザーズへ上場を達成したものの、まだまだ社員数の少ない企業です。今後企業全体が一丸となって業績を改善していくためにも、職種の垣根を超えて交流する積極的な姿勢が求められます。

QDレーザの転職までの流れ

QDレーザの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:1次面接の想定面接官は人事です。半導体やLEDに携わった経験や、志望動機などオーソドックスな内容について一通り質問されます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:最終面接は、役員による1対1形式での面接です。1次面接までの基本的な内容はもちろん、人物面に関する質問も多く聞かれます。

内定

QDレーザの面接形式

QDレーザの面接回数は2回です。面接形式は職種によって微妙な差がありますが、1次面接は面接官側が複数人の複数人面接形式で、2次面接は1対1で行われることがほとんどです。面接1回あたりの所要時間は30分ほどで、標準的な長さとなっています。

QDレーザの面接内容

半導体レーザという専門性の高い技術を扱っているQDレーザ。技術的な面など専門性に関わる質問が多そうですが、実際は人物面に関する内容が多く聞かれています。例えば、「あなたはリーダーシップを発揮したことはあるか?」「和を重んじるタイプか、はっきりと自己主張したいタイプか?」といった内容が挙げられます。リーダーシップを発揮した経験があると面接が有利になることが多いため、過去に発揮したリーダーシップのエピソードを事前に用意しておくとよいでしょう。

また、「将来どのような人物になりたいか」「その実現のためにどうしてQDレーザを選んだのか」といった、将来のキャリアプランに関連する質問も多いです。志望動機などと関連付けて聞かれることもあるため、入社後のビジョンや自身の将来像などを明確化させておきましょう。

QDレーザの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトでは2022年3月時点で募集なし
・求人情報はDODAなどでも確認できる
・志望動機はもちろん、人物像に関する質問があるとの口コミあり

エンジニア、30代、男性
「将来実現したい夢はあるか」と聞かれました。幸せな家庭を築きたいといった旨を答えたところ、「その実現のためにどうしてQDレーザを選んだのか」と聞かれました。
生産、20代、男性
「和を重んじるタイプか、それとも自己主張をはっきりするタイプか」と聞かれました。人物面に関連する質問が多かったです。
営業、40代、女性
「これまでにリーダーシップを発揮した経験はあるか」と聞かれました。チームリーダー的なポジションへ応募する場合は、これまで組織を導いた経験に関するエピソードを用意しておくとよいでしょう。
事務、30代、男性
「QDレーザという社名をどこで知ったのか」と聞かれました。なかなか一般消費者へ直接関わる機会のない企業ということもあり、志望動機は重視されていた印象です。
生産、40代、女性
「将来QDレーザでどのようなことをやりたいか」と聞かれました。また、「将来的にもし現在やりたい職種と異なる職種へ異動になっても良いか」と聞かれました。異動については事前に意向を固めておくとよいです。

QDレーザで働いている方の評判・口コミ

経理、在籍4年、男性
初年度から多くの有給休暇が付与されて驚きました。上場に向けた職場改善の動きの影響もあり、残業などはかなり削減された印象です。新型コロナウイルスが流行する前までは比較的自由に海外出張へ行くことも出来ました。グローバルに活躍したいという人にとってはうってつけの会社です。また、世の中のためになる製品に欠かせない部品を製造しているということもあり、やりがいがあります。
生産技術、在籍3年、男性
良い製品を製造するために様々な工夫を凝らしています。技術力も世界でトップクラスのものがあり、安定性は高い企業です。実力主義の評価を謳っていますが、実際のところ業績に大きく左右されるのが現状です。決まりきった出世コースなどは確立されていません。営業の場合は顧客の声を直に聞けることでやりがいを感じる場面が多いようですが、生産技術のような裏方の職種はなかなかそのような場面が少ないです。
エンジニア、在籍6年、男性
エンジニアの場合、かなり自由な働き方ができます。営業職の場合は営業ノルマがやや厳しく、未達になるとシビアな評価が下されることがあるようです。企業としての訴求力の高さには定評があり、業界からも一定の知名度と評価を獲得しています。職場の人間関係は部署によってかなり異なり、中にはややドライな部署もあるようです。

口コミの要約世の中のためになる製品を製造している企業であり、やりがいを感じる場面が多いという口コミが目立ちました。以前は残業や休日出勤もあったようですが上場を機に職場環境が改善されたという意見も多かったです。評価制度が曖昧で業績に左右されやすい点や、職場の雰囲気に合う合わないが分かれる点に関してはややネガティブな意見が寄せられていました。

QDレーザの年収・給与

年収 769万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 通勤手当、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、OJT教育制度など

QDレーザでの転職者の出世難易度

QDレーザでの転職者の出世難易度は中程度です。QDレーザでは、実力主義の評価が行われています。特に営業の場合はノルマに対する達成度が評価に大きく影響する傾向があり、未達の場合はシビアな評価が下されることも少なくありません。実力のある社員は職種問わず短期間で出世できる環境でもあるため、QDレーザで出世を狙う上では目立った実績を築くことがポイントです。

また、評価に占める上司の裁量が他社よりも大きいという特徴もあります。時には年によって大きく役職が上下することもあるようです。中途採用だからといって出世が不利になるということはありませんが、QDレーザでの出世には配属される部署なども大きく関わってくることは頭に入れておきましょう。

QDレーザはどんな人が働いている?

QDレーザの従業員数

48人

QDレーザの平均年齢

49.6歳

QDレーザの平均勤続年数

5.2年

QDレーザの社風

QDレーザの社風の特徴として、社員一人ひとりに大きな裁量がある、自由な雰囲気が挙げられます。エンジニアなど開発職の場合は特にその傾向が強いようで、社員それぞれが能動的に行動することが必要です。与えられた業務を黙々とこなしていきたいというタイプよりは、自分で新しい技術に積極的に触れていき、自分で考えながら行動したいというタイプに向いている企業です。

また、海外への出張や海外との取引も多いため、グローバルな環境があることも特徴です。世界の中でも、日本のレーザ技術は高い評価を受けています。そのため、職種問わず英語の読み書きを行う場面が少なくありません。海外出張を自由に行える環境もあるため、グローバルな人材が活躍できる社風です。

QDレーザのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 8:40〜17:30
休日 完全週休2日制
その他の休日・休暇 土日祝日、年間有給休暇10〜20日、年間休日日数126日など
平均残業時間 27時間(月)
フレックス制度 なし
リモートワーク 相談可
産休・育休制度 記載なし
時短勤務 記載なし

QDレーザの社長

菅原 充

1958年生まれ。1984年、富士通株式会社へ入社。同年富士通研究所へ出向する。2001年、富士通研究所フォト・エフレクトロニクス研究所フォト・ノベルテクノロジ研究部長。2005年、ナノテクノロジー研究センター長代理へ就任。2006年にQDレーザを設立し、代表取締役社長へ就任した。

QDレーザ現職、OB/OGの有名人

幸野谷 信次

QDレーザの取締役CFO兼経営企画室長。1965年生まれ。1991年、富士通株式会社へ入社。2015年、同社の経営戦略室シニアマネージャー兼QDレーザの経営企画室長へ就任。2016年よりQDレーザの執行役員CFO兼経営企画室長を務め、同年6月より取締役CFO兼経営企画室長を務める。

QDレーザの転職に関わるQ&A


有価証券報告書に記載されている内容によると、QDレーザの平均年収は769万円。これは東証マザーズ上場企業としてもやや高めの水準で、半導体レーザを扱う企業としてもかなり高待遇と言えます。ただ、QDレーザは給与のレンジがかなり広いため、出世や業績次第で待遇が大きく分かれる点には注意が必要です。


QDレーザの月平均残業時間は27時間程となっています。半導体を扱う企業としては平均的な水準で、ワークライフバランスはまずまずといった水準です。以前はサービス残業や休日出勤が常態化してしまっていたようですが、東証マザーズへの上場を機に改善されました。なお営業職は現在もやや忙しく、ある程度の残業は覚悟する必要があります。

QDレーザへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

QDレーザーの採用ページから応募が可能です。
ですが、記事執筆現在(2022年3月14日)では、募集は行われていません。
採用の確率を高めたい場合や非公開求人も見たい場合には転職サイトや転職エージェントを活用するのがおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、QDレーザの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してQDレーザに転職するなら、半導体開発を行う他社の募集要項を比較することができる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・手軽さ
  • ・案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、案件が豊富であり、案件確認から応募までが非常にスピーディーです。
今すぐ転職をしたい方や、まずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

同業他社企業の募集を比較するなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)では、幅広い企業の募集要項を確認することができます。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールの平均年収は800万円~1,300万円程度となっており、別サイトよりも比較的高く設定されています。
また、doda X(旧:iX転職)は、表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
・厳選された企業からのヘッドハンディング
募集できる企業がどれほどあるのか、それぞれ募集要項はどのように違うのかなどを自らの手で調べたい方は、まずはdoda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

信和への転職。年収や難易度、キャリアステップなどを解説

信和転職者の主なキャリアステップ ...

中外製薬は転職しやすい?面接の傾向や対策のポイントなどを徹底解説

中外製薬転職者の主なキャリアステップ 前職 アストラゼネカ、ツムラ、小林製薬などの製薬メーカー 三菱化学などの大手化学メーカー 中外製薬株式会社に転職 次...

旭化成への転職は難しい?年収や口コミ、激務との噂も徹底調査

旭化成転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からの社員が多い メーカー 旭化成株式会社に転職 次の転職先 転職者は少ない 旭化成の主な転...

紀文食品の転職まとめ。事業内容や口コミ、面接のポイントなどを解説

紀文食品転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員がほとんど 株式会社紀文食品(会社名)に転職 次の転職先 ジョンソンエンドジョンソンや製菓、飲料品...

株式会社サイバーセキュリティクラウドへの転職は難しい?口コミや年収などを解説

サイバーセキュリティクラウド転職者の主なキャリアステップ ...

ファンペップへの転職は難しい?事業内容や想定年収、転職難易度などを解説

ファンペップは、機能性ペプチドと呼ばれる化学物質を活用した医薬品の研究開発を行っているベンチャー企業です。 糖尿病患者向けのインスリン製剤や、がん患者向けの医薬品などが実用化されている機能性ペプチドを活用した医薬品を製造しています...

雪印メグミルクへの転職。面接内容や社風、口コミなどを解説

雪印メグミルク転職者の主なキャリアステップ 前職 カネボウ、コーセー、ノエビアなどの化粧品メーカー 大王製紙、王子ネピアなどの製紙メーカーからの転職事例がある。 雪印メグミル株式会...

ブリヂストンへの転職事情!中途採用の難易度や口コミ評判を徹底調査

ブリヂストン転職者の主なキャリアステップ 前職 富士通、日立製作所、東芝などの大手メーカー コンサル 株式会社ブリヂストンに転職 次の転職先 デンソー、...

ホシザキへの転職は大変?年収や口コミなどを解説

ホシザキ転職者の主なキャリアステップ 前職 パナソニックやシャープ、三菱電機などの大手電機メーカー スズキ、ヤマハ発動機、アイシン精機などの自動車関連メーカー フジマック、マキタ、武田薬品など、その他メーカー...

江崎グリコへの転職。面接内容や募集要項をご紹介

江崎グリコ転職者の主なキャリアステップ 前職 ダイドードリンコ、日清食品、大塚食品、米久などの飲料・食品メーカー ライオン、ダイセルなどの化学・日用品メーカー 江崎グリコ株式会社に...

TOP