メーカー

レベルファイブに転職するには?社員の評判と面接のポイントを解説

レベルファイブ転職者の主なキャリアステップ

レベルファイブの主な転職元・転職先

学歴レベルファイブに在籍している従業員の学歴は、高校・専門学校・大学卒などが在籍しています。
クリエーター職は専門学校卒が多い傾向にありますが、幅広い学歴の出身者が在籍しています。

前職レベルファイブ在籍者の職歴は、ハンゲームやスクウェア・エニックスなどのゲーム業界出身者が多くを占めており、一部管理系のポジションにおいてはリクルートなどのWeb系事業会社出身者がいます。

次の転職先レベルファイブからの転職先として、DeNAサイゲームセガスクウェア・エニックスなどほとんどがゲーム業界に転職しています。
また一部管理系のポジションでは、リクルートなどへの転職事例があります。

株式会社レベルファイブは、福岡県福岡市に本社を置くコンシューマおよびスマートフォン向けゲームソフトの企画・制作・販売をメインとする企業です。
子どもから大人まで幅広いユーザーに向けた安心して遊ぶことのできる温かみのある作品作りを特徴としています。
「妖怪ウォッチ」や「イナズマイレブン」シリーズなどのヒット作を輩出しており、魅力的なIPを多数抱えています。

そのため、ゲームのみならず自社IPを活かしたアニメ・マンガや映画、イベントなどによるクロスメディア展開も行っています。
レベルファイブの中途採用は常時行われており、開発職ではエンジニア・プログラマー・プランナー、総合職ではプロモーション・Web系の人材を求めている傾向にあります。

レベルファイブを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・レベルファイブの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、レベルファイブの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • レベルファイブの企業概要
  • レベルファイブの転職ポイント
  • レベルファイブの社風や企業文化

レベルファイブに転職するポイント

レベルファイブの特徴

POINT

  • ・知名度のある自社IPの育成および創造に力を入れている
  • ・クロスメディア展開により認知度を上昇させることにより知名度を上げている
  • ・インターネットメディアを活用したコンテンツ制作や企画に力を入れている。

レベルファイブへ転職するポイント

POINT

  • ・中途採用は常時募集されている
  • ・開発職による募集が多い
  • ・契約社員からの雇用で後に正社員採用となるケースがある

レベルファイブの企業概要

会社名 株式会社レベルファイブ
本社所在地 福岡県福岡市中央区薬院1-1-1 薬院ビジネスガーデン
社長 日野晃博
設立 1998年10月28日
株式 非上場
株主構成 非上場

レベルファイブの売上

レベルファイブの売上額は会社規定により非公開なため記載なし

レベルファイブの最新ニュース


レベルファイブの最新情報を掲載しております。

レベルファイブの事業内容

レベルファイブでは主にゲームソフトの企画・制作・販売を行っています。
レベルファイブの事業の特徴として、大人から子どもまで幅広く安心して遊べ、長く愛されるコンテンツ作りが挙げられます。
そのため「妖怪ウォッチ」シリーズや「イナズマイレブン」シリーズを筆頭とした多くのIPを所有しており、IPの成長および創造を行っています。

ゲームによって成長した自社IPを活かした、クロスメディア戦略も展開しており、アニメ・マンガ化によるファン層の拡大およびゲームの認知度上昇を推進しています。
また映画化に関しては、タイトルの間のコラボレーションや実写との融合など新たな試みを行っています。
その他にも、ソーシャルメディアを活用したコンテンツ制作やレベルファイブのゲームがより身近になるグッズ展開、ユーザーの反応を直に汲み取るイベント企画などクロスメディアによる事業を展開しています。

レベルファイブの転職の募集要項

デザイナー

レベルファイブにおけるコンシューマー・スマホ向けゲームタイトルのデザイン業務を担当します。
具体的な業務内容としては、キャラクター・背景などの原画やゲーム中のエフェクトの作成、モーションキャプチャの撮影などの業務を行います。
また、データのポスト処理やビジュアルシーンの作成にも携わります。
プランナーの発案した企画を元に、原画およびデータの作成を行います。
転職における面接の際には、自分の手掛けた作品の提出があるのがポイントです。

必須な経験・スキル

  • ・ゲームのキャラクター、エフェクト、映像制作の経験
  • ・アートディレクターとしてプロジェクトマネジメントをした経験
  • ・魅力的なデザインやイラストのアイディア力

宣伝広報統括部(Web担当)

企業広報やメディア取材対応、自社製品の宣伝活動を行う業務です。
業務内容としては、Web媒体におけるグラフィック制作や関連ページなどのデザイン制作を担当します。
また、社外の協力会社と連携し、企業サイトおよび各サイトの制作や運営にも携わります。
ゲームやエンターテインメントコンテンツが好きというのも大事ですが、Webに関する技術やデザイン能力なども必要とされます。

必須な経験・スキル

  • ・Webデザイナーとしての実務経験
  • ・社内外関係者とのコミュニケーション力
  • ・Web関連の技術に対する意欲

2Dデザイナー

2Dデザイナーは2Dによるアートワーク全般を担当します。
具体的な業務としては、ゲーム・アニメ・映画においえての、コンセプトアート、キャラクター・衣装・モンスター・メカニック・武器・アイテムのデザイン業務を行います。
「Photoshop」「Clip studio paint」「Illustrator」 などのソフトを使用し2Dのデザインを手がけていきます。
ゲームデザインへの興味関心はもちろんですが、デザイン・CG・データ作成の実務経験やデジタルペイントスキル、発想力が必要とされます。
応募の際にはデザイン職のため作品の提出を求められます。

必須な経験・スキル

  • ・デザイン・CG・データ制作の実務経験
  • ・アニメーション・デザイン・美術系の既卒者、経験者
  • ・デジタルペイントスキルおよび創造力、センス、提案力

レベルファイブの転職難易度

レベルファイブの転職難易度は比較的高いといえます。
開発職を中心とした多くの職種では、常時中途採用を募集しており、時期を選ばず転職することが可能です。
ですが、年代を問わないゲームの企画・制作・販売による知名度のある自社IPを複数所持しているため、企業への認知度が高く、多くの転職者が集まるため転職難易度が高くなる傾向にあります。
また、中途採用の実技試験においても高いレベルを求められるため転職の難易度は高いといえるでしょう。

レベルファイブが転職者に求める人物像

レベルファイブは、コミュニケーションをテーマにしたオフィスであるため、コミュニケーション力がある人物を求めています。
社長の日野晃博氏は高いスキルがあったとしても誰の意見も行くことができず、自分の能力しか信じることができない人は活躍しにくいと公言しています。
そのため、人と上手くコミュニケーションを取りながら、人の意見を聞き自分の考えを説明できるクリエイティブも優秀な人材を求めています。
また、自分の決めたことをやりぬく姿勢を大事にしているため、面接の際には重要視されるでしょう。

レベルファイブの転職までの流れ

レベルファイブの選考フロー

書類選考

応募作品につきましては、全職種、テーマ、形式、枚数等、自由となっております。また、ゲームのジャンル・内容も問いません。その他、選考の基準となる作品がございましたらお送りください。

実技試験・能力適性検査

職種により実技試験・能力適性検査が行われます。
何もない状況でどこまで絵が描けるかのテストです。
1つ目は、約3種類からテーマを選び、イメージして絵を描きます。
2つ目は、自分を表したイラストを描くものとなります。

1次面接

想定選考官:希望部署の上司、社長など
選考官の3人との面接になります。
1次面接から社長が面接官を担当する場合があります。

最終面接

想定選考官:希望部署の上司、社長など
これまでに聞かれたことを再度深堀し、改めてマッチしている人材かを判断されます。

レベルファイブの面接形式

実務経験・能力適性検査の後、1次面接を経て最終面接となります。
基本選考官がは3人で、1次面接から社長が選考官になる場合もあります。
応募から内定までは2カ月ほどかかります。

レベルファイブの面接内容

職種によっては実技試験が行われ、テーマを選び自分のイメージで絵を描く試験と自分を表したイラストを各試験が行われるでしょう。
「レベルファイブに入ったら何をしたいか」という質問は高い確率で問われます。
「レベルファイブのゲームを遊んだことはあるか」といった質問が多く、話題を広げるためにも、面接前に遊んでおくことをおすすめします。
「ゲーム業界の課題点は?」という質問もされており、ゲーム業界の現状を理解しているかを試されます。

レベルファイブで働いている方の評判・口コミ

デザイナー 在籍5~10年 男性
企業としての成長はあると思うが、ほぼ社長の力でコンテンツを作っているともいえるため限界があると思います。キャリア開発の点でいえば、資格取得制度など他社と比べて消極的で補助などは無いので、個人個人の努力が必要と感じますし、努力している人はしっかりと評価されていると思います。
プランナー 在籍3~5年 女性
社長に認められれば取り上げられるので、成長するチャンスは多いです。ゲームの見習うアニメやクロスメディアなど多くの業務があるので、部署によってはさまざまな経験がつめます。風通しの良い社風なので疑問があれば気軽に上司に質問することができます。
宣伝 在籍1~3年 女性
かなりゲームが好きな人であればやりがいやモチベーションを高められますが、それ以外の人は大変だと思います。人事もゲームが好きかを重要視しているみたいです。技術やスキルに関しては、ある程度の部分までは研修で学ぶことができますが、専門的な部分は自主的に勉強していく必要があります。自分で成長するために努力したり頭を使うので、考える力が養われます。

口コミの要約口コミを見ていると、キャリア形成およびスキルアップに関しては、自発的な行動が重要であり、部署ごとによってさまざまな経験が積め成長できるチャンスは多く、評価も平等にされます。裁量のある業務の担当を任されることもあリますが、一人ひとりの責任は大きいといえるでしょう。ゲーム好きが多く、本気でゲームが好きな社員は勤続年数が長い傾向があります。

レベルファイブの年収・給与

年収 約506万円
ボーナスの有無 インセンティブボーナス制度有り
昇給制度 賃金改定年1回
残業手当 記載なし(
固定残業手当 一律基本残業手当:50,000円(30時間分)
通勤手当 有り
住宅手当 住宅ローン手当
福利厚生 福利厚生団体加入、ゲーム購入補助金支援制度、マッサージルームなど

レベルファイブでの転職者の出世難易度

長時間働いていたり、一定以上の能力・結果を残すことができれば昇進できるチャンスはあります。
評価制度は定期的に変更されることがあり、担当プロジェクトや配属部署によってさまざまです。
また、人事評価に関する担当者に近いポジションで働いている場合しっかり見てもらえます。
トップダウンの傾向があり、最終的には社長の意向も影響してくる場合があります。
出世をすることで業務も多くなる傾向にあるので、業務へのバイタリティが必要となるでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 500万円
30代前半 なし 700万円
30代中盤 なし 700万円
30代後半 なし 800万円
40代前半 なし 900万円
40代後半 なし 900万円
50代前半 なし 1,500万円

レベルファイブはどんな人が働いている?

レベルファイブの従業員数

300名

レベルファイブの平均年齢

31.9歳

レベルファイブの平均勤続年数

記載なし

レベルファイブの社風

レベルファイブは風通しが良くフラットな雰囲気がある社風です。
良い意味で社員同士の距離感が近く、意見も述べやすいため、聞き入れてくれる環境があります。
また、積極的にチャレンジする風土があるため、さまざまなことに挑戦することができます。
自分らしく働いて、いろいろなことにチャレンジしてみたいという方には、向いている企業でしょう。

レベルファイブのワークライフバランス

副業可否 記載なし
勤務時間 裁量労働制(9時間)
休日 土日、祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 会社設立記念日、リフレッシュ休暇、アニバーサリー休暇など
平均残業時間 月約42時間
フレックス制度 記載なし
リモートワーク 記載なし
産休・育休制度 記載なし
時短勤務 記載なし

レベルファイブの社長

日野 晃博

1968年生まれ、福岡県大牟田市出身、株式会社レベルファイブ代表取締役社長およびCEO。
大牟田北高等学校卒業後、九州北産業大学を経てシステムソフトに入社。
プロダクトマネジメント部門に配属されるが4か月で退職した後リバーヒルソフトに入社しプログラムおよびディレクションを複数の作品で担当。
1998年にはチームメンバーと独立しレベルファイブを設立し、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの下請け会社としてRPGを開発。
「ドラゴンクエストⅧ」の制作を受注し、ディレクター職を務めあげたことで高い評価を得る。
近年では、ヒット作の「妖怪ウォッチ」や「イナズマイレブン」シリーズの企画・シナリオ・プロデュースを務める。

レベルファイブ現職、OB/OGの有名人

西郷 憲一郎

1984年生まれ、愛知県出身、レベルファイブ株式会社所属効果音および音楽制作担当。
名古屋音楽大学作曲学科卒業の後、情報科学芸術大学院大学を経て、2009年にレベルファイブに入社。
入社当初は効果音制作を担当していたが、休日に書き留めた曲のデモテープを手に社長の日野晃博に直談判したところ、新プロジェクトのコンペティションへ誘われ、ゲーム「妖怪ウォッチ」シリーズの音楽を担当することになる。
また、「イナズマイレブン」「レイトン教授」シリーズの効果音にも参加している。

レベルファイブの転職に関わるQ&A


レベルファイブの福利厚生として、ゲーム購入金補助金制度があります。
これは、自社作品・他社作品問わずゲームを購入する際に、月に1本のみ購入した半額分の補助金が出るゲーム会社らしい制度です。

また、健康出勤手当て制度が用意されており、一カ月無遅刻無欠勤の場合無遅刻無欠勤の場合、15,000円の手当が支給される制度です。


レベルファイブは男女平等に扱われる実力社会で、管理職に女性もいるため女性でも活躍できる環境といえます。

また、産休育休・時短制度など女性の働き方や働きやすい環境が整えられています。
残業が比較的多い企業であるため、特に多い制作関係などの部署では体力が必要とされる可能性があります。
そのため、頑張り方次第では、女性でも活躍できる環境といえます。

レベルファイブへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

レベルファイブの公式サイトにある中途採用情報ページから応募することができます。
公式サイトには求人情報をはじめ、企業情報や製品情報なさまざまな情報が掲載されています。
ただし、掲載されている求人情報の情報量は十分とはいえず、知りたい情報が掲載されていない場合があるため、より詳しい情報が知りたい方は、転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、レベルファイブの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

自身のペースで転職活動したいなら「転職サイト」

転職サイトを活用してレベルファイブへ転職するなら、ハイクラス求人を豊富に扱っており、企業案件数がトップクラスの「doda X(旧:iX転職)」の活用がおすすめです。
doda X(旧:iX転職)では自分の市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。
自分の市場価値を客観的に知ることができるので、より自分に合ったポジションへの転職ができるという特徴があります。

転職サイトを活用するメリットは主に3つです。
・多くの求人募集案件を取り扱っている
・多忙の場合でも転職活動を行うことができる
・応募してから面接までをスピーディーに行える

転職活動をする時間が無い方や、自分に合った求人を探したい場合には転職サイトがおすすめです。
また、転職エージェントを利用する予定の方でも、事前に転職サイトで求人情報を確認するという方も多く、レベルファイブの募集内容や求められるスキルなどが知りたい場合はチェックするのも良いでしょう。

doda X(旧:iX転職)では競合他社・同業他社の募集も多数

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールです。

※画像はイメージです。

doda X(旧:iX転職)ではハイクラス求人を豊富に扱っているため、全体的に年収800万~1000万円と高く、求人によっては年収交渉が可能です。
さらに、通常では閲覧不可能な非公開求人を持っている場合もあり、ヘッドハンターに相談すると紹介してもらえる場合もあります。
ただし、転職サイトからの応募は、自分と企業側とのすり合わせが上手くいかないこともあり、経験やスキルなどで落とされてしまう可能性が少なからずあります。
確実な転職をしたいのであれば、転職エージェントの活用がおすすめです。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

理想科学工業の転職難易度は高い?口コミや年収などを解説

理想科学工業転職者の主なキャリアステップ 前職 プロパー社員 理想科学工業株式会社に転職 次の転職先 デンカ、三菱マテリアルなどの材料系メーカー カルビ...

ナイキジャパンへ転職するには?求人情報や口コミ評判まとめ

ナイキジャパン転職者の主なキャリアステップ 前職 ディーゼル コーチ ボストンコンサルなどのコンサル出身者 株式会社ナイキジャパンに転職 次の転職先 ...

QDレーザへの転職。面接の口コミや売上、年収などを解説

レーザ技術を用いた半導体レーザチップなどの開発、製造、販売を手掛けているQDレーザ。富士通で培われていた量子ドットレーザ技術を活用したベンチャー企業としてスタートした、光デバイスを製造する東証マザーズ上場企業です。小型化された半導体...

空調機器を製造する木村工機への転職ってどう?転職難易度や社員の口コミなどを解説

木村工機転職者の主なキャリアステップ ...

中外製薬は転職しやすい?面接の傾向や対策のポイントなどを徹底解説

中外製薬転職者の主なキャリアステップ 前職 アストラゼネカ、ツムラ、小林製薬などの製薬メーカー 三菱化学などの大手化学メーカー 中外製薬株式会社に転職 次...

ドリームベッドへの転職情報。企業の概要や転職する際のポイント、面接内容などについて解説

マットレスやベッドフレーム、ソファや枕などのデザイン開発、製造販売を行っているドリームベッド。1957年に設立された60年以上の歴史を誇る老舗企業で、家具販売店や全国のホテルなどでシェアを確立している寝具メーカーです。2018年には...

パナソニックホールディングス(旧・パナソニック)の転職難易度は?面接内容や年収について徹底調査!

パナソニック転職者の主なキャリアステップ 前職 日立製作所などのIT系メーカー パナソニック株式会社に転職 次の転職先 メーカー Web系事業会社 コ...

リベルタの転職事情。転職難易度や年収などを解説

リベルタは、「ベビーフットシリーズ」や「クイックビューティ」といったブランドでコスメ用品を販売している美容メーカーです。 「喜びを企画して世の中を面白くする」という経営理念のもと、コスメや美容雑貨、洋服類などの商品を展開してい...

ニコンの転職事情。面接内容や転職難易度などを解説

ニコン転職者の主なキャリアステップ 前職 浜松ホトニクス、日産自動車などの大手製造メーカー 株式会社ニコンに転職 次の転職先 日本電子、東レ、キヤノン、サ...

ミネベアミツミへの転職情報。面接の傾向や社員の声などを解説

ミネベアミツミ転職者の主なキャリアステップ 前職 京セラ、パナソニック、日本電産などの電子・電機メーカー ミツバ、三菱自動車などの自動車関連メーカー ミネベアミツミ株式会社に転職 ...

TOP