SIer

ハイブリッドテクノロジーズへの転職難易度は高い?口コミや面接内容を徹底解説

リモートワークや販売プロセスの自動化など、企業のDX化支援を行っているハイブリッドテクノロジーズ。IT化の遅れが指摘されている日本でビジネス改革を行うことを目指してデジタルマーケティングやシステム開発案件の請負を行う東証グロース上場企業です。ベトナムにデジタルマーケティング領域専門のソリューションを提供する子会社があり、アジアの拠点と共同で事業を進めているのも特徴です。

ハイブリッドテクノロジーズでは、営業マネージャーやUIUXデザイナー、プロジェクトマネージャーといった職種で中途採用を募集中です。中には業界未経験歓迎の求人も多く、異業種からの転職を目指しやすいのも特徴と言えます。この記事では、ハイブリッドテクノロジーズへの転職を検討している人に向けて、同社の事業内容や転職難易度などを徹底的に解説します。

ハイブリッドテクノロジーズを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・ハイブリッドテクノロジーズの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ハイブリッドテクノロジーズの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • ハイブリッドテクノロジーズの企業概要
  • ハイブリッドテクノロジーズの転職ポイント
  • ハイブリッドテクノロジーズの社風や企業文化

ハイブリッドテクノロジーズに転職するポイント

ハイブリッドテクノロジーズの特徴

POINT

  • ・クライアント企業のDX化支援を行う東証グロース上場企業
  • ・新型コロナウィルス流行の影響でIT化の需要が高まっており、波に乗っている
  • ・ワークライフバランスは並程度で、出世は年功序列の傾向あり

ハイブリッドテクノロジーズへ転職するポイント

POINT

  • ・プロジェクトマネージャーやデザイナーなどでの求人あり
  • ・営業マネージャーなど責任のあるポジションでの募集も積極的
  • ・面接回数は3回だが、人事面接と部門面接の兼ね合いによって2回となることも

ハイブリッドテクノロジーズの企業概要

会社名 株式会社ハイブリッドテクノロジーズ
本社所在地 東京都中央区新川2-22-1いちご新川ビル5F
社長 チャン バン ミン
設立 2016年
株式 東証グロース
株主構成 Soltec Investments Pte. 48.45%
エアトリ 38.18%
チャン バン ミン 6.01%

ハイブリッドテクノロジーズの売上


ハイブリッドテクノロジーズの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 1,520千円 1,735千円 1,702千円
経常利益 114千円 101千円 111千円

ハイブリッドテクノロジーズの最新ニュース

ハイブリッドテクノロジーズの事業内容

ハイブリッドテクノロジーズの主力事業はクライアント企業のDX化支援です。新型コロナウィルス流行の影響によりリモートワークや業務のIT化が注目を浴びる中、日本では企業のIT化の遅れが指摘されています。ハイブリッドテクノロジーズでは、そのような状況に対してビジネス改革を起こすべく、デジタルマーケティング支援やシステム開発を行っています。

ベトナムにデジタルマーケティングを専門としている子会社Hybrid Technologies Vietnam Co., Ltd.などを持っていることが特色です。また、顧客のDX化を推進する上で基盤となる開発力の強化にも力を入れています。システム開発のみならず、上流工程である設計から、リリース後の保守まで一気通貫体制でサポートすることが強みです。2021年時点で累計およそ300社を超える受注実績があり、今後もますます事業規模が拡大していくことが見込まれています。

ハイブリッドテクノロジーズの募集要項

プロジェクトマネージャー

仕様策定会議やサービス設計、ビジネス設計など幅広い業務に携わり、プロジェクトのマネージメントを行います。ベトナムの開発チームと連携を取ることも必要なため、高いマネジメント能力が求められます。

必須な経験・スキル

  • ・IT業界での就労経験(2年以上)
  • ・法人営業の経験(2年以上)
  • (いずれか一方必須)

法人営業マネージャー

ハイブリッドテクノロジーズの新規顧客獲得に向けた問い合わせ対応や、既存顧客のフォローなどを行います。営業チームのマネージャーとしてメンバーの案件管理や商談への同席を行う、重要なポジションです。

必須な経験・スキル

  • ・法人営業の経験、マネジメントの経験

ハイブリッドテクノロジーズの転職難易度

ハイブリッドテクノロジーズの転職難易度は中程度です。ハイブリッドテクノロジーズでは、営業マネージャーやプロジェクトマネージャーなど責任のあるポジションでの中途採用を積極的に行っています。それぞれの職種ではある程度の実務経験が求められますが、それほどハードルが高いものではないため応募しやすいのが特徴です。

また、職種によっては業界未経験歓迎で募集されているものもあります。異業種からの転職も狙いやすいでしょう。ただ、最近は株式を上場したということもあり知名度の高まってきている企業です。面接の倍率も高まってきているため、手抜かりのない面接対策が求められます。

ハイブリッドテクノロジーズが転職者に求める人物像

ハイブリッドテクノロジーズは、それぞれの求人に転職者に対して求める人物像を明記しています。中でもほとんどの職種に共通して書かれているキーワードは「自身で考え、能動的に行動できること」「異文化に対して柔軟に対応できること」の2点です。

ハイブリッドテクノロジーズはまだまだ成長途中の企業で、それぞれのポジションに与えられる裁量は非常に大きいです。また、ベトナムに起源を持つ企業ということもあり、ベトナムの拠点と連携することが少なくありません。異文化に理解があるとともに、柔軟に対応することができるフレキシブルな人材が求められています。

ハイブリッドテクノロジーズの転職までの流れ

ハイブリッドテクノロジーズの選考フロー

エントリー・書類選考

履歴書、職務経歴書などの必要書類を提出します。

一次次面接

想定選考官:人事
想定内容:1次面接の想定面接官は人事部の社員です。1次面接ではそれほど答えにくいような質問はされないため、書類に記載した内容の深堀りがメインとなります。

二次面接

想定選考官:担当部門
想定内容:2次面接の担当は、採用予定先の部門の社員です。中でもマネージャークラスが対応することが多くなっています。実際に働いた後のビジョンなどについて、より踏み込んだ内容がメインです。

最終面接

想定選考官:役員
最終面接の想定面接官は役員です。2次面接までの内容を踏まえつつ、ハイブリッドテクノロジーズにフィットする人材かどうか、企業と人材の間にミスマッチがないかどうかの最終確認が行われます。

内定

ハイブリッドテクノロジーズの面接形式

ハイブリッドテクノロジーズの面接回数は3回です。状況によっては1次面接の人事面接と2次面接の部門面接が同時に行われる場合があり、そのようなケースでは面接回数が2回となります。1次面接はオンラインで行われますが、遠方など特別な場合を除き2次面接以降は来社しての面接です。応募者一人に対して面接官2〜3人が対応する形式で、1回あたりの面接の所要時間は30分程度となっています。

ハイブリッドテクノロジーズの面接内容

ハイブリッドテクノロジーズの面接では、志望動機などの基本的な内容はもちろん、「異文化と交流したことがあるか」「アジアに対する興味はあるか」といった国際性を問うような内容が聞かれる点が特徴的です。ハイブリッドテクノロジーズはベトナムに起源を持つ企業で、今でもベトナムにデジタルマーケティングを行う子会社などを持っています。実際の業務の中でも現地の子会社と協力する場面が多いため、このような質問に対する回答を準備しておくとよいでしょう。
この他、「デジタルマーケティングで成功していると思う企業はなにか」「有名な企業は、なぜ流行っていると思うか」など、コンサルティングを行う上での素質を見極めるような内容が聞かれることもあります。自身の経験や体験談なども交えつつ、説得力のある回答を行うようにすると好印象です。

ハイブリッドテクノロジーズの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには多くのポジションで募集をしている
・求人情報はDODAなどでも確認できる
・WEB面接あり

営業、30代、男性
「営業を行う上で大切にしていることはなにか」と聞かれました。また、マネージャーとしての活躍を期待されたのか、「マネジメントの経験はあるか」とも聞かれました。
企画、20代、男性
これまでのキャリアや志望動機についてなど、オーソドックスな内容がメインでした。最終面接では、「ハイブリッドテクノロジーズで想定しているキャリアは」などと聞かれました。
管理、30代、男性
良くも悪くも普通の面接で、書類に沿って進む形式でした。これといって特に答えにくいような質問はありませんでしたが、「マネジメント経験はあるか」「マネジメントで一番大変だったことは」など、リーダーとしての素質を見極めるものが目立っていました。
事務、20代、女性
「異文化交流の経験はあるか」と聞かれたことが印象に残っています。この他には、志望動機など基本的な内容がほとんどでした。
営業、30代、男性
「アジアに興味はあるか」「アジア旅行に行ったことはあるか」など、異文化交流に関連する質問が多かったです。面接の雰囲気は終始和やかで、話しやすい面接でした。

ハイブリッドテクノロジーズで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍2年、男性
新型コロナウィルス流行によって、業績の面で良い影響を受けている企業です。リモートワークなどが脚光を浴びる中、今後もますます成長していくことが出来ると思います。社内には仕事に対する意欲が高い社員が多く、キャリア志向の社員も少なくありません。ワークライフバランスに関しては、平日はやや忙し目な一方で休日はしっかりと休める、メリハリの効いた風土があると思います。
管理、在籍3年、女性
職場は非常に綺麗で、リラックススペースなども整備されています。社員同士が互いに雑談をすることも多く、人間関係で悩んだことはほとんどありません。昼休みなどはみんなでくつろぐことができ、働きやすい環境です。リモートワークは応相談となっていますが、実際かなりの社員がリモートワークを利用しています。有給休暇は比較的取得しやすい印象です。
営業、在籍4年、男性
ベトナム人が多く在籍している企業ですが、オンラインなどで工夫しながら仕事を進めていく雰囲気があります。ロジカルな考えが尊重されるコンサル企業らしい風土も特徴的です。飲み会などで以前は積極的にコミュニケーションを取っていましたが、最近はコロナウィルスの影響で減少してしまいました。福利厚生は充実しており、働きやすい企業です
口コミの要約

オフィス環境が整っているとともに福利厚生も充実しており、働きやすい企業だという口コミが多く見られました。ワークライフバランスについてはやや否定的な声が多く、平日は忙しくなるようです。一方で有給は取得しやすいなど休日はしっかりと休むことが可能で、メリハリのついた企業だと言えます。

ハイブリッドテクノロジーズの年収・給与

年収 571万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月30時間)
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備、通勤交通費支給、住宅手当支給、表彰制度、クラブ活動など

ハイブリッドテクノロジーズでの転職者の出世難易度

ハイブリッドテクノロジーズでの転職者の出世難易度は中程度です。ハイブリッドテクノロジーズでは、実力主義の評価体型が採用されています。年に2回昇給の機会がありますが、完全に実力主義で評価が行われるため、実績を築くことが出世へ直結するのが特徴です。特に営業など、働きぶりが数字で評価しやすい職種は実績を築くことを意識すると出世しやすいでしょう。

一方、管理職などのマネージャークラスまで出世すると、それ以降は個々の働き方によって出世のしやすさなどが変わってくるようです。人脈を築くことが出世の鍵だという口コミもありました。上司に実績をアピールしつつ、コツコツと数字を重ねていくことがハイブリッドテクノロジーズで出世を狙う上では重要です。

ハイブリッドテクノロジーズはどんな人が働いている?

ハイブリッドテクノロジーズの従業員数

59人

ハイブリッドテクノロジーズの平均年齢

34.7歳

ハイブリッドテクノロジーズの平均勤続年数

2.3年

ハイブリッドテクノロジーズの社風

ハイブリッドテクノロジーズの社風の特徴として、風通しの良いベンチャー企業らしい風土が挙げられます。社内にはコミュニケーションを取るためのリラックススペースなどが充実しており、昼休みなどではそこでくつろぐ社員も多いようです。アットホームな風土があるため社員同士の距離も近く、飲み会などもやや頻繁に行われるのが特徴と言えます。

コンサル企業らしく、ロジカルな考え方が尊重される風土があるという社風もあります。会議などではしっかりと根拠を持った意見が通りやすい傾向にあるため、論理的に考えることの出来る人材が活躍しやすい環境です。また、ベトナム人の社員と協力することも多いため、異文化理解の進んだ風土もあります。多様性を尊重するのもハイブリッドテクノロジーズの社風と言えるでしょう。

ハイブリッドテクノロジーズのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 10:00〜19:00(例)
休日 完全週休2日制
その他の休日・休暇 土日祝日など
平均残業時間 情報なし
フレックス制度 なし
リモートワーク 有り
産休・育休制度 記載なし
時短勤務 なし

ハイブリッドテクノロジーズの社長

チャン バン ミン

1986年生まれ。2010年、有限会社アルファユニバーサルへ入社。2012年、株式会社マニュファクチャリングへ入社後、2014年にFPT INFORMATION SYSTEM CORPORATIONへ入社。2016年にハイブリッドテクノロジーズを設立し代表取締役社長へ就任。Hybrid Technologies Vietnam Co., Ltd.のGeneral Directorなども兼任している。

ハイブリッドテクノロジーズ現職、OB/OGの有名人

平川和真

ハイブリッドテクノロジーズの取締役CFO。1982年生まれ。2005年、優成監査法人へ入所。2012年、SCS Global Consulting Sdn Bhdへ入社し、2015年にEvolable Asia Co., Ltd.へ入社。2018年にハイブリッドテクノロジーズへ入社し管理部長へ就任。2019年より現職。

ハイブリッドテクノロジーズの転職に関わるQ&A


ハイブリッドテクノロジーズでは、実力主義の評価が採用されており、男女間で評価の有利不利の差がありません。実際、女性でマネージャークラスとして活躍している社員もおり、女性の活躍しやすさは良好です。一方、産休や育休については公開されている情報がありませんでした。制度面について気になる場合は、面接の場で質問するのもよいでしょう。

有価証券報告書によると、ハイブリッドテクノロジーズの平均年収は571万円。大手コンサル企業などと比較するとやや見劣りしますが、社員数と比較するとまずまずといった水準です。マネージャークラスまで出世することが出来れば給与は大幅に上昇し、1000万円以上を狙うこともできます。

ハイブリッドテクノロジーズへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

ハイブリッドテクノロジーズでは、公式採用ページは用意されておりません。
しかし、さまざまな求人情報サイトで求人の募集を行っているので、こまめにチェックしてみるとよいでしょう。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ヤフー株式会社の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

ハイブリッドテクノロジーズの募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してハイブリッドテクノロジーズに転職するなら、マーケティングを行う他社の募集要項を比較することができる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・手軽さ
  • ・案件数の豊富さ
  • ・案件確認から応募までの早さ

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、案件が豊富であり、案件確認から応募までが非常にスピーディーです。
今すぐ転職をしたい方や、まずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

マーケティングやパプリ開発を行う企業の募集を比較するなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)には、日立や富士ソフトといった幅広い企業の募集要項を確認することができます。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールの□□会社の平均年収は800万円~1,300万円程度となっており、別サイトよりも比較的高く設定されています。
また、doda X(旧:iX転職)は、表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントと言えるでしょう!
△△な企業がどれほどあるのか、それぞれ募集要項はどのように違うのかなどを自らの手で調べたい方は、まずはdoda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

NTTデータに転職したい方必見。中途入社の難易度や年収を解説

NTTデータ転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からの社員がほとんどだが、SIerからの転職者も在籍している 株式会社NTTデータに転職 次の転職先 ...

電通国際情報サービスへの転職。年収や面接内容も解説

電通国際情報転職者の主なキャリアステップ 前職 富士通、Microsoft、ブレインパッドなどのIT系企業 株式会社電通国際情報サービスに転職 次の転職先 ...

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)へ転職するには?難易度や面接情報を調査

伊藤忠テクノソリューションズ転職者の主なキャリアステップ 前職 大手電機メーカー 新日鉄などのSIer システム開発メーカー 生保 通信会社 伊藤忠テクノソリューションズ株式...

システムリサーチの転職難易度は?求める人物像や選考フローなど解説

システムリサーチ転職者の主なキャリアステップ 前職 りそな銀行、信金などの金融機関 中堅のSIer ITコンサル 株式会社システムリサーチに転職 次の転...

電算システムへの転職は難しい?選考フローや口コミなどを解説

電算システム転職者の主なキャリアステップ 前職 信販会社 ソフトウェア開発会社 株式会社電算システムに転職 次の転職先 SIer Webコンテンツ事業...

日鉄ソリューションズの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

日鉄ソリューションズ転職者の主なキャリアステップ 前職 NTTデータとその子会社、パナソニック、TISなどのSIer フューチャーなどのITコンサル 日鉄ソリューションズ株式会社に...

DTSへの転職難易度は?口コミや年収など解説

DTS転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒入社からのプロパー社員 SIer 金融機関 人材サービス会社 株式会社DTSに転職 次の転職先 ソニー...

システナへの転職。評判や年収を解説

システナ転職者の主なキャリアステップ 前職 IT系企業 メーカー Web系事業会社 株式会社システナに転職 次の転職先 アクセンチュアなどのコンサルフ...

富士ソフトの転職難易度は?年収や選考内容などを解説

富士ソフト転職者の主なキャリアステップ 前職 SIer WEB系事業会社 富士ソフト株式会社に転職 次の転職先 SIer システム子会社 WEB系事...

日立製作所の転職難易度は?面接内容や口コミ評判を徹底調査

日立転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒中心 日立製作所株式会社に転職 次の転職先 パナソニックやルネサスエレクトロニクスなどの大手国内電機メーカー ...

TOP