メーカー

レキットベンキーザーへの転職はおすすめ?年収や転職情報について調査

レキットベンキーザー転職者の主なキャリアステップ

  • 前職

    食品・飲料・消費財メーカー

  • レキットベンキーザージャパンに転職
  • 次の転職先

    外資系含む食品・飲料・消費財メーカーなど

レキットベンキーザーの主な転職元・転職先

学歴レキッとベンキーザー社員の学歴は、高卒〜大学・大学院卒まで幅広いです。転職の際に学歴はあまり重視されずスキル面を重視される傾向があります。

前職レキットベンキーザー社員の職歴は、同業種からの転職のほかに、食品・飲料・消費財メーカーなども挙げられます。

次の転職先レキットベンキーザー退職後の主な転職先として、食品・飲料・消費財メーカーなどが挙げられます。また、同業種の外資系へ転職する人材も比較的多い傾向があります。

イギリスに本社を置くレキットベンキーザーは2000年に日本法人が誕生した。ヘルスケア製品や薬用石鹸、食器用洗剤などを販売している企業です。
ミューズをはじめ、ドクターショールなど数々のヒット商品を販売しています。
世界60か国に事業所があるグローバル企業で、従業員数は35,000人以上在籍しています。
日本法人は東京都品川区東五反田に事務所を構え、日本法人の従業員数は130名です。
レキットベンキーザー・ジャパンは不定期ながら積極的に中途採用を実施しており、日用品や化粧品業界での経験がある人なら、存分にキャリアを活かすことができる企業です。

レキットベンキーザーを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・レキットベンキーザーの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、レキットベンキーザーの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • レキットベンキーザーの企業概要
  • レキットベンキーザーの転職ポイント
  • レキットベンキーザーの社風や企業文化

レキットベンキーザーに転職するポイント

レキットベンキーザーの特徴

POINT

  • ・ヘルスケア製品や薬用石鹸、食器用洗剤などを販売
  • ・ミューズなど、日本でもお馴染みの商品を取り扱っている
  • ・業務量は多いが時間の融通は効きやすく、フレックス制度もあり

レキットベンキーザーへ転職するポイント

POINT

  • ・不定期で非公開求人を出しているケースが多いためエージェントの利用がほぼ必須
  • ・即戦力を求める傾向があるため、同じ業界からの転職者が優遇される傾向がある
  • ・外資系企業であるため、ビジネスレベルの英語スキルはほぼ必須

レキットベンキーザーの企業概要

会社名 レキットベンキーザージャパン
日本所在地 東京都品川区東五反田3-20-14 住友不動産高輪パークタワー14階
社長 ラクスマン・ナラシムハン
設立 2000年7月
株式 非上場
株主構成 記載なし

レキットベンキーザーの売上

レキットベンキーザーは非上場のため、親会社のレキットベンキーザー・グループの売上を掲載しています。

レキットベンキーザーの売上推移

事業年度 2018年度 2019年度 20120年度
売上高 126億ポンド 128億ポンド 140億ポンド
営業利益 34億ポンド 34億ポンド 33億ポンド

レキットベンキーザーの最新ニュース

レキットベンキーザーの事業内容

ヘルスケア

人々の生活をより健康で豊かなものにするためにヘルスケア製品を開発・販売を行っています。
ミューズをはじめ、ドクターショールなどの商品は約200か国もの店頭に並び、1日に1,500万~2,000万個が売られています。
そのなかでもフットケア商品は市場No.1ブランドであり、社会的信頼や認知度があるので多くの女性が愛用しています。
また、商品の販売だけでなく、感染予防のための手洗いの啓蒙活動を行ったり、手洗いの習慣化の促進なども行っています。
レキットベンキーザーは日本での歴史はまだ浅いですが、日本を含む世界中の消費者のニーズを考えつつ、生活にイノベーションを起こすような商品開発を目指して日々活動しています。

レキットベンキーザーの転職の募集要項

アカウントマネージャー(営業)

「レッグケア」カテゴリーでトップクラスのシェアを持つ「メディキュット」を中心とした、ブランド全般の営業販売を行う、ポジションです。大型ドラッグストアを中心に展開し、さらなる取引先との販売強化のため、力を発揮してくれる人材を求めています。

「フット&レッグケア」カテゴリーの商品は、アメリカなどで市場が確立されていますが、日本ではまだまだ発展途上です。
そのため、日本における「フット&レッグケア」の市場の創出は重要なミッションとされてています。
そのため、日本法人のアカウントマネージャーはグループ全体からのプレッシャーがかかる、責任感のあるポジションであることが伺えいます。

必須な経験・スキル

  • ・消費財産業界(日用品等)での営業経験

レキットベンキーザーの転職難易度

レキットベンキーザーの転職難易度は高いです。
誰もが知っている有名ブランドを保有する企業のため、非公開でありながら応募者数は非常に多いです。
また、即戦力を求めており、入社1日目から社員に責任と自主性を委ねるため、優秀な人材を選出しようとします。
また英語スキルを求める職種が多く、セールスであっても英語が一切喋れないとなると転職は難しいでしょう。
しかし、周りには外国人が多く居る環境なので、英語スキルの向上は期待できます。
応募数が多い反面、各地各部署各ポジションで募集しているため、全体での採用人数自体は多いです。

レキットベンキーザーが転職者に求める人物像

レキットベンキーザーでは業績・起業家精神・パートナーシップ・オーナーシップの4つの価値観を掲げていて、その価値観に共感できる人を求めています。
目標達成を目指すことだけで決して満足せず、目標を乗り越え、個人の目標からグローバルの財務目標まで、目標以上の結果を追求し、変化を恐れることなく新しい考え方を生み出し、消費者の役立つ商品開発を行う人を求めています。
また、コンシューマーヘルスケアに革命を起こすため、卓抜した人材や組織とのパートナーシップ、オーナーシップを持って業務に取り組み、組織として社会的責任を果たす人材が重宝される企業です。
この価値観から分かるように、レキットベンキーザーは「目標を越えようとする向上心」「柔軟な発想力」「チャレンジ精神」「責任感」を転職者に求めているということが分かります。
面接時にはこれらをアピールできる具体的なエピソードを用意すると良いでしょう。

レキットベンキーザーの転職までの流れ

レキットベンキーザーの選考フロー

書類・エントリーシート提出

1次~2次面接

想定選考官:人事・部署責任者
「なぜレキットベンキーザーを選んだのか」「レキットベンキーザーに入社したらどんなことをしたいか」などを中心に面接が進められていきます。
応募数や応募する職種によって面接回数が異なります。

最終選考

想定選考管:役員
1次~3次面接で聞かれた内容をさらに掘り下げた形で認識の擦り合わせが行われます。

内定

レキットベンキーザーの面接形式

面接は基本的に1対1で行われます。
面接回数は2~3回程度です。
1回につき30分程度となります。

レキットベンキーザーの面接内容

レキットベンキーザーの面接は志望の動機や学生時代に力を入れていたことなど定型的な質問から始まり、「レキットベンキーザーの商品で好きなもの」「理不尽なことがあったら耐えられますか」などが聞かれます。
会社の製品の理解度を問う質問をされることもあるので、企業研究をしっかり行い、それぞれのブランドの強みなどを把握しておきましょう。
レキットベンキーザーとライバル企業の製品との違いまで述べられると良いです。
また、面接内でプレゼンテーションが実施されることがあり、一つの商材を使い、販路や販売戦略などを独自で考えプレゼンします。
応募者として今までにやってきたことをアピールすることはもちろんのこと、レキットベンキーザーの価値観を理解し、何か質問してもしっかり答えられるかどうかが面接の合否を大きく変わってくるでしょう。
質問の応答内容から、その人の人間性・スキルを判断されますが、変に繕うことはせず、ありのままの姿を見せることが肝心です。

レキットベンキーザーで働いている方の評判・口コミ

営業、在籍5年~10年、男性
良くも悪くも結果主義な企業です。結果が出ていればどんな手段を使って数字を達成できれば評価されて年収も上がります。扱っている商材が多いため、さまざまなカテゴリーについて勉強できるので、どんどんスキルアップすることができます。また、他国籍の社員が多く在籍しているため、英語でコミュニケーション取ることが多く、英語力も身に付くでしょう。オフィス内では英語での会話が飛び交っています。
IT部門、在籍3年未満、女性
自社ブランドのメディキュットなど美容商品がとても安く買えるので女性にとって嬉しいでしょう。また、産休や育休をしっかり取ることができ、育休取得によるキャリアダウンがないので、女性でも安心して働く環境が整っています。しかし、産休明けて仕事復帰した際の仕事量は以前と変わらないので、育児と仕事の両立は大変だと思います。
営業、在籍3年未満、男性
外資系なので、給与は日本の会社よりも高いです。入社前に給与交渉することもできます。能力が高いのであれば、前職よりも給与アップしてもらうことが可能です。しかし、日本法人での歴史はまだ浅いこともあり、福利厚生に関しては現状少なめなので困ることも多々あります。今後に期待したいですね。
口コミの要約レキットベンキーザーの口コミからは、社員の主体性を求めているというのが伝わってきます。
また、外資系ということもあり、給与面で満足している社員が多い傾向があります。
しかし、その分仕事量が多く残業が発生するケースがあり、体力的な部分で苦労する社員も多いことが口コミからは伺えます。
その代わり、時間の融通は利きやすくフレックス制度採用や、有給も取りやすい環境が用意されているため、総じて社員の満足度は非常に高く、仕事にメリハリをつけてバリバリ働いて、高収入を得たい方には適している企業でしょう。

レキットベンキーザーの年収・給与

年収 700万円~1000万円
ボーナスの有無 有り(年1回)
昇給制度 有り(年1回)
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 記載なし
福利厚生 各種社会保険、社員持株制度(GSPP)、退職金制度など

レキットベンキーザーでの転職者の出世難易度

レキットベンキーザーの出世難易度は高いです。
仕事量がとても多く、そのなかで出世のことまで考えるのは一苦労でしょう。
外資系は優秀な人材が非常に多く、そのなかで競争に打ち勝っていくのは難しいかもしれません。
ですが、レキットベンキーザーは成果を出せば正当に評価される企業です。
仕事に全力を注ぎ、柔軟な思考で業務改善を行っていけば出世を狙うことも可能になります。
レキットベンキーザーは「起業家精神」を求めており、主体的に動ける人が評価されやすいです。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 マネージャー 900万円
40代前半 マネージャー 900万円
40代後半 部長 1,400万円
40代後半 部長 1,400万円

レキットベンキーザーはどんな人が働いている?

レキットベンキーザーの従業員数

約36,000名

レキットベンキーザーの平均年齢

34.9歳

レキットベンキーザーの平均勤続年数

記載なし

レキットベンキーザーの社風

レキットベンキーザーには明るくエネルギッシュな方が多く在籍しています。
業務量が多く忙しいながらも、会社を良くしていきたいという熱意を持って働いている方が多くいます。
自ら進んで業務に取り組むことがとても大切であり、どんな困難でも乗り越えていけるような意思が求められます。
入社してから成長していくことも可能ですが、即戦力を求めている分、ある程度完成度の高い人材を求めている傾向があります。
業務は忙しく大変な反面、やりがいと責任、自身の知見が広がるので充実感があるビジネスライフを送ることができるでしょう。
また、基本的に厳しい人が少なく優しい人が多いので、分からないことは聞けば笑顔で応えてくれます。
社員一丸となって成果を出すという企業風土があるので、スキルアップしながら働きたいという人には最適な企業でしょう。

レキットベンキーザーのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:30〜17:30
休日 土日・祝日
その他の休日・休暇 傷病休暇、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇
平均残業時間 記載なし
フレックス制度 有り
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 記載なし
時短勤務 記載なし

レキットベンキーザーの社長

Laxman Narasimhan(ラクスマン・ナラシムハン)

1967年~1968年生まれ。
1993年マッキンゼーに入社後、ニューデリーオフィスのディレクター兼ロケーションマネージャーに就任、2012年までの19年間勤務。
退職後ペプシコに入社し、さまざまなポジションを経験した後、最高商業責任者に昇進。
2019年9月に後任として社長として就任。
社長を務める傍ら、ワシントンDCのブルッキングス協会の評議員であり、ニューヨークの外交問題評議会のメンバーの一人です。

レキットベンキーザー現職、OB/OGの有名人

Rupert Bondy(ルパート・ボンディ)

レキットベンキーザーの顧問弁護士兼書記役を務めています。
RBの法務、会社書記、法令順守を担当。
独立弁護士としてスタートした後、Marrison & Foerster社に入社。
その後Lovells社、SmithKline Beecham社を得た後、GlaxoSmithKline社のシニア・バイス・プレジデント 顧問弁護士に就任。
2017年1月にレキットベンキーザーに入社。

レキットベンキーザーの転職に関わるQ&A


女性も男性も差別がなく平等に評価されるので、女性でも出世を狙うことができます。
フレックス制度をうまく活用し、忙しいなか子育てと両立している人もいます。
産休や育休は取得しやすく、その後のキャリアダウンも少ないです。
ほか、会社の製品が割引で買えるのも女性にとって嬉しいところでしょう。


フットケアは市場No.1ブランドであり、社会的信頼や認知度があります。
日本でもテレビCMが多く流れています。
フットケア以外はそこまで知名度が高くはありませんが、これからの伸びしろがあるといえます。

レキットベンキーザーへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

レキットベンキーザー公式ホームページ内にある採用情報ページから希望職種を選ぶことで応募ができます。
また、レキットベンキーザーブランド一覧や社会における取組の情報などが記載されています。
公式ホームページ内にある情報採用ページでは、現在募集されている職種や条件が記載されていますが十分な情報量とはいえないため、求人情報を簡単に知っておきたいという場合に利用しましょう。
面接や採用の際のポイントや企業側が求めている経験・スキルは詳細には記載されていないため、採用の確率を高めたい場合や非公開求人も見たい場合には転職サイトや転職エージェントを活用するのがおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、レキットベンキーザーの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを活用してレキットベンキーザーへの転職を目指すなら、企業案件数が豊富でミドル~ハイクラス求人を多く取り扱っている「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。
doda X(旧:iX転職)では自分の市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。
自分の市場価値を客観的に知ることができるので、より自分に合ったポジションへの転職ができるという特徴があります。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。

・多くの企業および求人数が掲載されている
・転職活動の時間がなかなか取れなくても転職活動が可能
・希望にマッチした求人にすぐ応募できる

多くの企業や職種の求人情報から、自分の希望条件に合った転職先を探したい方や、転職活動のスケジュール調整が難しいといった方には転職サイトがおすすめです。
また、転職エージェントを利用した転職活動を考えている方でも、転職に関する事前の情報収集などに転職サイトは非常に便利なので、レキットベンキーザーの募集要項や必要とされる経験・スキルをある程度知っておきたいというときに転職サイトは非常に便利といえます。

doda X(旧:iX転職)ではレキットベンキーザーの競合他社・同業他社のミドル~ハイクラス案件も募集中!

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールです。

※画像はイメージです。
現在doda X(旧:iX転職)で募集中の職種として、ディレクター、アドバイザー、アナリスト、マーケティングなどが挙げられます
ハイクラスを多く取り扱っているdoda X(旧:iX転職)だけあって提示されている年収も比較的高く、800~1,500万円程度が平均となっています。
また、doda X(旧:iX転職)はいくつかある転職サイトの中でも非公開求人を比較的多く抱えている傾向があり、ヘッドハンターに相談すれば通常では知ることのできない求人案件を紹介してもらえる場合があります。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

日本マイクロソフトへの転職は難しい?口コミや年収などをチェック

日本マイクロソフト転職者の主なキャリアステップ 前職 大手SIer アクセンチュア、IBMなどのコンサルティングファーム 大手ソフトウェア会社 日本マイクロソフト株式会社に転職 ...

AGCの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

AGC転職者の主なキャリアステップ 前職 三井化学、協和キリン、武田薬品などの化学メーカー ライオンなどの日用品メーカー AGC株式会社に転職 次の転職先...

エブレンの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

エブレンは、情報や通信、制御などの分野を対象に、産業用電子機器や工業用コンピューターの設計と製造を専門としているメーカーです。 バックプレーンやバスラック、システムシャーシを中心に、電子機器本体まわりの開発や試作、設計などに関...

日本たばこ産業(JT)の転職難易度は?将来性や面接対策について解説。

日本たばこ産業(JT)転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 日本たばこ産業株式会社(JT)に転職 次の転職先 web系事業会社 メーカー ...

ゼリア新薬への転職は難しい?面接の対策やポイントを解説

ゼリア新薬転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 ゼリア新薬工業株式会社に転職 次の転職先 アストラゼネカ、EAファーマなどの製薬会社 ジョン...

ドローン開発を行うACSLの転職事情。転職難易度や口コミなどを解説

「技術を通じて、人々をもっと大切なことへ」というミッションのもと、産業向けのドローン開発を行っているACSL。 物流はもちろん、空撮や煙突点検、下水道点検といった幅広い領域での活躍が期待されるドローンを開発していることで注目を...

テクノフレックスへの転職情報。口コミや転職難易度を解説

テクノフレックス転職者の主なキャリアステップ ...

シスメックスへの転職は難しい?口コミや平均年収などを紹介

シスメックス転職者の主なキャリアステップ 前職 トヨタ自動車などの自動車メーカー、富士ソフトなどのソフトウェア開発会社 シスメックス株式会社に転職 次の転職...

東レは転職難易度高い?面接内容や口コミなどを解説

東レ転職者の主なキャリアステップ 前職 ライオンなどの日用品メーカー マルハニチロなどの食品メーカー 帝人フロンティアなどの衣料・繊維メーカー 東レ株式会社に転職 ...

パイオニアの転職難易度は?口コミや年収など解説

パイオニア転職者の主なキャリアステップ 前職 JUKIなどの建材メーカー キヤノン、日本電気などの電機メーカー 三菱重工 パイオニア株式会社に転職 次の...

TOP