WEB・アプリサービス

バイトダンスへの転職するには?難易度や年収をご紹介

バイトダンス転職者の主なキャリアステップ

バイトダンスの主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、大学卒業や大学院卒業が在籍しており、幅広い大学の在籍者がいます。

前職バイトダンス在籍者の主な職歴は、電通博報堂などの総合広告代理店FacebookDeNAサイバーエージェントなどのweb系事業会社、さらにはコンサルなどが挙げられます。

次の転職先設立したばかりの企業なため、転職者は非常に少なく、これといった事例はありません。

バイトダンスは、人気の動画投稿アプリ「TikTok」や世界一のニュースアプリといわれている「Toutiao」を運営している企業です。
シュートムービープラットフォームの「TikTok」は、気軽に投稿することができ、若者から人気があることから世界での利用者数は5億を突破したアプリで、ニュースアプリの「Toutiao」は、ニュースアプリのダウンロードランキング1位を取得するほどの人気を誇っています。
また、教育に関連する新たなブランド「大力教育」を設立し、教育分野にも注力しています。
2012年に設立、本社は中国北京に、日本では東京都新宿区にオフィスを構えており、事業のさらなる発展のため、優秀な人材を求めています。

バイトダンスを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・バイトダンスの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、バイトダンスの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • バイトダンスの企業概要
  • バイトダンスの転職ポイント
  • バイトダンスの社風や企業文化

バイトダンスに転職するポイント

バイトダンスの特徴

POINT

  • ・150か国と地域、75言語で利用されているTikTokを運営
  • ・利用者数累計6億人を突破したToutiaoも運営している
  • ・急成長している今注目されている企業

バイトダンスへ転職するポイント

POINT

  • ・事実に対し、勇気を持って行動できるような人材を求めている
  • ・率直であり、謙虚であることが肝心
  • ・向上心があることをアピール

バイトダンスの企業概要

会社名 バイトダンス株式会社
本社所在地 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル27F
社長 佐藤 陽一
設立 2016年8月16日
株式 記載なし
株主構成 記載なし

バイトダンスの売上

バイトダンスの売上推移

事業年度 2019年 2020年 2021年
流動資産 7,522百万円 7,656百万円 15,184百万円
流動負債 7,856百万円 7,833百万円 15,224百万円

バイトダンスの最新ニュース

バイトダンスの最新情報を掲載しております。

バイトダンスの事業内容

バイトダンスは、動画投稿アプリ「TikTok」やニュースアプリ「Toutiao」を運営している企業です。
主な事業として、下記の2事業を主軸に運営しています。

動画配信サービス

バイトダンスは、若者から高い人気を誇る動画配信サービス「TikTok」を運営しています。
TikTokは、2018年の流行語大賞にノミネートされるほど知名度があり、企業からの注目も高まっています。
その人気の理由は、手軽さと自由さにあり、音楽と人物の動きをつけた口パク動画で、言語の壁がないエンゲージメント率が高いというのが特徴です。
若者世代を中心に多くの利用者が集まり、現在では75言語で150か国と地域の利用が可能です。
その結果、月間アクティブユーザーは5億を超えるほど、大人気の動画配信アプリになりました。
「TikTok」のほかにも、ショート動画アプリ「BuzzVideo」も運営しています。

情報配信サービス

情報配信サービスは、世界一のニュースアプリと博された「Toutiao」を運営しています。
AIを活用しているニュース配信プラットフォームであり、アルゴリズムによる情報提供を行うので、コンテンツや編集作業が不要なのが特徴です。
AIがその人に合った情報を学習し、ピンポイントで情報を提供してくれることから、高い人気を誇り、累計利用者数は6億人を突破し、1日あたりの利用者数は1.2億人となっています。
また、自身のコンテンツを投稿することもでき、さらには人気を集めるショートビデオの投稿が可能です。
国内外問わず人気があり、大きな注目を集めているToutiaoは、将来的には海外メディアも閲覧できるようになる可能性があり、今後も注目され続けるサービスです。

バイトダンスの転職の募集要項

アカウントマネージャー

アカウントマネージャーは、「TikTok」や「BuzzVideo」のプラットフォームの収益化業務を担うポジションです。
主な業務内容は、データに基づいたプラットフォームに掲載する広告の課題の分析や解決、最新なデータ分析の情報や運用方法の考察や共有を行います。
最先端技術を用いているため、新しい運用法則を学びたい方や、さらなるスキルアップがしたいという方には向いているポジションでしょう。
戦略的思考力を持ち、問題の把握や解決、独自に広告オペレーションの改善案の立案や展開する能力がある方は重宝されます。

必須な経験・スキル

  • ・ネイティブレベルの日本語、ビジネスレベルの中国語または英語
  • ・1年以上の広告運用およびキーカウントマネージャーに関わった経験
  • ・アナリティクスやSEMの理解・知識

アドソリューションマネージャー

アドソリューションマネージャーは、「TikTok」や「BuzzVideo」の広告企画営業職を担当するポジションです。
主にクライアントセールスとエージェンシーセールスがあり、クライアントセールスでは、TikTokなどのコンテンツがコスメやECといったクライアントのマーケティングツールになるように、広告戦略の企画提案や運用など一貫して行います。
エージェンシーセールスは、TikTokなどのコンテンツを代理店を通して拡販、代理店に対してトレンドや知識・知見の共有、戦略的に売上拡大を目指します。

必須な経験・スキル

  • ・戦略的思考に基づいた問題解決や把握ができる
  • ・チームワークを大切にし、交渉力がある
  • ・3年以上のデジタルプラットフォーム・総合広告代理店のデジタルメディア・デジタル広告代理店いずれかの営業経験

コンテンツセーフティ・オペレーションマネージャー

コンテンツセーフティ・オペレーションマネージャーはコンテンツセーフティチームを拡大、リーダーとしてメンバーの業務を管理するポジションです。
主な業務内容は、チームに向けて、コンテンツの安全性やリスクに関する理解を強化し、業務の流れや戦略を現地化の担当、コンテンツ運用やプロダクト、エンジニアリングとった関係部署と提携し、コンテンツに関する問題を解決します。
日本におけるオンラインセキュリティーやプライバシーなど、コンテンツの表現に関する問題に知識があり、詳しい方を求めれる傾向があります。

必須な経験・スキル

  • ・日本語ネイティブレベルおよび英語ビジネスレベル
  • ・10名以上のマネジメント経験
  • ・ほかの部署や国や地域と連携し、業務を推進する経験

バイトダンスの転職難易度

バイトダンスの転職難易度は比較的高いです。
バイトダンスは今後の事業展開や各事業の人員補完のため、優秀で即戦力となる人材を求めています。
また、今注目を集めている企業ということもあり、応募しているライバルの転職者は全体的にレベルが高く、そんななかから自身を採用してもらうというのは、決して簡単ではないでしょう。
ほかの方にないようなスキルや知識、経験を保有していることが非常に重要になってきます。
そういったスキルや知識がある場合は、上手にアピールすることで採用してもらえる確率が上がります。

バイトダンスが転職者に求める人物像

バイトダンスはスピード感があり、不確実なことにも積極的にチャレンジするような人材を求めており、自発的に学習する人材も求めています。
さらには、バイトダンスは個人プレーではなく、チームワークを大切にしたチームプレーをしていることから、協調性があり、チームを大切にできるような人材を求めている傾向があります。
また、常識に囚われずアイデアを生み出せる能力がある人材は重宝されるでしょう。
これらを上手にアピールできるエピソードがあれば、面接を有利に進めることができます。

バイトダンスの転職までの流れ

バイトダンスの選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次~二次面接

想定選考官:人事
前職までの経験など、一般的な質問をされます。

最終選考

想定選考官:役員
これまでにされた質問を再度深堀し、改めてバイトダンスにマッチしている人材か判断されます。

バイトダンスの面接形式

面接はほとんどの場合1対1で行われます。
ただし、応募者数やポジションによってはグループ面接になる場合があります。
面接回数は2~3回です。
1回につき30分程度となります。

バイトダンスの面接内容

バイトダンスの面接は前職までの経験や志望動機といった、一般的な質問から面接が進みます。
特段変わった質問はされませんが、稀に回答しにくい質問をされることがあります。
また、こちらの回答に対して「それはなぜ?」と返してきて深堀してきます。
どんな内容を深堀されても大丈夫なように、しっかりと回答を準備しておくことが重要です。
面接雰囲気は、比較的和やかな雰囲気で面接が進むので、圧迫面接などはありません。
リラックスして自分らしく面接に臨むと良いでしょう。

バイトダンスの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は非常に多い
・求人情報はGreenなどでも確認可能
・こちらの回答に対し、深堀される傾向がある

営業、20代後半、男性
なぜバイトダンスで働きたいのかを質問されました。今勢いのある企業ということもあり、以前から興味があったということを皮切りに、具体的な志望動機を伝えました。
エンジニア、30代前半、男性
TikTokを使ったことはあるかを聞かれました。自身で配信するということはありませんが、時間があるときは動画をよく見ていると伝えました。また、お気に入りの方についても話しました。
企画、20代後半、女性
志望動機などのオーソドックスな質問が多かったです。回答しづらい質問はありませんでしたが、こちらの回答に対して深堀されるため、矛盾のない回答をできることが大切だと感じました。

バイトダンスで働いている方の評判・口コミ

マーケティング 在籍3年 男性
急成長している企業なだけあり、これまで体験してこれなかった仕事やスキルアップに繋がる仕事に携わることができます。さまざまなことに携われるので、やりがいはあります。向上心があってスキルアップしたいと考えている人なら向いている企業でしょう。
運営 在籍1~3年 男性
入ったばかりでも仕事を任せてもらえるので、すぐに成長することができると思います。また、職種によっては仕事の忙しさが違いますが、残業した場合はきっちりと残業代を払ってもらえるので、収入もアップします。
企画 在籍3~5年 女性
食事があったり、在宅手当があったりと社内制度が充実しています。さらにお菓子やコーヒーなども完備してあるので、働きやすい環境があります。上司や先輩も優しくフラットな人が多いので、変にストレスを感じることもありません。

口コミの要約バイトダンスの口コミを見てみると、スキルアップできる環境があり、さまざまな業務に携われるということが伝わります。また、社内制度が充実していることにより、働きやすい環境があることも分かります。ネガティブな口コミは、残業が多いという口コミが目立ちました。

バイトダンスの年収・給与

年収 約337万~894万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備など

バイトダンスでの転職者の出世難易度

バイトダンスの出世難易度は比較的高いです。
在籍している社員は全体的にレベルが高く、そのなかで実績を残し続けて出世するというのはなかなか難しいでしょう。
ただし、バイトダンスでは平等に評価してもらえる傾向があるので、全く出世できないというわけではありません。
向上心があり、チームを引っ張っていき、小さなことでもコツコツと実績を残し、評価され続けることが重要です。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 マネージャー 800万円
30代中盤 マネージャー 1,200万円
30代後半 マネージャー 2,200万円
40代前半 ディレクター 2,000万円
50代前半 部長 2,000万円

バイトダンスはどんな人が働いている?

バイトダンスの従業員数

約500名

バイトダンスの平均年齢

約27歳

バイトダンスの平均勤続年数

記載なし

バイトダンスの社風

バイトダンスは外資系ならではの風通しの良さがあり、フラットでありつつも実力主義の社風です。
肩書きやレベルが関係ないフラットな組織体制で、外資系ならではの風通しの良さがあります。
また、ローカルオフィスが比較的強い裁量を持っており、マーケティングの施策や組織内の意思決定もあるので、全体的にスピーディーな雰囲気があります。
企業全体の成長がとても早いので、組織の変化し続け、臨機応変に対応するスピード感が身に付くでしょう。
さらには、忙しいなかで、少しでも息抜きができるように、社員の交流を深めるイベントが頻繁に開催されます。
グローバル展開する企業として、文化の多様性を大切にしているバイトダンスはより働きやすい環境作りに力が入っています。

バイトダンスのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 10:00~19:00
休日 土日祝日(完全週休2日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、お盆休み(4日)、有給休暇など
平均残業時間 月20時間前後
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 記載なし

バイトダンスの社長

佐藤 陽一

早稲田大学卒業後、Googleへ入社。
循環マネージャーやビジネス開発マネージャー、事業開発マネージャーなどを歴任。
2019年にバイトダンス株式会社へ入社し、事業開発コンサルタントなどを従事。
翌年より、代表取締役社長を務めている。

バイトダンス現職、OB/OGの有名人

張一鳴(チャン・イーミン)

1983年生まれ、中国福建省出身。
2006年に旅行ウェブサイト「Kuxun」で5人目の従業員と最初のエンジニアとなり、1年でテクニカルディレクターに昇進。
その後、MicrosoftやFanfou、99fang.comの参加を経て、2012年にバイトダンスを設立。
モバイルアプリ全体で毎月10億人以上のユーザーがいる企業として、世界で最も価値のある企業となりました。

バイトダンスの転職に関わるQ&A


バイトダンスでは、男性女性の差別がなく、男女平等に評価してもらえます。
女性でも出世することは大いに可能性があり、女性にとっても働きやすい環境があるでしょう。
また、産休や育休の取得制度があり、安心して働くことができます。


バイトダンスは、世界で最も企業価値の高いスタートアップ企業になりつつあります。
今後、新たに25億ドル~30億ドルの資金調達を目指しており、企業価値は700億ドル~750億ドルと見込まれています。
今一番注目を浴びているTikTokやToutiaoを運営している企業として、今後もさらなる発展が望めるでしょう。

バイトダンスへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

バイトダンスの公式サイトにある採用情報ページから申し込むことができます。
採用情報ページにはフィルター機能があり、自身の希望する勤務地や職種で検索することができます。
ただし、求人内容は英語で記載されており、人によってはイマイチ分からないという方も少なくないでしょう。
具体的な内容が知りたい場合や公式サイトに載っていないような求人に応募してみたい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、バイトダンスの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

空いた時間に転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してバイトダンスへ転職するなら、企業数が豊富であり、ハイクラス求人が多い「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・すぐに転職活動が行えて、空いた時間に転職活動ができる
・非常に求人数が多い
・希望する求人が見つけやすい

転職エージェントと比べ、転職サイトはすぐに転職活動をすることができ、空いた時間を効率的に活用して転職活動を行うことができます。

doda X(旧:iX転職)は比較的平均年収が比較的高い!

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールを見ると、企画や分析などの求人があります。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているdoda X(旧:iX転職)なだけあり、提示されている年収が比較的高く、平均年収は800万円~1,000万円となっています。
また、転職サイトの中でもdoda X(旧:iX転職)は非公開求人が多く持っている傾向があるため、非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。
ただし、転職サイトからの応募の場合、自分と企業とのすり合わせが上手くいかないことも少なくなく、書類選考が通過できないということも珍しくありません。
時間をかけてでも確実な転職をしたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

バイトダンスに応募する前に一度相談!「転職エージェント」

バイトダンスへの転職に対して、不安や疑問な点が少しでもある場合は、外資系に特化した転職エージェント「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」の活用がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットは主に3つ。
・キャリア相談や面接対策をはじめとした多角的なサポート
・今の自分を客観的に見てくれて、足りない部分を教えてくれる
・比較的多くに非公開求人を持っている

転職エージェントでは、キャリア相談や面接対策などといった多角的なサポートがあり、内定までしっかりと導いてくれます。
また、キャリアアドバイザーに客観的に見てもらうことで、自分の足りない部分を教えてもらえるのも特徴の一つといえます。
転職エージェントは、そのときの転職活動だけを支援するだけではなく、転職希望者のキャリア形成全体を見てくれるため、確実な転職をしたい方には活用がおすすめです。

外資系企業への転職を目指すならロバート・ウォルターズ・ジャパン

ロバート・ウォルターズ・ジャパンに掲載されている求人は、基本的に英語表記になっているため、ビジネスレベルの英語力が必須です。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、1985年にロンドンで設立された歴史の長い転職エージェントであり、ハイクラスの非公開求人を豊富に持っているので、バイトダンスへ転職したいと伝えれば、目的にあったポジションを紹介してもらえる可能性があります。
また、国際的に展開する企業に対して強みを持っているため、バイトダンスへの転職に必要な経験を積める外資系企業へ転職するのであれば、ロバート・ウォルターズ・ジャパン一択といえるでしょう。
ただし、ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは、日常会話ができる英語力を持っていることが大前提であるため、スキルや実績が足りていないと希望する案件は紹介してもらえないので、あらかじめ理解しておく必要があります。

関連記事

エッジテクノロジーへの転職は難しい?事業内容や将来性、口コミなどを解説

エッジテクノロジー転職者の主なキャリアステップ ...

ティアンドエスへの転職情報まとめ。難易度や年収などについて解説

ソフトウェア開発の請負や運用保守、さらには半導体の製造など、テクノロジーに関連する事業を多角的に展開しているティアンドエス。 日立グループや東芝グループなど、大手企業からの受注実績も目立っている企業です。 最近では画像認識や...

ZUUへの転職は難しい?年収・評判・面接内容を調査

ZUU転職者の主なキャリアステップ 前職 野村證券、大和証券などの証券会社 三井住友銀行、地銀などの金融機関 リクルートなどのWEB系事業会社 株式会社ZUUに転職 ...

バイトダンスへの転職するには?難易度や年収をご紹介

バイトダンス転職者の主なキャリアステップ 前職 電通、博報堂などの総合広告代理店 Facebook、DeNA、サイバーエージェントなどのweb系事業会社 コンサル バイトダンス株...

LINEへの転職。福利厚生や年収について解説

LINE転職者の主なキャリアステップ 前職 アクセンチュアやワークスアプリなどのITコンサル ヤフーやクックパッドなどのWeb系事業会社 富士通などの電機メーカー ツールベンダー ゲームなどのWeb系コン...

トヨクモの転職事情。転職難易度や面接内容などを解説

トヨクモは、スマートフォンやタブレット用のビジネス向けクラウドサービスを開発し、提供しているSaaS企業です。 主に、「安否確認サービス2」や「Scheduler」などの提供を行っており、企業文化となるようなサービスの創出にチ...

Preferred networksの転職難易度は高い?口コミや年収を解説

Preferred networks転職者の主なキャリアステップ 前職 各種メーカー WEB系事業会社 特許・法律事務所 株式会社Preferred networksに転職 ...

はてなへの転職は難しい?難易度や社風について調査

はてな転職者の主なキャリアステップ 前職 web系事業会社 株式会社はてなに転職 次の転職先 web系事業会社 広告代理店 はてなの主な転...

リンクトインへ転職する方法。評判や年収などについて調査

リンクトイン転職者の主なキャリアステップ 前職 転職エージェント 各社人事系ポジション リンクトイン・ジャパン株式会社に転職 次の転職先 転職エージェン...

インフォネットへの転職事情まとめ。事業内容や難易度、将来性などを解説

インフォネット転職者の主なキャリアステップ ...

TOP