メーカー

日本たばこ産業(JT)の転職難易度は?将来性や面接対策について解説。

日本たばこ産業(JT)転職者の主なキャリアステップ

日本たばこ産業(JT)の主な転職元・転職先

学歴主な学歴は、大学卒業や大学院卒業の社員が在籍しており、幅広い大学出身者がいます。

前職日本たばこ産業(JT)在籍者は、ほとんどがプロパー社員であり、転職者はほぼいません。

次の転職先日本たばこ産業(JT)からの転職者はほとんどいませんが、web系事業会社メーカーなどへ転職しています。

日本たばこ産業株式会社(JT)は、財務省所管のタバコ並びに医薬品、食品・飲料を製造・販売する日本の特殊会社です。
M&Aなどでたばこ事業を世界展開しているため、世界シェアも広く、第3位となっています。
また、2022年にLGBTQ+に関する取り組みを評価する「PRIDE 指標 2022」にて、7年連続で最高位である「ゴールド」を受賞しています。
1985年に旧・日本専売公社から業務を継承していて、国内で唯一、タバコの製造を行っている会社です。
「日本たばこ産業株式会社法」による特殊会社であるため、全持ち株のうち3分の1以上は日本国政府が保有しています。
そんな日本たばこ産業(JT)では、新薬開発のための研究開発職や、法務系のスタッフ、営業職で能力のある人材を募集しています。

日本たばこ産業(JT)を目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・日本たばこ産業(JT)の口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、日本たばこ産業(JT)の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • 日本たばこ産業(JT)の企業概要
  • 日本たばこ産業(JT)の転職ポイント
  • 日本たばこ産業(JT)の社風や企業文化

日本たばこ産業(JT)に転職するポイント

日本たばこ産業(JT)の特徴

POINT

  • ・元公社で安定した企業
  • ・日本におけるたばこシェアの60%を誇っている
  • ・福利厚生などがトップクラスに充実

日本たばこ産業(JT)へ転職するポイント

POINT

  • ・プロパー社員が多く、キャリア採用の枠は少ない
  • ・たばこだけでなく、医薬事業、加工食品事業での採用もある
  • ・中途採用は高いスキルや即戦力が求められる

日本たばこ産業(JT)の企業概要

会社名 日本たばこ産業株式会社
本社所在地 東京都港区⻁ノ⾨4-1-1
社長 寺畠 正道
設立 1985年4月1日
株式 上場(東証プライム)
株主構成 財務大臣(33.35%)
自社(11.26%)
日本マスタートラスト信託銀行(8.33%)

日本たばこ産業(JT)の売上

日本たばこ産業(JT)の売上推移

年数 2019年度 2020年度 2021年度
売上収益 2,175,626百万円 2,092,561百万円 2,324,838百万円
税引前利益 465,232百万円 420,063百万円 472,390百万円

日本たばこ産業(JT)の最新ニュース

日本たばこ産業(JT)の事業内容

たばこ事業

日本たばこ産業(JT)は、120以上の国と地域でたばこ製品を製造・販売をしている企業です。
近年は加熱式たばこ「プルーム・テック」の製品開発をはじめ、2020年6月から「プルーム・テック」のサブスクリプションも開始しました。
紙巻タバコでは、「メビウス」や「セブンスター」、「ウィンストン」などの製造・販売を行っており、日本のたばこのシェア率は60%を誇っています。
また、喫煙者のマナー向上のための啓発活動や分煙環境の整備にも取り組んでいます。
2020年4月に改正健増法が全面施行され、屋内では原則禁煙になったことにより、タバコの売上も年々減少していますが、海外での売り上げは上がっていることや経営努力によって業績はアップしている企業です。
今後も身体に害の少ない加熱式たばこの製造やさらなるグローバル展開を目指しています。

医薬事業

1987年より、日本たばこ産業(JT)は医薬事業に進出しており、新薬の研究開発と自社創製新薬の販売を行っています。
1993年には「医薬総合研究所」を設立し、1998年には鳥居薬品の研究開発機能を集約し、研究開発は日本たばこ産業(JT)、販売は鳥居薬品が担当する分業体制となっています。
抗HIV薬の「スタリビルド」が2012年に米国で承認を取得し、2015年には世界売上高は約2208億円に上りました。
しかし、2019年にはライセンス契約の解消に伴い、販売権がなくなってしまいました。
稼ぎ頭であった「スタリビルド」のライセンス契約の解消により、収益の大幅な悪化は避けられない状況です。
目標は2022年度の営業黒字化を目指しており、向こう数年は経営は赤字であることが予想されます。

加工食品事業

日本たばこ産業(JT)は、「テーブルマーク株式会社」を完全子会社とし、冷凍食品を中心に加工食品事業を行っています。
また、「テーブルマーク株式会社」の子会社である「富士食品工業」は調味料の販売を行っています。
国内外全25か所の自社・グループ工場を保有し、そのすべてで厳しい安全基準を満たしているため、安心安全に食べられるものを提供し続けている企業です。
日本のライフスタイルの変化から需要の高まっている家庭用冷凍食品は、これからも国内の家庭で支持され続ける存在となるでしょう。

日本たばこ産業(JT)の転職の募集要項

総合職

法的思考に裏打ちされた戦略的かつ付加価値のある提言をして、経営や事業部門の意思決定をサポートするポジションです。
具体的には、契約書のチェックやプロジェクト案件と新規制作の適法性や訴訟対応、各種トラブル対応などを行います。
会社や事業の経営や運営を担当するさまざまな分野の方と幅広く仕事ができるため、視野が広がり、スキルや知識も身に着く職種です。

必須な経験・スキル

  • ・法科大学卒業以上、または法科大学大学院修了以上

生物統計業担当

生物統計の観点からの開発戦略立案や臨床試験の計画立案、統計解析計画書の作成と治験総括報告書の作成支援を行うポジションです。
また、臨床試験業務における規制当局への対応、海外の統計部門とのコミュニケーションを図ります。
そのため、高度な英語力と知識や経験が求められる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・「臨床試験セミナー統計手法専門コース」の合格証を保有
  • ・臨床試験を主担当者として担当した経験
  • ・TOEIC730点以上、または同等以上の英語力 など

研究開発

加熱式たばこや電子たばこに関わる業務を担当するポジションです。
具体的には、抽出や加熱といった原料の処理に伴う内容成分の変化に関する化学的研究、最適な処理を行う工程コンセプトの研究、共同研究先との各種調整を行います。
比較的幅広い業務に携われるため、スキルアップが望める職種です。

必須な経験・スキル

  • ・化学工学系や食品工学系の修士号または博士号、もしくはそれに相当するもの
  • ・3年以上の食品分野における処理工程に関する研究や開発経験
  • ・3年以上の処理に関わる化学的研究の経験

日本たばこ産業(JT)の転職難易度

日本たばこ産業(JT)は転職先としての人気は高いため、転職の難易度も比較的高くなっています。
ほとんどがプロパー社員であるため、キャリア採用の枠は比較的少なく、キャリア採用の場合には即戦力が求められることが多いことも転職難易度の高さの理由です。
自分のスキルと合致した求人を見逃さないことが大切なため、常に公式サイトをチェックしておくことや転職エージェントサービスに登録しておくこと、キャリア登録をJTの公式ホームページで行っておきましょう。

日本たばこ産業(JT)が転職者に求める人物像

日本たばこ産業(JT)では、「社員のやる気にふたをしない」という社風もあり、経験やスキルはもちろんですが、普通の人には考えのつかないアイデアを持っている人や、全てのことに好奇心を持って働ける人を求めています。
目標をしっかりともち、新しいものを試す好奇心や、全体を俯瞰してながめることと、問題を一つ一つ対処していく力を持った人が評価されやすいでしょう。

日本たばこ産業(JT)の転職までの流れ

日本たばこ産業(JT)の選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次~二次面接

想定選考官:人事、部長
これまでの経験や志望動機など、基本的な質問や、「たばこは吸うか」「たばこの現状についてどう思うか」など、JTらしい質問があります。

最終選考

想定選考官:人事
自分の研究内容のプレゼンや英語のコミュニケーション能力が求められます。

日本たばこ産業(JT)の面接形式

1対3の個人面接ですが、応募者が多い場合には集団面接を行うこともあるようです。
2回以上の面接があり、面接の前に工場見学が行われることもあります。
専攻期間は2週間~1か月ですが、場合によっては3か月ほどかかるケースもあるようです。

日本たばこ産業(JT)の面接内容

日本たばこ産業(JT)の面接は、「なぜたばこ業界で働きたいのか」や「あなたにとってたばことは何か」、「今吸っているたばこの銘柄は?」など。たばこに関する質問は必ずといって良いほど質問されます。
喫煙者・非喫煙者かどうかは合否に関係はありませんが、たばこへの愛着や強い思いを確認することは明らかです。
面接の雰囲気は比較的フランクであり、圧迫面接のようなことはほとんどありません。
そのため、リラックスして面接を受けることができるでしょう。

日本たばこ産業(JT)の選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには比較的多くのポジションで求人募集をしている
・求人情報はリクルートなどでも確認できる
・たばこに関する質問が多い

営業、30代前半、男性
今何を聞かれたら一番困るかを聞かれました。唐突にその質問をされたため、その質問が最も困りますと正直に伝えました。
開発、20代後半、男性
たばこの未来についてどう思うかを質問されました。たばこは人生を楽しみ、豊かにする嗜好品の一つだと考えていると伝え、そういうことがあるから何百年も前からたばこという文化があるのだと伝えました。
セールス、20代後半、女性
これまでの体験のなかで一番悔しかったことは?を聞かれました。取引先に「担当を変えてくれ」と上司経由で告げられたときは非常に悔しく、同時に悲しい気持ちになったということを伝えました。
セールス、30代前半、女性
たばこは吸っているかを質問されました。私自身は吸ったことはありませんが、家族は喫煙者であり、煙に対する苦手意識はないということを伝えました。
営業、30代前半、女性
なぜたばこ業界に興味があるのかを聞かれました。世間では、「たばこ=悪」のようなイメージをもたれていますが、たばこに関する正しい情報を伝え、しっかりと理解してほしいと思ったため興味を持ったということを軸にアピールしました。

日本たばこ産業(JT)で働いている方の評判・口コミ

経理 在籍6年以上 男性
部門が多いことや歴史が古いこともあり、多彩な人材に触れ、様々な経験や考え方に触れることができて面白く感じます。喫煙所の数も多く、社内の喫煙率は90%ほどです。住宅手当が家賃の7割支給されるので、自分の好きなところに住めるのが嬉しいです。
研究開発 在籍9年 男性
もとは国が管理していたということもあり、少々保守的なイメージがまま見られますが、自分の目標を常に形にすることで、ステップアップの機会にも恵まれています。グローバル企業として、様々な経験に触れ、自らの学習意欲も生じます。
研究開発 在籍3~5年 女性
本人にその気があれば、性別関係なく出世が目指せます。課長くらいまでの昇格なら男女差はあまりありません。時短勤務や育児休暇、介護休暇の制度の利用者も多いため、両立も可能だと思います。今後も社内での女性の活躍推進は続いていくと思います。
口コミの要約大企業ということもあり、福利厚生に関して良い口コミが多かったです。喫煙者には優しい環境が整っているというのも、JTならではなのではないでしょうか。
少々保守的な部分もありますが、基本的には様々な経験や知識、スキルを手に付けやすい企業であるという口コミも多く、人材に恵まれているといえるでしょう。
女性の活躍推進も進んでおり、女性も働きやすい環境です。

日本たばこ産業(JT)の年収・給与

年収 897万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備、カフェテリアプラン制度、育児・介護休職、借上社宅制度など

日本たばこ産業(JT)での転職者の出世難易度

日本たばこ産業(JT)は、プロパー社員を大切にする傾向にあり、管理職になるのは今のところプロパー社員が多いようです。ですが、実力主義である側面もあり、年に一度の面談で様々な研修を受けることができますので、技術の取得やスキルアップを怠らなければ、転職後でも出世することができるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 700万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 なし 1000万円
30代後半 なし 1000万円
40代前半 課長 1000万円
40代中盤 課長 1000万円

日本たばこ産業(JT)はどんな人が働いている?

日本たばこ産業(JT)の従業員数

7,154名(単独)
55,381名(連結)

日本たばこ産業(JT)の平均年齢

43.4歳

日本たばこ産業(JT)の平均勤続年数

18.3年

日本たばこ産業(JT)の社風

日本たばこ産業(JT)は、部門によっては少々体育会系であると感じる方もいますが、全体的には穏やかな方が多く、のんびりとして和気あいあいとしています。
準官庁であったことの名残があり、少々保守的なため、年功序列や横並び思考であることは否めません。
たばこ事業会社なため、比較的喫煙者は多いですが、非喫煙者も一定数在籍しています。

日本たばこ産業(JT)のワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00〜17:40(職種による)
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、創立記念日など
平均残業時間 月20~30時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

日本たばこ産業(JT)の社長

寺畠 正道

1965年生まれ。
1989年に日本たばこ産業(JT)に入社後、経営企画部長や執行役員企画責任者などの経験。
2018年に代表取締役社長に就任。
日本たばこ産業(JT)の民営化以来、最年少の就任となった人物。

日本たばこ産業(JT)現職、OB/OGの有名人

本田 勝彦

1942年生まれ。
日本たばこ産業(JT)の4代目社長として活躍し、民営後初の内部昇格でトップとなった。
2006年に退任後は相談役、顧問などで活躍している。
そのほかにも、NHK経営委員会委員長職務代行者や日本取引所グループ取締役も務めた人物。

日本たばこ産業(JT)の転職に関わるQ&A


日本たばこ産業(JT)は、たばこを事業としているため、喫煙者はかなり多く、喫煙所や灰皿の数も豊富ですので、喫煙者には働きやすい環境です。ですが、喫煙者しか働けないということはなく、非喫煙者も社員の中にはいます。


現在、たばこは健康志向の高まりや室内での禁煙化・分煙化が進み国内でのたばこの売上は落ちていますが、海外市場での売上は落ちていないことや新薬の研究や食品事業で業績は落ち込んでいないようです。
たばこを吸う人は減っても、いなくなるということはありませんので、まだまだ安定して働くことのできる企業といえます。

日本たばこ産業(JT)へ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

日本たばこ産業(JT)の公式サイトにある採用情報ページから応募することができます。
職種の詳細についてやキャリア登録制度、日本たばこ産業(JT)についてなどが掲載されているので、企業研究に活用することができるでしょう。
ただし、求人情報はそれほど細かく記載されているわけではないので、もっと具体的な内容が知りたい場合や非公開求人に応募してみたい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、日本たばこ産業(JT)の最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

空いた時間に転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用して日本たばこ産業(JT)へ転職するなら、企業案件数が豊富であり、ハイクラス求人が多い「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。
doda X(旧:iX転職)では自分の市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。自分の市場価値を客観的に知ることができるので、より自分に合ったポジションへの転職ができるという特徴があります。

転職サイトを活用するメリットは主に3つ。
・すぐに転職活動が行えて、空いた時間に転職活動ができる
・非常に求人数が多い
・希望する求人が見つけやすい

転職エージェントと比べ、転職サイトはすぐに転職活動をすることができ、また、空いている時間を転職活動を行うことができます。
また、求人数が非常に多く、求人検索が細かく設定できるため、自分に合ったポジションを探すことが可能です。
時間をかけずに素早く転職したいという方は、転職サイトがおすすめです。

doda X(旧:iX転職)は比較的平均年収が高く、年収相談もできる!

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールです。

※画像はイメージです。時期やタイミングによって掲載内容が異なります。

ハイクラス求人をメインに扱っているdoda X(旧:iX転職)なだけあり、提示されている年収が比較的高く、年収交渉もできます。
また、転職サイトの中でもdoda X(旧:iX転職)は非公開求人が多く持っている傾向があるため、ヘッドハンターに相談することで、紹介してもらえる可能性があります。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

雪印メグミルクへの転職。面接内容や社風、口コミなどを解説

雪印メグミルク転職者の主なキャリアステップ 前職 カネボウ、コーセー、ノエビアなどの化粧品メーカー 大王製紙、王子ネピアなどの製紙メーカーからの転職事例がある。 雪印メグミル株式会...

スクウェア・エニックスの転職情報まとめ。難易度や面接情報などをご紹介

スクウェア・エニックス転職者の主なキャリアステップ 前職 セガなどのゲームメーカー 銀行、生保などの金融関連企業 出版社 ソフトウェアメーカー 株式会社スクウェア・エニックスに...

Waqooへの転職情報。事業内容や中途採用の職種、年収などを徹底的に解説

「テクノロジーの力で自国の未来に希望を創る」というミッションのもと、独自のデジタルテクノロジーを活用した化粧品の販売で知られるWaqoo。「HADA NATURE」といったブランドを展開しており、化粧品の中でも特にスキンケア分野では根強...

シマノへの転職。口コミや事業の特徴、転職成功のためのポイントを紹介

シマノ転職者の主なキャリアステップ 前職 東レ、パナソニック、SUBARU、ルネサスエレクトロニクスなどの大手メーカーのほか、三菱商事などの大手商社 株式会社シマノに転職 ...

ダイハツの転職難易度は?年収や面接内容など解説

ダイハツ転職者の主なキャリアステップ 前職 日立建機などの建材メーカー 三菱自動車、トヨタ自動車などの自動車メーカー ダイハツ工業株式会社に転職 次の転職...

ホシザキへの転職は大変?年収や口コミなどを解説

ホシザキ転職者の主なキャリアステップ 前職 パナソニックやシャープ、三菱電機などの大手電機メーカー スズキ、ヤマハ発動機、アイシン精機などの自動車関連メーカー フジマック、マキタ、武田薬品など、その他メーカー...

シスメックスへの転職は難しい?口コミや平均年収などを紹介

シスメックス転職者の主なキャリアステップ 前職 トヨタ自動車などの自動車メーカー、富士ソフトなどのソフトウェア開発会社 シスメックス株式会社に転職 次の転職...

日東電工の転職難易度は高い?面接内容や口コミなどを解説

日東電工転職者の主なキャリアステップ 前職 パナソニックなどの電機メーカー 武田薬品などの製薬会社 電子部品、化学製品、住宅などのメーカー 日東電工株式会社に転職 ...

シャープへの転職は難しい?面接内容や口コミを解説

シャープ転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からのプロパー社員 リコー、ソニー、富士通などの大手メーカー 日産自動車などの自動車メーカー シャープ株式会社に転職 ...

スバル(SUBARU)への転職。面接ポイントや評判をご紹介

スバル転職者の主なキャリアステップ 前職 本田技研、日産自動車、マツダなどの自動車メーカー フォルシア、タムラ製作所などの電子部品メーカーがあげられる。 スバル株式会社に転職 ...

TOP