【驚愕】全社員がテレワーカー!「働き方改革」最先端のTRIPORT株式会社が表彰される

TRIPORT テレワーク

政府による「働き方改革」の一環として、副業推進に向けた動きが活発になっています。

 

しかし、まだまだ「理想の働き方」とはかけ離れた制度になっている企業も多いはず。そもそも、ルールを変える難しさは半端なものではありません。業界や規模により難易度は異なりますが、少しずつゆっくりと変わっていく展望を持っている企業も多いはずです。

 

そんな中、全社員テレワークで働いている企業もあります。TRIPORT株式会社(トライポート)です。本記事では、そんなTRIPORT株式会社(トライポート)が、東京ライフ・ワーク・バランス認定企業で表彰されたことを詳しく紹介します。

 

参考:PR TIMES『全社員がテレワーカー!「”働く” を自由に」する会社「TRIPORT株式会社」が、厚生労働省・総務省・東京都からそれぞれ表彰されました!』

TRIPORT株式会社(トライポート)の会社概要

 

TRIPORT株式会社は、2014年7月に設立されており、

・ITソリューションの開発販売
・経営・労務コンサルティング

を提供しながら、企業の経営課題を解決するサービスを提供している会社です。

 

『1社1社の経営課題に最適な解決策を”コーディネート』というミッションのもと、世の中の便利なツール・サービス・仕組み等を、本当に必要としている人に届け、あらゆる企業の経営活動を後押ししています。

参考:TRIPORT株式会社HP

平成30年度『働き方改革』に関連する賞を総なめ

TRIPORT株式会社は、平成30年度『働き方改革』に関連する3つの賞で表彰されました。

まさに、【働き方改革に追い風を吹かせる最先端企業】と言えるでしょう。

 

受賞したのは、こちら。

 

・『輝くテレワーク賞 特別奨励賞』
 (厚生労働省)

※優秀賞  :味の素株式会社
特別奨励賞:アフラック生命保険株式会社
SCSK株式会社

 

・『テレワーク先駆者百選』
 (総務省)

※テレワーク先駆者百選 総務大臣賞:
向洋電機土木株式会社
日本ユニシス株式会社
フジ住宅株式会社
三井住友海上火災保険株式会社
株式会社WORK SMILE LABO

 

・『東京ライフ・ワーク・バランス認定企業』 
 (東京都)

※他にも10社が受賞

 

三つの賞において、表彰・選出・認定されました。

厚生労働省『輝くテレワーク賞 特別奨励賞』HP
総務省『テレワーク先駆者百選』HP
東京都『東京ライフ・ワーク・バランス認定企業』HP

『働き方改革』に関連する賞の概要

各賞の内容を簡単に紹介します。

 

輝くテレワーク賞

働き方改革を推進する目的の下、テレワークの活用によって、労働者のワーク・ライフ・バランスの実現に顕著な成果をあげており、他の企業・団体の模範となる取組を行う企業・個人が表彰される

 

テレワーク先駆者百選

テレワークの導入・活用を進めている企業・団体の中から、十分な実績を持つ企業が選出される

 

東京ライフ・ワーク・バランス認定企業

生活と仕事の調和の実現に向け優れた取組を実施している中小企業等が認定される

TRIPORT株式会社の「働き方改革」への取り組み

TRIPORT株式会社がの取り組みで強い印象を受けるのは、全社員テレワーク勤務であることです。

・「出社」が障壁となり、働く意欲・能力が活かしきれていない人のため
・全国から優秀なメンバーを採用するため

こういった理由から、制度を導入しているようです。

 

特に、育児・介護中である社員でも、就業意欲を活かして、問題なく働ける環境づくりをしていると説明されています。

参考:PR TIMES『全社員がテレワーカー!「”働く” を自由に」する会社「TRIPORT株式会社」が、厚生労働省・総務省・東京都からそれぞれ表彰されました!』

 

まだまだ、2014年設立であるため、「柔軟な働き方推進」の意向と共に、今後も成長が楽しみな企業と言えるでしょう。

【業界別】テレワーク導入企業の実例

TRIPORT株式会社以外にも、様々な企業でテレワークを導入の実例があります。

 

具体的には、以下の企業で導入されました。

カルビー株式会社
日産自動車株式会社
プーマジャパン株式会社
株式会社JALUX
NTTテクノクロス株式会社
株式会社SiM24

職務記述書|記載事例・意味・メリット・デメリット

テレワーク導入はもちろん、副業制度導入、採用強化などにおいて、社員の職務を明確に記載する職務記述書(ジョブディスクリプション)の導入検討をしている企業も多いです。

 

成果主義が強い欧米の企業では当たり前の作成されている職務記述書。良し悪しはありますが、今後さらなる注目を浴びる可能性は高いです。

 

職務記述書(ジョブディスクリプション)の導入に必要な情報である、

・意味/記載内容
・作成における注意点
・メリット
・デメリット
・記載事例
・導入において心がけるべきこと

を解説しているのは以下の関連記事です。

👉職務記述書|記載事例・メリット・デメリット

まとめ

全社員がテレワーカーである『TRIPORT株式会社』の取り組みと一緒に、

平成30年度『働き方改革』に関連する賞の受賞企業
各賞の説明、【業界別】テレワーク導入企業の実例
職務記述書の記載事例・意味・メリット・デメリット

をまとめて紹介しました。

 

テレワークを検討している企業の人事・経営者はもちろん、副業制度導入など働き方改革を進めたい方は、各内容を参考にしてみてください。

ビジネスパーソンに欠かせないアプリ!『flier』

 

仕事の効率や収入を上げるために欠かせないのがビジネス本。なんと、平均1000万円稼ぐ人は、平均年収層(432.2万円)の人の3倍以上ビジネス本を読んでいるそう!読書量は収入アップにも繋がります。

 

しかし、なかなか時間がとれなかったり、どの部分が重要かわからなかったり、継続するのは難しいですよね。

 

そんな人におすすめなのが、本の要約が読める『flier。本の内容がわかりやすくまとめられているので、普段は2~4時間かかる内容も約10分で読めます。覚えやすく実践にも活かせるので、収入アップが期待できるでしょう。

 

まずはアプリをダウンロードしてみましょう。(flierをダウンロード

 

参考データ:ハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」 今どき 1,000 万円プレイヤーの「読書事情」を徹底調査

 

関連flierで年収が上がる?注目の本要約アプリの評判・注意点

ライター未経験者大歓迎『みんなのキャリア相談室』ライター募集中

キャリアに関するあらゆる悩み解決メディア『みんなのキャリア相談室』では、記事ライターを募集しています。 私たちが目指しているのは、1人1人が自分のキャリアアップを目指して多種多様なキャリアを自由に選択できる社会。 「周りの人に認められたい」 「社会に貢献して、もっと輝きたい」 「自分らしい働き方を見つけたい」 このように 「キャリアアップしたいけど、自信がない」という人の背中を押せるような記事を日々投稿しています。 あなたもライターとして、キャリアに悩む人のサポートをしてみませんか?

「みんなのキャリア相談室」ライター応募はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】