金融

大和証券への転職は可能?年収や評判などを紹介

大和証券転職者の主なキャリアステップ

大和証券の主な転職元・転職先

学歴学歴は、大学・大学院(博士含む)卒が在籍。国立、早慶など高学歴者が多い。

前職職歴は、プロパー社員、大和総研からの出向者がほとんどです。

次の転職先大手証券会社コンサルティングファームなどが挙げられます。

日本の5大証券会社の一角を担う「大和証券」。不祥事が目立った時期もありましたが、やはり大手企業としてのブランドを保っている企業だと思います。では、そんな大和証券に転職するためには、どのような強みやスキルが必要なのでしょうか?このページでは、大和証券への転職について、年収や評判なども含めながらまるっとご紹介していきたいと思います。ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

大和証券を目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・大和証券の口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、大和証券の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

大和証券に転職するポイント

大和証券の特徴

POINT

  • ・日本で2番目の証券会社(1位は野村証券)
  • ・ワークライフバランスや福利厚生が充実しており、社員が働きやすい環境となっている。
  • ・徹底した成果主義。成果を出せば20代で年収1,000万円に到達することも可能。

大和証券へ転職するポイント

POINT

  • ・現在(2020年1月時点)キャリア採用の一般募集は行っていない。
  • ・転職エージェント等に登録して非公開求人から応募する。

大和証券の企業概要

会社名 大和証券株式会社 (Daiwa Securities Co. Ltd.)
日本所在地 東京都千代田区丸の内一丁目9番1号グラントウキョウノースタワー
代表取締役社長 中田 誠司
設立 1999年4月26日
株式 非上場
株主構成 大和証券グループ本社(100%出資)

大和証券の売上

大和証券は非上場のため、大和証券グループの売上を掲載いたします。

大和証券の売上推移

事業年度 2017年度 2018年度 2019年度
営業収益 720,586百万円 672,287百万円 576,172百万円
営業利益 67,326百万円 54,288百万円 92,859百万円

大和証券の最新ニュース

大和証券の最新ニュースについては、下記URLからご参照ください。

大和証券の事業内容

リテール事業

リテール事業では、「貯蓄から投資へ」をモットーに掲げ、個人・法人の幅広いお客様に対しそれぞれのニーズに合った金融商品の提案を行っています。「積立NISA」は皆さんご存知かと思いますが、大和証券では積立NISAだけで19種類ものラインナップがあります。

ホールセール事業

ホールセール事業は、グローバル・マーケッツとグローバル・インベストメント・バンキングの2つの部門で構成されています。グローバル・マーケッツでは、主に機関投資家を対象とした有価証券のセールスやトレーディング業務、グローバル・インベストメント・バンキングでは、事業法人や金融法人に対して株式や債券の引き受けや株式の新規公開(IPO)などを行っています。

大和証券の転職の募集要項

現在、大和証券では中途採用は行われていません。
しかし、時期やタイミングによっては、中途採用の募集がされる可能性があるため、大和証券への転職を目指している場合は、定期的に公式サイトをチェックしましょう。
また、公式サイト以外にも転職サイトや転職エージェントが大和証券の求人を持っていることもあるので、転職サイトや転職エージェントの活用もおすすめです。

大和証券の転職難易度

大和証券の転職難易度は非常に高いです。
大和証券は、大手証券会社の一つで人気企業なため、応募者が多くおり、内定倍率が高い傾向があります。
さらには、ほかの応募者は全体的にレベルが高く、そのなかから自分を採用してもらうということは簡単なことではありません。
面接では、ほかの人と格差を付けられるような能力を上手にアピールできることが肝心です。
また、ポジションによって英語力も必要となるので、英語力がある方は仕事内容に結び付けてアピールをすると良いでしょう。

大和証券が転職者に求める人物像

大和証券では、「今できること」ではなく、「これから何をやりたいか?」にフォーカスを合わせ、常に新しいフィールドに飛び込んでいけるような好奇心を持っている人材を求めています。
そのほかにも、クライアントの課題に対して、徹底的に向き合う忍耐力や高いコミュニケーション能力を持つ人材も求めています。
面接では、これらをアピールできるエピソードを用意してから臨むと良いでしょう。

大和証券の転職までの流れ

大和証券の選考フローは下記のとおりとなっています。

転職エージェントからのエントリー

一次面接

想定選考官:リクルーター

二次面接

想定選考官:リクルーター

三次面接

想定選考官:管理職クラス

最終選考

想定選考官:役員クラス

内定

大和証券の面接形式

基本的に二次面接までは社員クラスで対応しており、三次面接から支店長などの管理職クラス、そして役員クラス(数名)との面談に続くようです。面接の雰囲気は和やかなため、自分らしく話すことが大事です。

大和証券の面接内容

実際に面接を受けた方の口コミによると、印象に残った質問として以下のようなものが挙げられています。

・「大和証券に改善点があれば教えて下さい。」
・「資格の勉強など大変なことが多いですが、ついていけますか。」
・「挫折したことはありますか。」
・「ストレス解消法は何ですか。」
・「業界トップになるためにはどうしたらいいですか。」

業界についての知識はもちろん、やはりどうしてもストレスが溜まる業界ですから、ストレスのはけ口があることが求められているようです。

大和証券で働いている方の評判・口コミ

営業、在籍3~5年、女性
リテールの営業なら、数字を出せればやり方は問われません。そのため、自分の好きなスタイルで仕事ができます。でも、どうしても自分の努力ではどうしようもできないことがあります。(相場に影響されてしまう。) お客様目線で営業しても営利企業なので、売りたくないものも売らなくてはいけない時があります。
リテール営業、在籍1~3年、女性
基本的には8:40~17:10と前後の残業である。土日祝日は完全に休みである点が評価できると思う。でも、退社が早くなっても、生活が充実する訳ではない。仕事と関係ない趣味を持つ、家族、子供と一緒にいる時間を増やすなど、結局は個人の問題。ベテランになると、やることがないため、結果的にワーク重視になりがち。日本人らしい。
営業、在籍5~7年、男性
頻繁な飲み会、お客様への粗品、影響のストレスで発症した病気のための医療費が給料以上にかかりむしろマイナス。よく給料が高いと言われるが、全くそんな事はなく、むしろ仕事の内容に対してかなり低いと思う。

口コミの要約・まとめ高い給与が魅力の大和証券ですが、その裏には顧客との頻繁な付き合いや差し入れ代なども含まれているという口コミが見られました。また、証券会社では当然のことですが、ノルマに追われることでやりがいを感じにくいという口コミがある反面、トップレベルの営業力を学べることでやりがいを感じているという口コミも見られました。

大和証券の年収・給与

年収 約1,050万円
ボーナスの有無 年2回(6月・12月)
昇給制度 年1回
残業手当 有り
固定残業手当 なし(残業代全額支給のため)
通勤手当 全額支給
住宅手当 有り※条件付き
福利厚生 保養所(グアム/浦安/軽井沢/蓼科など)・各種法人契約(レジャー/スポーツクラブ/映画などの割引利用)
社内イベント支援制度、クラブ活動支援制度、企業年金、健康増進(定期健診/人間ドックなど)
奨学金返済サポート制度、資格取得支援制度、育児休職制度など

大和証券での転職者の出世難易度

大和証券での出世難易度は「中」です。成果主義ではありますが、日本の大企業ならではの年功序列の風潮が残っているのが現状です。しっかり成果を出し、社内で良好な人間関係を築くことができれば、出世はそこまで難しくありません。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 課長代理 1,000万円
30代中盤 上席課長代理 1,300万円
30代後半 次長 1,200万円
40代前半 副部長 1,200万円
40代後半 副部長 1,200万円
50代前半 副部長 1,200万円

大和証券はどんな人が働いている?

大和証券の従業員数

15,196人(連結)

大和証券の平均年齢

41歳

大和証券の平均勤続年数

14年

大和証券の社風

大和証券に限らずどの証券会社でもそうですが、徹底した「成果主義」の企業です。大半が営業職のため、数字を残せる人にとっては心地良い環境と言えるでしょう。一方、“証券会社の割には大人しい人が多い”という口コミもあり、部署によって少しずつ雰囲気が異なるようです。

大和証券のワークライフバランス

副業可否 不明
勤務時間 8:40~17:10(休憩60分)
休日 完全週休2日(土・日)
その他の休日・休暇 年末年始、夏季休暇(最長連続10日間)、リフレッシュ休暇(最長連続5日間)
結婚準備休暇、ファミリーデイ休暇、キッズセレモニー休暇
親の長寿祝い休暇、育児サポート休暇、勤続感謝休暇、
エル休暇、通院休暇(最大年24日)、ボランティア休暇
平均残業時間 約10時間
フレックス制度 部署による
リモートワーク なし
産休・育休制度 有り
時短勤務 不明

大和証券の社長

中田 誠司(なかた せいじ)

大和証券の代表取締役社長である中田誠司氏(なかた・せいじ)は、1983年に早稲田大学政治経済学部卒業後、大和証券へ入社。多くの役職を経て2017年4月より大和証券の代表取締役社長に就任しています。

大和証券現職・OB/OGの有名人

鈴木茂晴(すずき・しげはる)

大和証券代表取締役会長。慶應義塾評議員。

鈴木凛(すずき・りん)

鈴木茂晴氏の娘。タレント。歌手。産経新聞社の情報サイトである「イザ!(iza!)」の初代イメージガールのコンテストでグランプリに輝き、初代イザンヌとして活動。

大和証券の転職に関わるQ&A


若いうちから成果を出してがっつり稼ぎたい人に向いています。また、結婚・出産などのライフイベントを経験しながらキャリアを築いていきたい女性の方も向いているでしょう。


部署にもよりますが、お客様の将来に関わるという仕事上、共通して”忍耐力があるかどうか“が求められます。ノルマはつきもの、その中で創意工夫しながら仕事を楽しむことが大事です。

大和証券へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

まずは公式採用ページで大和証券の概要をチェックしておきましょう。
ただ、採用のポイントや求めている経歴・スキルは詳細には記載されていないため、採用の確率を高めたい場合や非公開求人も見たい場合には転職サイトを活用するのがおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、大和証券の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを活用して大和証券への転職を目指すなら、企業案件数が豊富でミドル~ハイクラスの求人が多い「doda X(旧:iX転職)」がベスト。
doda X(旧:iX転職)では自分の市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。自分の市場価値を客観的に知ることができるので、より自分に合ったポジションへの転職ができるという特徴があります。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。

・案件数の圧倒的な多さ
・自分のペースで転職を進められる気軽さ
・応募までのスピード感

豊富な職種や企業のなかから自分に合ったものを探したい人や、エージェントとのスケジュール調整がなかなかできない人にはおすすめです。
また、最近では本格的に転職エージェントを活用する前の下調べに転職サイトを利用する人も多く、大和証券の募集要項や必須スキルなどをざっくり知りたい人は事前にチェックしてみると良いでしょう。

doda X(旧:iX転職)では年収800万円超え求人が多数!

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールです。

※画像はイメージです、タイミングによって掲載内容は変わります。

doda X(旧:iX転職)には証券会社の求人掲載が多くあります。
また、doda X(旧:iX転職)は転職サイトのなかでも比較的非公開求人が多い傾向があり、ヘッドハンターに相談すれば公開されているもの以外の案件を紹介してもらえる可能性があります。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

ジャパンインベストメントアドバイザーの転職事情。出世難易度や選考フローなどを解説

ジャパンインベストメントアドバイザー転職者の主なキャリアステップ 前職 三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行などの都市銀行・地方銀行 株式会社ジャパンインベストメントアドバイザー...

ソニー生命の転職情報。年収や評判を調査してみた

ソニー生命転職者の主なキャリアステップ 前職 生命保険会社 証券会社 ソニー生命保険株式会社に転職 次の転職先 生命保険会社 証券会社 コンサルティ...

PayPayの転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

PayPay転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天グループ、三井住友、住信SBIネットなどの銀行 PayPay株式会社に転職 次の転職先 決済代行会社 ...

おきなわフィナンシャルグループの転職は可能?事業内容や面接の口コミを紹介

おきなわフィナンシャルグループ転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員がほとんどである。 株式会社おきなわフィナンシャルグループに転職 次の転職先 ...

三井住友銀行への転職の評判は?面接内容や年収などを解説

三井住友銀行転職者の主なキャリアステップ 前職 シンクタンク コンサルティング会社 大手電機メーカー 大手自動車メーカー 株式会社三井住友銀行に転職 ...

SMBC日興証券の転職事情とは?年収やノルマの有無などを調査!

SMBC日興証券転職者の主なキャリアステップ 前職 国内の大手・中堅証券会社 SMBC日興証券株式会社に転職 次の転職先 証券会社 信託銀行 ...

ウェルスナビへの転職は難しい?面接内容や転職難易度などを解説

ウェルスナビ転職者の主なキャリアステップ 前職 メルカリ、楽天などのWEB事業者 広告代理店 地方銀行 都市銀行 ウェルスナビ株式会社に転職 次の転職...

インヴァスト証券の転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

インヴァスト証券は、FXやETFといった自動売買サービスを提供している証券会社です。 オンラインに特化しているという特長を持ち、「トライオートEX」や「マイメイト」といったさまざまなサービスを提供しています。 また、日本国内...

アイ・パートナーズフィナンシャルへの転職。事業内容や転職難易度などを解説

アイ・パートナーズフィナンシャルは、金融機関に属することなく独立した立場から資産運用などに関するアドバイスを行う金融アドバイザーであるIFを活用したビジネスを展開している企業です。 どの金融機関にも偏らない、中立した立場からのアド...

あおぞら銀行の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

あおぞら銀行転職者の主なキャリアステップ 前職 三井住友銀行、SMBC信託銀行、新生銀行などの銀行 みずほ証券などの証券会社 株式会社あおぞら銀行に転職 ...

TOP