うるさい職場に耐える必要はない!すぐできる9つの対処法

職場 うるさい

「隣の席の同僚がうるさい」
「他の人の声が聞こえてきて集中できない」

 

職場でこのような悩みを抱えていませんか?周りのおしゃべりやタイピング音、貧乏ゆすりなどが気になり、ストレスを感じている人もいるでしょう。

 

この記事では、職場がうるさいと悩む人が簡単にできる対策を紹介していきます。

職場がうるさい時にできる対処法

職場がうるさいと自分の仕事に集中できなくなり、ストレスが溜まってしまいます。一時的なものであればまだしも、毎日続くとさすがにキツくなってくるものです。

 

以下にて、明日からできる職場がうるさい時の対処法を6つ紹介していきます。

イヤホン・ヘッドホンで音楽を聴く

イヤホンで耳をふさぎ、自分の好きな音楽を聴く。そうすると周りの声はもちろん、PCのタイピング音すらも聞こえてきません。

 

しかし職場によっては仕事中のイヤホンが禁止されているところもあります。そのような場合はワイヤレスイヤホンで分かりにくくする、上司に相談した上で装着するなどして対応するようにしましょう。

 

一つ難点は、周りとのコミュニケーションがとれなくなること。何か自分に対して質問されても「え?」「なんか言いましたか?」といった対応になってしまうため、周りに不快な印象を与えてしまうことも。

 

そのようなことが起きないよう、周りにイヤホンを装着すると事前に言っておくと良いでしょう。

耳栓で雑音をシャットダウンする

イヤホンを着けることがどうしても難しい職場である場合、耳栓で対応しましょう。耳栓でも十分に雑音がシャットダウンできますし、周りに音楽を聴いていると思われることもありません。

 

耳栓は、100均やコンビニで手軽に購入できます。イヤホンと同様、周りとのコミュニケーションに注意しましょう。

引き継ぎノートに書く

会社に引継ぎノートや意見BOXなどがある場合に使える対策です。職場での雑音が気になるという旨を書き、投函しておきましょう。

 

ただ、書き方に気を付けないと職場に溝が生まれる可能性もあります。下記を参考にしてみてください。

コミュニケーションは大事だと思いますが、声が大きすぎたり、大きい物音を立てすぎたりしてしまうと、他の部署に迷惑をかけることもあります。業務の効率が悪くなってしまうこともあるので、皆さんで気を付けていきましょう

名指しで注意すると返って逆効果になってしまうことも考えられます。あまり攻撃的な文面を避けて、「全員で気を付けましょう」というニュアンスを含んで書くと良いです。

騒音の元となっている人と信頼関係を築く

騒音の元となっている人との信頼関係が築けていれば、「静かにしてほしい」と伝えやすくなります。

 

「自分から仲良くなりに行くのは嫌だ」という人は、考え方を変えましょう。これはあくまでも、気持ちよく働ける職場を手に入れるための対策です。職場だけの付き合いだと割り切って、関係を築いて注意してみてください。

関連【どうしても合わない】仕事の人間関係これで解決!11の方法

集中できる環境を整える

騒音が気にならないほど、あなたが集中できる環境をつくりましょう。

 

例えば、ワークチェア専用の腰パッドを取り付けることで、高さを自分好みに調整できる便利グッズがあります。デスクの上に観葉植物を置くというのも良いでしょう。

 

このように周りに雑音があっても集中し仕事ができる環境を、自分で整えられるのです。どれだけ職場がうるさくても問題なく業務に取り組むことができるでしょう。

一旦その場から離れる

うるさくて仕事が進まないということであれば、一旦オフィスから出て、外の空気を吸いましょう。外の風を浴び、空気を吸うことでリフレッシュされます。

 

外に出ていくことで「ちょっとうるさかったかな」とうるさい人が察してくれるかもしれません。

どうしても耐えられない時の対処法

対策ではどうにもなら時は、自分以外の人を頼る必要があるでしょう。もう我慢の限界だと感じている人は、下記の3つの方法を試してみてください。

騒音の元となっている人に直接言う

騒音の元となっている人に直接言う。結局のところ、これが一番効果的です。

 

ただ言い方にはポイントがあります。トゲのある言い方をすると、職場内で溝を生んでしまう可能性があるからです。

「最近、職場が盛り上がりすぎているので、もうちょっとボリュームを抑えて頂きたいです。協力してもらえないでしょうか?」

このように本意ではないかもしれませんが、こちらからお願いするように頼んでみるのがポイントです。相手もお願いされると悪い気はしない上に、うるさくしてしまったことに気付いてくれることもあります。

 

一度ではあまり効果を生まない可能性があるので、タイミングを見計らって何度か言うようにしてみましょう。一度言ってしまえば、その後も言いやすくなります。

信頼のできる上司に相談する

上司に相談し、注意してもらうという形をとることができれば、全てが丸く収まります。

 

ただ誰でも言うことを聞くような信頼のある上司がいなければ、この対策は効果を発揮しません。口返事だけで、何も変わらないという可能性があるからです。

 

一番良いのは、騒音の原因になっている人の直属の上司に言ってもらうこと。信頼できる上司がいなかった場合、課長や部長のような役員に相談すると良いです。業務に支障をきたしている旨を伝えれば、向き合ってくれる可能性は高いでしょう。

関連【たった3つを意識】仕事の悩みを上司に相談しやすくなる方法

職場に消音キーボードを提案する

これはキーボードのタイピング音が気になる人向けの対策です。イヤホンも耳栓もダメということであれば、これしかありません。

 

会社で使っている職場にそっくりな消音ボードを見つけ、職場の上司に相談しましょう。Amazonで「消音 キーボード」と検索するといくつか出てきます。

 

提案する際は、業務に支障がでているということを必ず伝えましょう。もしキーボードがダメであるということなら、シリコンカバーを提案するという手もあります。

まとめ

この記事では、職場がうるさい時に自分できる対処方法を紹介しました。

 

職場がうるさいというのは、どこの会社でもよくある問題です。あなたの職場でも、同じように思っている人が何人かいるのではないでしょうか。

 

ここで紹介した以外にも、その人たちと一緒に対策方法を考えるのもオススメです。我慢するのは、あなたにとっても会社にとっても良いことではありません。ぜひ、この記事で紹介した方法を実践に移し、あなたが気持ち良く働ける環境を作りましょう。

英単語を覚えてお小遣いを稼ごう!ENGDOM

 

「勉強を頑張ったらお金をもらえる。そんな夢のようなサービス、あるわけないか」

実はその望み、『ENGDOM(イングダム)』でなら叶えられます!TOEIC頻出英単語のテストを受けて正解するだけで、報酬がもらえるのです。

 

溜まったポイントはAmazonギフト券とも交換可能!勉強を頑張ったご褒美になりますね。

 

通勤中、家でごろごろしている時、ENGDOMで勉強しながらお小遣いを稼ぎましょう。

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】