WEB・アプリサービス

サクシードの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

サクシード転職者の主なキャリアステップ

サクシードの主な転職元・転職先

学歴

学歴は、高校、大学、大学院卒などが在籍している。学歴の幅は広い。

前職

IT、Web事業会社広告制作会社コンサルティングファームなどがあげられる。

次の転職先

IT、Web事業会社、ゲームメーカー、学習塾、建設会社など幅広い。

家庭教師のマッチングサービスの展開やICTの支援員、塾講師や学校教員の派遣サービスを展開しているサクシード。都市部への人工集中へ伴い教育の格差が指摘される中、高まる教育ニーズへ対応するための幅広い事業を展開している東証グロース上場企業です。最近社会的関心の高まっている、部活動の運営受託事業も手掛けています。

そんなサクシードは、キャリアアドバイザーやWebマーケターなどの職種で中途採用を行っています。教育へ携わりたい方はもちろん、営業やマーケターとしてのキャリアアップを目指したい方にもおすすめの優良企業です。この記事では、サクシードへの転職を検討している人に向けて、同社の事業内容や将来性などについて細かく解説していきます。

サクシードを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・サクシードの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、株式会社サクシードの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。

この記事でわかること

  • サクシードの企業概要
  • サクシードの転職ポイント
  • サクシードの社風や企業文化

サクシードに転職するポイント

サクシードの特徴

POINT

  • ・教育業界で幅広い人材のマッチングを行う東証グロース上場企業
  • ・家庭教師や教員、ICT支援員の派遣のほか、部活動の運営受託も手掛ける
  • ・ベンチャー気質の強い社風で、常に新しいことに取り組もうという雰囲気がある

サクシードへ転職するポイント

POINT

  • ・キャリアアドバイザー、マーケターなどの職種で求人あり
  • ・教育業界での募集が中心だが、業界未経験でも応募可能なものが多い
  • ・面接は気さくな雰囲気で行われ、仕事内容などについて柔軟に質問される

サクシードの企業概要

会社名 株式会社サクシード
本社所在地 東京都新宿区高田馬場1丁目4番15号
社長 高木 毅
設立 2004年
株式 上場(東証グロース)
株主構成 高木毅(75.81%)
佐藤幹雄(12.10%)
石川修一(4.84%)

サクシードの売上

サクシードの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 1,468,376千円 1,798,217千円 1,991,875千円
経常利益 225,273千円 237,454千円 265,491千円

サクシードの最新ニュース

サクシードの事業内容

サクシードの主力事業は、教育業界における人材マッチングです。ICT支援員や塾講師、日本語教師など様々な人材のマッチングを行っていますが、中でも主力としているのは家庭教師のマッチングサービスです。「家庭教師のサクシード」というサービスを展開しており、首都圏と関西圏で家庭教師サービスを運営しています。また、教員免許を保有した人材を対象とした教職員の人材派遣も行っています。かつて人気職種だった学校教職員は、少子高齢化の進行に伴ってなり手の減少が指摘されています。教育事業を創業以来一貫して行ってきたサクシードならではのマッチングノウハウが強みです。

教育業界以外でも、最近は保育士や栄養士、管理栄養士といった福祉人材支援事業も行っています。求職者に対して細かなカウンセリングを行うことで、求職者と採用者の双方が納得できるようなマッチングが強みです。介護職員や保育スタッフの人材不足が指摘される中、社会的貢献度の高い事業を行っていると言えます。

サクシードの募集要項

キャリアアドバイザー

求職者に対して詳細なヒアリングを行うことで、求職者が最も満足できるような職場探しのサポートをすることがキャリアアドバイザーの役割です。書類選考や面接サポートも一貫して行うため、顧客からの感謝の声を聞く機会の多い、やりがいのある職種です。

必須な経験・スキル

  • ・職歴不問、未経験歓迎

営業スタッフ

家庭教師事業部に所属し、家庭教師を検討している家庭に向けて訪問営業を行うのがサクシードの募集している営業スタッフの役割です。反響営業型のため負担感も少なく、営業未経験でも応募できるのが特徴です。

必須な経験・スキル

  • ・職歴不問、未経験歓迎
  • ・営業職の経験があれば優遇

サクシードの転職難易度

サクシードの転職難易度は低めです。サクシードでは、営業スタッフやキャリアアドバイザーといった職種の他に、Webマーケターや教務スタッフ、学習塾の教室長といった職種で中途採用を募集しています。教育業界にはユニークな職種での募集が多いのが特徴ですが、多くの職種は業界未経験での応募も可能となっており、採用へのハードルは決して高くありません。

未経験だが営業にチャレンジしてみたい、といった場合であっても十分活躍する場が用意されている企業です。ただし、人物重視の選考が行われるため、熱意をしっかりとアピールすることが必要です。気を抜かずに企業研究を行うなど、面接対策を進めておきましょう。

サクシードが転職者に求める人物像

サクシードが転職者に対して求める人物像は、「オールラウンドに活躍したいこと」「次のステップへの可能性を模索していること」の2点です。サクシードは2021年に株式を上場した、成長フェーズにある企業と言えます。現在も様々な新しい職種が生まれている最中であり、採用時とは異なるポジションや役割で活躍することがあるかもしれません。そのような状況であっても、次のステップへの成長に向けて柔軟に対応できる、オールラウンドに活躍出来る人材が求められています。

サクシードの転職までの流れ

サクシードの選考フロー

エントリー・書類選考

一次面接

想定選考官:人事
想定内容:1次面接の想定面接官は、人事部の採用担当の社員です。オーソドックスな内容がほとんどですが、雰囲気が気さくで話しやすいのが特徴となっています。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:最終面接の想定面接官は役員です。1次面接までに聞かれた基本的な内容に加え、教育業界で働くことに対する熱意や想いといった人物面に関する質問が中心です。

内定

サクシードの面接形式

サクシードの面接回数は2回です。管理職など重要なポジションへ応募する場合は3回以上となることもあります。応募者一人に対して面接官が複数人いる複数人面接形式で行われることが多く、一回あたりの面接の所要時間は45分ほどです。選考期間は2週間前後とやや短めで、スピーディーに結果が伝えられます。

サクシードの面接内容

サクシードの面接では、「サクシードへ入社したあとにどのような仕事ができるか」といった内容が多いです。一般的な面接で重視される志望動機などはそれほど重視されません。前職と応募した職種が一致しない場合、前職までの経験といった一般的な内容にもそれほど触れられないのが特徴です。「サクシードへ入社したあと、具体的にどうサクシードへ貢献できるのか」といった質問に対する受け答えを準備しておくとよいでしょう。

この他には、「教育業界に対する熱意や想いを聞かせてください」といった、サクシードで働くことに対する熱意をストレートに聞く内容も多いです。自身のエピソードなども交えながら、自分がサクシードで活躍できる人材だということをアピールするように心がけると好印象です。

サクシードの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は比較的多い
・求人情報はDODA・エン転職などでも確認できる
・熱意を重視している印象があるとの口コミあり

デザイナー、20代、女性
サクシードを知ったきっかけは何か、と聞かれました。一般的な面接で聞かれるような内容は少なく、非常に気さくな雰囲気で話せたのが印象的でした。
サービス、40代、男性
「教育業界に対する想いを聞かせてください」と言われたことが印象に残っています。人物面重視と求人に記載されている通り、熱意を重視している印象がありました。
塾長、30代、女性
「なぜ教育業界を選んだのか」に加え、「少子高齢化が進む中で、教育業界はどうあるべきか」といった質問をされました。業界研究は欠かせないと思います。
営業、30代、男性
これまでに営業経験があったため、「当時担当していた業務をどうサクシードへ活かすことが出来るのか教えて下さい」と言われました。非常に話しやすい雰囲気の面接でした。
事務、20代、男性
「サクシードへ入社したあと、どのような貢献ができるか」と聞かれました。また、「将来的に別の職種となって働く意思はあるか」と言われたのが印象的でした。

サクシードで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍4年、男性
常に新しいことにチャレンジしようという社風があり、ベンチャー企業らしく風通しの良い風土があります。年齢層は非常に若く、休みの日などに他部署の人と飲みに行くことも少なくありません。福利厚生は全体的に可もなく不可もなくといった印象ですが、社員旅行では会社の中の様々な社員と顔を合わせることが出来ます。
マーケティング、在籍8年、女性
社員同士の仲がよく、交流会などが頻繁に開催されているのが特徴です。人間関係も良好で、働きやすい企業だと思います。アニバーサリー休暇など、独自の福利厚生があることが特徴です。教育業界という性質上、勤務時間が遅く平日は14:00〜22:00が基本となります。午前中の時間を有効に使うことが出来れば、悪くない制度なのではないでしょうか。
営業事務、在籍4年、男性
全体的にワークライフバランスの良い企業で、繁忙期を除けば普段はほとんど残業がありません。特に午前中の時間が空くのがメリットです。人と直接接する機会が多いため、言葉遣いや気遣い、コミュニケーション能力などが非常に求められる職場だと思います。実力主義の風土があり、成果が出ていないときには厳しい評価がくだされることもあります。
口コミの要約

新しいことにチャレンジしていこうという風土があり、成長性が高い企業だという口コミが多かったです。ワークライフバランスに関してもポジティブな意見がほとんどで、特に午前中の時間を有効活用している社員が多いようです。実力主義の文化があり、成果を出すことが出来ないとシビアな待遇になるという声もありました。

サクシードの年収・給与

年収 431万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 社会保険完備、残業手当、家族手当、役職手当、アニバーサリー休暇、社員旅行、ストックオプション、表彰制度、MVP制度、社内部活動など

サクシードでの転職者の出世難易度

サクシードでの転職者の出世難易度は中程度です。サクシードでは、実力主義の風土があります。昇給や評価のタイミングは年に一回で、可能な限り数字ベースで評価しようというシステムが特徴となっています。ただ、実際に働いている社員の口コミによると、定められている数字の基準がゆるいため多くの社員が基準を突破しており、上のポストが空くのを待つ状態が続いているという情報もありました。実力主義ではありながら、実際のところは年功序列の要素も少なからずあるようです。また、サクシードでは様々な業務をこなすことのできるオールラウンダーが出世しやすいという情報もありました。柔軟に対応することの出来る人材は、サクシードの出世の上でも重宝されるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 400万円
30代前半 なし 400万円
30代後半 なし 600万円
40代前半 主任 600万円
40代後半 部長 800万円

サクシードはどんな人が働いている?

サクシードの従業員数

86人

サクシードの平均年齢

30.9歳

サクシードの平均勤続年数

3.3年

サクシードの社風

サクシードの社風の特徴として、チャレンジを後押しするベンチャー企業らしいという点が挙げられます。当初は教育関連事業を中心に手掛けてきましたが、最近では介護や福祉人材に関連する事業にも取り組み始めるなど、新たな事業領域へ積極的に取り組んでいます。社員単位でもそのような挑戦が後押しされる社風があるようで、ベンチャー企業ならではのチャレンジングな社風があります。

また、強いリーダーシップで業務をこなすトップダウンの社風も特徴と言えます。教育に対する熱意がある経営陣が多く、社員一人ひとりの仕事に対する熱意も高いです。教育や福祉などの社会貢献に対して熱い想いがある、熱意に溢れた人材が活躍できる雰囲気があります。

サクシードのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 12:15〜21:15(例)
休日 完全週休二日制
その他の休日・休暇 祝日、GW休暇、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇、アニバーサリー休暇など
平均残業時間 29.9時間
フレックス制度 なし
リモートワーク なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 なし

サクシードの社長

高木毅

1967年生まれ。1992年、国際証券株式会社へ入社。1994年、株式会社タートルジヤパンへ入社し、1997年より同社の取締役を務める。2004年、サクシードを設立し代表取締役社長へ就任。

サクシード現職、OB/OGの有名人

石川修一

サクシードの取締役個別指導教室事業部長。1972年生まれ。1993年、株式会社タートルジャパンへ入社。2000年より株式会社ノーバスで勤務し、2004年にサクシードへ入社。2006年、サクシードの取締役へ就任。

サクシードの転職に関わるQ&A


サクシードでは、産休や育休といった女性の働きやすさを推進するための制度が整備されています。実際、社内でも本部を中心に多くの女性が活躍しており、入社すれば男女問わず活躍出来る企業と言えそうです。一方、塾長など現場レベルではまだまだ女性の採用が不足しているという指摘もありました。


サクシードの月平均残業時間は29.9時間。これは上場企業としては標準的な水準で、教育業界ということを考慮するとワークライフバランスは良好と言えそうです。ただ教育業界という特性上、勤務が午後から始まる場合も多く、夜は遅くなりがちであることには注意が必要です。午前中の時間を有効活用することが出来れば、ワークライフバランスの良い働きやすい企業ということが出来るでしょう。

サクシードへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

サクシードの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、代表メッセージや働く環境、社員インタビューなど、有益な情報が多数掲載されているため、一度目を通したほうが良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまいます。
時間をかけずに素早く転職したいと考えている方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

教育業界の募集要項をまとめて確認するなら「転職サイト」

転職サイトを活用してサクシードに転職するなら、教材の提供を行う他社の募集要項も比較することができる「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは、

  • ・空いた時間に転職活動できる手軽さ
  • ・求人案件数の豊富さ
  • ・案件の確認から応募までが早い

転職サイトは、空いた時間に転職活動を行える手軽さがあるため、比較的時間をかけずに転職することができます。
また、求人案件が豊富であり、案件確認から応募までをスピーディーに行えます。
できるだけ素早く転職をしたい方やまずは企業を比較したい方は、転職サイトを活用すると良いでしょう。
ただし、転職サイトから応募した場合は、転職活動を全て自身で進めることになるため、転職難易度は比較的高くなります。

競合他社の募集要項と比較したいなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)では、教育企業などの募集要項を確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールの教育業界の平均年収は、900万円~1,200万円となっており、ほかの転職サイトよりも比較的高くなっています。
また、doda X(旧:iX転職)は表に掲載していない非公開求人が多い転職サイトとしても知られており、ヘッドハンターに相談することで、自分に合った非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
「自身が活躍できる企業がどれほどあるのか」や「企業ごとで募集要項はどんな風に変わるのか」などを知りたい方は、まずはdoda X(旧:iX転職)に登録してスカウトメールの確認をすることをおすすめします。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

楽天の転職情報!転職難易度や面接形式などをご紹介

楽天転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループなどのWEB系事業会社 Am...

ラクスルに転職はするべき?面接内容や年収などについて調査

ラクスル転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルートグループ、カカクコムなどのWEB系事業会社 ラクスル株式会社に転職 次の転職先 リクルートグループ、...

「マンガBANG!」などを展開するAmaziaの転職事情。転職難易度や口コミなどを解説

数多くの人気漫画を無料で読むことができるマンガアプリ「マンガBANG!」などを展開しているAmazia。 「デジタルの力でマンガの新しい価値を届ける」というキーフレーズのもと事業を行っている企業です。 マンガBANG!のほか...

リンクトインへ転職する方法。評判や年収などについて調査

リンクトイン転職者の主なキャリアステップ 前職 転職エージェント 各社人事系ポジション リンクトイン・ジャパン株式会社に転職 次の転職先 転職エージェン...

LITALICOの転職難易度は高い?評判や年収などを解説

LITALICO転職者の主なキャリアステップ 前職 教員 NPO法人 介護サービス事業者 株式会社LITALICOに転職 次の転職先 デロイト、PwC...

マーキュリーリアルテックイノベーターへの転職は難しい?選考フローや出世難易度などを解説

マーキュリーリアルテックイノベーターは、不動産に関するビッグデータを活用した情報プラットフォームを提供している企業です。 「Big Data × Technology」をビジョンに掲げ、新築分譲マンションの物件概要情報や販売価...

サーバーワークスへの転職は難しい?事業内容やミッション、将来性などを解説

サーバーワークス転職者の主なキャリアステップ ...

Mobility Technologiesの転職情報!気になる年収や評判をご紹介

Mobility Technologiesは、日本最大のグループ売上高を誇るタクシー・ハイヤー会社「日本交通株式会社」の関連会社です。 以前は「JapanTaxi株式会社」という社名でしたが、2020年4月から「株式会社Mobil...

インターファクトリーへの転職は難しい?選考フローや口コミなどを解説

インターファクトリーは、EC事業者が自社運営するECサイトを構築するために必要なクラウドコマースプラットフォーム「ebisumart」を提供している企業です。 事業運営を通じ、さまざまな方の幸せを実現することを目指しており、こ...

エイチームの転職難易度は高い?口コミや面接情報解説まとめ

エイチーム転職者の主なキャリアステップ 前職 グリーなどのWeb系事業会社 不動産販売 ITソリューション 広告制作会社 広告代理店 株式会社エイチームに転職 ...

TOP