転職フェアって参加したほうが良いの?転職フェア(イベント)のメリット・デメリット|おすすめ転職フェアも紹介

転職活動をしていると「転職フェア」や「転職イベント」の広告を目にする機会も増えるでしょう。

 

転職フェアというだけあって転職に有益とも思われますが、時間を割いてまで参加すべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

今回は転職フェアの概要やメリット・デメリットから、参加する際の準備、持ち物などを詳しく解説します。

 

転職フェアは必ずしもメリットばかりでなくデメリットもあるもの。メリット・デメリットを事前に正しく知り、自身に向いているか、参加するべきかを判断しましょう。

転職フェアとは

 

転職フェアとは、転職エージェントや各都道府県などによって開催される、転職希望者のための合同企業説明会のこと。数十~数百の企業が集まり、転職を希望する参加者たちに直接事業や採用についての説明を行います。

 

基本的には企業ごとにブースが分けられ、各ブース内で採用担当者や実際に働く社員らに説明を聞く形です。参加費用は基本的に無料でイベント会場の入退場も自由。自分の興味のある企業のブースのみを周ることも可能です。

 

イベントによっては、企業ブースだけでなく、専門アドバイザーによる相談コーナーやセミナー、プロカメラマンによる履歴書写真撮影、その場での直接スカウトなどもあり、転職へのサポートが充実。

 

1つのイベントに参加するだけで転職に関するさまざまな情報が集められるので、転職希望者の効率的な転職活動にひと役買っています。

転職フェアのメリット

 

転職フェアは、ときに数千~数万人もの人が来場することもあります。こんなにも人が集まるのは、転職フェアにそれなりのメリットがあるからこそ。

 

では、転職フェアには具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。転職フェアのメリットを紹介します。

1度に多くの企業を知ることができる

転職フェアの大きな特徴は、多くの企業が集まる合同説明会であること。1つの場所に何十もの企業が集まるので、短時間で多くの企業を知ることができます。各企業で行われる説明会に都度参加するよりも圧倒的に効率が良いですね。

 

同業企業のブースを周ることで特徴や社風の比較もできるでしょう。

求人票からは得られない情報も収集できる

転職フェアの企業ブースでは、採用担当者や社員らと直接話をすることも可能です。実際に担当者と話すことで、求人票を見るだけではわからないリアルな会社の雰囲気や採用状況も聞けるかもしれません。

 

通常、転職活動では、面接の場にならなければ採用担当者と会うことができないものです。面接せずとも直接話ができる転職フェアは貴重な機会と言えるでしょう。

転職の近道になることがある

転職フェアで話したことをきっかけに、採用担当者から直接スカウトされるケースも少なくありません。転職フェアに出展する企業も、優秀な人材との出会いを求めて参加しているのです。

 

スカウトされた場合は、書類選考が免除されたり面接の日程を調整してくれたりと優遇が受けられ、採用決定への近道となります。

転職フェアのデメリット

 

転職希望者にとって良いことばかりに思える転職フェアですが、デメリットがまったくないわけではありません。転職フェアで考えられるデメリットを紹介します。

ライバルの多さを実感して自信喪失してしまうことがある

転職フェアに集まる来場者は、いわば転職におけるライバルです。何万人ものライバルを目の当たりにし闘志が燃える人もいれば、反対に意気消沈してしまう人も。

 

特に自分に自信がない人は転職フェアの参加することでかえって自信喪失に陥り、転職に後ろ向きになってしまうこともあるようです。

期待したほど情報が得られないことがある

転職に役立つ情報を収集しようと意気込んで参加しても、必ずしも新しい情報が得られるとは限りません。採用者との面談時間が限られている場合もありますし、出展企業がさほど多くない場合もあります。

 

期待したほど情報が得られない可能性もあることは理解しておきましょう。

待ち時間が長い

人気の企業では、ブースの前に長蛇の列ができることもザラにあります。長い待ち時間の末やっと採用担当者と話すことができたのに、割り当てられた時間が短く十分に情報を得られないことも。

 

また各ブースでの待ち時間が長いために、希望の企業のブースを周り切れずに終わってしまう可能性もあります。

転職フェアの事前準備・持ち物・服装

 

転職フェアでの活動・情報収集が成功するか否かは、事前準備にもかかっています。以下で紹介する事前準備・持ち物・服装をしっかりチェックしておきましょう。

事前準備

興味のある企業を効率的に周るためにも、出展する企業は事前に確認し、どのブースを優先的に周るかを決めておきましょう。

 

また、ブースで聞きたい質問事項を事前にまとめておくことも大切。

 

前述したように、人気企業はブースでの面談に制限時間を設けられることもあるため、質問事項がまとまっていないと欲しい情報を聞き出しきれない可能性があります。

持ち物

聞いた情報をしっかり書き残すためにも、筆記用具とノートは必ず用意しましょう。

 

また、必須ではありませんが、履歴書や職務経歴書も持参するのがおすすめ。

 

転職フェアでは、専門アドバイザーによる相談ブースが設けられていることもあります。相談する際、履歴書や職務経歴書を見てもらうことでより的確なアドバイスをもらえるでしょう。

服装

転職フェアでの服装の指定はありませんが、おすすめはスーツです。スーツを着ることで採用担当者に働く姿をイメージしてもらいやすくなり、転職への意気込みも伝わりやすいでしょう。

 

実際に、転職フェアの参加者のほとんどがスーツを着用しています。カジュアルな服装で行くと気まずい思いをしてしまうかもしれません。

転職フェアを有効活用するコツ

 

せっかく貴重な時間を使って参加する転職フェア。有意義な時間にしたいですよね。以下で、転職フェアを有効活用するためのポイントを紹介します。

目的を持って参加する

転職フェアは、自身の転職の目的や転職に対する希望、キャリアプランなどが明確になっている状態で参加することが大切。目的なく参加しても採用担当者や専門アドバイザーと実のある話ができず、有益になりません。

 

自身の強みや現在の課題、課題解決に向け転職にどのようなことを求めるかを具体化しましょう。目的がはっきりしていれば、先方も回答を出しやすくなります。

調べてもわからないことを聞きに行く

転職フェアのメリットは、採用担当者や社員と直接話すことでリアルな声を聞けること。その人の本音も聞き出せるかもしれません。

 

会社のサイトや求人資料を見ればわかることではなく、調べてもわからないリアルな声を聞くつもりで行きましょう。

参加後にしっかり振り返り情報整理する

せっかく参加しても期待した情報を得られないこともあります。ただ、それで終わりにしてしまっては本当に無駄足なだけ。参加後は必ず振り返りをし、情報を整理しましょう。

 

参加直後は「有益な情報がなかった」と思っても、整理する中で気づきがあったり、自身の改善点が見いだせたりする可能性があります。

みんキャリおすすめ!転職フェア

 

転職フェアのメリットや活用方法を知り、「参加してみたい」と思った人も多いのでは。しかし、転職フェアは小規模なものから大規模なものまでさまざまあり、どの転職フェアに行くべきか迷ってしまいますよね。

 

ここでは、当サイトがおすすめする押さえておきたい3大転職フェアを紹介します。

doda転職フェア

大手転職サイト「doda」が主催する大規模転職フェア。大企業から中小企業まで数多くの企業が出展しており、規模は業界最大級。どの転職フェアに行くべきか迷ったときはこれがおすすめです。

 

各企業ブースでは採用担当者と1対1で話すことができ、dodaの転職フェアをきっかけに採用されたりスカウトされたりするケースも少なくありません。

 

また、dodaでは、各企業が求める職種や経験などを絞って出展する「転職フェアセレクト」も開催しています。特化したスキルや経験がある人は、こちらへの参加もおすすめです。

 

<doda転職フェアの特徴>
・業界最大級の規模
・大手企業の出展も多数
・エントリーシートの事前登録でスカウトメールが届くサービスもあり
・要望に合った企業の紹介や転職相談など転職初心者向けのコーナーも多数
・職種・経験特化型の「転職フェアセレクト」も開催

<こんな人におすすめ>
・転職フェアや転職自体が初めて
・さまざまな企業を見て自分に合った企業を探したい
・1日でできるだけ多くの企業の情報を仕入れたい
・スキルや経験を活かした転職がしたい
・採用担当者とじっくり話がしたい

doda転職フェア – あなたの希望に合わせて選べる転職イベント

マイナビ転職フェア

マイナビ転職フェアは年間100回以上、全国50都市以上の開催を予定しており、地方の人でも行きやすいのが魅力。参加者の多くは転職に意欲的な20代~30代で、35歳以下が7割を超えています。

 

そんなマイナビ転職フェアの参加者満足度はなんと90%以上。優良企業が多く出展していることに加え、コンシェルジュが参加者の希望に合った企業のブースまで案内するマッチングサービスが好評のようです。

 

<マイナビ転職フェアの特徴>
・参加者の満足度90%以上
・参加者は35歳以下の若年層が多い
・年間100回以上、全国50都市以上で参加しやすい
・イベントコンシェルジュによるマッチング
・企業が参加者に直接声掛けするスカウトカフェコーナーもあり※会場により

<こんな人におすすめ>
・高評価の安心できる転職フェアに参加したい
・若手の人材を求める企業と出会いたい
・できるだけ地元近くで行われる転職フェアがよい
・プロに相談して自分に合った企業を見つけたい

転職フェア・イベントならマイナビ転職~日本最大級の転職セミナー | 転職サイトは【マイナビ転職】

リクナビNEXT転職フェア

株式会社リクルートキャリア運営の「リクナビNEXT」の転職フェアがこちら。

 

リクナビNEXTでは、転職初心者に向けた「はじめての転職フェア」や、女性の転職希望者を対象にした「私の転職フェア」、地方で長く働きたい人のための「好きなまちで働く転職フェア」など、ニーズ特化型の転職フェアを複数開催しています。

 

自身の転職の形に合わせたイベントに参加することで、より効率的に理想の企業を見つけることができるでしょう。「はじめての転職フェア」では転職力向上セミナーなど転職初心者に役立つセミナーも随時開催しています。

 

<リクナビNEXT転職フェアの特徴>
・転職者の80%が利用するサービス「リクナビNEXT」が主催
・ニーズ特化型の転職フェアを開催
・転職に役立つセミナーも随時開催
・プロカメラマンによる履歴書写真撮影コーナーもあり※会場により

<こんな人におすすめ>
・自分の転職の形に合った転職フェアで効率的に転職したい
・自分のニーズに合った企業に数多く出会いたい
・企業情報だけでなく転職に役立つ情報も仕入れたい

【リクナビNEXT】の転職フェア|全国各地で開催中!

まとめ

 

転職に重要なのは情報収集。転職フェアは、各企業のリアルな情報を収集できるだけでなく、知らなかった業種や企業を知れたり、ほかの転職希望者の活動を知れたりと、視野が広がるきっかけにもなるイベントです。

 

転職フェアをきっかけに、今後の転職の方向性が見えてくることもあるかもしれません。最近では、自宅にいながら参加できるオンライン型の転職フェアも行われています。

 

自分のニーズに合った、かつ参加しやすい転職フェアから参加してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントおすすめ3選

転職エージェント選びに困っている人向けに、転職エージェントを厳選しました。

豊富な求人数『リクルートエージェント』

 

転職エージェント大手の『リクルートエージェント』。転職実績や豊富な案件から、登録しておいて損はないでしょう。

 

リクルートエージェントの特徴

・転職実績No.1
・非公開求人数10万件以上
・手厚いサポート
→面接力向上セミナー、職務経歴書エディターなど

求人の質を求めるなら『doda』

 

 

doda』もリクルートエージェントに負けず劣らず非公開求人が多数な転職エージェント。キャリアカウンセリングを実施しているので、今すぐに転職をする気がない人もキャリアの相談をしてみましょう。

 

dodaの特徴

・非公開求人含む約10万件の求人
・キャリアカウンセリングあり
・年収査定可能

『type転職エージェント』

type転職エージェント』は営業、エンジニア、販売、サービス職に強く、大手企業とのつながりが強いことが特徴。また、年収交渉に強く、あなたの納得のいく勤務条件に近づけてくれるよう努めてくれます。

 

type転職エージェントの特徴

・約80%が非公開求人
・年収交渉、条件交渉など各種交渉に強い

24時間対応、エキサイトお悩み相談室今なら新規登録で1000円分の相談が無料

「悩みを誰かに聞いてほしい」「でも身近な人にはどう反応されるかが怖くて、相談しづらい」こんな誰にも言えない悩みを抱えている人におすすめなのが、エキサイトお悩み相談室。プロのカウンセラーが24時間365日あなたの悩みを聴きます。まずは無料会員登録してあなたに合ったカウンセラーを探しましょう。

無料相談はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】