WEB・アプリサービス

Chatworkへの転職情報。採用傾向や口コミまとめ

Chatwork転職者の主なキャリアステップ

Chatworkの主な転職元・転職先

学歴学歴は、高校、専門学校、大学卒など幅広く在籍、海外の大学の出身者もいます。

前職Chatwork在籍者の主な職歴として、楽天LINEDeNAなどのWEB系事業会社、インフォマートなどのプラットフォーム運営会社の他、デジタルマーケティング、IT、メーカーなどからの転職者があげられます。

次の転職先Chatworkからの転職先として、WEB系事業会社、プラットフォーム運営会社、デザイン会社などがあげられる。

Chatwork株式会社は、クラウド型ビジネスコミュニケーションツール「Chatwork」の開発運営とソフトウェア販売を主力事業として展開している企業です。
これまでに376,000社へサービスの提供をしている実績があり、業務効率化以外にも「助成金診断」や「電話代行」、「早期入金」など、Chatworkを活用したサービスを提供しています。
また、2022年に法人向け名入れ商品やノベルティ制作、販売のプラットフォームを提供する株式会社レスタスと業務提携するなど、幅広く手掛けている企業です。
そんなChatwalkでは、Chatworkが掲げる企業理念や社風に共感できるかどうかを非常に重要視しています。
また、多くの職種で随時中途採用を行っており、特にエンジニア職での募集が多くなっています。

Chatworkを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・Chatworkの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、Chatworkの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

この記事でわかること

  • Chatworkの企業概要
  • Chatworkの転職ポイント
  • Chatworkの社風や企業文化

Chatworkに転職するポイント

Chatworkの特徴

POINT

  • ・クラウド型ビジネスコミュニケーションツール「Chatwork」をメインに事業展開
  • ・これまでに376,000社へサービスの提供を行っている
  • ・ジャンルを問わずすべての人に一歩先の働き方を提供するというビジョンを持っている

Chatworkへ転職するポイント

POINT

  • ・企業理念や社風に合うかを重要視している
  • ・エンジニア職での募集が多い
  • ・多くの職種で随時中途採用を行っている

Chatworkの企業概要

会社名 Chatwork株式会社
本社所在地 東京都港区西新橋1-1-1 WeWork日比谷 FORT TOWER
社長 山本 正喜
設立 2004年11月11日
株式 上場(東証グロース)
株主構成 株式会社Fun&Creative(51.67%)
日本カストディ銀行(4.73%)
山本正喜(3.83%)

Chatworkの売上

Chatworkの売上推移

事業年度 2019年度 2020年度 2021年度
売上高 1,815百万円 2,424百万円 3,372百万円
経常利益 62百万円 324百万円 -705百万円

Chatworkの最新ニュース

Chatworkの事業内容

Chatworkは、クラウド型ビジネスコミュニケーションツール「Chatwork」の開発や販売を主力事業として展開している企業です。
「Chatwork」とは、チャット機能やファイルの送信、タスク管理機能が搭載されておりビジネスにおけるコミュニケーションの効率化が可能となるサービスです。
また、そのほかにも、助成金申請サポートサービス「Chatwork助成金診断」や専門オペレーターが代わりに電話を受けchatで報告する「Chatwork電話代行」、取引先に対する売掛金の譲渡による早期資金化が可能なファクタリングサービス「Chatwork早期入金」などのサービスがあります。
世界中で当たり前にように使用され、まるで空気のようなツールをビジョンとして掲げている企業です。

Chatworkの募集要項

セキュリティエンジニア

ソースコードレビューやSAST/DASTの実装、Policy as Codeの実装を行うポジションです。
そのほかにも、事故が起きない仕組みづくりの実装や秘匿情報へのアクセス制限、クラウド環境におけるセキュリティコントロールの実装なども行います。
さらには、セキュリティに関するガイドラインや方針作成、各種ログ分析、内部監査を行うなど、幅広い業務に携われる職種です。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の開発やインフラの経験
  • ・高いコミュニケーションスキル
  • ・Gitなどのバージョン管理システムの利用経験

プロダクトマネージャー

Chatworkのプロダクトマネージャーとして、取引先や経営陣など幅広い関係者と連携しながらサービスの企画や開発、運用によるビジネスの推進を担います。
具体的な業務内容としては、新機能の企画、開発、運用やプロダクトのロードマップ策定を行います。
また、プロジェクト管理やディレクション、指標のモニタリングおよび効果検証などにも携わります。
チームメンバーや取引先との連携における積極性のあるコミュニケーション力や課題の発見および企画提案する能力が求められます。

必須な経験・スキル

  • ・事業成長を推進するKPIを設定するスキル
  • ・ユーザーの課題をデータやヒアリングから読み取るスキル
  • ・サービスの要件定義や仕様設定のスキル

カスタマーマーケティング

「Chatworkフリープランユーザーの有料課金化」や「Chatworkの有料プランユーザーのアップセル・チャーン防止」を目的に、ナーチャリング手法の定義や設計、実装などを行うポジションです。
具体的には、Chatworkユーザーの分析や最適なコミュニケーション方法の設計、サインアップ以降のユーザー育成ステージの定義や設計、実装、セールスサイドのオペレーション最適化支援などを行います。
また、セールスサイドのオペレーション最適化支援を行い、獲得・LTV最大化を目指す職種です。

必須な経験・スキル

  • ・3年以上の事業会社での新規・既存顧客へのSFAやMAの実務経験
  • ・3年以上のデータ分析や可視化による業務の改善施策立案を行った経験
  • ・さまざまな利害関係者の巻き込みと合意形成を行い、プロジェクトを推進した経験 など

Chatworkの転職難易度

Chatworkの転職難易度は中程度です。
Chatworkでは、転職面接の際に専任の採用担当者が存在していないため、現場の責任者が採用責任を持つというスタンスを持っています。
そのため、部署がそのときに求めている人材や採用担当者の考え方によって振れ幅があるので、転職難易度には振れ幅があるといえます。
また、採用の特徴として1日体験入社が行われ、現場メンバーも主体的に採用に関わるため、絶対的な対策というのは難しいかもしれません。
採用基準として企業文化や理念にマッチすることが重要と考えているため、企業研究などの対策が必要といえるでしょう。

Chatwork が転職者に求める人物像

Chatworkでは、職種ごとのスキルに加え
・ミッションに共感し、同じ未来を目指せる
・主体性を持ってオープンにコミュニケ―ションできる
・ちょっとした遊び心を大切にできる
の3つの要素を持ち合わせている人物を求めています。
そのため、チャットワークのミッションへどのような考えを持って共感しているのかはもちろん、チームや他部署との連携におけるコミュニケーション能力が必要といえます。
また、遊び心を大切にできるという項目においては、クリエイティブスキルに加え人を楽しませる思いやりの要素を求めているとも考えられます。

Chatworkの転職までの流れ

Chatworkの選考フロー

書類選考

一次面接

想定選考官:部門マネージャー
想定内容:オーソドックスな内容に加えスキル面などを判断します

二次面接

想定選考官:人事
想定内容:Chatworkの社風や文化にマッチしているか、入社後にキャリア形成が可能か判断されます。

1日体験入社

2次面接合格後にはスケジュール調整を行い一日体験入学が行われます。

最終面接

想定選考官:社長・役員
想定内容:1日体験入学の内容を踏まえた判断が行われ選考結果が伝えられます。

Chatworkの面接形式

面接は基本的に応募者1人に対し、選考官1~2人程度で行われます。
面接回数は最終面接を含めると3回行われます。
場合にもよりますが、面接時間は30分~1時間程度です。

Chatworkの面接内容

面接の雰囲気は、圧迫面接があったなどという情報はなく、落ち着いた雰囲気のなか行われます。
選考官からの質問としては、自己紹介や志望動機、業務履歴など、オーソドックスな質問をされることが多いです。
中途採用に関する質問では、前職の退職理由や経験・スキルに関する質問、前職でどのような経験をしたかなどを質問されます。
面接においては前職の経験やスキルとChatworkの社風に合っている人物か比較的重視しているとの声もあります。
また、経営理念や行動基準等に沿ったエピソードは選考官へのアピールポイントとなるでしょう。

Chatworkの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトでは非常に多くのポジションで求人募集している
・求人情報はリクルートなどでも確認可能
・未来志向を問う質問が多い

エンジニア、20代後半、男性
なぜうちで働きたいのかを質問されました。以前から興味があり、企業研究を行うにつれて魅力的に感じたことをはじめ、ポジティブな言葉で伝えました。
デザイナー、30代前半、女性
入社したらどのようなことをやりたいかを聞かれました。革新的なサービスの創出をし、より使いやすくなるように尽力したいということを軸にアピールしました。
開発、20代後半、男性
志望動機や前職の退職理由など、オーソドックスな内容を中心に聞かれました。面接の雰囲気は和やかであり、リラックスして面接に臨むことができました。

Chatworkで働いている方の評判・口コミ

事業推進本部、在籍3~5年、男性
Chatworkのサービスは、人の働き方を変えるという要素が強く目標も高いため働きがいがあります。部署によっては教育の制度が無い場合がありますが、ある程度スキルのある中途採用が多いので采配が多いといえます。
事業推進本部、在籍3~5年、女性
比較的女性の多い職場だと思います。部署によっては、子育てをしながら働きやすい部署とバリバリ働きたい女性に向いているものに分かれる印象です。また、産休から復帰している女性も多いと感じました。
Web系、在籍3~5年、女性
Chatworkが掲げているミッションを達成できるかが重要だと感じます。部署の中には、「働くを楽しく創造的に」の実現が難しい部署もあるのですが、平均的にChatworkの企業理念に共感している社員が多いと感じます。

口コミの要約Chatworkでは人の働き方を変えるという要素が強いため、ほとんどの部署で企業理念に共感している社員が比較的多いです。中途採用者も比較的多く采配が多いです。子育てしながら働きたい方やバリバリ働いて活躍したい女性でも働くことができる環境だといえます。

Chatworkの年収・給与

年収 637万円
ボーナスの有無 記載なし
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 有り(月45時間分)
通勤手当 有り(月3万円まで)
住宅手当 記載なし
福利厚生 出産立ち合い制度、採用紹介制度、セミナー受講制度など

Chatworkでの転職者の出世難易度

Chatwork の出世難易度は中程度でしょう。
Chatworkでは、評価制度の1つとして高い目標を達成するための目標管理フレームワークである「OKR」を導入しています。
これは、企業の目標を達成するために社員それぞれの役割を明確にし、企業と社員の目標を設定するもので、公平に業績評価を評価できるというメリットがあります。
そのため、声の大きい人や上司に気に入られることで出世ができるということがないため、シンプルに目標や結果を残すことが出世へのポイントとなるといえます。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代後半 なし 600万円
30代前半 なし 600万円
30代中盤 マネージャー 700万円
30代後半 マネージャー 800万円
40代前半 部長 1000万円
40代後半 部長 1100万円

Chatworkはどんな人が働いている?

Chatworkの従業員数

251名

Chatworkの平均年齢

33.8歳

Chatworkの平均勤続年数

2.8年

Chatworkの社風

ITを利用して世界に働き方を変えたいという考え方を持っている社員が多いです。
転職における面接ではチャットワークの理念を重要視され、評価制度に関しては、企業の目標と繋がっている目標設定をするなど、企業の成長や考えに大半が共感しています。
また、採用に関しては「採用一瞬、マネジメント一生」という考え方が強く、実際に1日体験入社により、実際にChatworkおよび現場の社風に合うか判断するなど社風を大事にしているといえます。

Chatworkのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 10:00~19:00
休日 土日祝日(完全週休二日制)
その他の休日・休暇 産前産後休暇、夏季休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 月20時間程度
フレックス制度 有り(コアタイム 10:00〜16:00)
リモートワーク 有り(応相談)
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

Chatworkの社長

山本 正喜

1980年生まれ、大阪府出身。
電気通信大学電気通信学部情報工学部在籍中の2000年、兄の山本敏行後ともに「株式会社 EC studio」を創業し、CTOとして多くのサービス開発に携わりながらChatworkを開発。
2011年からChatworkの提供を開始し、2018年に代表取締役CEO兼CTOに就任。
2019年には東証マザーズへの上場を果たした。

Chatwork現職、OB/OGの有名人

山本 敏行

1979年生まれ、大阪府出身。
中央大学商学部在学中に「株式会社EC studio」をロサンゼルスで企業。
2004年にはEC studioを法人化、2011年に「Chatwork」の販売を開始し、翌年には社名をChatworkに変更。
後にシリコンバレーに米国法人を設立し拠点を海外に移し、帰国後にはChatworkのCEOを務める。
2018年には社長職を弟の山本正喜に譲渡し退任したのち、現在では1日CSOとして企業へ訪問する「My CSO」として活躍している。

Chatworkの転職に関わるQ&A


口コミの情報によると、Chatwork社員のほとんどが中途採用者で占められており、中途社員への采配が大きいという情報があります。

そのため、部署によっては教育の制度はありませんが、最新情報やスキル向上のために必要なセミナーや勉強会の費用を全額負担してくれる「セミナー受講制度」が用意されています。


Chatworkにおける特徴的な制度として
・家賃交渉・仲介手数料半額の物件探し代行をしてくれる「お部屋探し支援制度」
・パートナーの誕生日に食事代14,000円を支給する「バースデイ制度」
・スタッフを誘う際に14,000円と紹介による入社で500,000円が支給される「採用紹介制度」
などが挙げられます。
Chatworkの福利厚生制度は基本的に困っている人を助けるという価値観をベースにしています。

Chatworkへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

Chatworkの企業サイト内に掲載されている採用情報ページから、現在募集されている職種を選んで応募することがかのうです。
その他にもChatworkのミッションやIR情報なども掲載されており、情報収集や企業研究ななどにも利用できるので、一度チェックしておくとよいでしょう。
ですが中途採用試験におけるポイントや、転職成功者の傾向などは掲載されているわけではありません。
転職成功率を少しでも高めたいという方は転職サイトや転職エージェントを活用するのがおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、Chatworkの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

豊富な求人から希望のポジションを探すなら「転職サイト」

転職サイトを利用してChatworkへの転職をお考えの方は、豊富な求人掲載数とハイクラスの案件をメインに取り扱っている「doda X(旧:iX転職)」がおすすめです。

転職サイトを活用するメリットは主に3つあります。
・求人数が豊富なので希望求人が見つけやすい
・スケジュールに関わらず転職活動が可能
・気になったらすぐ応募可能なスピード感

転職サイトでは、求人数を多く扱っているため、自分の希望条件に合った求人を探したいという方にはおすすめといえます。
また、スケジュールが調整が難しいという方には比較的自分のペースで転職活動がしやすし気になった求人があれば、すぐに応募ができるというメリットもあります。

doda X(旧:iX転職)では、営業職や事業開発・企画を初めとしたChatworkの求人が多数

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールです。

※画像はイメージであり、タイミングによって掲載内容が異なる場合があります。
Chatworkでは、エンジニア職を初めとした営業職や事業の企画・開発職などが募集されており、最低年収も800万円からとハイクラス求人が多数あります。
また、doda X(旧:iX転職)では自分の市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。自分の市場価値を客観的に知ることができるので、より自分に合ったポジションへの転職ができるという特徴があります。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

リクルートマーケティングパートナーズへの転職。年収や転職難易度って?

リクルートマーケティングパートナーズ転職者の主なキャリアステップ 前職 楽天などのWeb系事業会社 アクセンチュアなどのコンサルティングファーム ツールベンダー 株式会社リクルー...

オープンロジの転職難易度は?口コミや社風などを解説

オープンロジ転職者の主なキャリアステップ 前職 リクルート、DeNA、ヤフー、デジタルガレージなどのWEB系事業会社 株式会社オープンロジに転職 次の転職先...

delyへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

dely転職者の主なキャリアステップ 前職 TRILLなどのWEBメディア関連企業 セプテーニ、広告代理店などのマーケ関連企業 dely株式会社に転職 次...

バリオセキュアの転職情報。転職難易度や年収などを解説

バリオセキュア転職者の主なキャリアステップ ...

アイフリークモバイルの転職難易度は?面接内容や評判などを解説

アイフリークモバイル転職者の主なキャリアステップ 前職 富士通などのSIer スクウェア・エニックスやコナミなどのゲーム関連企業 中堅中小企業のWEBディレクター、デザイナー 株...

「Buddycom」の運営を行うサイエンスアーツへの転職情報まとめ

「世界中の人々を美しくつなげます」というミッションのもと、オンライン上でのコミュニケーション支援プラットフォームである「Buddycom」を運営しているサイエンスアーツ。デジタルデバイスが普及するに伴って需要が拡大している音声データ...

スタメンの転職難易度は高い?面接内容や選考のポイントなどを解説

スタメン転職者の主なキャリアステップ ...

東和ハイシステムの転職難易度は?事業内容や将来性、転職するメリットなどを解説

東和ハイシステムは、歯科医院向けの電子カルテ管理システムである「Hi Dental Spirit XR-10i」の開発などを行っている企業です。 長年の運用により蓄積された数多くのノウハウが凝縮された高品質なカルテ管理システムを提...

クラウドストライクの転職難易度は?面接内容や口コミなど解説

お客様のデータを保護する使命のもと、セキュリティ侵害からデバイスを守る環境を提供するクラウドストライク。テレワーク環境が普及している現代において、世界中の企業にエンドポイントセキュリティを提供しています。 2011年に設立されて以...

リクルートテクノロジーズの転職ノウハウ。難易度や残業時間などをご紹介

プロジェクトマネージャー系エンジニア系デジタルマーケティング系データ系コーポレート系 リクルー...

TOP