「人と関わりたくない」と感じるのはなぜ?原因・対処法・おすすめの職業

「人付き合いに疲れた。でも明日も仕事だ・・・」

 

「誰にも干渉されず気を遣わず1人で過ごしたい」

このように人と関わりたくないと感じることはありませんか?

 

テレビなどのメディアでは、あたかもたくさんの友人や家族に囲まれていることが幸せのカタチであるかのように映し出されていて、「人と関わりたくない私は、おかしいのかもしれない」と不安に思う方もいるかもしれません。

 

「辛いな」と思いながら無理に人と関わろうとすると、余計にストレスを溜めてしまい、心身ともにさらに悪い影響が。

 

この記事では、人と関わりたくないと感じてしまう原因や対処法、人とのコミュニケーションが最小限の仕事を紹介します。

 

人間関係に疲れてしまったり、人とのコミュニケーションが面倒くさいと感じていたりする人は、ぜひ参考にしてくださいね。

「人と関わりたくない」原因

 

人と関わりたくないと感じるのは、なぜなのでしょうか。人によって原因はさまざまですが、ここでは、人と距離を置いてしまう原因の一例を紹介します。

疲れている

仕事やプライベートにおいて、欠かせないコミュニケーションですが、無意識に相手の表情を伺ったり、言い回しを考えています。

 

そうした気遣いや労力が疲れとなってしまい、心に余裕のない状態を作り出してしまうのです。

 

そして「これ以上面倒なことを増やしたくない」と人との関わりを避けたくなる心理に陥ってしまうのです。

プライドが高い

プライドが高いことも、人と関わりたくないと感じる1つの原因になり得ます。

 

プライドが高い人は、いじられたりからかわれたりするのが嫌いなもの。

 

1度いじられたりからかわれたりすると、自分の理想とかけ離れていじられたという事実が許せず「人と話しても馬鹿にされるだけだ」「みんな本当の自分をわかっていない」と、人と関わることに嫌気がさしてしまうのです。

 

また、プライドが高い人は「自分は人とは違う」という思いも強いので、他の人と同じように仲良くしたり、コミュニケーションを取るのが嫌だと感じて人との関わりを避けている人もいるでしょう。

 

無駄なプライドを捨てたい!もっと楽に生きたい!!プライドが高い人の特徴・原因・改善方法

人とのコミュニケーションが苦手

もともと人とのコミュニケーションが苦手で、あまり人と関わりたくないと感じている可能性もあります。

 

自分の主張がうまく伝えられなかったり、相手が何を求めているのか理解できなかったりして誤解を生んでしまうことが怖くて、コミュニケーションに対して苦手意識を持ってしまっているのです。

 

人見知りで「初対面の相手に何を話していいかわからない」と会話の流れに不安を持っている人もいるでしょう。

 

また、コミュニケーションが苦手な理由のひとつとして、「相手が有意義に過ごしてほしい」と考えすぎている可能性も。

 

無意識で自分に課しているプレッシャーが、コミュニケーションを苦痛にさせているかもしれないのです。

自分に自信がない

自分の見た目や性格、スキルなどにコンプレックスがあり、堂々と人と関わり合えない人もいます。

 

他人から見たらさほど気にすることではないのかもしれませんが、「コンプレックスを指摘されたらどうしよう」と不安になり、自分の殻に閉じこもってしまっているのです。

トラウマがある

大切な人に裏切られた過去のトラウマがあり、あえて人と距離を置いているケースもあります。

 

過去の相手とは違う人でも、1度裏切られてしまうとまた人を信じるのが難しくなってしまいますよね。「また裏切られるのではないか……」という不安感から自ら人と距離を置き、打ち解けないようにしているのです。

「人と関わりたくない」対処法

 

上記で紹介したように「人と関わりたくない」と感じる原因の多くは、自分の中にあることが多いもの。

 

「人と関わりたくない」と感じたら、自分と向き合うことが1番の近道です。ここでは「人と関わりたくない」ときの具体的な対処法を紹介します。

ひとりの時間でリフレッシュする

人と関わりたくないと感じたら、有給を使って会社を休んだり、スマホの電源を切ったりして、人と距離を置いて1人になる時間を作りましょう。

 

無理に人に合わせて付き合っていても、ストレスや疲れがたまってしまうだけです。

 

まずは自分のために時間を使うことを意識して、美味しいものを食べたり、マッサージに行ってリフレッシュしたり、自分のわがままに思いっきり付き合ってあげましょう

 

頭と体がスッキリすると、「人と会って話したい」「誰かと過ごしたい」と意欲的になってくるかもしれませんよ。

コンプレックスも含めて自分を受け入れる

人にいじられるのが苦手だったり、コンプレックスがあって自信を持てないのであれば、そんな自分を受け入れるように練習しましょう。

 

自分を受け入れるようにするには、まず自分を非難する声の存在に気づき、その時どのような気持ちになったのか紙書き出してみましょう。

 

例えば自分がいじられたときに、「いじられるところがあるなんて自分はダメな人間だ」と、あなたの中にある声を聞くのです。

 

これを聴き続けてしまうと自己否定が強まってしまうので、今度はそのときにどのような感情を抱いたのか向き合って、それも書き出してみましょう。

 

「気になっているところを指摘されて悔しい」と自分の気持ちにフォーカスしてみてください。一度自分の感情に向き合うことで、冷静に自分自身を受け入れることができます。必要以上に自己否定することを避ける効果があるのです。

 

最後にこれらを「リフレーミング」と呼ばれる、物事を別の見方をして感情をコントロールする方法を実践します。

 

あなたが指摘され悔しい思いをした短所は見方を変えると長所にもなるのです。例えば「ネガティブである」は欠点のように見えますが、「慎重に物事を考えられる」とも考えることができます。

 

これらを頭の中で行うだけでなく実際に紙に書いて客観視すると、今後どのように向き合っていくべきか冷静に対策を考えられるのです。

 

Let It Go!ありのままの自分を受け入れて!自己受容の意味と方法

 

書き出すことでストレス解消!?感情を紙に吐き出そう!【方法・効果】

コミュニケーションスキルを鍛える

コミュニケーションスキルを鍛えると不安になることなく会話できるようになるため、人と関わることに対するストレスも軽減されます。

 

会話で意識するポイントを簡単に紹介します。

 

・相手の話をしっかりと聞いて共感する

・キャッチボールを意識して受け答えする
・相手との共通点を話題に出す
・相手の話に興味を持つ
・笑顔で対応する

まずはしっかりと好奇心を持って話を聞いて、相手が話しやすい雰囲気を作るのが大切です。その中で見つけた共通の話題や気になったことを質問してみましょう。

 

最初はうまくできなくても大丈夫。失敗を重ねて学び、上達していくのです。自分への期待感が高すぎてしまうと、失敗を恐れて余計に人と関わることが嫌になってしまいます。

 

まずはスムーズな会話の流れを押さえ、気軽な気持ちで実践してみましょう。

 

コミュニケーションスキルはYouTubeなどの動画サイトでも上手な人から学べるので、もっと詳しく学びたい方はぜひ検索してみてください。

 

プライベートだけでなくビジネスにも役立つスキルなので、仕事の成果にもつながります。

 

【共感力とは】共感力で人間関係が上手くいく!日常でできるトレーニング方法を紹介

少しずつ人を信じてみる

人に裏切られた経験がある人は、この先なかなか人を信じることが難しく「一人でいたい」と思うかもしれませんが、少しずつ信じる練習をしてみましょう。人は一人では生きていけないもの。

 

まずは家族や幼馴染など、1人でも信じられる人を見つけてみてください。範囲を広げてしまうと誰も信じられないような状況に陥ってしまいますが、身近にいる人なら信じられるはずです。

 

あまり人を信じられない人はたくさんの人と関わるよりも、信頼できる気心のしれた少人数の知人との付き合う方が向いている可能性があります。人数が少ない分、感謝を伝えたり、同じ時間を過ごしたり相手のことを大切にできるのです。

 

また、他人を期待しすぎないようにしましょう。過度に相手を期待してしまうと「裏切られた」と思ってしまいます。

 

自分は自分、人は人と分けて考えることで、相手が自分の予想と異なる行動をしても、気にならなくなりますよ。

 

信じたいのに信じられない!!人を信用できない原因と信用できるようになる方法

 

【期待って悪いこと?】他人に期待しすぎない人になる方法とそのメリット

人と関わりたくない人に向いている仕事とは

 

対処法を試しても「人と関わりたくない」と感じる人もいるでしょう。そんな人にとって、毎日同僚や上司と顔を合わせる必要がある会社勤務は辛いはず。

 

しかし、無理して必要以上の人と関わることはありません。

 

そんな人におすすめなのが在宅ワークができる仕事。在宅でできる仕事なら必要最低限のオンラインでのやりとりで仕事が進められるため、人との関わりを減らせるのです。

 

在宅ワークできる代表的な仕事を紹介します。

ウェブデザイナー

個人や企業から依頼され、ウェブサイトのデザインを行う仕事です。

 

資格は特に必要ありませんが、「Illustrator」や「Photoshop」などのグラフィックソフトやウェブサイトを構築するためのHTMLやCSSと呼ばれるプログラミング言語を使いこなせるスキルが求められます。

 

クライアントと相談しながら進めていく作業なので、多少のコミュニケーションは発生します。

 

しかし、具体的にどのようにデザインするのかは言葉ではなく形で見せられるので、会話でのコミュニケーションが苦手でも、工夫次第で相手に自分の思いをしっかり伝えられるでしょう。

プログラマー

プログラマーとは、システムやソフトウェア、アプリなどの構築やメンテナンスを担当する仕事です。

 

コンピューターを動かすために、プログラミング言語を習得する必要があります。また、常に進化している分野なので、普段からの勉強は欠かせません。

 

専門知識が必要ということもあり難易度は高めですが、その分在宅ワークの中でも比較的報酬は高めです。IT業界や医療、ゲームなど幅広い分野で、今ニーズが高まっている職業になっています。

ライター

今読んでいるウェブ上のこのような記事や、紙媒体の文章など、さまざまな分野で執筆する仕事です。

 

会社で専任のライターを募集する場合もありますが、委託業務でフリーランスと契約しているメディアのライターの募集も多く見られます。

 

編集者とのやりとりや取材など、人とのコミュニケーションが発生する場面は多少ありますが、基本的に記事を作っていく作業は1人で進められます。

 

ニッチな分野もニーズがあるので、自分の得意分野を活かせる仕事と言えます。

データ入力

調べ物をまとめたり、数字分析や調査結果のテキストなど依頼されたデータを入力していくお仕事です。

 

資料の電子化が進んでいる今、需要があります。コツコツと作業を進められる人におすすめです。

翻訳家

海外の記事や読み物を日本語に訳す仕事です。日本語を外国語に訳すパターンもあります。

 

必要なのは語学力。「TOEIC」など、外国語の試験を受けておくと語学力の証明になります。翻訳するジャンルの専門知識があると、さらに活躍できるでしょう。

 

クラウドソーシングでウェブ関連やマニュアル、論文などさまざま媒体で翻訳する依頼が募集されています。

動画編集・作成

会社からの依頼を受け、クライアントの要望に合わせて企業の会社説明会やイベントで流れる動画を作成する仕事です。

 

また、動画作成と似たような仕事で、楽曲の作成を在宅で行う人も。どちらも動画・音楽のソフトを使いこなすスキルが必要です。

まとめ

 

休む間も無く目まぐるしい日々を送っていると、人と関わりたくないと思う状況があってもおかしくありません。それは休息が必要だという、体と心のサインです。

 

人と関わりたくないときは、自分を見つめ直す時間にしましょう。

 

大切なのは、自信のない自分や人と関わるのが苦手な自分を受け入れてあげること。人と関わりたくないと感じる自分を責めてはいけません。

 

理解してくれる友人とコミュニケーションの練習をしたり、人との関わりが最小限のお仕事したり、回避できる方法はいくらでもあります。

 

苦手なことよりも得意な分野やできることから少しずつ始めて、焦らずに自分らしく生きる道を探していきましょう。

24時間対応、エキサイトお悩み相談室

「悩みを誰かに聞いてほしい」
「でも身近な人にはどう反応されるかが怖くて、相談しづらい」

こんな誰にも言えない悩みを抱えている人におすすめなのが、エキサイトお悩み相談室。プロのカウンセラーが24時間365日あなたの悩みを聴きます。

 

カウンセラー例
・得意分野:キャリアや職場の人間関係
・国家資格であるキャリアコンサルタント資格取得
・行政機関やNPOでカウンセラーを経験

今なら新規登録で1000円分の相談が無料!まずは無料会員登録してあなたに合ったカウンセラーを探しましょう。

 

エキサイトお悩み相談室の特徴・口コミ・おすすめな人

 

 

【カウンセラーに無料相談してみる】

24時間対応、エキサイトお悩み相談室今なら新規登録で1000円分の相談が無料

「悩みを誰かに聞いてほしい」「でも身近な人にはどう反応されるかが怖くて、相談しづらい」こんな誰にも言えない悩みを抱えている人におすすめなのが、エキサイトお悩み相談室。プロのカウンセラーが24時間365日あなたの悩みを聴きます。まずは無料会員登録してあなたに合ったカウンセラーを探しましょう。

無料相談はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】