なんでバレるの?会社にバレずに転職活動するコツとバレてしまったときの対処法

在職中の転職活動で心配なのは、転職活動が会社にバレること。

 

働きながら転職活動をするのは決して悪いことではありませんが、バレてしまうと転職活動が妨害されたり、態度が冷たくなったり、リスクがあります。

 

転職活動だけでも大変なのに、「会社にバレないように」と業務中も常に気を遣わなければならないのは疲れますよね。

 

今回は転職活動が会社にバレる原因とデメリット、バレないようにするコツ、バレてしまったときの対処法を紹介します。

 

あらかじめ原因やバレないためのコツを知っておけば、バレるリスクは軽減するはずです。

転職活動が会社にバレる原因

転職活動が会社にバレる原因を紹介します。

 

事前に原因を知っておくことで、転職活動が会社にバレることは減るはずです。

服装

働きながらの転職活動は、どうしても仕事の合間や仕事終わりに面接を入れることになります。

 

その結果スーツでの出勤が増え、転職活動がバレてしまうケースが多いのです。

 

普段もスーツ着用の職場なら問題はありませんが、カジュアルスタイルが一般的な場合、「転職活動をしているんじゃないか?」と疑われます。

 

中には靴をフォーマルシューズに変えただけでバレる人もいるようです。

転職サイト

転職サイトは求職者だけじゃなく、企業も利用しているもの。企業側は、スカウト機能などで求職者の情報を見ることができます。

 

人事がスカウトしようとした求職者情報に、自社の名前が書いてあれば一瞬で会社側にバレてしまうのです。

スマートフォンの画面

電話やメールが来た時に、スマホ画面に表示される転職エージェントの名前や他社の名前から転職がバレることも。

 

スマホの画面は大きいので見ようと思わなくても、通知で画面が光れば目に入ってしまうのです。

電話対応

転職エージェントや応募した企業と電話で話している内容を上司や同僚に聞かれ、転職活動がバレることもあります。

 

社内で電話に出る場合、人目のない場所を選んだとしても近くに上司がいて話を聞かれる可能性があるのです。

休む頻度の増加

休む頻度から転職活動がバレる人も。

 

有給取得するのは社員の権利ですが、今まであまり取らなかった人が取り始めると目立ち、疑われるのです。

上司や同期への相談

「絶対に言わないだろう」と信用している上司や同期に相談したことで、バレてしまうケースもあります。

 

例え仲の良い上司だとしても、会社のためとなれば部下の転職を事前に会社に報告してしまうこともあるようです。

仕事へのやる気の減少

仕事へのやる気が見られなくなったり、元気のない日が増えたり、そのような変化も転職活動がバレるきっかけになります。

 

転職活動を始めると、どうしても新しい仕事へと意識が向かうため今の仕事が疎かに。

 

また働きながらの転職活動は、書類準備や面接などで身体的にも精神的にも大きな負担がかかります。

 

隠そうと思ってもやる気の無さや転職活動によって溜まり続ける疲労は、自然と表面に出てしまう可能性があるのです。

行動の変化

・定時で帰るようになった、
・ランチはみんなで食べていたのに、1人で食べるようになった

このようなちょっとした行動の変化からも転職活動はバレます。

 

何人もの部下を見てきた経験豊富な上司や勘の鋭い人は少しの行動の変化でも、分かるものなのです。

SNS

TwitterやInstagramに「転職活動疲れた」と何気なく投稿したことで、転職活動がバレてしまうことがあります。

 

SNSは、例え限定公開だとしても誰に見られるか分からないもの。

 

例えば、大学の友達Aさんの友達に同じ会社のBさんがいて、それを知らずに「転職する」と投稿してしまった場合。

 

Bさんへのおすすめ投稿として友達の友達であるあなたの投稿が表示されてしまう危険性があるのです。

 

また投稿を見たAさんがBさんにその内容を話してしまったりする可能性もあるでしょう。

転職活動がバレてしまったときのデメリット

転職活動が会社にバレてしまうと、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

 

転職活動が会社にバレてしまったときのデメリットを紹介します。

引き留められる

転職活動が会社にバレると、まず引き留められます。

 

企業としては離職率が上がるのは防ぎたいため、「給与を上げるから」「残ってくれたら昇格させる」などと好条件を出して、転職をやめさせようとするのです。

 

それが過激になると、応募した企業に裏で不利になる情報を流したり、仕事の量を増やしたりして転職活動を妨害されることも。

 

転職活動が会社にバレると、スムーズに転職活動を行えなくなるリスクがあるのです。

 

【人手不足】退職時の引き止め対策【勇気を出す考え方】

待遇が悪化する

会社に転職がバレると「どうせもうやめるんだから」と、企業から大切にされなくなることが多いでしょう。

 

企業は当たり前ですが、自社で長く働いてくれる人を大切にします。

 

転職活動をしている人はこの先自社の力にならないと判断され、給料や賞与が上がったり、役職を与えられたりすることは無くなるでしょう。最悪、降給・降格されることもあります。

 

また場合によっては、上司や同僚の態度が冷たくなることもあるようです。

 

同じ業務・プロジェクトを行っていると仲間意識が芽生えるもの。仲間だと思っていた人が抜けるとなると、裏切られたような気分になり冷たくあたってしまうのでしょう。

 

態度が冷たくなるだけでなく、無視されたり、仕事が貰えなくなったりするケースもあるそうです。

会社にバレないようにするためのコツ

転職活動をスムーズに行うためにも、円満退社をするためにも、転職活動は会社にバレずに行うのが1番。

 

どのようなことに気を付ければ、会社にバレずに転職を成功させられるのでしょうか?

 

会社にバレないようにするためのコツを紹介します。

転職活動を口外しない

どうしてもバレたくないのなら、転職活動していることを口外しないようにしましょう。SNSでの投稿も禁物です。

 

相談相手が善意で会社に報告してしまったり、知らないところで同僚と友人が繋がっていたり、どこから情報は漏れるか分かりません。

 

家族や長い付き合いの友人に相談する場合も、念入りに口止めしておくのが良いでしょう。

 

しかし、転職活動は辛いもの。誰かに相談したり、愚痴をこぼしたくなることもあるでしょう。

 

そんなときは転職エージェントの利用がおすすめです。

 

転職エージェントは会社の信用問題に関わるので、求職者の個人情報を不必要に漏らすことはしません。安心して相談することができます。

 

転職エージェントに「相談だけ」って大丈夫?”相談だけ”するメリット・注意点

 

転職サイトの設定を変更する

転職サイトからバレるのを防ぐため、レジュメを非公開設定にしたり、スカウト機能をオフにしたりしましょう。

 

特定の企業に情報を見られないようにするブロック機能がある転職サイトもあるようです。

 

転職サイトを選ぶときには、転職がバレるのを防ぐ機能があるのかどうかもチェックしましょう。

会社では転職に関わることをしない

会社では転職サイトをチェックしたり、転職エージェントと連絡を取ったり、転職に関わることはしないようにしましょう。

 

いつ誰にどんな行動を見られているか分かりません。

 

転職活動中は、求人情報をついついスマホでチェックしてしまうのも分かりますが、バレてスムーズに転職活動が進められなくなったら意味がありません。グッとこらえましょう。

 

そうは言っても、転職エージェントや応募した企業から連絡が入ることもありますよね。

 

スマホ画面に表示される名前でバレてしまうこともあるので、できるだけ机の上には置かないようにして、置くときはスマホの画面は下を向けましょう。

 

「日中は連絡が取れません。連絡は18時以降か、メールでお願いします」

とあらかじめ転職エージェントや企業に伝えておくのもおすすめです。

着替えは社外で行う

転職活動がバレたくないのなら、服装にも気を付けましょう。普段カジュアルスタイルなら、いきなりスーツで出勤するのはNG。

 

スーツを持って行って、面接会場の近くで着替えるようにしましょう。スーツを会社に持っていくのも不安な人は、ロッカーに預けておくのがおすすめです。

 

会社近くのロッカーだと会社の人に目撃される可能性があるので、隣駅にするなど工夫しましょう。

休み方を工夫する

転職活動中は、以下のように休み方を工夫しましょう。

 

・面接がある日は有給を1日取る

 

・週半ばだと疑われるので、月曜や金曜に面接を入れて休みを取る

 

有給をいきなり取ると怪しまれると不安な方は、なるべく休日や勤務時間外に転職活動を行うようにしましょう。

「いつも通り」を心がける

転職活動はちょっとした行動の変化で気づかれるもの。

 

意識して、いつも通りの行動を心がけましょう。

・目の前の仕事に真摯に向き合う

 

・転職活動中は疲れが溜まりやすいので睡眠や栄養をしっかりとる

 

・「どうせやめるからいいや」ではなく、これまでの環境に感謝を持つ

このようなことを意識するだけで、人の行動は変わります。

転職活動がバレてしまったときの対処法

気を付けていても、転職活動が会社にバレてしまうことはあります。万が一、転職活動がバレてしまったときの対処法を紹介します。

転職を会社・上司のせいにしない

バレてしまったら正直に転職活動をしていることを話しましょう。転職活動は悪いことではありません。

 

転職する理由が必ず聞かれると思いますが、できるだけ嘘はつかないように。

 

しかし上司との関係や労働環境への不満が理由の場合、正直に話してしまうと会社に居づらくなってしまいます。

 

その場合は、他の転職を決める要素となったものを伝えるようにしてください。

 

【仕事を辞める理由】本音で言うべき?円満退職の秘訣!伝え方・注意点

今まで通り仕事に熱心に取り組む

転職がバレてしまったら、それまで以上に目の前の仕事に熱心に取り組むことを心がけましょう。

 

転職活動中、次の選考や新しい仕事に目線がいってしまうのは分かります。

 

しかし業務中は目の前の仕事に真摯に向き合いましょう。

 

その姿勢が「最後まで自社に貢献してくれる誠実な人」と周囲に良い印象を与え、円満退社へと繋がるのです。

転職エージェントおすすめ3選

転職エージェント選びに困っている人向けに、転職エージェントを厳選しました。

豊富な求人数『リクルートエージェント』

 

転職エージェント大手の『リクルートエージェント』。転職実績や豊富な案件から、登録しておいて損はないでしょう。

 

リクルートエージェントの特徴

・転職実績No.1
・非公開求人数10万件以上
・手厚いサポート
→面接力向上セミナー、職務経歴書エディターなど

求人の質を求めるなら『doda』

 

 

doda』もリクルートエージェントに負けず劣らず非公開求人が多数な転職エージェント。キャリアカウンセリングを実施しているので、今すぐに転職をする気がない人もキャリアの相談をしてみましょう。

 

dodaの特徴

・非公開求人含む約10万件の求人
・キャリアカウンセリングあり
・年収査定可能

『type転職エージェント』

type転職エージェント』は営業、エンジニア、販売、サービス職に強く、大手企業とのつながりが強いことが特徴。また、年収交渉に強く、あなたの納得のいく勤務条件に近づけてくれるよう努めてくれます。

 

type転職エージェントの特徴

・約80%が非公開求人
・年収交渉、条件交渉など各種交渉に強い

24時間対応、エキサイトお悩み相談室今なら新規登録で1000円分の相談が無料

「悩みを誰かに聞いてほしい」「でも身近な人にはどう反応されるかが怖くて、相談しづらい」こんな誰にも言えない悩みを抱えている人におすすめなのが、エキサイトお悩み相談室。プロのカウンセラーが24時間365日あなたの悩みを聴きます。まずは無料会員登録してあなたに合ったカウンセラーを探しましょう。

無料相談はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】