WEB・アプリサービス

クリーマへの転職は難しい?転職難易度や選考のコツなどを解説

創作活動に取り組む全国のクリエイターとそのファンをつなぐためのプラットフォーム「Creema」の運営を行うクリーマ。
ハンドメイドの商品を専門で販売しているCtoC独自のマーケットプレイスを運営している企業です。
また、クリエイターの支援やクリエイター同士のコミュニティ形成にも力を入れており、創作活動を行う作家たちの間で特に強い支持を得ています。
その結果、2022年にフジテレビ「Live News イット! Weekend」や宝島社のファッションマガジン「リンネル」に取り上げられるなど、非常に注目を集めている企業です。
そんなクリーマでは、法人営業やWebアプリエンジニア、インフラエンジニアといった職種で中途採用を募集しています。
3年連続で売上がアップしている成長中の企業で、将来性が高いことから転職先としても注目が集まってきている企業です。
この記事では、クリーマへの転職を目指すうえで必ず知っておきたいクリーマの事業内容や転職難易度などを解説します。

クリーマを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・クリーマの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、クリーマの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • クリーマの企業概要
  • クリーマの転職ポイント
  • クリーマの社風や企業文化

クリーマに転職するポイント

クリーマの特徴

POINT

  • ・ハンドメイド向けマーケットプレイス「Creema」の運営を行う企業
  • ・大型イベント「HandMade In Japan Fes’」を開催するなど、イベント活動にも積極的
  • ・自由に意見を言える社風があり、働きやすい企業だという口コミ多数

クリーマへ転職するポイント

POINT

  • ・法人営業やプロジェクトマネージャーなどで中途採用あり
  • ・各種エンジニアなど、専門職での募集もある
  • ・面接では基本的な内容に加え、創作活動への想いなども聞かれる

クリーマの企業概要

会社名 株式会社クリーマ
本社所在地 東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル7~8F
社長 丸林 耕太郎
設立 2009年3月
株式 上場(東証グロース)
株主構成 丸林耕太郎(28.86%)
アニマリズムグループ株式会社(6.62%)
大橋優輝(6.16%)

クリーマの売上

クリーマの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
売上高 1,517百万円 2,062百万円 2,294百万円
経常利益 45百万円 204百万円 363百万円

クリーマの最新ニュース

クリーマの事業内容

クリーマは、「本当にいいものが埋もれてしまうことのない、フェアで新しい巨大経済圏を確立する」という企業ビジョンのもと事業を展開している企業です。
主力事業は、CtoCのマーケットプレイスである「Creema」の運営であり、クリエイターエンパワーメント事業の単一セグメントで事業を展開しています。
ハンドメイドの製品を制作する作家と消費者をつなぐコミュニティ作りを重視しており、2013年以降はクリエイターの祭典とも呼ばれる「HandMade In Japan Fes’」などの大型イベントも開催しています。
クリエイターの活動支援に注力してきた経緯があるため、新たに活動をはじめようと考えている作家に向けた支援や、本格的にプロとして活動を目指しているクリエイターの活動支援などに今後も取り組む方針があるのがクリーマの特徴です。
独自性の高さから売上高は3年連続で上昇しており、今後もさらなる発展が期待されている将来性の高い企業といえるでしょう。

クリーマの募集要項

プロジェクトマネージャー

年間2000以上のチケットが走るCreemaのプロダクト開発においてプロジェクトを推進し、その結果に責任を持つことがプロジェクトマネージャーの役割です。
開発実施施策の進行管理やマネジメント業務、外部パートナーとの交渉、プロダクトへ導入しているツールを生かした新規施策立案や運用管理などを行います。

必須な経験・スキル

  • ・5人以上の規模において、プロジェクトマネジメントを成功した体験

クリエイターコンサルタント

「Creema」へ出展を行っているハンドメイド作品の製作者に対し、中長期にわたる出品戦略の立案や商品開発の企画業務、提案業務を行います。
全国のクリエイターと関わることのできるため、大きなやりがいが感じられる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・クライアントへの企画提案業務や営業の経験
  • ・目標達成思考が強く、クリーマの理念に共感できる

Webアプリケーションエンジニア

自社サービス「Creema」の企画や開発、運用を行うポジションです。
急成長スタートアップならではのフラットな環境や体制から、Webアプリの開発、iOS・Androidのネイティブアプリ開発からサーバーサイドまで、能力次第ではさまざまな開発に取り組める環境があります。

必須な経験・スキル

  • ・1年以上のPHPなどのLL言語を利用したWebアプリの開発経験
  • ・1年以上のMySQLなどのRDBMSを利用した開発経験

クリーマの転職難易度

クリーマの転職難易度は中程度です。
クリーマでは、プロジェクトマネージャーといった管理職での募集をはじめ、さまざまな職種で中途採用を行っています。
各種エンジニアでの募集に加え、クリエイターコンサルタントといったクリーマ独自の職種での募集があることも特徴の一つです。
それぞれの職種で求められている応募への必須条件はそれほどハードルの高いものではなく、さまざまな業界での経験を生かした転職が可能なのがクリーマの特徴といえます。
ただし、株式上場を機に知名度が高まってきており、最近はやや競争倍率が上昇傾向にあるのも事実であるため、入念な選考対策を行っておきましょう。

クリーマが転職者に求める人物像

クリーマが転職者に求める人物像として、「クリーマの掲げるビジョンに共感できること」が挙げられます。
クリーマでは、「いいものが埋もれないような巨大な経済圏を確立する」といったビジョンを掲げており、クリエイターを支援してフェアな経済圏を確立するという想いがあることが重要です。
そのほかにも、「目標達成思考が強いこと」もクリーマが求める人物像の一つです。
クリーマは、現在急成長している企業であり、今後もさらなる成長をしていくため、立てた目標をしっかりと達成できるような目標達成意識の高い人材が求められています。

クリーマの転職までの流れ

クリーマの選考フロー

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事・チームメンバー
想定内容:オーソドックスな内容が多いですが志望動機はよく触れられるため、入念に練っておくことが肝心です。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、熱意や夢、人物面といった観点が重視する質問をされます。

内定

クリーマの面接形式

クリーマの面接回数は2回〜3回となっています。
基本的には2回で面接が終了しますが、マネージャーなどの一部の管理職は3回の面接を行う傾向があります。
面接形式は1対1であり、面接1回あたりの所要時間は45分程度と標準的な水準です。

クリーマの面接内容

クリーマの面接でよく聞かれる質問内容の一つに、「クリエイターにとって何が一番大切だと思うか」といったクリエイター支援に対する想いを確かめるようなものが挙げられます。
クリーマでは、何よりも「クリエイターを支援する」というビジョンが重視されており、採用でもこの点に共感できる人材かどうかが入念に確かめられます。
場合によっては、「クリエイターとして活動したことはあるか?」と聞かれることもあるため、自身の創作活動に関するエピソードを用意しておくと良いでしょう。
そのほかの質問内容としては、オーソドックスなものがほとんどであり、なかでも「どうしてクリーマを選んだのか」という志望動機は重視される傾向があります。
書類に記載した内容と齟齬がないよう事前に内容をよく練っておくことがおすすめです。

クリーマの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには比較的多くのポジションで求人募集されている
・求人情報はGreenなどでも確認できる
・クリエイターに関する質問をされる傾向がある

営業、30代前半、男性
「なぜクリーマを志望したのか」という志望動機について特に入念に聞かれた印象です。質問内容としてはこれといって特に答えにくいようなものがあったわけではありませんが、一つ一つの質問を丁寧に深堀りしていく感じでした。
カスタマーサポート、30代前半、女性
「クリエイターとして活動した経験はあるか」と聞かれたことが印象に残っています。クリエイターとして活動したことがないからといってカスタマーサポートができないというわけではないと思いますが、やはりクリエイターの気持ちがしっかりわかっているかどうかは重視されているように感じました。
エンジニア、40代前半、男性
技術的な質問が多かった一方で、「クリエイターにとって最も重要なことは何だと思うか」と聞かれたことを覚えています。特に最終面接では、人物面やクリーマで実現したい夢などについて細かく触れられた印象です。
エンジニア、20代後半、男性
面接回数は3回とやや多く感じました。私が転職したときは技術テストなどは特にありませんでしたが、その分技術的なバックグラウンドについて細かく聞かれた印象です。なかでも、「これまでに実装した案件と担当した部分」は細かく聞かれました。
プロジェクトマネージャー、40代前半、女性
「マネジメント経験について教えて下さい」といわれたため、自身の携わったプロジェクトの内容を端的にお伝えしました。その後、「メンバーは何人だったか」や「苦労した場面はあるか」といった深堀りするような質問が続きました。

クリーマで働いている方の評判・口コミ

プロジェクトマネージャー、在籍3~5年、男性
年齢や社歴などに関係なく、社員一人一人が自由に意見を出し合っていこうという風土があります。ベンチャー企業らしく、自由闊達な風土があるのがクリーマの特徴です。役職が上がるにつれ、企業の中心となって働けているなという実感と責任感が増し、やりがいのある環境となっています。企業自体も急速に成長し続けているため、今後もさまざまな事業に携わることができるのではないかと期待している社員も多いです。
カスタマーサポート、在籍1~3年、女性
ベンチャー企業としてはワークライフバランスが整っている点が高評価です。ただし、上司との面談などの機会が少なく、自身がどのような評価を受けているのかイマイチよく分かりません。クリーマの事業内容の特性からか、社内にはかなり女性が多く、男女問わず活躍しやすい環境です。
エンジニア、在籍3~5年、男性
以前は経営層を中心としたトップダウンの企業でしたが、最近はボトムアップで意見を取り入れる機会も増え、企業風土が変わってきたなと感じています。ワークライフバランスについては良好で、良くも悪くもベンチャー企業によくある「寝る間も惜しんで働く」といった考え方はありません。エンジニアの技術力は総じて高く、技術職として満足の行く環境で働けているなと感じています。
口コミの要約

ベンチャー企業でよく見られるオープンな風土があるといった口コミが目立っていました。また、ワークライフバランスも企業の規模と比較すると良好であり、働きやすい環境だと評価する口コミも多かったです。一方で、評価が曖昧な点や上司との面談機会が少ない点などを指摘する声もありました。

クリーマの年収・給与

年収 493万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り(条件有り)
福利厚生 ストックオプション制度、書籍購入費会社負担、デュアルディスプレイ環境など

クリーマでの転職者の出世難易度

クリーマの出世難易度は中程度です。
クリーマでは基本的に実力主義の評価が採用されているため、社歴や年齢などに関係なく出世することが可能です。
転職者だからといって不利になるということもなく、むしろバックグラウンドが豊富な転職者は出世に有利となることもあります。
また、クリーマでは「何事にも社員間で議論を尽くす」という雰囲気があるため、議論の場で積極的に意見を出すことが重要です。
仕事に対する積極性を見せることで上司からの信頼獲得にも繋がり、クリエイター支援に対する熱い想いを持ちつつ、積極性をアピールしていくことが出世への近道でしょう。

クリーマはどんな人が働いている?

クリーマの従業員数

83名

クリーマの平均年齢

32.0歳

クリーマの平均勤続年数

2.9年

クリーマの社風

クリーマの社風の特徴として、ベンチャー企業らしいオープンで明るい風土が挙げられます。
以前はトップダウンの体制が採用されていましたが、最近ではボトムアップで意見を吸い上げる機会を多く設けていることもあり、社員間での議論も活発に行われています。
年齢や社歴、性別などに関係なく、自由に意見をいえる環境がクリーマの社風の特徴といえるでしょう。
そのほかの特徴として、クリエイターとしての活動経験があるなど、クリエイターの活動に理解のある社員が多いという点も挙げられます。
クリーマでは、クリエイターを支援するためのコミュニティ作りにも力を入れているため、社員自身がクリエイターとして活動していた経験があるといったことも少なくありません。
クリエイティブな人材が集まっているのもクリーマならではの魅力といえるでしょう。

クリーマのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30~18:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年次有給休暇、慶弔休暇、年末年始休暇など
平均残業時間 月25.0時間
フレックス制度 有り(コアタイム 11:00~16:00)
リモートワーク 有り(応相談)
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

クリーマの社長

丸林 耕太郎

1979年生まれ。
2004年に株式会社セプテーニへ入社。
その2年後、株式会社セプテーニ・クロスゲートへ転籍。
2009年に赤丸ホールディングス株式会社(現・株式会社クリーマ)を設立し、代表取締役社長に就任。
2020年にアニマリズムグループ株式会社も設立し、代表取締役を務めている人物。

クリーマ現職、OB/OGの有名人

大橋 優輝

1980年生まれ。
2002年に株式会社ゴールドクレストへ入社。
2009年に株式会社クリーマへ入社し、2015年に取締役イベント・ストアディビジョン・ゼネラルマネージャーに就任。
2017年より、取締役イベント・ストア・ビジネスアライアンスディビジョン・ゼネラルマネージャーを務めている。
また、2021年から株式会社FANTISTの取締役も兼任している人物。

クリーマの転職に関わるQ&A


クリーマでは、扱っている事業の特性からか女性社員が多く在籍しています。
男女や年齢の区別なく、誰でも自由に意見を言える環境があるため、女性も活躍しやすい企業だという口コミが多く集まっています。
社内における女性の発言力もしっかりとあるため、女性の働きやすさについては心配ないといえるでしょう。

クリーマの月平均残業時間は25.0時間であり、これは上場企業の平均程度かやや短い水準です。
また、クリーマではリモートワーク勤務日と出社勤務日を併用する勤務形態を採用しており、それぞれでフレックス制のコアタイムを設定しています。
リモートワークに積極的なことやフレックスタイム制が一般的なことから、ワークライフバランスは比較的良いと感じている社員も多くいます。

クリーマへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

クリーマの公式サイトにある採用情報ページから応募できます。
募集要項以外にも、企業メッセージや社員インタビューなどが載っているため、応募する前に一読しておくと良いでしょう。
ただし、公式サイトからの応募の場合、どうしても時間がかかってしまう傾向にあります。
現職が忙しく、なかなか転職活動に時間を割けないという方は、転職サイトの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、クリーマの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを利用してクリーマへの転職を考えている方には、ハイクラス求人が豊富な「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つです。

  • ・非公開求人が比較的多い
  • ・求人案件が豊富
  • ・案件の確認から応募までスピーディー

転職サイトは、比較的非公開求人を多く持っている傾向があります。
また、非公開求人も含め、非常に多くの求人案件があるため、希望するポジションを見つけ出すことができるでしょう。
さらには、案件確認から応募までが素早く行えるので、できるだけ時間をかけずに転職したい方には、転職サイトの活用がおすすめです。

競合他社の募集要項もまとめて比較したいなら「doda X(旧:iX転職)」

doda X(旧:iX転職)には豊富な求人が取り揃えらえており、サービスの提供を行っている競合他社の募集要項も確認することが可能です。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)はさまざまなハイクラス求人を取り揃えており、ほかの転職サイトでは扱っていないような非公開求人も持っている可能性があります。
そのため、doda X(旧:iX転職)では競合他社と比べながら検討することも可能です。
特に年収600万円以上の方がさらに年収UPを目指すために、登録必須のエージェントといえるでしょう。
ほかの競合他社の募集要項も含め、さまざまな情報が知りたいという方は、doda X(旧:iX転職)に登録し、届いたスカウトメールの確認をすると良いでしょう。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

リビン・テクノロジーズへの転職情報。転職難易度や社員の口コミなどを解説

リビン・テクノロジーズ転職者の主なキャリアステップ ...

イトクロへの転職はおすすめ?転職難易度や年収などをご紹介

イトクロ転職者の主なキャリアステップ ...

HENNGE(へんげ)への転職まとめ。面接で聞かれる質問や社員口コミなどを解説

▼下記は、HENNGEに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからHENNGEに転職してくるのか ・転職先:HENNGEからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリ...

インターファクトリーへの転職は難しい?選考フローや口コミなどを解説

インターファクトリーは、EC事業者が自社運営するECサイトを構築するために必要なクラウドコマースプラットフォーム「ebisumart」を提供している企業です。 事業運営を通じ、さまざまな方の幸せを実現することを目指しており、こ...

スマートニュースへの転職。働きやすさや難易度についてご紹介

スマートニュース転職者の主なキャリアステップ 前職 ヤフー、楽天などのWEB系事業会社 サイバーエージェントなどのWEB代理店 博報堂などの総合代理店 スマートニュース株式会社に...

エヌリンクスの転職難易度は高い?面接内容や選考フローなどを解説

エヌリンクス転職者の主なキャリアステップ ...

かっこ株式会社への転職は難しい?年収や口コミなどを解説

かっこ株式会社は、自社が有するデータサイエンス技術とノウハウを活用したアルゴリズムやソフトウェアの開発を行っている企業です。 「未来のゲームチェンジャーの「まずやってみよう」をカタチに」という経営ビジョンを掲げており、企業の課...

フィーチャの転職難易度は高い?年収や口コミなどを解説

フィーチャは、画像認識ソフトウェアの開発を行っている企業です。 主に車載カメラやドライブレコーダー向けのADAS(運転手操作支援システム)用の組み込みソフトウェアの開発と提供を行っています。 さまざまなもののインテリジェント...

Dropboxの転職難易度は?年収や口コミなどを解説

Dropbox転職者の主なキャリアステップ 前職 オラクル、シマンテックなどの大手ソフトメーカー IBM、NTTなどのSIer 楽天などのWeb系事業会社 Dropbox Jap...

株式会社セキュアの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

セキュアは、セキュリティの新しい価値を創出し、付加価値の高いソリューションを提供している企業です。 安心安全なセキュリティシステムの提供や、クラウドの先端技術を活かした新たなサービスの創出にも注力しています。 また、2022...

TOP