女性の転職タイミングやポイントとは?おすすめの転職サービスも紹介

「新卒で入社した会社で定年まで働く」という考え方がなくなり、転職によってキャリアアップを目指したり、自分に合った職場を見つけたりすることが当たり前になってきました。

 

「転職はタイミングが重要」とよく言われますが、実際には自分が「転職する」と覚悟を決められたら、それがベストタイミング。

 

しかし女性にとって大きなライフイベントは、転職のタイミングを考えるときに考慮しなければいけません。結婚はあまり影響がありませんが、妊娠・出産そして子育ては転職活動に大きな影響を与えるのです。

 

本記事では女性の転職に関するポイントを解説し、最後にはおすすめの転職サービスも紹介します。

 

さまざまな悩みがある女性の転職活動ですが、転職のタイミングやポイントについて理解することで、自身のキャリアを諦めることなく人生を充実させることができるのです。

女性のよくある転職についての悩み

 

女性が転職活動をする際、どのような悩みに直面するのでしょうか。女性特有のよくある悩みをいくつか紹介します。

結婚・出産と転職のタイミングがわからない

「近い将来、結婚を考えている」「そろそろ子どもがほしい」など、女性にとって大きなライフイベントである結婚や出産を控えている人にとって、転職のタイミングは悩みの種ですよね。

 

結婚や出産によってライフスタイルも大きく変化するため、働き方や職場環境なども考え直さなくてはいけなくなります。例えば、転勤が多い人と結婚すると、今の職場で働き続けることは難しくなるでしょう。

 

また、産休や育休を取得できるかどうか、時短勤務ができるかどうか、時間外労働がないかなど、出産後の子どもの成長も考慮して働く環境を考えなくてはいけません

子どもがいたら転職しづらい?

子どもが成長していくにつれて「今の会社では負担が大きい」「子どもの急病のときに休みにくい」などの悩みにより「転職したい」と思うことも。

 

しかし、子どもがいると転職活動のハードルが上がってしまうのではないかと、転職を諦めてしまう人は少なくありません。

 

また、今の仕事をしながら家事や育児もしつつ転職活動を進めるのは、とても大きな労力がかかってしまい転職活動を始めても途中で断念してしまう人もいるのが現実です。

 

企業側からすると「子どもの幼児や病気などで仕事が進まないのではないか?」といった懸念点があります。必ずしも不利というわけではありませんが、子どもがいる求職者を敬遠する企業があることも事実なのです。

 

転職がしたい、必要だけれど、できない。自分の気持ちと現実に板挟みになってしまうのです。

結婚・出産を機に仕事を離れたから不安

結婚や出産を機に退職して、子どもが保育園や幼稚園に入ったことをきっかけに仕事を始めたいと考える人も多くいらっしゃいます。ただ、ブランクがあると「前みたいに働けるだろうか」「仕事についていけるだろうか」と心配になってしまいますよね。

 

また、今までは子どもや夫と過ごす時間が多かったため「仕事でいろいろな人と関わるけれど、良好な関係を築くことができるだろうか」と不安を抱える人もいるでしょう。

女性の転職にベストなタイミングとは?

 

それでは、妊娠・出産の前後どちらで転職活動を行うと良いのでしょうか。出産前/出産後の転職活動、どちらがいいとは一概には言えません。

 

それぞれのメリット・デメリットを理解して、自分に合ったタイミングを選択しましょう。

妊娠前に転職活動を行う場合

・メリット
幅広い選択肢の中から転職先を選ぶことができる

 

子どもがいないため労働時間や残業などの制約がなく、幅広い選択肢のなかから希望の転職先を選ぶことができます。妊娠や出産に備えて、出産や育児がしやすい職場をじっくりと選ぶことも可能です。

 

・デメリット
転職してすぐ子どもができても育休を取れない可能性がある

 

「産休・育休取得は入社後1年以上経ってから」という規約を設けている企業も多く、子どもができてもすぐに育休を取得することができない場合があります。すぐにでも妊娠したいと考えている人にとってはデメリットになるでしょう。

 

妊娠・出産後に転職活動を行う場合

・メリット
精神的にも肉体的にもリラックスして出産に臨むことができる

 

産休・育休を取得するのは慣れ親しんだ今の職場のため、心身ともにリラックスした状態で出産に臨むことができます。

 

・デメリット
転職が先延ばしになってしまう

 

小さい子どもがいる時間的制約がある人を敬遠する企業もいまだにあるうえに、子持ちの女性が働きやすい職場を見つけることに時間もかかってしまうのです。

 

この他に出産を機に仕事を辞めて、子育てが一段落してから仕事を探す選択肢もあります。しかし、それはおすすめできません。安定した職を持ったまま育休を取ったほうがいいでしょう。

 

パートナーの収入とのバランスにもよりますが、収入がなくなると将来への不安がストレスとなり心身の健康に支障をきたす場合もあるのです。

 

女性にとっての転職のタイミングは難しいですが、妊娠・出産の前後どちらのメリット・デメリットも理解して転職のタイミングを検討しましょう。

女性の転職を成功させるポイント

 

女性の転職ならではの悩みはありますが、それで自分自身のキャリアを諦める必要はありません。

 

さまざまな働き方が認められ、転職も当たり前になってきた今、ポイントを押さえればキャリアとプライベートの両立は可能です。女性のための転職のポイントを紹介します。

 

30代既婚・子持ちにおすすめの記事はこちら!30代既婚女性や子持ち女性の転職のコツとは?派遣や正社員などの働き方

人生プランを明確に考える

女性にとって妊娠・出産や子育ては大きなライフイベントです。仕事と家庭を両立するなら、ライフイベントとキャリアパスどちらも考慮した人生設計をしましょう。

 

20代のうちに結婚・出産をして30代で仕事に復帰するプランや、お金にもキャリアにも余裕が出てくる30代で結婚・出産をするプランなど、人によってさまざまな道があります。

 

結婚も出産も一人では決められないことなので、パートナーと話し合う時間を設けることも大事です。

 

もしかしたら「家庭に入ってほしい」と言われる可能性もあるので、お互いに納得できる人生プランを考えましょう。

転職以外の選択肢も視野に入れる

女性のキャリア形成にとって、転職だけが全てではありません。転職以外にも選択肢はあります

 

今の職場でキャリアチェンジやキャリアアップを狙う
派遣社員や契約社員になる
もっと融通のきくパートタイムで働く
フリーランスとして独立する
しばらくは専業主婦をする

 

必ずしも転職することで成功するわけではありません。「自分がどうなりたいか」「何を優先したいか」を改めて見つめ、視野を広くして考えましょう。

女性が働きやすい企業を調べる

転職活動の際には、子どもがいる女性でも働きやすい企業を見つけることも重要です。長く働くためには、女性にとって活躍できる職場を見つけましょう。

 

働きやすい職場を見つけるためのチェックポイントを紹介するので参考にしてください。

 

職場の男女比
育休取得率
時短勤務や在宅勤務の有無
有給取得率
転勤の有無
社内託児施設や提携保育所がある
その他、育児支援制度があるかどうか

女性におすすめの転職サービス

 

転職活動の際には、女性の転職に特化したサービスを活用しましょう。

 

自身で求人情報を検索して応募する「転職サイト」と、コンサルタントに相談して求人情報をマッチングしてもらえる「転職エージェント」があります。

 

転職活動をスムーズに進めるために、複数のサービスを併用することがおすすめです。

とらばーゆ

リクルートグループが運営している「とらばーゆ」は女性の求人情報に特化したサイト。オフィスワークから販売職、エステティシャンや看護師などさまざまな職種を扱っています。

 

雇用形態や職場環境、勤務時間など条件を指定して求人情報を絞り込むことも可能。自分の希望に合った働き方ができる会社を見つけることができるでしょう。

 

「ママが安心して働ける職場」「未経験可能」などの特集や、転職の参考になるコラムも充実。転職活動を考えたらまずはチェックしたいサイトの一つです。

 

【とらばーゆ】女性の求人・女性の転職情報サイト

LiBzCAREER(リブズキャリア)

「LiBzCAREER」(リブズキャリア)は、キャリア志向の女性におすすめの転職サイト。正社員の求人案件が多く、営業や事務の職種に強いです。

 

WEBやIT関係の求人情報も多いので、技術職の仕事も見つけることができますよ。

 

リブズキャリアは高収入の求人情報が充実しているので、子どもがいてもしっかり稼ぎたい人にぴったり。家庭を大事にしながら安定した収入を得たい人はぜひ登録しましょう。

 

キャリア女性のための転職サービス | LiBzCAREER(リブズキャリア)

type女性の転職エージェント

「type女性の転職エージェント」では、専任のコンサルタントに相談して自身のキャリアについて見つめ直すことができます。

 

応募書類や面接のアドバイスをもらったり、入社日や年収の条件交渉を代行してもらったりすることができるのが特徴。

 

年間5,000名以上のキャリアカウンセリングを行っており、女性の転職活動やキャリア形成について多くの実績を持っています。

 

「初めての転職活動だから心配」「子育てとキャリアの両立について相談をしたい」という人はぜひ利用してみましょう。

 

女性の転職に強いエージェントならtype女性の転職エージェント

Woman Career(ウーマン・キャリア)

転職サイトdodaが運営している「Woman Career」(ウーマン・キャリア)。自身で求人情報を検索して応募するだけでなく、コンサルタントに相談できるエージェントサービスや、企業からオファーを受けられるスカウトサービスを受けることができます。

 

自分に合った利用方法を選択できるのは嬉しいですね。自分の適性年収を知ることができる「年収査定」や、人気企業に合格できる可能性を知れる「合格診断」など、ユニークなコンテンツも魅力です。

 

女性の転職・求人情報 Woman Career – doda(ウーマン・キャリア)

日経ウーマンキャリア

日経が運営している「日経ウーマンキャリア」は、大手転職サイトから求人情報を厳選して掲載しています。そのため上質な女性向け求人を見つけることができるのがメリット。

 

さまざまな求人情報を比較することができるため、自分に合った仕事を見つけることができるでしょう。

 

女性の転職のお役立ち記事も充実しているので、とても参考になります。働く女性にとってのお悩みへのアドバイスとなる記事が多いので、ぜひ参考にしましょう。

 

女性向け転職サイト【日経WOMANキャリア】

まとめ

 

結婚や出産は、その後の人生を左右する大きなライフイベントです。女性にとって嬉しいことですが、仕事や転職のことを考えるとハードルになってしまうこともあるでしょう。

 

しかしタイミングやポイントを押さえることで、自身のキャリアを諦めることなく仕事を続けていくことができます。

 

転職することで仕事も家庭も両立して今よりも輝ける自分になるために、転職サービスなどを活用して転職活動を成功させましょう。

転職エージェントおすすめ3選

転職エージェント選びに困っている人向けに、転職エージェントを厳選しました。

豊富な求人数『リクルートエージェント』

 

転職エージェント大手の『リクルートエージェント』。転職実績や豊富な案件から、登録しておいて損はないでしょう。

 

リクルートエージェントの特徴

・転職実績No.1
・非公開求人数10万件以上
・手厚いサポート
→面接力向上セミナー、職務経歴書エディターなど

求人の質を求めるなら『doda』

 

 

doda』もリクルートエージェントに負けず劣らず非公開求人が多数な転職エージェント。キャリアカウンセリングを実施しているので、今すぐに転職をする気がない人もキャリアの相談をしてみましょう。

 

dodaの特徴

・非公開求人含む約10万件の求人
・キャリアカウンセリングあり
・年収査定可能

『type転職エージェント』

type転職エージェント』は営業、エンジニア、販売、サービス職に強く、大手企業とのつながりが強いことが特徴。また、年収交渉に強く、あなたの納得のいく勤務条件に近づけてくれるよう努めてくれます。

 

type転職エージェントの特徴

・約80%が非公開求人
・年収交渉、条件交渉など各種交渉に強い

24時間対応、エキサイトお悩み相談室今なら新規登録で1000円分の相談が無料

「悩みを誰かに聞いてほしい」「でも身近な人にはどう反応されるかが怖くて、相談しづらい」こんな誰にも言えない悩みを抱えている人におすすめなのが、エキサイトお悩み相談室。プロのカウンセラーが24時間365日あなたの悩みを聴きます。まずは無料会員登録してあなたに合ったカウンセラーを探しましょう。

無料相談はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】