女性が正社員になるメリットはない?やり直し不可の選択に欠かせない知識

女性 正社員 メリット

将来を考えるとき、まず初めに「結婚」や「出産」を思い浮かべる女性は多いのではないでしょうか。「結婚・出産後も正社員で働き続けるほうがいい」と話す人は多いけれど、一方で「子育てと仕事の両立はできるのだろうか」と不安に思う人も少なくありません。

 

そんな中、将来のキャリアを考えるのと一緒に人生の計画を立ててみると意外なヒントが転がっていることがあります。まずはその第一歩として、女性が正社員になることのメリットとデメリットを確認していきましょう。

女性が正社員になる3個のメリット

女性 正社員 メリット

女性が正社員になるメリットを3つ挙げてみました。

産休・育休を取得できる

正社員であることの一番のメリットは、産休・育休が取得できることです。出産を機に退職することなく、復帰ができます。一度退職してしまうと、出産後の再就職は育児を理由に大きくハードルが上がってしまうので、この点は重視したいところでしょう。

 

「就業後1年が経過していること」や「育休期間終了後も勤務し続けること」など、会社によって産休・育休取得可能な条件が異なります。事前によく調べておきましょう。

 

他にも、結婚休暇(一般的には5日~7日)を取得できる会社もあります。

スキル・経験を積みやすい

正社員でいることで、どんどん責任のある仕事を任されるようになります。

 

事業の責任者や部門のリーダー、新人教育など、こうして積んできた経験はあなた自身の武器です。この武器があれば多くの会社で必要とされる人財となれるでしょう。

 

結婚・出産をしなくても、自分の病気やケガ、親の介護で離職してしまう可能性も否定できません。不測の事態に備えて、一度離職した後の復帰チャンスを逃さないよう自身のスキルを磨くように心がけましょう。

「自立している」印象を与えられる

「正社員で働いている」というだけで自分の力で稼ぐ自立した女性だという印象を持たれることがあります。不景気な世の中、「家計を支えるために奥さんにも正社員で働いていてほしい」と希望する男性も少なくありません

 

。正社員で働いていれば、将来は安泰だと安心してくれる男性がいるかもしれません。また、結婚する前から考えたくないことですが、正社員で働き続けていれば将来のパートナーの失業や離婚といった事態が発生しても収入が途切れるようなピンチは避けられます。

女性が正社員になるデメリット

女性 正社員 メリット

女性が正社員になるデメリットもあります。事前に理解しておきたい3つを挙げてみました。

仕事中心の生活になりがち

正社員になると、フルタイム勤務が一般的です。また時には、残業や遠方への出張、休日出勤が発生することもあるでしょう。仕事もプライベートも充実させることは、そう簡単なことではありません。(趣味優先の生活趣味100種大全

 

仕事とプライベートのバランスをきちんと取りたい方であれば、事前の会社選びは慎重に。最近では、リモートワークや時短勤務を認める会社も増えており、また休暇を取りやすい制度が整っている会社もあります。転職活動をこれから始める人は、入社前の段階で残業・出張・休日出勤の有無やその頻度をチェックしておきましょう。

責任が大きい

正社員は、責任の大きな仕事を任されやすいです。ミスの許されない状況に陥ったり、前例のないような任務を与えられたりと、負担を感じることも増えるでしょう。

 

正社員になるのであれば、度重なる重圧に屈しないも負けないほどのメンタル・体力が求められます。ただでさえ忙しいのに、結婚・出産が加われるとなれば、どうなるでしょうか?正社員が受ける責任の大きさは考慮しておかなければいけません。

 

 

また反対に、女性だからと逆に甘く見られ、仕事をもらえなかったり、成果を出しても評価されなかったりと、悔しい思いをすることもあり得ます。必ずしも、期待するような責任が与えられるとは限らないケースも想定しておきましょう。

転勤を命じられることがある

正社員であれば、女性であっても男性であっても転勤を命じられる可能性があります。女性だからといって拒否することは難しいものです。

 

できるだけ転勤を避けたい方は、そもそも転勤のない会社を選ぶのが先決。しょう。既に転勤の可能性がある場で働いているのであれば、転勤のない部署を希望する/異動する準備を進めましょう。

女性が正社員になる前に考えておいた方が良いこと

最後に、女性が正社員の道を選ぶ際に、事前に考慮しておきたい3つのことを挙げておきます。

結婚・出産のタイミングに目星をつけておく

結婚も出産も一人では決められませんが、時期の目安は決めておいたほうが良いでしょう。20代のうちに結婚・出産をして産休・育休を経て復帰していく道もありますし、仕事に慣れてまとまった貯金ができる30歳前後で結婚・出産をする道もあります。

 

人生経験の豊富な女性の先輩に相談すれば、「結婚・出産までに何を準備しておけばいいのか」、「『これをやっておけば良かった』と思っていることはないか」など、具体的なアドバイスをもらえるはずです。自分の選択肢に自信を持てるように準備をすすめておきたいですね。

選択肢を増やしておく

正社員の他にも、パートや派遣社員、フリーランスなど、様々な働き方があります。「正社員でないとダメ」という固定概念を取り払いましょう。

 

どの働き方にも、メリット・デメリットがあります。事前にきちんと情報収集をし、自分がほんとうに優先したいことを実現できる選択肢を選びましょう。

譲れないポイントを固めておく

人生において譲れないことを先に決めておきましょう。そうすると、周囲の人に相談しておきたいことや必要な情報が見えてくるはずです。具体的には下のような質問が挙げられます。

「子供が欲しいのか、欲しいなら何人?」
「そもそも結婚後に私は働きたいのか?」
「それはどうしてだっけ?」

「私が働くなら家事の分担はどうする?」
「パートナーが転勤になった時は、私は一緒について行きたい?」

一生に一度の人生だからこそ後悔がないように考えておきたいですね。

最後に

女性が正社員で働くメリット・デメリットをまとめてみました。自分のなりたい将来像を想像したら、それに近づくための道のりを考えてみましょう。

 

さらに、今持っているスキルや経験を棚卸しして、まだ足りていないスキルや経験を補うには何をすればいいのかを考えてみると、その道のりが人生計画やキャリアプランに早変わりします。そうすれば、正社員という選択肢が自分自身にとって適しているのかどうか見えてきます。

 

今回ご紹介したことを参考に、自身の将来について思い描いてみてください。考えがまとまらないときや不安が残るときには、身近な人やキャリアアドバイザーに相談してみる方法も試してみましょう。

ビジネスパーソンに欠かせないアプリ!『flier』

 

仕事の効率や収入を上げるために欠かせないのがビジネス本。なんと、平均1000万円稼ぐ人は、平均年収層(432.2万円)の人の3倍以上ビジネス本を読んでいるそう!読書量は収入アップにも繋がります。

 

しかし、なかなか時間がとれなかったり、どの部分が重要かわからなかったり、継続するのは難しいですよね。

 

そんな人におすすめなのが、本の要約が読める『flier。本の内容がわかりやすくまとめられているので、普段は2~4時間かかる内容も約10分で読めます。覚えやすく実践にも活かせるので、収入アップが期待できるでしょう。

 

まずはアプリをダウンロードしてみましょう。(flierをダウンロード

 

参考データ:ハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」 今どき 1,000 万円プレイヤーの「読書事情」を徹底調査

ライター未経験者大歓迎『みんなのキャリア相談室』ライター募集中

キャリアに関するあらゆる悩み解決メディア『みんなのキャリア相談室』では、記事ライターを募集しています。 私たちが目指しているのは、1人1人が自分のキャリアアップを目指して多種多様なキャリアを自由に選択できる社会。 「周りの人に認められたい」 「社会に貢献して、もっと輝きたい」 「自分らしい働き方を見つけたい」 このように 「キャリアアップしたいけど、自信がない」という人の背中を押せるような記事を日々投稿しています。 あなたもライターとして、キャリアに悩む人のサポートをしてみませんか?

「みんなのキャリア相談室」ライター応募はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】