メーカー

Apple Japanの転職難易度は?年収や社員の口コミ評判を徹底調査!

Apple Japan転職者の主なキャリアステップ

Apple Japanの主な転職元・転職先

学歴学歴は、大学・大学院卒と幅広い大学の在籍しており、海外大学出身者の比率が多いです。

前職googleamazonfacebookIBMマイクロソフトなどのグローバル企業や、LINETwitterなどのWeb系事業が挙げられます。

次の転職先googleamazonfacebookなどのグローバル企業や、楽天ヤフーDeNAグリーなどの大手WEB系事業会社が挙げられます。

Apple Japanは、インターネット関連商品やデジタル家庭電化製品または同製品に関連するソフトウェアを開発や販売するアメリカの多国籍企業「Apple」の日本法人です。
Apple本社は1975年設立、アメリカのカリフォルニア州に構えており、iPhoneやiPad、PCのMacなどのハードウェア製品を販売しています。
また、iOSやiCloudといったソフトウェア製品の開発と販売も行っており、現在のAppleのアクティブデバイス数は18億台を超えと、非常に高い人気を誇っている企業といえるでしょう。
Apple Japanでは、自由な発想力を持ち、斬新なアイデアを持っている人材を求めています。

Apple Japanを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・Apple Japanの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、Apple Japanの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!

 

ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • Apple Japanの企業概要
  • Apple Japanの転職ポイント
  • Apple Japanの社風や企業文化

Apple Japanに転職するポイント

Apple Japanの特徴

POINT

  • ・アクティブデバイス数が18億台を超える大人気の大企業
  • ・比較的ワークライフバランスが良い
  • ・福利厚生などの社内制度が充実している

Apple Japanへ転職するポイント

POINT

  • ・グループインタビューを行うため、他者に負けないプレゼンスキルが求められる
  • ・職種によっては6年以上の実務経験が求められるなど経験が重視される傾向がある
  • ・ビジネスレベルかネイティブレベルの英語スキルが求められる

Apple Japanの企業概要

会社名 Apple Japan合同会社
本社所在地 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー
代表者 秋間 亮
設立 2011年10月30日
株式 非上場
株主構成 記載なし

Apple Japanの売上

Apple Japanは非上場のため、親会社であるApple Inc.の売上を掲載しています。

Apple Japanの売上推移

年数 2018年 2019年 2020年
純売上高 260,174百万ドル 274,515百万ドル 365,817百万ドル
営業利益 63,930百万ドル 66,288百万ドル 108,949百万ドル

Apple Japanの最新ニュース


Apple Japanの最新情報を掲載しております。

Apple Japanの事業内容

Apple Japanは、MacやiPhone、iPadなどといったハードウェア製品の開発や、iTunesやiOSなどのソフトウェア製品の開発・販売が主な事業です。
Apple社製コンピュータや周辺機器、各種アプリケーションソフトの輸入販売や研究開発なども行っています。
以前までアメリカでの研究開発が中心でしたが、日本にも研究開発拠点が設立されたことにより、日本にある部品や技術を採用した研究や製品開発が可能になりました。
その結果、日本人のニーズや志向に合った製品を研究開発できるようになり、appl製品は日本国内でも絶大な人気が誇っています。
そのなかでもiPhoneは特に人気があり、利用者数が45.7%と約2人に1人以上がiPhoneを使用しています。
一時は新型コロナウイルス感染症などの影響により、Apple Japanの売上高が減少しましたが現在では回復傾向にあり、今後は安定的に供給ができる体制が整っている企業です。

Apple Japanの転職の募集要項

サポートエリアマネージャー

サポートエリアマネージャーは、Appleサポートチームのマネージャーとして、複数のチームの主導を行います。
さまざまな企業のニーズを予測し、戦略的な提案を行って卓越性の高い目標達成を目指しています。
サービスの品質やスタッフの生産性、効率性などの向上を計り、一貫して世界クラスの顧客満足度を得るためにメンバーを導くポジションなので、大きな責任が問われるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・5年以上のテクニカルサポートを率いる経験
  • ・人に行動を促すことができる説得力
  • ・チーム全体を率いてパフォーマンス向上と強化できる能力

営業マネージャー

営業マネージャーはアカウント管理や最適化、開発を担当するチームの成長を促し、リードするポジションです。
広告主や代理店に関する知識を駆使し、あらゆる規模とさまざまなタイプのマーケティングを担当し、前向きかつ生産的な課題解決にあたります。
企業の課題を解決し、優れた判断力やバランス、信頼性を示すことが大切であり、責任とやりがいを感じることができるでしょう。

必須な経験・スキル

  • ・チームを率いてのデジタルアカウント管理経験
  • ・優れたコミュニケーション能力
  • ・オンラインマーケティングなどでの実務経験

RF規制コンプライアンスエンジニア

RF規制コンプライアンスエンジニアは、さまざまなワイヤレスプロジェクトの認定を開発から運営までを担当します。
あらゆるワイヤレスプロジェクトの認定を推進し、Appleの国際チームや地域の組織と協力、新しい製品の開発や、テクノロジーの導入など行います。
日本におけるEMCやRFなどの暴露規制コンプライアンスの実践的なテスト経験や、日本の電波法や技術要件、国際電気通信規制などに関する知識は、重宝される傾向があるため、積極的にアピールしていきましょう。

必須な経験・スキル

  • ・他チームと連携が取れる協調性
  • ・ビジネスレベルの英語力
  • ・ソフトウェアに対する深い知見

Apple Japanの転職難易度

Apple Japanの転職難易度は高いです。
Apple Japanは企業ブランドの高さに加え、充実した福利厚生やワークライフバランスの整った職場環境など、新卒・転職共に倍率が非常に高い企業です。
また、販売職であれば、5年以上の実務経験+別業界での幅広い知識が必要など、ただ一つに特化したスキルだけでは採用に到ることはありません。また知識が深いだけでなく、誰にでもわかる言葉で知識をアウトプットできるロジカルな思考も求められるでしょう。
未経験でも応募可能な職種もありますが、非常に高いポテンシャルが求められるため、深く広いバックグラウンドが必須となります。
ただし、Apple Japannの職難易度は高いものの、グループ面接で刺激を受けたという転職希望者は多く、採用に到らなかった場合でもキャリアを形成する上で非常にためになる経験となるでしょう。

Apple Japanが転職者に求める人物像

Appleには世界中のオフィス共通の認識として、「多様性」と「行動力」が重視する傾向があります。
Apple製品のほとんどは、数百人規模の個性あふれる人材が、それぞれ意見を出し合って生み出されたものばかりです。
販売、開発、研究全てにおいて、チームメンバーの意見を素直に受け入れ、自分からも発言し続ける行動力が大切です。
また、発言だけでなく、実際に手を動かす行動力も求められます。Apple社員の行動力の有名なエピソードとして、Apple本社にあるカフェで、シェフが環境に優しいピザボックスを開発し特許を取得した。という話があります。
シェフでも、販売職でも、マーケッタ一でも、一人ひとりがイノベーターとして常に創造していくような行動力がAppleでは求められるのです。

Apple Japanの転職までの流れ

Apple Japanの選考フロー

書類・エントリーシート提出

一次~二次面接

想定選考官:人事
志望動機やこれまでの成功したことなど、基本的な質問をされます。

最終選考

想定選考官:役員
これまでの質問をさらに深堀され、改めてマッチしている人材かどうかを見られます。

Apple Japanの面接形式

面接はほとんどの場合、複数人によるグループ面接を行います。
面接回数は基本的に2~4回です。
面接時間は1回につき30分~1時間程度となります。

Apple Japanの面接内容

Apple Japanの面接は、志望動機やこれまでに成功したことなど、基本的な質問から進みます。
経験・スキルが求められる職種であれば、入社後に与えられる〇〇というミッションに対してどのようなアプローチをするかなど、スキルや経験を基にした具体的な回答が求められます。
また、カルチャーへのフィットが求められる職種では物事の考え方を試す質問を受けます。「プールにこぼしたコーヒーをどう回収するか」などフェルミ推定・ケース面接を行う場合もあるためある程度の対策をしておくことをお勧めします。

Apple Japanの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトには非常に多くのポジションで求人募集している
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・デジタル関連の質問が多い

調査、30代前半、女性
チームで成功した経験は?と質問されました。前職のプロジェクトで各部署の担当を話しながら業務を進め、チームのことを最優先で行動し、結果プロジェクトが成功したという体験エピソードをアピールしました。
営業、20代前半、女性
私をお客様だと思って販売してといわれました。実際の販売のロールプレイのようなことを行い、相手からさまざまなニーズを引き出すようなレクチャーを受けました。
サポート、50代前半、男性
アクシデントにはどう対応するかを質問されました。まず、状況を把握するために全体を見まわし、そこから得た情報を整理して区分ごとに対応策を講じますと伝えました。
コンサルタント、30代後半、男性
Wi-Fiを子供でも分かるように説明してといわれました。「見えない電波を飛ばして話すことができるようになったり、検索などをサクサクさせるもの」という風に伝えました。
サポート、30代前半、女性
ダウンロードとインストールの違いは分かるかと聞かれました。ダウンロードはPCなどの機械自体にデータを保存することであり、インストールは機械を適用させるための作業だと簡潔に伝えました。

Apple Japanで働いている方の評判・口コミ

テクニカルサポート 在籍3~5年 男性
企業の問題解決したときにお客さんからお礼をいわれ、喜びの声を聞くと本当に嬉しく感じます。すべての成績が数値化されているので、自分の課題が明確になり、毎月の課題にしっかりと取り組めば数値が改善されて、目に見えて成長を体感することができます。
エンジニア 在籍1~3年 男性
基本的に残業がなく、あったとしても月数時間程度だと思います。有給取得率も100%としっかりと消化することができるでしょう。ただし、同じ部署内で有給が被ってしまうと取れない場合があるので、調整が必要な場合があります。比較的ワークライフバランスが良いと思います。
営業 在籍3~5年 女性
大企業なだけあり、福利厚生がとても充実しています。ユニークな福利厚生もあり、自社製品を大幅な割引価格で購入することもできます。Apple製品が好きな人からしたら非常に嬉しい特典でしょう。

口コミの要約Apple Japanの口コミを見てみると、やりがいを感じつつスキルアップも期待でき、働きやすい環境があるということが伝わってきます。また、福利厚生が充実していることにより、安心して働くことができます。また社員割引制度もあるため、Apple製品に愛着のある方にとっては嬉しい特典となるようです。

Apple Japanの年収・給与

年収 1,307~1,311万円
ボーナスの有無 有り
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り
通勤手当 有り
住宅手当 有り
福利厚生 社会保険完備、育児休暇、産前・産後休暇など

Apple Japanでの転職者の出世難易度

Apple Japanの出世難易度は比較的高いです。
在籍している社員が多く、優秀な人材が多いため、そのなかから出世するというのはとても大変でしょう。
ただし、全く出世できないというわけではありません。
小さなことでも実績をコツコツと残し、努力し続ければ出世することが可能です。
また、英語力に長けていると出世に近づく可能性があります。
実績を残しつつ、ネイティブレベルの英語力を身に付ければ、出世するのも夢ではないでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 700万円
30代中盤 なし 900万円
30代前半 なし 1,700万円
30代後半 なし 1,500万円
40代前半 なし 1,500万円
40代後半 なし 1,200万円
40代後半 なし 1,200万円
50代後半 なし 3,000万円

Apple Japanはどんな人が働いている?

Apple Japanの従業員数

1,800名(単独)
154,000名(連結)

Apple Japanの平均年齢

35.0歳

Apple Japanの平均勤続年数

記載なし

Apple Japanの社風

Apple Japanは社内の風通しが良く、上司や先輩に対しても意見しやすい環境があります。
外資系企業らしさがあり、社内が和気藹々としているので、パワハラやセクハラといった問題が起こりにくい環境があります。
人間関係の良さを求めている方なら仕事しやすいでしょう。
また、Apple Japanには経営理念がありません。
その理由は、常にオリジナリティのある革新的な商品やサービスを提供し続ける企業であり、必要なのは共通のビジョンとそれらを提供するリーダーシップと考えています。
向上心や想像力がある方ならどんな人でも働くことができる環境であるといえます。

Apple Japanのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 9:00~17:30
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始休暇、夏季休暇、年次有給休暇、私傷病休暇、介護制度など
平均残業時間 月20~30時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

Apple Japanの社長

秋間 亮

日本法人の実質的な代表。2019年第一四半期より社長として就任。
Appleのチャネルセールスアカウントマネージャーに就いていたこと以外経歴は公開されておらず、メディアの露出も一切ない謎に包まれた人物。

Apple Japan現職、OB/OGの有名人

ティムクック(Tim Cook)

1960年生まれ、アメリカ合衆国アラバマ州出身。
インテリジェントエレクトロニクス社CEOを振り出しに、IBMPC事業北米ディレクターとして12年過ごし、その後、1998年にアップルコンピュータに入社。
オペレーション担当上級副社長やワールドワイドセールス&オペレーションズ担当エグゼクティブ・バイスプレジデントなどを歴任し、2011年にCEOに就任。

Apple Japanの転職に関わるQ&A


日本語での会話はもちろんありますが、英語での会話も頻繁に行われます。
入社の段階で英語スキルは不問とされる職種でも、キャリアアップを望むのであれば英語スキルは必須となるでしょう。


本社勤務の場合はほぼ転勤はありませんが、地方勤務の場合は転勤の可能性があります。
地方のApple Japanで働くことを考えているなら、転勤の可能性を考慮してから応募することをおすすめします。

Apple Japanへ転職する方法

Apple Japanの採用ページから申し込む

Apple Japanの公式サイトにある採用情報ページからエントリーすることが可能です。
採用情報ページには、企業についてや企業からのメッセージなどが掲載されているので、一度読むことをおすすめします。
必要事項を入力してエントリーすることで、自分のスキルと経験に合ったポジションがある場合のみ、企業から連絡がきます。
しかし、自分からポジションへ応募することができないため、自分から応募したい場合や、一般公開されていない求人にも応募してみたい場合は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

豊富な求人から自分に合ったポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを活用してApple Japanへの転職を目指すなら、求人数が豊富であり、ミドルクラス~ハイクラス層をターゲットにしている「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。
doda X(旧:iX転職)では自分の市場価値を長期的にサポートしてくれるため、より自分に合ったポジションへの転職がしやすくなります。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。
・掲載求人数が全体的に多い
・自分のペースで転職活動ができる
・応募までのスピード感

doda X(旧:iX転職)などの転職サイトは、特に準備せずに転職活動を行うことができ、取り扱っている求人件数は豊富なため、自分に合ったポジションを探したい方や、自分のペースで転職活動したい方にはおすすめです。
また、最近では転職エージェントを活用する前に下調べとして転職サイトを利用する人も多くなっており、Apple Japanの募集要項や必須スキルなどを知りたい方は事前にチェックしてみると良いでしょう。

doda X(旧:iX転職)では外資系メーカーの最高年収2,000万円超えハイクラス求人もあります!

現在、doda X(旧:iX転職)に掲載されているApple Japanの求人はありませんが、同業他社の求人は多数取り扱っています。

※画像はイメージです。

募集されているポジションは、マネージャーやコンサルタントなどの求人が存在します。
ハイクラス求人をメインとしているdoda X(旧:iX転職)だけあり、提示されている年収も非常に高く、最高年収で2,000万円以上となっています。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

より確実な転職をしたいなら「転職エージェント」

Apple Japanへの転職するにあたって、おすすめな転職エージェントは「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」と「マイナビクリエイター」です。

転職エージェントを活用するメリットは大きく3つ。
・年収交渉などを代わりに行ってもらえる
・応募書類作成や模擬面接による対策を行ってくれる
・自分と企業との高いマッチング率

Apple Japanは非常に知名度が高く、人気のある大手企業なため、ほかの応募者が多くなることが予想できます。
転職エージェントは、そのような状況でも応募書類の添削や面接対策などのサポートをしっかりと行ってくれて、採用まで導いてくれます。
初めての転職活動する方や、確実に転職活動をしたいという方は、転職エージェントの活用がおすすめです。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンでは外資系企業のグローバル案件が掲載

ロバート・ウォルターズ・ジャパンの求人を見てみると、海外企業の求人が多数掲載されています。

※画像はイメージです。

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、外資系に特化している老舗の転職エージェントなので、各業界からの信頼も厚く、外資系企業の非公開求人を豊富に持っている可能性があります。
一般公開されていない求人がある傾向があるので、登録するだけでも損はないといえるでしょう。

外資系のクリエイティブポジションへの転職を考えるなら「マイナビクリエイター」

Apple Japanのクリエイティブ系のポジションを狙っている方は「マイナビクリエイター」がおすすめです。

※画像はイメージです。

マイナビクリエイターは、転職エージェントの中でも特にクリエイティブ系のポジションに特化しています。
そのため、クリエイティブ系に特化したキャリアアドバイザーが多数在籍しているため、クリエイティブ職に関してより具体的な相談が可能です。

関連記事

日本電解への転職情報まとめ。事業内容や転職するメリット、社員の口コミなどを徹底的に解説

電解液を用いて生成される金属銅の薄膜の製造販売などを行っている日本電解。主に事業者向けに電解銅箔を販売しているため普段はなかなか耳にすることがない会社かもしれませんが、車載電池や5G関連機器、半導体や携帯電話など幅広い分野でその製品...

ニコンの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

ニコン転職者の主なキャリアステップ 前職 浜松ホトニクス、日産自動車などの大手製造メーカー 株式会社ニコンに転職 次の転職先 日本電子、東レ、キヤノン、サ...

ファンペップへの転職は難しい?事業内容や想定年収、転職難易度などを解説

ファンペップは、機能性ペプチドと呼ばれる化学物質を活用した医薬品の研究開発を行っているベンチャー企業です。 糖尿病患者向けのインスリン製剤や、がん患者向けの医薬品などが実用化されている機能性ペプチドを活用した医薬品を製造しています...

沢井製薬の転職難易度は?面接内容や口コミなどを解説

沢井製薬転職者の主なキャリアステップ 前職 武田薬品工業、東和薬品、アステラス製薬などの製薬会社 東レなどの化学メーカー、医療機器メーカーなど 沢井製薬株式会社に転職 ...

理想科学工業の転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

理想科学工業転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 理想科学工業株式会社に転職 次の転職先 デンカ、三菱マテリアルなどの材料系メーカー カルビ...

クラレへの転職は難しい?面接難易度や口コミなど解説

▼下記は、クラレに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこからクラレに転職してくるのか ・転職先:クラレからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せるキャリアプラン」を描きま...

TOTOへの転職は難しい?口コミや評判などを解説

TOTO転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒からのプロパー社員 ホンダ、スバルなどの自動車メーカー 電機メーカー TOTO株式会社に転職 次の転職先...

キヤノンの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

キヤノン転職者の主なキャリアステップ 前職 NEC、日立などの電機メーカー 富士フィルム、パイオニア、アシックスなどのメーカー キヤノン株式会社に転職 次...

JFEホールディングスへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

JFEホールディングス転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 JFEホールディングス株式会社に転職 次の転職先 ユニゾホールディングス ...

日本電産の転職難易度は?口コミや年収などを解説

日本電産転職者の主なキャリアステップ 前職 パナソニック、キヤノン、東芝、シャープなどの大手メーカー 日産自動車、曙ブレーキなどの自動車関連メーカー 日本電産株式会社に転職 ...

TOP