通信

ソフトバンクの転職情報。難易度はどのくらい?

ソフトバンク転職者の主なキャリアステップ

ソフトバンクの主な転職元・転職先

学歴学歴は、高卒〜大学・大学院卒が在籍。高学歴者の比率が高く、海外大学出身者もいます。

前職職歴は、新卒プロパーが多く、国内大手の様々な業界の事業会社、SIerなどが挙げられます。

次の転職先アマゾンジャパンなどの外資系テクノロジー企業や楽天リクルートグループなどのWeb系事業会社デロイトトーマツコンサルティングなどのコンサルティングファームなどが挙げられます。

ソフトバンクは、スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器をはじめ、インターネットやエネルギー、ロボットなど、多種多様なサービスを展開している企業です。
創業は1986年12月であり、資本金は2,043億9百万円、東京都港区東新橋に本社を構えており、主な事業内容として、日本国内での移動通信サービスの提供や携帯端末の販売、ブロードバンドなどの固定通信サービスの提供などが挙げられます。
さらに1か月間の総ページビューが600億をえ超る日本最大のポータルサイト「Yahoo!Japan」や文房具・オフィス用品の通販「アスクル」、古本・中古家電の販売「ブックオフ」なども運営しています。
さらには、中国のネット通販サイト・アリババを運営する「Alibaba」などの海外事業に至るまで幅広い事業を展開している企業です。

ソフトバンクを目指す人におすすめの転職エージェント・転職サイト

・ソフトバンクの口コミや年収も気になるけど、まずはどんな求人があるのか知りたい。
そんな方はまず転職サイト「ビズリーチ」をチェックしましょう。
ビズリーチの主な特徴は以下の通り。

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上

・厳選された企業からのヘッドハンディング

・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ソフトバンクの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能です。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいならば、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

ソフトバンクに転職する際のポイント

ソフトバンクの特徴

POINT
・日本の大手通信事業会社の1つで、携帯電話事業を中心に幅広いネットワーク事業を展開
・業界内でも高めの給与であり、業績と個人成績に連動したボーナスの割合が大きい
・残業時間は情報通信業界の中では平均的で、近年は働き方改革も積極的に推進している

ソフトバンクへ転職するポイント

POINT
・SlerやNler出身者が転職者として多い
・幅広い分野での募集があり、新規事業に携われる求人が多く出されている
・即戦力となるスペシャリストを採用する傾向が強い
●●●
転職エージェント

ソフトバンクは、積極的なM&Aにより業務領域がどんんどん広がっています。求人内容も随時更新されており、人気企業でもあるため、その求人も時間の経過とともに、気が付いたら消えてます。同社のサイトで気になる求人や希望するポジションがあれば、早めに行動をしておいたほうがいいですね。

ソフトバンクの企業概要

会社名 ソフトバンク株式会社
本社所在地 東京都港区海岸一丁目7番1号
社長 宮内 謙
設立 1986年12月9日
株式 上場(東証プライム)
株主構成 ソフトバンクグループジャパン(40.00%)
日本マスタートラスト信託銀行(10.07%)
日本カストディ銀行(2.99%)

ソフトバンクの売上

ソフトバンクの売上推移

年数 2019年度 2020年度 2021年度
売上高 4,861,247百万円 5,205,537百万円 5,690,606百万円
税引前利益 811,195百万円 847,699百万円 880,363百万円

ソフトバンクの最新ニュース

ソフトバンクの事業内容

ソフトバンクは携帯電話会社としてのイメージがありますが、IT企業としてのバックボーンを活かして数多くの事業を展開しています。
展開している事業は大きく分けて3つあります。

コンシューマ事業

携帯電話などの無線通信サービスを提供している「ソフトバンク」、インターネット接続サービスである「SoftBank 光」、決済業務を担う「SBペイメントサービス」などを提供している事業です。
また、携帯端末メーカーから携帯端末を仕入れ、ソフトバンクショップなどを運営する代理店や個人に対して販売しています。

流通事業

IT関連製品の製造・流通・販売、IT関連サービスの提供をしている「ソフトバンク コマース&サービス」が挙られます。
主に、変化する市場をとらえた最先端プロダクトやサービス、法人に向けたクラウドサービスなどを提供しています。
そのほかにも、ソフトウエアやモバイルアクセサリー、IoTプロダクトなど、多岐にわたる商品の企画・提供を行っている事業です。

ヤフー・LINE事業

メディアやコマース、決済金融を中心としたサービスを展開し、オンラインからオフラインまで一気通貫でサービスを提供している事業です。
主に1か月間の総ページビューが600億を超える日本最大のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」や、文房具・オフィス用品の通販「アスクル」、日本初のインターネット専業銀行として知られる「ジャパンネット銀行」などが挙げられます。
そのほかにも、LINEでの広告関連サービスや「ZOZOTOWN」などのeコマースサービスなども提供しています。

ソフトバンクの募集要項

ソリューション営業

顧客の経営課題を解決するパートナーとして、顧客の本業や事業における課題を特定し、「Alibaba Cloud」のテクノロジーを駆使したソリューション営業を行います。
スタートアップ立ち上げ期のコアメンバーとして、広く会社づくり・サービスづくりに携わります。

必須なスキル・経験
・クラウドもしくはSIソリューションの法人営業経験
・AI、IoT、ビッグデータなどの先端テクノロジーに関する知識・経験、もしくは強い関心
・困難な目標や変化を楽しむマインド、能動的なアクションをとるスキル、チームワーク など

デジタルプロモーションプランナー

デジタルコミュニケーション戦略の策定やデジタルプロモーションプランの策定などを行います。
SNSやWEB広告を活用し、各サービス/プロダクトの認知を向上させることなどがミッションです。

必須なスキル・経験
・デジタルコミュニケーション戦略の策定経験
・制作ディレクションの経験

ICTエンジニア

ネットワークやサーバー、セキュリティなどの企画や開発業務、提案や設計、構築、運用などに携わる業務です。

必須なスキル・経験
・ネットワークやサーバ、クラウドなどにおける関するサービス企画や開発、運用の経験
・CCNA相当のネットワーク知識
・モバイルソリューションの経験 など

ソフトバンクへの転職難易度は?

ソフトバンクは、近年の業績好調や人気度の高さから、相応の応募倍率となっているため、転職難易度は比較的高いです。
しかし、近年では業務領域の拡大に合わせ、買収した会社や合弁会社での人材も募集が行われています。
全ての領域において即戦力が求められることが大前提ではありますが、新規事業の急募案件などは求人に合致したスキルがあれば、転職の可能性が十分にあるといえます。

ソフトバンクの転職はどんな方が受かりやすい?

ソフトバンクが積極的に採用するのは以下のような人材です。

・いかなる仕事もチャンスと捉えやり遂げる
・様々な機会へ自ら意欲的に手を挙げる
・希望する分野での経験が豊富、実績がある

ソフトバンクが転職者に求める人物像

同社は300年続く企業になるため「勝ち続ける組織」を提言しています。大企業の中で安定した職場環境を求める人は馴染まないと言えます。大きな組織の中でもまれることなく新しいことにチャレンジするベンチャーマインド溢れる人材を求めています。

ソフトバンクの転職までの流れ

ソフトバンクの選考フロー

エントリー

書類選考

想定内容:求人票にある必須要件、歓迎要件と応募時点での該当組織の状況により判断されます。

1次面接

想定面接官:人事
想定内容:職務経歴書に沿って、自己PRや志望動機、過去の実績など、基本的な質問が聞かれます。また、ソフトバンクに対する理解度も確認されることが多いようです。

最終面接

想定面接官:エリアマネージャー
想定内容:基本的には1次面接と同じ内容の質問がされます。さらに、将来のキャリアプランや起業願望の有無なども多く聞かれます。

入社

ソフトバンクの面接形式

面接はほとんどの場合、1対1で行われます。
面接回数は3回程度です。
1回につき45分程度となります。

ソフトバンクの面接内容

和やかな雰囲気ではありますが、質問内容はWhy?を繰り返して細かく突っ込まれることがあります。
主に以下の質問内容をベースに一つ一つ細かく質問をされます。
・ソフトバンクで働きたい理由
・どのような形でソフトバンクに貢献できるのか
・将来どうなっていたいのか
・ソフトバンクの今後について など

ソフトバンクの選考対策・口コミ

最新情報

・公式サイトに載っている求人は非常に多い
・求人情報はDODAなどでも確認可能
・面接は比較的和やかな雰囲気で進む

技術関連職、20代前半、男性
一番意識するソフトバンクバリューは?を質問されました。学生の頃から一番になることを常に意識しており、トレンドの移り変わりが激しいIT業界で常にアンテナを張って成長していきたいとアピールしました。
半版、20代前半、男性
前職ではどの程度売り上げを出していたかを聞かれました。前職でも携帯販売を行っていたので、具体的な数字を回答しました。また、その数字を出すために行った努力なども具体的に話しました。
医療事務、20代後半、女性
志望動機など、至って普通の質問が多かったです。面接の雰囲気も比較的和やかであり、緊張せずに自分が思っていることを素直に伝えられました。
企画、30代前半、男性
情報革命についてどのように感じるかを聞かれました。私自身、情報革命には非常に強い思い入れがあり、恩恵を享受したということを伝えました。
営業、30代前半、女性
入社したらどう貢献するかを質問されました。これまでに努力したことなどを活用し、より良い営業をできるように努めたいと伝えました。

ソフトバンクで働いている方の評判・口コミ

企画、中途採用、在籍3~5年、男性
働き方改革のおかげで、ワークライフバランスを保ちやすくなった。残業もそうですが、フレックスや時短勤務、リモートワークもOKなので、働きやすい会社だと思います。
エンジニア、中途採用、在籍3~5年、男性
給料が高い会社だと思います。同じ業種の会社と比べても飛び抜けて年収が高い会社です。その分、求められる業務量や業務内容があるので、大変だと思う時もありますが、基本満足しています。
マーケティング、中途採用、在籍5年、男性
縦割り組織なので、横の繋がりは基本的にはない。そのため、雰囲気は部署ごとによって違うが、社風として新しいことをどんどん取り組んでいくというベンチャーみたいな風潮はあるので、そういった雰囲気が好きな人にはあっている会社だと思います。

口コミの要約
給料面や働きやすさの面に関しては高い評価をしている方が多い会社です。ただ、部署によっては、ワークライフバランスの面が保ちづらいところもあるようです。

ソフトバンクの年収・給与は?

年収 808万円
ボーナスの有無 年2回
昇給制度 有り
残業手当 有り
固定残業手当 記載なし
通勤手当 全額支給
住宅手当 有り
福利厚生 確定拠出年金制度、育児支援制度
福利厚生サービス会社との提携など

ソフトバンクでの転職者の出世難易度

ソフトバンクは新規事業を次々と展開するベンチャー気質溢れる企業です。新規事業に参画しそこで大きな成果や実績を残すことができれば、出世できるチャンスは大いにあると言っていいでしょう。

役職ごとの平均年収

弊社独自調査結果

20代中盤 なし 450万円
20代中盤 なし 650万円
20代後半 なし 550万円
20代後半 なし 700万円
30代前半 なし 800万円
30代中盤 部長 700万円
30代中盤 なし 800万円
30代中盤 課長 1050万円
30代後半 なし 700万円
40代前半 課長 900万円

ソフトバンクではどんな人が働いている?

ソフトバンクの従業員数

18,929名(単独)
49,581名(連結)

ソフトバンクの平均年齢

40.5歳

ソフトバンクの平均勤続年数

13.1年

ソフトバンクの社風

ソフトバンクは従業員数が1万人を超える日本を代表する大企業ですが、人事ポリシーとしては永遠のベンチャーマインドを軸にしています。
現状に甘んじることなくチャレンジしていくことを推奨し、成果に対して真摯に報いることをその精神としています。
平均年齢は40歳台とほかのIT企業と比べると若干高いですが、精神性はベンチャー企業と変わりがないため、比較的活気に溢れている企業です。
リモートワークや副業も許可されており、就業環境は比較的自由ですが成果を重んじてるため、自分自身のコントロールが必要になります。

ソフトバンクのワークライフバランス

副業可否 可能
勤務時間 9:00〜17:45(職種による)
休日 週休二日制
平均残業時間 月20~30時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
休暇制度 慶弔休暇、アニバーサリー休暇、産前産後休暇、キッズ休暇、介護休業など
時短勤務 有り

ソフトバンクの社長

宮内 謙

大学卒業後の1977年に社団法人日本能率協会へ入職。
1984年に株式会社日本ソフトバンクへ入社し、1993年には同社常務取締役にまで昇進。
その後、グループ会社であるソフトバンク・コマース株式会社やソフトバンクBB株式会社などの要職を歴任し、2015年7月にソフトバンク株式会社代表取締役社長兼CEOに就任。

ソフトバンク現職、OB/OGの有名人

孫正義

大学卒業後の1981年に福岡県でコンピュータ卸売事業の「ユニソン・ワールド」と「日本ソフトバンク」を設立。
1990年にソフトバンク株式会社に社名変更し、1994年に同社株式を店頭公開。
その後、インターネット事業を展開するヤフー株式会社、衛星放送プラットフォームを提供するジェイ・スカイ・ビーなどを設立。
2004年にはボーダフォン株式会社(現・ソフトバンク株式会社)を買収しCEOに就任。

ソフトバンクの転職に関わるQ&A


ソフトバンクには退職金制度がありません。
しかし確定拠出年金は採用しているので自分で積み立てることが可能です。
給与自体が高いので退職金代わりに自分で積み立てたり運用をしたりすると良いでしょう。


ソフトバンクは良くも悪くも男女平等の社風です。
女性も男性と同じ給与水準、出世が期待できます。
産休や育休、時短勤務についての制度も充実していますが、実際は出産をした後に職場復帰をするとあまり重要な仕事には携わらなくなる場合が多いです。

ソフトバンクへ転職する方法

まずは公式採用HPで概要をチェック

同社ホームページにある採用専用ページから応募します。履歴書と職務経歴書は予め用意しておき、フォームに添付して送ります。職種によっては英文の職務経歴書を求められることがありますので用意しておきましょう。
同社の多くのグループ会社がありますが、グループ会社への応募はソフトバンクの採用サイト1つに集約されています。
また、現在募集されているポジションの条件などが軽く掲載されているので、どんな仕事なのか知りたいという方は一度チェックしておくと良いでしょう。
ただし、掲載されている情報量は少なく、より詳しい情報が知りたい場合や公式サイトに載っていないような求人に応募したいという方は転職サイトや転職エージェントの活用がおすすめです。

年収アップの転職を目指すなら「ビズリーチ」!

ビズリーチの主な特徴は以下の通り!

・年収1,000万以上の求人が3分の1以上
・厳選された企業からのヘッドハンディング
・メガベンチャー、外資、日系大手の求人を一斉比較

現在ビズリーチでは、ソフトバンクの最新求人情報を確認できる他に、類似業界の募集要件も比較検討できます!
ビズリーチには、年収1,000~2,000万円の案件も多く、今より年収を上げたい方には、今後のキャリアを考える上で、特におすすめの転職サイトです。
また、ビズリーチでは、職務経歴を登録しておくことで非公開情報の閲覧が可能になり、自分のスキルや希望に合った企業からヘッドハンティングを受けることも可能。
より自分に合ったヘッドハンティングを受けたいなら、すぐに職務経歴を登録することをおすすめします。

他社も含めた豊富な求人から選ぶなら「転職サイト」

転職サイトを活用してソフトバンクへの転職を目指すなら、企業数が豊富でミドル~ハイクラスの案件が多い「doda X(旧:iX転職)」がベスト。
doda X(旧:iX転職)では自分の市場価値を長期的にサポートしてくれるヘッドハンターと出会えます。自分の市場価値を客観的に知ることができるので、より自分に合ったポジションへの転職ができるという特徴があります。

転職サイトを活用するメリットは大きく3つ。

・案件数の圧倒的な多さ
・自分のペースで転職を進められる気軽さ
・応募までのスピード感

豊富な職種や企業のなかから自分に合ったものを探したい人や、エージェントとのスケジュール調整がなかなかできない人にはおすすめです。
また、最近では本格的に転職エージェントを活用する前の下調べに転職サイトを利用する人も多く、ソフトバンクの募集要項や必須スキルなどをざっくり知りたい人は事前にチェックしてみると良いでしょう。

doda X(旧:iX転職)では年収1000万円超え求人も

doda X(旧:iX転職)から届くスカウトメールを見ると、幅広い職種で募集していることがわかります。

※画像はイメージです。

募集している職種は多く、フロントエンドやバックエンド、インフラなどのエンジニアから、営業、事業企画・開発などがあります。
ハイクラスをメイン層としているdoda X(旧:iX転職)だけあって提示されている年収も比較的高く、800~1000万円程度が平均となっています。

また、doda X(旧:iX転職)は転職サイトのなかでも比較的非公開求人が多い傾向があり、ヘッドハンターに相談すれば非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。

業界最大手のハイキャリア転職「リクルートダイレクトスカウト」

関連記事

テラスカイへの転職は難しい?面接内容や口コミなどを解説

テラスカイ転職者の主なキャリアステップ 前職 富士通、IBM、大塚商会、ワークスアプリなどのSIer 株式会社テラスカイに転職 次の転職先 PwCコンサル...

VMwareの転職事情。面接難易度や口コミなどを解説

VMware転職者の主なキャリアステップ 前職 KDDI、ソフトバンクなどの通信事業者 NTTデータ、伊藤忠テクノソリューションズ、日立ソリューションズなどのSIer SAS、トレンドマイクロ、シスコ、ヒュー...

KDDIへ転職したい方必見。面接の内容や年収について解説

KDDI転職者の主なキャリアステップ 前職 新卒比率が高い 大手SIer KDDI株式会社に転職 次の転職先 大手WEB系事業者 大手NIer ...

システムサポートの転職事情。面接内容や年収など解説

システムサポート転職者の主なキャリアステップ 前職 NTTコムウェアなどのSIer アクセンチュア、フューチャーアーキテクトなどのIT系コンサル 株式会社システムサポートに転職 ...

オリコンの転職事情。面接内容や口コミをなどを解説

オリコン転職者の主なキャリアステップ 前職 キングレコードなどの音楽関連企業 サイバーエージェント、AbemaTVなどの制作会社 オリコン株式会社に転職 ...

WiFiサービスを展開するファイバーゲートへの転職。ビジネスモデルや年収など解説

ファイバーゲート転職者の主なキャリアステップ ...

サイバネットシステムの転職事情。面接内容や必要やスキルなどを解説

サイバネットシステム転職者の主なキャリアステップ 前職 キャノン販売、リコー、ヒューレットパッカードなどのIT商材メーカー ホンダ、三菱重工などの大手製造メーカー サイバネットシス...

グローバルインフォメーションへの転職は難しい?転職難易度や事業内容などを解説

グローバルインフォメーションは、海外市場調査を中心とした市場調査レポートの作成事業などを手掛けている新進気鋭の企業です。 特定の調査項目について専門のアナリストが市場や技術動向の分析を行い、体系的なレポートを提供する事業を展開して...

ネットワンシステムズの面接や年収って?転職難易度など口コミまとめ

ネットワンシステムズ転職者の主なキャリアステップ 前職 IT系企業の幅広い業種 ネットワンシステムズ株式会社に転職 次の転職先 オラクルなどのIT系企業 ...

協和エクシオへの転職。年収や平均勤続年数などの情報まとめ

▼下記は、協和エクシオに転職する人の主なキャリアステップを示した図です。 ・転職元:どこから協和エクシオに転職してくるのか ・転職先:協和エクシオからどこへ転職するのか 一般的な傾向を把握し、「将来なりたい自分を目指せ...

TOP