事務職はつまらない?そう思ったときに振り返りたい3つのこと

事務 つまらない

「事務はつまらない」そう悩んでいませんか?

 

データ入力や書類のチェック、毎日やってくる事務作業。事務職のみなさんは毎日これらと戦っています。忙しさの中に楽しさもあり、充実した生活を送っている人も多いでしょう。

 

ただ、「事務職を何年も続けているけれど、毎日事務仕事でつまらなくなってきたな…このままでいいのかな?」と悩む人もいるのではないでしょうか。

 

この記事では、筆者自身の営業から営業事務に転身した経験を踏まえた「事務職がつまらない」と感じてしまう理由・対処法をご紹介します。毎日仕事に行くのが楽しみになる、そんな情報をお届けします。

事務職がつまらない理由

まずはじめに、事務職がつまらないと感じてしまう主な理由を挙げていきます。もしかしたら、あなたにあてはまる理由があるかもしれません。

何のための作業なのかわからないから

作業を淡々とこなしているだけの毎日になっていませんか?

 

「あー、やることが山積みだ…」「この業務、やる意味あるの?」と思うときもあるでしょう。そんなときは、自分の作業の行く末をイメージできていないことが理由かもしれません。

例えば以下のことを把握していますか?

・全体の業務の中でどこを任されているのか
・次工程の担当者は誰なのか
・どんな人が完成品を使うのか

このような「自分の業務が全体の流れのどの部分に当たるのか」イメージする癖がないと「つまらない作業ばかり」と思ってしまいます。

 

行く末が想像できないために、先の展開が読めず、指示待ちの状態になってしまう場合もあるようです。

暇だから

業務時間中の暇な時間は、意外と辛いものです。

 

事務職はほとんどの場合、受注など何かイベントが発生してから役割が回ってきます。そのために、待ちの状態になってしまうことも。その時間も給与が発生していることに、罪悪感を覚える人もいるでしょう。

 

そもそもなぜ暇なのか、考えてみましょう。

・閑散期である
・もともと忙しい部署ではない
・人が足りている
・あなたの仕事が速い
・仕事を任せてもらえない

他の人よりも仕事を任せてもらえない場合、ミスが多かったり、納期に遅れてしまっていませんか?一度振り返ってみましょう。

外出を伴う業務がないから

営業から事務職に転身した人にはあてはまるのではないでしょうか。筆者はそうでした。

 

営業として働いていた時は、毎日商談で外出をしていました。少し変に聞こえるかもしれませんが、支払いの催促やクレーム対応も、今となっては楽しかった思い出です。

 

事務職ではこれらすべてがなくなりました。事務仕事ばかりこなす毎日、とても物足りない気持ちを抱いていたことを覚えています。

 

そんな時は先輩や上司にお願いして打合せに同席するなど、社外の人と話す時間を敢えて設けていました。

 

まだ事務職しか経験のない人は、社外の人と会うことはハードルが高いと感じるかもしれません。もし機会があれば、ぜひ参加してみましょう。

 

話を聞くだけでも、仕事のヒントを得られることもあります。

事務仕事に向いていないから

「事務仕事は誰にでもできる仕事ではない」と、筆者は思います。書類の作成やデータの入力など、決して楽な仕事ばかりではありません。

 

筆者の経験から、下記の能力を備えた人が活躍するようです。

・ミスなく正確に作業できる
・マルチタスクをこなせる
・素早く判断できる
・コミュニケーション能力がある

これらが苦手な人や「当てはまるものがない」と思う人も、まだ挽回できます。意識を変えれば、きっと克服できます。

 

周囲でマネできる先輩がいたら、こっそり参考にさせていただきましょう。

事務職がつまらない時の対処法

事務職がつまらない理由がわかったら、次は対処法をチェックしてみましょう。明日からの仕事があなたにとって楽しい時間になるヒントになりますように。

自分の作業の立ち位置を理解する

「事務職がつまらない理由」でも紹介した、「何のための作業なのかわからない」の対策にあたります。

 

今自分が取り掛かっているものがこの先どんな影響をもたらすのか、想像してみましょう。わからない場合は先輩や上司に尋ねてみると、詳しく教えてくれるはずです。

「この作業の先にうちの製品を待っている、こんな人がいる」
「この業務は、社内プロジェクトの重要なパートを担っている。

この業務がなければ売上が上がらないのも同然だ」

自分が携わったものが誰かのためになる、そう思うとやる気が出てきませんか?

 

先が見通せるようになれば、「この作業、改善できそう」「次工程の担当者へのパスのしかた、こっちのほうがいいな」とアイディアがわいてくることもあります。

 

これを同僚や上司に提案して運用されれば、あなたの評価が上がるかもしれません。

関連【たった3つを意識】仕事の悩みを上司に相談しやすくなる方法

プチ目標を立ててみる

ささやかな目標を立ててみる方法はどうでしょうか。ゲーム感覚で取り組めるので、達成したときに少し嬉しくなります。筆者は下記のような目標を立てていました。

・作業完了までの時間を10分→8分に短縮する
・1日1回、同僚から「ありがとう」と言われるような行動をする
・書類を3件処理したらチョコレートを食べる
・依頼主の期待を超えてびっくりさせてみる

上記はほんの一例です。簡単なことでも、クリアできれば「私、意外とできるじゃん」と達成感を覚え、やる気がでてきます。

 

「次はどんな目標を立てようかな?」と明日の仕事も楽しくなるかもしれません。

気分転換の時間を取り入れてみる

もしかして、頑張りすぎていませんか?相次ぐ事務作業で心の余裕がないために、つらいと感じているかもしれません。思い切ってリフレッシュする時間を取ってみることも有効です。

 

仕事に一生懸命な姿も素敵ですが、肩の力を抜いてみましょう。

・作業が立て込んだとき、5~10分休憩する
・雑談してみる
・簡単なストレッチをする

気分転換している間に、仕事のアイディアが浮かんでくることもあります。同僚との雑談中に悩んでいることの解決方法をひらめいたり、良いことばかりです。

関連【間違った息抜きしてませんか?】仕事での息抜きの重要性と正しい息抜きの方法

プライベートを充実させる

「なにを試しても、つまらない!」と思ってしまったあなた。残念ながら、もう職場には解決策はないのかもしれません。

 

ここは思い切って、職場の外に心の拠り所を作りましょう。例えば趣味をエンジョイすることを毎日の目標にして、仕事は仕事で割り切ってしまう。

 

仕事をしながらでも下記のような楽しみ方があるでしょう。

・定時退社して、習い事に通う
・休みの日に、思いっきりアウトドアや旅行を楽しむ
・有給をまとめて取得して、好きなことだけに集中する

「この業務が終われば、大好きな映画が見れる…!」「今日頑張れば、明日から旅行!」と思えば、つまらない仕事も頑張れそうだと思いませんか?

関連【即解消】仕事のストレス発散方法50個大集合|自分に合うものを見つけよう

事務職がつまらなくて転職する前に考えたいこと

「それでもやっぱり転職したい」と思う場合は、いったん自分の気持ちを確かめてみましょう。ここでは、振り返っておきたいポイントを3つご紹介します。

なぜ転職したいのか?

どうして転職をしたいと思っているのでしょうか?この記事を読んでいるあなたは、きっと「別の職種にチャレンジしたい」と思っているのではないでしょうか。

 

まずは下記のポイントについて考えてみましょう。

・事務職から転身したい理由
・挑戦してみたい仕事

ハッキリ答えが出ないなら、まだ転職すべきではないのかもしれません。転職したい理由が明確でないと、転職先でもうまくいかない可能性があります。

本当に転職したいのか?

「転職」という選択は、いまのあなたにとって正解なのでしょうか。これも考えておきたいポイントです。

 

転職よりも異動のほうが、会社が変わらないため環境の変化によるストレスは低いです。挑戦したい仕事が社内にあるなら、異動することで解決できるかもしれません。

 

もし今の職場には活躍できるポジションがないなら、そこから転職を考え始めても遅くありません。

 

最近は社会人インターンを行う会社も増えています。1日限定で行われることも多いので、お試しで働いてみてから判断しても良いでしょう。

将来どうなりたいのか?

仕事とプライベート、将来なりたい姿はありますか?転職するにあたり、同時にライフプラン・キャリアプランを考えることをおすすめします。

 

結婚・出産・住宅購入・親の介護など、ライフイベントがこれからあなたを待っています。また、昇進や独立など、仕事の面でも環境の変化があるかもしれません。ライフプランによっては、昇進だけが最善のキャリアではないかもしれません。

 

せっかくの転職、人生も思い通りに過ごしたいですよね。将来が楽しくなるような選択ができるようにプランを練ってみましょう。

関連キャリアプランとは何か?読んですぐ真似できる例文・事例・書き方・考え方

最後に

事務職は、会社やビジネスを支える「縁の下の力持ち」的存在です。なくてはならない存在だと、筆者は考えています。

 

「これだから事務方は…」と悪く言う人もいますが、胸を張って「そんなことない!」と言い返してもいいでしょう。

 

だからこそ、何気ない毎日のなかに楽しく働くきっかけ見つける、そんなお手伝いができれば嬉しいです。

ビジネスパーソンに欠かせないアプリ!『flier』

 

仕事の効率や収入を上げるために欠かせないのがビジネス本。なんと、平均1000万円稼ぐ人は、平均年収層(432.2万円)の人の3倍以上ビジネス本を読んでいるそう!読書量は収入アップにも繋がります。

 

しかし、なかなか時間がとれなかったり、どの部分が重要かわからなかったり、継続するのは難しいですよね。

 

そんな人におすすめなのが、本の要約が読める『flier。本の内容がわかりやすくまとめられているので、普段は2~4時間かかる内容も約10分で読めます。覚えやすく実践にも活かせるので、収入アップが期待できるでしょう。

 

まずはアプリをダウンロードしてみましょう。(flierをダウンロード

 

参考データ:ハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」 今どき 1,000 万円プレイヤーの「読書事情」を徹底調査

 

関連flierで年収が上がる?注目の本要約アプリの評判・注意点

24時間対応、エキサイトお悩み相談室今なら新規登録で1000円分の相談が無料

「悩みを誰かに聞いてほしい」「でも身近な人にはどう反応されるかが怖くて、相談しづらい」こんな誰にも言えない悩みを抱えている人におすすめなのが、エキサイトお悩み相談室。プロのカウンセラーが24時間365日あなたの悩みを聴きます。まずは無料会員登録してあなたに合ったカウンセラーを探しましょう。

無料相談はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】