コンサルティング

WACULの転職事情。事業内容や転職するメリットなどについて解説

WACUL転職者の主なキャリアステップ

WACULの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、大学卒業や大学院卒業など、幅広く在籍しており、学歴の幅は広くなっています。

前職WACUL在籍者の主な職歴は、ITコンサルティング企業三井住友銀行三菱UFJモルガンスタンレー証券などの金融のほか、NTTドコモベネッセなどが挙げられます。

次の転職先WACULからの転職先として、金融WEBサービス事業者やクラウド事業者などへ転職しています。

WACULは、「知を創集し道具にする」というミッションを掲げ、AIアナリストなどを活用したコンサルティング事業を展開している新進気鋭のコンサル企業です。
人工知能の技術を活用したAIアナリストによるWebサイト運用支援やデジタルマーケティング支援などを行っています。
DXの進展によってAIを活用したマーケティング市場は拡大傾向にあり、今後も事業規模が拡大していくことが見込まれている企業です。
そんなWACULは、マーケティングDXコンサルタントやマーケター責任者候補者、エンジニアなどで中途採用を行っています。
バックオフィスやビジネス職なども含めた幅広い職種で中途採用を行っているため、転職先としても注目の高まりつつある企業です。
そこでこの記事では、WACULへの転職を目指すうえで必ず知っておきたいWACULの事業内容や転職するメリット、社員の口コミなどについて解説します。

WACULを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・WACULの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。
・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、WACULの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • WACULの企業概要
  • WACULの転職ポイント
  • WACULの社風や企業文化

WACULに転職するポイント

WACULの特徴

POINT

  • ・人工知能技術を活用した「AIアナリスト」によるサポートを行うコンサル企業
  • ・Webサイトのアクセス解析など、デジタルマーケティングに強み
  • ・効率化を徹底しようという風土があり、残業は少なめとの情報もあり

WACULへ転職するポイント

POINT

  • ・コンサルタントやマーケター責任者、エンジニアなどでの求人多数
  • ・東京本社での求人が多く、バックオフィスやビジネス職などでの募集がある
  • ・面接はオーソドックスな内容が多く、将来のビジョンなどを深堀りされる

WACULの企業概要

会社名 株式会社WACUL
本社所在地 東京都千代田区神田小川町3-26-8 神田小川町三丁目ビル2F
社長 大淵 亮平
設立 2010年9月27日
株式 上場(東証マザーズ)
株主構成 ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合(28.17%)
大淵亮平(15.98%)
垣内勇威(11.72%)

WACULの売上

WACULの売上推移

事業年度 2018年 2019年 2020年
売上高 370百万円 485百万円 712百万円
経常利益 -67百万円 -141百万円 56百万円

WACULの最新ニュース

WACULの事業内容

WACULの主力事業は、人工知能技術を生かした「AIアナリスト」によるコンサルティングです。
業種を問わずDX化が進展しつつある昨今、デジタルマーケティングに対する課題感を抱える企業は増えています。
特に、社内に多くのデータが蓄積されているものの活用方法が分からないといったケースも多く、さまざまな企業で知見不足が指摘されてきました。
WACULでは、そのようなDX化に対する課題を抱える企業に対し、数々の成功事例と失敗事例に基づいて算出された最適な戦略を提案するコンサルティングを行っています。
コンピュータが得意とする部分はコンピュータを活用し、人間が得意とする創造的な部分は人間が担当するという適切な役割分担を行っていることが強みです。
AIを活用したコンサルティング事業のほかにも、企業や学術機関と共同して新規アイディアの創出などを行う「WACULテクノロジー&マーケティングラボ」の運営なども行っています。

WACULの募集要項

マーケティングDXコンサルタント

「顧客のビジネスの相棒になる」というミッションの元、AIアナリスト関連業務のスペシャリストとして顧客の抱える課題に対するソリューションの提供を行うのがマーケティングDXコンサルタントの役割です。
マーケティング課題の分析や施策立案、効果検証のほか、ノウハウやナレッジの確率、プロダクト開発への貢献なども行います。

必須な経験・スキル

  • ・デジタルマーケティングの実務経験

マーケター責任者候補

マーケティングを支援するSaaS「AIアナリスト・シリーズ」の新規顧客獲得に向け、説明や導入支援などを行う職種です。
同シリーズのマーケティング担当として、リードや商談数、受注数の最大化に向けた営業施策の企画や実行を行います。

必須な経験・スキル

  • ・PRやデジタルマーケティングの実務経験

WACULの転職難易度

WACULの転職難易度は中程度です。
WACULでは、コンサルタントやマーケターといったコンサル企業ならではの職種のほか、フロントエンドエンジニアやバックエンドエンジニアなどでの採用も行われています。
また、経理や人事などのバックオフィス、経営企画を行うコーポレート部門責任者候補などの求人が出ていることもあり、非常に幅広い職種で中途採用を行っていることが特徴です。
ほかのコンサル企業では数年以上の実務経験が必要とされることが多い一方で、WACULでは年数や経験業種は不問となっています。
中途採用のため最低限の実務経験が求められますが、比較的応募しやすいです。
ただし、面接ではロジカルに考える能力や頭の回転などコンサルタントの適性が細かくチェックされます。
事前に企業研究を進めておくなどして、面接対策は手抜かりなく行っておきましょう。

WACULが転職者に求める人物像

WACULが転職者に求める人物像は2つあります。
1つ目は、「最先端の技術や最新のトレンドを素直に学ぶ姿勢があること」です。
WACULがほかのコンサルティング企業と差別化している点は、コンサルティング事業をAIによって自動化していることです。
そのため、日々の業務のなかで最新のテクノロジーに触れる機会も少なくありません。
目まぐるしく進化する技術を常にキャッチアップしていく姿勢が求められます。
2つ目は、「マーケティングを通して『経営』に携わりたいこと」です。
WACULは創業から約10年の若い企業で、創業時のメンバーがまだ社内で経営に携わっています。
社員数も70名とそれほど多くないため、社員一人一人が経営者としての目線を持つことが必要です。
経営者目線を持ちつつ自発的に様々な物事にチャレンジできる行動力に富んだ人材が重宝されます。

WACULの転職までの流れ

WACULの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事
想定内容:これまでの職務経験や身につけているスキルなどについて、浅く広く聞かれます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:WACULの志望動機など基本的な事項を一通りおさらいし、WACULへ入社した後にやりたいことや将来成し遂げたいことなど、未来志向の質問が多くなります。

内定

WACULの面接形式

WACULの面接回数は2回です。
面接形式は1対1が多く、面接1回あたりの所要時間は45分ほどと標準的な長さといえます。
集団面接やグループディスカッションなどはありません。
選考期間は2〜3週間ほどとややスピーディーな傾向です。

WACULの面接内容

WACULの面接では、「将来この職種について何を成し遂げたいか」「人生で成し遂げたいことは何か」といった未来に関する質問が多く聞かれます。
特にそれぞれの職種でやりたいことは深堀りされる傾向にあり、仕事をするうえで大切にしていきたいことなどにも触れられることがあるようです。
面接前に応募する職種に対する想いや転職後のビジョンなどについて明確化させておき、説得力を持った受け答えができるようにしておきましょう。
また、「WACULが他社と差別化しているポイントは何だと思うか」などと熱意を問うような質問も目立ちます。
公式サイト上ではWACULが他社と明確に異なるポイントなどについて分かりやすくまとめられているため、面接前には必ず目を通しておきましょう。
論理的な思考能力が重視されるという情報もあったため、それぞれの質問に対して根拠を明確にして答えることもポイントです。

WACULの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多くのポジションで求人募集している
・求人情報はDODAなどでも確認できる
・人柄や考え方を確認する質問が多い

マーケティング、30代前半、男性
どうしてWACULを志望したのかと志望動機について丁寧に聞かれました。「ほかのコンサルティング企業ではなく、なぜWACULなのか」については繰り返し聞かれるため、事前によく考えておくと良いでしょう。
コンサルタント、30代前半、男性
これまでのコンサルタント経験に加え、「コンサルティングを行ううえで大切にしていきたいことは何か」といった職種に対する想いなどについて聞かれました。WACULのビジョンに共感できるかが重視されているような気がします。
人事、40代前半、女性
「人事として大切にしていきたいことは何か」「人生で成し遂げたいことは何かあるか」と聞かれました。全体的に未来志向の質問が多かったため、入社後のビジョンについて明確化させておくことが必要です。
エンジニア、20代後半、男性
これまでに携わったプロジェクトの概要やその規模について聞かれました。また、使ったことのある開発環境などについても聞かれました。業務に直結する現実的な質問が多かったです。
コンサルタント、20代後半、女性
「コンサルタントとして何をやっていきたいか」と聞かれました。また、「WACULのビジョンについて知っているか」と聞かれたため、知っている旨を簡潔に答えたところ、「そのビジョンに共感できるか」と質問されました。

WACULで働いている方の評判・口コミ

人事、在籍3~5年、男性
非常に頭の回転が早い社員が多く、刺激的な環境です。残業をしていると声をかけられるなど、ワークライフバランスを重視する風土があります。AIを使ったサービスを展開する企業は少なくありませんが、WACULは取り組み始めた時期が非常に早く、ノウハウが蓄積されています。東大で開発された技術を活用しているという技術的な裏付けもあるため、顧客からの信頼も高いです。
営業、在籍3~5年、女性
業務を徹底的に効率化しようという流れがあるため、非効率な仕事はほとんどありません。残業も少なく、有給も取得しやすいです。東大卒の社員が多く、いわゆる頭の切れるタイプが目立ちます。人間関係は全体的にドライで、飲み会などはそれほど多くありません。そのような風土が合う人にとっては馴染みやすい企業です。クライアントファーストのスタンスが浸透しています。
コンサルタント、在籍3~5年、男性
ベンチャー企業のような風土があり、人間関係は非常にフラットです。業務の効率化を謳っており、非効率な作業は徹底的に削減されています。ある程度は数字で評価されますが、役員との人間関係によって出世に影響が出ることが少なくありません。ただ、社員一人一人のやりたいことを丁寧にヒアリングする機会も多く、自由なキャリアプランを組むことができます。年収はまずまずといった水準ですが、ベンチャー企業の割には高給です。

口コミの要約頭の回転が速い社員が多く、刺激的な環境だという口コミが目立ちました。人間関係はドライで、飲み会などはそれほど多く行われない風土があるようです。また、業務の効率化や残業の削減が徹底的に推進されているという情報がありました。創業から10年程度の若い企業ということもあり、評価などさまざまな整備が未整備だという意見も目立ちました。

WACULの年収・給与

年収 540万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 部活動制度、WACUL DAY、WACUL食堂、書籍・ソフト購入サポートなど

WACULでの転職者の出世難易度

WACULでの転職者の出世難易度は中程度です。
WACULでは、月に一度という非常に短いスパンで1on1の面談が行われています。
事前に設定した目標などの達成度合いも踏まえつつ、パフォーマンスとアチーブメントの2観点から評価が行われることが特徴です。
WACULで出世をするためには、この両方の観点からの評価を上げることが求められます。
パフォーマンス評価では、業務プロセスや会社への貢献、他社への影響を数字で評価します。
アチーブメント評価では、ビジネス上の成果や個人目標の達成度合いに対する評価です。
また、最近は残業を削減しようとする取り組みが盛んに行われています。
限られた時間でしっかりと成果を残すことのできるメリハリの効いた働き方ができる人材が重宝されます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 なし 700万円
40代前半 部長 1,100万円
40代後半 なし 900万円

WACULはどんな人が働いている?

WACULの従業員数

51名

WACULの平均年齢

33.5歳

WACULの平均勤続年数

2.95年

WACULの社風

WACULの社風の特徴は、フラットでドライな人間関係です。
WACULは、東京大学や慶応大学を始めとした高学歴の社員が多く在籍しています。
頭の切れる社員が多く、人間関係はややドライな雰囲気です。
雑談などは他社と比べると少なめですが、ロジカルに物事を考えることができる優秀な社員が多く在籍していることが特徴といえます。
また、スタートアップらしく新しいプロダクトやサービスがどんどん出てくるという点も特徴的です。
さまざまな物事に積極的にチャレンジしていく風土があります。
東大を始めとしたさまざまな学術機関と連携してビジネスを進めているため、最新のテクノロジーに触れられることも多いです。
常に世の中の最先端をキープしようというスピード感のある雰囲気があります。

WACULのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 10:00~19:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、病気休暇など
平均残業時間 月11.8時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

WACULの社長

大淵 亮平

1987年生まれ。
2010年に株式会社ボストン・コンサルティング・グループへ入社。
翌年、株式会社WACULの取締役を務める。
2017年、代表取締役社長に就任。
東証マザーズへのIPOを実施するなど、WACULの経営を精力的に率いている人物。

WACUL現職、OB/OGの有名人

垣内 勇威

1984年生まれ。
2007年に株式会社ビービットへ入社。
2013年に株式会社WACULへ入社。
その翌年より、取締役インキュベーション本部長を務めている。

WACULの転職に関わるQ&A


公式サイト上に掲載されている情報によると、WACULの女性社員比率は40%です。
平均年齢は31歳ですが、20代前半から50代まで幅広いメンバーがいることが特色です。
既婚率は30%と平均年齢に対してはやや高く、キャリアと家庭を両立できている社員が多いことが伺えます。
男女問わず産休や育休の取得実績も豊富にあるため、女性にとっても活躍しやすい企業です。


WACULの平均残業時間は11.8時間であり、ベンチャーのコンサル企業としては非常に少ない水準です。
業務のなかで非効率な部分を徹底的に削減しようという動きがあり、効率化改革が行われています。
限られた時間で成果を残すことのできるメリハリのつけられる人材が重宝されることが特徴です。
有給休暇はしっかり消化できるようで、ワークライフバランスに関しては非常に良好です。

WACULへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

WACULの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、会社概要やサービス、情報発信など、有益な情報が多数掲載されているため、一度目を通しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまいます。
できるだけ時間をかけずに転職したい場合や公式サイトに載っていない求人に応募したい場合は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、WACULの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

募集要項の詳細を確認したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してWACULに転職するなら、コンサルティングを行う他社の募集要項も比較することができる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・簡単に転職活動を行える手軽さ
  • ・求人数の豊富さ
  • ・求人内容確認から応募までがスピーディー

転職サイトは、空いている時間などを使って簡単に転職活動を行える手軽さがあるため、忙しい方でも比較的転職しやすくなっています。
また、求人数が豊富であり、競合他社の募集要項も確認することができるため、幅広く求人情報をチェックすることができます。

競合他社の募集内容も見たいなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)では、コンサルティングを行っている幅広い企業の募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールのコンサルティング会社は、平均年収が800万円~1,200万円と比較的高くなっています。
また、doda X(旧:iX転職)には一般公開されていない非公開求人を多く扱っている転職サイトとしても有名であり、相談することで自分に見合った非公開求人を紹介してもらえることがあります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「この企業はどんな人材を求めているのか」や「競合他社では募集要項にはどんな違いがあるのか」などを知りたい方は、doda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールをチェックすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

株式会社リベロの転職難易度は高い?選考フローや面接内容などを解説

リベロは、新生活を迎える方に対してサービスを提供し、事業者の課題解決をする新生活サービスプラットフォームを手掛けている企業です。 主力として、部屋が決まった方に向けた新生活ワンストップサービス「新生活ラクっとNAVI」や転勤の際に...

ソフトブレーンの転職事情・面接内容や口コミなどを解説

ソフトブレーン転職者の主なキャリアステップ 前職 日本ユニシス、トランス・コスモスなどのIT系企業 船井総研などのコンサルティングファーム ソフトブレーン株式会社に転職 ...

アイドマホールディングスの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

「すべての人の夢の実現に貢献する」という経営理念を掲げ、それを実現するために「世界の可能性を広げる」というビジョンを掲げながら、設立以来BtoB企業における事業拡大のサポート・支援を続けてきた株式会社アイドマホールディングス。テレワ...

日本IBMへの転職方法まとめ!面接の難易度や評判を徹底解説

日本IBM転職者の主なキャリアステップ 前職 大手SIer アクセンチュア、PWCなどのIT系コンサル出身者など 日本IBM株式会社に転職 次の転職先 ...

Supershipへの転職がオススメな理由。年収や福利厚生などを解説。

Supership転職者の主なキャリアステップ 前職 Web系事業会社 広告代理店 通信キャリア IT企業 Supership株式会社に転職 次の...

EYストラテジー・アンド・コンサルティングへの転職。難易度やポイントをご紹介

EY・ストラテジー・コンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 ソニーなどの事業会社、デロイト、PWC、アクセンチュアなどのコンサルティングファームなど EY・ストラテジー・...

オンデックへの転職は難しい?事業内容や年収、転職難易度などを解説

オンデックは、中小企業を対象としたM&Aの仲介や助言などを行うM&Aアドバイザリー事業を展開している企業です。 M&Aを行う企業のマッチングのみならず、双方の成長を確実に実現するためのサポート、プロジェクト...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの転職難易度は?面接内容・選考フローや年収を解説!

三菱UFJリサーチ&コンサルティング転職者の主なキャリアステップ 前職 メガバンクなどの銀行 ソニー、日立製作所などの大手電機メーカー アクセンチュアなどのコンサルティング会社 ...

シグマクシスの面接内容って?評判や口コミなど転職情報をご紹介

シグマクシスの面接内容って?評判や口コミなど転職情報をご紹介 ▼下記は、シグマクシスに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからシグマクシスに転職してくるのか ・転職先:シグマクシスからどこへ転職するのか...

ピアズの転職難易度は高い?事業内容や将来性などを解説

ピアズ転職者の主なキャリアステップ ...

TOP