【体験談:仕事の人間関係が辛い】生きやすくなるチャンス!?対処法・辞める判断基準

仕事 人間関係 辛い

「仕事の人間関係がどうしようもなく辛い」

 

このように上司や先輩、同僚など職場の人間関係がうまくいっていないと、毎日の出勤が苦痛で仕方がありませんよね。今すぐ辞めたいと思いながらも「人間関係で辞めるのは甘えなのでは?」「転職活動で不利になるんじゃ・・・」と悩む人も多いのではないでしょうか。

 

私もそんな辛い仕事の人間関係で悩みに悩み、体調を崩したこともある一人です。

 

前職では先輩との人間関係で胃薬が手放せず、現職では「この会社にはお前を好きなやつは一人もいない」と言われたことも。人間関係で悩んだ時期は本当に辛く顔中に発疹ができたり、夜も眠れず、朝になると過呼吸になったこともありました。

 

しかし、そんな私が今では人間関係に一切悩まされることなく、ストレスフリーで働けるようになりました。ここでは私が実践した仕事の辛い人間関係のトラブルをチャンスに変える方法をお伝えしたいと思います。

なぜ、仕事の人間関係は辛いのか

ズバリ、「好かれよう」「嫌われないようにしよう」と1つ1つの行動・言動を意識するからです。

 

職場では「出世のため」「円滑な業務のため」「契約のため」など、個人のさまざまな理由のためにさほど興味のない人とも話を合わせなくてはいけません。全ては「好かれるため」。せめて「嫌われないため」。

 

しかし、本当にそれで上手くいくでしょうか?少なくとも誰からも嫌われないように細心の注意を払ってきた私は、上手くいきませんでした。むしろみんなから好かれようとすればするほど、人間関係は辛いものとなりました。

 

友人や恋人でさえ合わないところがあるはず。そもそも誰からも好かれる、せめて嫌われない、なんていうのは無理な話なのです。ここを解き放つと、人間関係はぐっと楽になります。

状況別!辛い仕事の人間関係を解消する方法

ここでは、ケースごとの解消法や考え方をみていきましょう。

派閥が辛いとき

派閥がある会社では必ず上位に挙がる、この悩み。

 

派閥に属さない解決方法もよく聞きます。しかしそのつもりがなくてもいつの間にか属してしまった人や、巻き込まれてしまって抜けづらい人も多いのではないでしょうか。「抜けます」と宣言してもそれはそれで新たな角が立つことも予想されます。

解決策
・社内の誰に対しても挨拶をきちんとする
・不要な悪口、ご機嫌取りをやめる

ここで大切なのは、どの立場の人に対しても共感した時は共感したと誠実に伝えていく、そんなシンプルなことではないでしょうか。

 

そもそも出身や利害関係、同じ意見などで結びついた派閥自体は悪いものではありません。誰かと共通項があると親近感が湧きますし、野心を持つことや出世をしたいと考えること自体は健全なことでしょう。

 

ただし、個人的な感情による対立の場合は厄介です。そんな時は潔く抜けましょう。

 

「抜ける」と宣言をしなくても、不要に同意をしないことで徐々に距離ができていきます。自分の意見をしっかりと持てることは周りから信頼を得、誤解を受けることを防ぐことができるでしょう。

関連意外と知らない”挨拶の大切さ”|たった5秒で人生が変わる

苦手な人に我慢ができないとき

「感情的ですぐ不機嫌になる面倒な人」
「上司にだけ媚びる人」
「仕事が雑過ぎる人」・・・。

一度「苦手だな」と思うと悪いところしか目につかなくなり、相手にもその感情は伝わります。だからといって無理に良いところを探す必要はありません。仲良くなる必要もないのです。

解決策
・自分の心、仕事しやすい環境を整えることを優先する

例えば感情的で不機嫌な人がいると、社内の空気も悪くなりますよね。そんな時はおやつタイムやお茶タイムにするのも良いでしょう。昨夜のバラエティー番組の話を他の人にふってみるのも一つです。

 

自ら険悪な空気を壊し、自分自身が「空気が読めない天然な人」と思われてしまえば、雰囲気作りはこちらのもの。苦手な人に振り回されるのはやめ、「空気が読めないのに、いてもらうと癒やされる人」として「職場にいなくては困る人」の地位を確立しましょう。

 

「天然」と見なされると、他の人がすると失礼にあたることも「まったくしょうがないなぁ」と笑って受け入れてもらいやすいというメリットもあります。

 

ただし、前述の「挨拶をきちんとする」「悪口を言わない」ということを普段から忘れてはいけません。基本的なことができていないと一気に反感を買うこともあるので気をつけましょう。

関連魅力的!自然体な人の特徴と職場で自然体でいるための方法

自分のせいで誰かを怒らせてしまった時

「自分のミスのせいでプロジェクトがダメになり、そこからメンバーと気まずくなってしまった」

「お酒の席の不用意な発言で相手を怒らせてしまった」

このように、明らかに自分に原因があり相手を怒らせてしまった時ほど、気まずいことはありませんよね。

解決策
・丁寧に謝る
・「これからもよろしくお願いします」と伝える
・許してもらった後は自分から元気に挨拶をする

これらに加えて、許してくれてホッとした気持ちを伝えると、より関係が良くなる可能性があります。人間らしさを感じることで親近感が湧くかもしれません。

 

怒られた時は信頼を得るチャンスでもあります。上手に謝ることができてその後に引きずらない人には、「今後も気持ちよく一緒に仕事ができそうだ」とそれを機に可愛がられることもあるのです。

 

相手にとっても、謝ってもらいその後円滑に一緒に仕事ができることは喜ばしいこと。怒る方も「嫌われる」覚悟をもって怒り、そこにはかなりの精神的エネルギーを要します。気まずくなり、社内の空気が重くなることで「やはり怒らなければ良かった・・・」と公開しているかもしれません。

 

これを機に怒られ上手になってみてはいかがでしょうか。

関連どうしよう!!仕事で焦る気持ちを落ち着かせる3ステップ

社内で嫌われているとき

もし社内で嫌われていて悩んでいる人がいたら、私は声を大にして「おめでとう」と言いたいです。

 

先にも書きましたが、私は「社内でおまえを好きなヤツは一人もいない」と上司に言わしめたことがあります。その言葉に深く傷ついたと同時に、肩の力が抜けて気持ちがふわっと楽になりました

 

嫌われているのなら、好かれるためにもう何も気を遣わなくて良いのです。目の前のやるべきことだけに集中できるので仕事が進み、気兼ねなく定時で帰ることも可能です。

 

好感度が高い人は少し嫌な顔をしただけでガッカリされてしまいますが、そもそも嫌われていたら自分のゴミをゴミ箱に捨てただけで「良い人」と思われることもあります。

 

基本的な挨拶と仕事さえきちんとできれば求められる居場所はあります。

 

同僚に合わせて会社への不満を言っていても会社員人生は何も変わりません。会社だって会社への不満で盛り上がり雰囲気を悪くする社員よりも、きちんと挨拶もできて黙黙と仕事をこなし、会社のことを考えてくれる社員の方が大切なのです。

 

今自分を嫌っている人は、あなたにとって本当に仲良くなくてはいけない人ですか?一緒にいても疲れてしまう人だったり、良い影響がないと思う人なら嫌われたことはまさにラッキーです。

 

見ている人は見ていますし、そこにいる誰よりも気楽に飄々と、堂々と仕事ができるはずです。

 

ただし、全うに評価を受けるためにも、嫌われている時こそ基本的な挨拶と自分の仕事はしっかりしましょう。

関連Let It Go!ありのままの自分を受け入れて!自己受容の意味と方法

社内で嘘の噂を流されているとき

ありもしない噂話を広められ悩んでいる人もいるでしょう。そんな時に大切にしたいことは、3つ。

解決策
・態度を変えない
・悪口を言わない
・苦手だと思う人にこそ、あえて周りの目があるところで自分から挨拶をする

常に冷静に自分の土俵で対応しましょう。周囲への分け隔てのない一貫した態度は信頼に繋がり、反応が徐々に変わっていくことが分かるはずです。

 

打算的ではありますが「周りの目があるところ」がポイントです。自分で思うよりも周りの人は見ています。

 

どんなに挑発されても、理不尽なことがあっても、相手の土俵に乗ってはいけません。そこで感情的になってしまえば相手の思うつぼ。

 

感情的になればなるほど周りからは「やはりこういう人だったのか」と見られてしまいます。

関連気持ちを切り替えるための3ステップ【心のマネジメントもできる人に】

辞めるかどうかの判断基準

無理に仲良くすることもありません。無理に解決しようとすることもありません。

それでも辛い気持ちが続くようなら、以下の基準を参考に判断しましょう。

・長期休暇でリフレッシュできるか
・体調を崩しているか

過度なストレスは健康に影響を及ぼします。心身の健康があってこその仕事なので、体調を崩していたら無理せず退職を考えましょう。

 

人間関係のトラブルが理由での退職は決して甘えではありません。自分だけで変えられる問題ではないので、もしかしたら一番解決が難しいトラブルなのではないでしょうか。

 

また、上司も先輩も社長でさえも、人間関係の悩みは必ず誰しもが抱いたことのある悩みです。それがどれほど辛いものかも想像に難くないでしょう。

 

ただし転職理由が「人間関係」のみだと、転職しても人間関係が悪化したら辞めてしまうのではないかと判断されることも。

 

転職をする場合はしっかりと自己分析をした上で、ビジネスプランを描き、新しく見えてきた目標を動機に加えましょう。

関連辞めるのちょっと待った!仕事を辞めたいときに試してほしいこと 関連「仕事から逃げたい=甘え」じゃない!迷ったら問うべき3つの質問

耐えられない時は退職代行を利用しよう

人間関係に大きな問題を抱えている場合、「一刻も早く退職したい」「直接辞めると伝えるのは大きなストレス」と感じる人も多いでしょう。

 

そんな人には、退職代行がおすすめ。あなたの代わりに会社に退職の意思を伝えてくれるので、気まずい思いをせずにすみます。

 

・周りの目が気になる人
・なかなか言い出せずに毎日を過ごしている人
・ハラスメントを受けている人

このような人は、退職代行を利用すればスムーズに辞められるでしょう。きっとストレスからも解放されるはずです。不安な場合は、まずは退職代行サービスに相談してみましょう。

 

退職代行のおすすめサービス
退職代行Jobs

・顧問弁護士監修
・入金前に無料相談可能
・入金後の相談回数無制限
・プレゼントあり(退職届/業務引継書テンプレートなど)

まとめ

合わない人がいるのは当たり前。嫌いな人がいなさそうなベストセラーの本も大スターも、賛否両論必ずあります

 

可もなく不可もないということは、誰にも響いていないこと。可もなく不可もない人よりも、誰か一人に強烈に響くものを持っている人の方が素敵だと思うのです。

 

上手くいかないことがあっても、自己否定をするのはやめましょう。人間関係のトラブルは、自分を解放し認めるチャンス。強ばった肩の力を抜いて、鼻歌を歌うように生きていけたら素敵ですね。

英単語を覚えてお小遣いを稼ごう!ENGDOM

 

「勉強を頑張ったらお金をもらえる。そんな夢のようなサービス、あるわけないか」

実はその望み、『ENGDOM(イングダム)』でなら叶えられます!TOEIC頻出英単語のテストを受けて正解するだけで、報酬がもらえるのです。

 

溜まったポイントはAmazonギフト券とも交換可能!勉強を頑張ったご褒美になりますね。

 

通勤中、家でごろごろしている時、ENGDOMで勉強しながらお小遣いを稼ぎましょう。

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】