転職活動における仕事の探し方【完全版】

転職を決めたはいいけれど、仕事の探し方が分からず悩む人も多いでしょう。

 

「どうすれば自分に合った仕事を見つけられるのだろう・・」

 

「転職サイトと転職エージェントの違いって何?」

 

「転職を失敗するのが怖くて、なかなか仕事選びが進まない」

転職における仕事の探し方は人それぞれ。正解はありません。この記事では、転職活動における主な4つの仕事の探し方を紹介します。

 

それぞれの仕事の探し方のメリット・デメリットを理解して、自分にぴったりの仕事の探し方を見つけましょう。

転職活動の流れ

まずは、準備から内定承諾までの転職活動の流れを紹介します。

Step1
転職活動の準備

仕事探しを行う前に、以下のような準備をしましょう。

・自己分析
・転職活動の計画
・情報収集

転職活動はやみくもにやっても成功しません。この準備を怠るとなかなか会社を決められず無駄な時間を過ごしてしまったり、転職後のミスマッチが起きる可能性が高まったりするのです。

まず、大切なのが自己分析。転職に向けて「なにがしたいのか」「どんな人生にしたいのか」などが明確になると、転職での希望条件や今の自分に必要なスキルが見えてきます。

また転職活動全体のプランを決めたり、「どんな企業があるのか」「転職活動にはどんな形があるのか」など情報収集したりしましょう。

この記事で紹介するのは、次のStep2の部分。もしまだStep1が完璧でない人はそこからやり直すことをおすすめします。

Step2
仕事探し

準備ができたら、自分が働きたいと思う会社やいい条件の求人を探しましょう。仕事の探し方は主に4つ。詳しくは3つ目の見出し「仕事の探し方」で紹介していきます。

Step3
書類作成・応募

希望の求人を見つけたら、履歴書・職務経歴書を作成して応募します。書類作成にあたり、証明写真の撮影なども行いましょう。

Step4
面接準備・面接

書類選考を通過したら、「どんな企業なのか」「どのようなことを聞かれるか」など企業研究を行いましょう。それを踏まえて面接練習を行い、本番に臨みます。

Step5
内定・退職手続き
内定を獲得したら、最後は退職手続きです。現在の職場に迷惑をかけず、新しい職場にスムーズに移れるようにマナーを守って退職手続きを行いましょう。

関連仕事を辞めるタイミングって?円満退職への4つのヒント

まずは転職の目的を明確にしよう

仕事を探し始める前に、転職の目的を明確にしましょう。決して楽なものではない転職活動。

 

何かを変えるための「手段」である転職がだんだんと「目的」になってしまい、「とにかく受かれば何でも良いや」と思ってしまうでしょう。入社後のミスマッチに繋がります。

 

あなたの転職の目的をハッキリさせるため、まずは転職を考えるきっかけとなったことを書き出してみましょう。

 

例えば・・・・

・今の仕事内容が好きではない
・上司や同僚など人間関係に悩んでいる
・収入や勤務時間、休みの日数に不満がある
・自分の力を活かせない
・スキルアップしたい
・会社の方針に共感できない
・結婚、両親の介護、子育てなどプライベートの事情で

など。

 

書き出したものへ、「なぜ?」を繰り返して深掘りしていきます。そうすることで「転職でなにを変えたいのか」「何を優先したいのか」が見えて転職の目的が明確になるはずです。

 

詳しい目的の考え方はこちら
目的を考えるコツ

仕事の探し方

転職活動における仕事の探し方は主に4種類あります。それぞれのメリット・デメリットを理解して、自分に合うものを見つけていきましょう。

転職エージェント

メリット

 

・キャリア全体の相談ができる
・客観的な価値が知れる
・非公開求人を紹介してもらえる
・面倒な手続きを代行してくれる
・履歴書・面接の通過率が上がる

 

デメリット

 

・時間を作らなければいけない
・キャリアアドバイザーを選べない

転職サイト

メリット

 

・自分の好きなように転職活動を進められる
・いつでもどこでも利用できる

 

デメリット

 

・全て自分でやらなければならない
・人気の仕事をすぐ埋まってしまう
・ミスマッチが起こりやすい

知人

メリット

 

・信頼がおける

 

デメリット

 

・絶対に受かるわけではない

ハローワーク

メリット

 

・地域に特化した求人情報が豊富
・パソコンがいらない
・職業訓練の機会を提供
・求人情報の幅が広い

 

デメリット

 

・大手の求人がない
・利用時間が限られる

転職エージェント

転職エージェントとは、転職活動全体をサポートしてくれるサービスのこと。求職者はまず登録し、キャリアアドバイザーと面談を行います。

 

その後希望条件に沿った求人を紹介してもらい、応募していくのです。書類の添削や面接練習も行ってくれます。一般的に求職者は利用料金はかかりません。

転職エージェントのメリット

・キャリア全体の相談ができる

 

キャリアアドバイザーは目の前の転職活動だけじゃなく、人生を通したキャリアの相談に乗ってくれます。

 

キャリアアドバイザーはヒアリングから求職者の「将来どんなことがしたいのか」「どんな人になりたいか」を叶えるキャリアプランを作成。それを元に、相応しい企業を紹介してくれます。

 

・客観的な価値が知れる

 

キャリアアドバイザーは友人でも家族でもない客観的な立場から、あなたの市場価値を教えてくれます。

 

自分の市場価値が分かると、今自分に必要なスキルが見えてきたり、自信が持てたりして、転職活動にさらにやる気がわくでしょう。

 

・非公開求人を紹介してもらえる

 

実は求人サイトには載っていない、求人情報があるのです。転職エージェントを利用すればそれを紹介してもらうことができるので、選択肢の幅が広がります。

 

・面倒な手続きを代行してくれる

 

転職エージェントを利用すると、面接の日程調整や内定承諾・拒否の連絡、入社条件の交渉など面倒な手続きをすべて代行してくれます。働きながら転職活動をしたい人には、特におすすめです。

 

・履歴書・面接の通過率が上がる

 

転職エージェントを利用すると、書類の添削や面接練習を経験豊富なキャリアアドバイザーが行ってくれます。

 

何人もの求職者の履歴書や面接練習を見てきた経験から、通過しやすいコツも教えてくれるので、通過率も上がるはずです。

転職エージェントのデメリット

・時間を作らなければいけない

 

転職エージェントを利用すると資料作成や面接などの時間以外に、キャリアアドバイザーとの面談や面接練習の時間などが必要になってきます。

 

そのため、自分の好きなペースで転職活動を進めたい人や、仕事の予定がコロコロ変わる人には向いていないかもしれません。

 

ただ土日や夜に面談が可能だったり、キャリアアドバイザーが自宅の近くまで来てくれたり柔軟な対応をしてくれるエージェントもあるので、ぜひ利用してみてください。

 

・キャリアアドバイザーを選べない

 

後々変更などはできる転職エージェントも多いですが、基本的に求職者はキャリアアドバイザーを選べません。

 

そのため入社間もない経験の少ないアドバイザーや、自分の利益だけを優先するアドバイザーが担当につくこともあるのです。

 

転職エージェントを利用する場合、転職活動はキャリアアドバイザーとの相性によっても左右されます。複数のエージェントを使うのもおすすめです。

関連【転職エージェントとは】転職を成功に導く活用法

転職サイト

転職サイトとはサイト内に多くの求人が掲載されており、自由に選んで応募できるサービスのこと。「マイナビ転職」や「リクナビNEXT」などが挙げられます。

転職サイトのメリット

・自分の好きなように転職活動を進められる

 

転職サイトを利用した転職活動は、転職エージェントのように他人が介入することがないため、自分のペースで好きなように転職活動を進められます。

 

・いつでもどこでも利用できる

 

転職サイトはスマホでも見られるので、移動時間や休み時間に利用できます。最近はアプリがあるサイトも増え、さらに利用しやすくなっているようです。

転職サイトのデメリット

・全て自分でやらなければならない

 

自分の好きなように転職活動を行える一方で、日程調整や入社条件の交渉なども自分ですべてやる必要があります。働きながら転職活動をしたい人には、少し辛いかもしれません。

 

・人気の仕事をすぐ埋まってしまう

 

転職サイトは誰でも登録できるため、転職エージェントなどと併用している人も多く、非常に登録者が多いのが特徴。

 

そのため人気の求人はすぐ埋まってしまい、なかなか希望通りの求人が見つからないことも多いようです。

 

・ミスマッチが起こりやすい

 

多くの求職者に応募してほしいため、転職サイトの求人には実際よりも好条件で記載されているものもあります。その情報を鵜呑みにして転職してしまうと「あれ、条件と違う」とミスマッチが起きてしまうのです。

 

口コミサイトを見たり、実際に働いている人と会ったりしてサイトに載っている情報が信頼できるものかを確かめるようにしましょう。

知人の紹介

友人や仕事でお世話になった人など、知人の紹介で転職する方法もあります。「リファラル採用」とも言われます。

紹介のメリット

・信頼がおける

 

元々知っている人なので、求職者・企業どちらも「どんな会社か」「どんな人か」が把握しやすく、比較的安心して転職活動(採用活動)を行えます。

 

内部の人の話をもとに選考に入るため、ミスマッチが起こりにくいのも特徴です。

紹介のデメリット

・絶対に受かるわけではない

 

知人の紹介だからと言って、100%受かるわけではありません。たとえどんなに仲良い友人の会社だとしても、ビジネスとなれば話は違います。

 

「絶対受かる」と安心しきって何の対応もしていないと、痛い目を見ることになるかもしれません。一般の企業と同じように、気を引き締めて選考に臨みましょう。

ハローワーク(公共職業安定所)

公共職業安定所、いわゆるハローワークは、国が運営する転職エージェントのようなものです。サービスは転職エージェントに似ていて、企業と求職者をマッチングする働きをしています。

ハローワークのメリット

・地域に特化した求人情報が豊富

 

ハローワークのメリットとしてまず挙げられるのが、その地域に特化した求人情報があることです。ハローワークは各自治体にあるため、その土地に特化した求人が多いのです。

 

「地元に戻って働きたい」人や、「ここで働きたい」と明確に希望勤務地がある人にはおすすめの仕事の探し方でしょう。

 

・パソコンがいらない

 

ハローワークを利用する場合、その場に足を運べばサービスを受けられます。そのため、WEBでの手続きなどパソコンでの作業が不要で、パソコン・スマホが苦手な人も安心して利用することができるのです。

 

・職業訓練の機会を提供

 

ハローワークでは職業訓練の機会も提供してくれます。「やりたい仕事があるのにスキルがない」人にはおすすめのサービスです。

 

・求人情報の幅が広い

 

ハローワークは企業の求人掲載も無料のため、求人数が豊富です。「転職活動の幅を広げたい」人にはおすすめです。

ハローワークのデメリット

・大手の求人がない

 

ハローワークは求人情報の幅は広いですが、管轄する地域の情報しか掲載しないため大手の求人が少ないのがデメリットです。

 

・利用時間が限られる

 

ハローワークの開庁時間は、原則8時30分から17時15分まで。また土日祝は基本的にやっていません。

 

働いている人の多くは会社を休んで行かなければならないため、「働きながら転職活動をしたい」人には難しいかもしれません。

仕事探しのコツ

転職活動を成功させるために、仕事探しのコツを紹介します。

いくつかの方法を試してみる

仕事を探すときは、1つだけに絞らずいくつかの方法を並行して利用しましょう。転職活動の視野を広げられる上、1つ目の方法で失敗しても、スムーズに2つ目の方法で転職活動を続けられるのです。

 

例えば転職エージェントを利用してキャリアアドバイザーとの相性が合わなかった場合、転職サイトを常にチェックしていれば自分で良い求人を見つけられるかもしれません。

 

転職エージェントを複数利用するのもいいですね。

関連複数の転職エージェントに登録するメリット・デメリット

条件を明確にする

企業の条件を明確にしてから、会社選びに入りましょう。条件が明確になっていないと、必要以上に悩んでしまい無駄な時間を過ごしてしまいます。

 

効率よく転職活動を終わらせるため、悩みすぎてストレスを溜め込まないために「譲れない条件/「あったらいいな」の条件/無くてもいい条件」を明確に定めておきましょう。

 

条件を明確にしても悩んでしまったら、条件を得点化して紙に書き出してみるのもおすすめです。

口コミサイトも併用する

転職サイトで見つけたり、転職エージェントから紹介された企業は口コミサイトなどで自分で一度調べるようにしましょう。

 

転職サイトや転職エージェントには、自社の利益をだすために本来よりも良い嘘の条件の求人を紹介しているものもあります。

 

信頼できる情報かどうかしっかり自分の目で確認したほうが、転職後のミスマッチを防ぐことができるのです。

“できること”から探してみる

もし仕事探し中、「やりたいことってなんだ?」「できることってなんだ?と悩んでしまったら、あらゆる角度から自分を見つめ直してみましょう。

 

おすすめの自分を見つめ直す「角度」はこちら。

1 どんな人でありたいかを考えてみる
2 長時間できることは何か考えてみる
3 人より簡単にできることを考えてみる

新たな自分の一面が見えてきて、目の前が開けるかもしれません。

関連“できること”から自分らしい仕事を発見する3つのヒント

まとめ

仕事の探し方を紹介してきましたが、どんな方法を選んだとしても大切なのは、転職する目的を明確に持つことです。

 

勢いでの転職は非常に危険なので、まず「自分がなぜ転職したいのか?」と自分としっかり向き合いましょう。

関連【仕事が嫌い】すぐ転職は危険!まず最初にやるべきこと

未経験から最先端エンジニアになるならNEXT CAREER

ネクストキャリアは未経験エンジニア専用の企業紹介エージェンシーです。 研修が充実している企業や残業が少ない企業など優良企業2000社以上の求人を保有しています。 自分に合った企業探しから、履歴書作成、面接対策、入社手続きまで専属のキャリアアドバイザーがワンストップでサポートしますので、初めて就業される方も、初めて転職される方も安心してご利用いただけます。

NEXT CAREERへ

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】