【休日も仕事が不安でドキドキ】次の週末にできる!対処法一覧

仕事 休みの日 不安

仕事に対する不安を休みの日に持ち込んでしまうと、満足に眠れなかったり、生きるためのモチベーションが生まれなかったりしてしまうものです。「どうしてこんなに辛い思いをしなければいけないのか」と考えてしまうこともあるでしょう。

 

この記事では、仕事の不安を解消する考え方・対処法について紹介していきます。紹介することを実践することで、次の出勤の際、気持ちが軽くなっているはずです。

休みの日に仕事の不安を解消する考え方

休みの日に仕事で犯したミスのことを考えてしまうと、心と体が休まりません。そこで、下記にて不安が解消される考え方を3つ紹介します。

仕事に失敗しても死ぬわけじゃない

「大きい失敗をしてしまった…もう人生終わりだ…」

こんな風に不安になっていませんか?そのような時は「仕事に失敗しても死ぬわけじゃない」と考えるのがオススメです。

 

仕事で失敗した時、上司に怒られることはあるかもしれませんが、死ぬことはありません。次の機会に挽回することもできるし、転職して新しい仕事に移ることもできます。

 

生きてさえいればどうにでもなるので、休日に仕事のミスで不安になっても、「それで死ぬわけじゃない」と考えるようにしてみてください。

会社だけがあなたの人生ではない

毎日のように出勤し、仕事をしていると会社が全てであるかのように思えてきます。

 

しかし会社で働くことだけがあなたの人生全てではありません。趣味や友達、家族との時間など、いろいろなものを含めてあなたの人生です。

 

せっかくの休日を仕事のことで不安なまま過ごしてしまうのはもったいないですよね。休日に仕事のことが不安になった時は、「仕事が人生の全てじゃない」と考え、仕事のことは一旦忘れるようにしてみましょう。

一度失敗しても終わりじゃない

休日に仕事のミスで不安になったら、「失敗しても次で挽回できる」と考えることも効果的です。社会人生活は約40年あるので、一度も失敗したことがない人はほとんどいないでしょう。

 

例えば、成功者と言われているソフトバンクの孫社長でさえ、過去に失敗はしているのです。さらに失敗から学ぶことが大事だと言っています。
参考:Forbes JAPAN 柳井正と孫正義に共通する「原体験」と「失敗力」

一度失敗したからといってクビになることはほとんどないので、その反省を次に生かして頑張ればいいだけなのです。

 

ミスをしてしまったら反省すべきですが、そこで不安に苛まれるのではなく、「一度失敗しても終わりじゃない。次の仕事で挽回しよう」と考えると、不安も晴れてくるのではないでしょうか。

休みの日に仕事の不安を解消する方法

休みの日に仕事の不安を解消する方法はたくさんあります。下記で紹介しますので、自分に合いそうなものがあればぜひ試してみてください。

体を動かして汗をかく

汗をかくほどの運動をすると、仕事のことを一時的に忘れることができます。特に普段運動することない人にはオススメです。

 

ジムやジョギングなども良いですが、可能であれば球技系が良いでしょう。頭を使いながら運動する球技であれば、仕事のことを考えることができないからです。仲間とコミュニケーションをとりながらすると、心のケアにも繋がるでしょう。

 

運動をして汗を流すと心のリフレッシュにもなります。運動すると肉体疲労が溜まるので、夜もしっかりと眠ることができ、仕事について考えすぎることもありません。

関連筋トレの魅力・評価・メリット/デメリット・体験談・副業方法【趣味一覧】

夢中になれる趣味を見つける

夢中になれる趣味があれば、平日もウキウキしながら仕事をすることができます。仕事の不安よりも、楽しみであるという気持ちが上回るためです。

 

趣味がない人のために、下記に夢中になれる趣味の一例を挙げました。自分に合いそうだと思ったら、ぜひチャレンジしてみてください。

・ボルダリング
・山登り
・筋トレ
・瞑想
・カラオケ
・音楽ライブ

夢中になれることが大切なので、あなたが興味あることや好きなことをベースに探してみてください。いくつか掛け持ちして、よりたくさんのことを楽しむというのも良いでしょう。

関連夢中度MAX!全身全霊で楽しめる趣味10選【スパーリフレッシュ】

友達と飲みに行ってたくさん愚痴る

気を許した友人と飲みに行き、たくさん愚痴ると不安も和らぎます。自分の中でため込んでしまうと、不安や不満は募るばかり。人とは不思議なもので、辛いことを口に出すと気持ちが軽くなります。

 

ただし、自分ばかりが愚痴るのではなく、友達の愚痴もしっかりと聞いてあげましょう。そうすると友達も一緒にストレス発散できるでしょう。

 

話を聞くことで気分が和らぐだけではなく、解決方法が見つかることがあるため、週末に友達を誘って飲みに行ってはいかがでしょうか。

関連【仕事の愚痴は糧になる!】気持ちを吐き出して前に進む方法

仕事の不安を感じすぎて危険な状態

知らず知らずの間に、不安を感じ過ぎて、危険な状態になっていることがあります。不安を感じることに慣れてしまい、自分では危険な状態であっても分からないということもあるでしょう。

 

危険な状態に陥っている合図を3つ紹介していきます。もし、当てはまっているようなことがあれば、仕事から少し距離をとる方が良いかもしれません。

気が付いたら社用携帯を気にしている

・「休みの日は会社のことを考えるのを止めよう」と思っているが、気が付いたら社用携帯をチェックしている

・社用携帯に来ていた連絡に返信してしまい、結局休みの日にも仕事をしてしまう

こんなことはありませんか?もしこのようなことが頻繁にあるのであれば注意が必要です。

 

社用携帯を見なければ不安になるという人もいるかもしれません。社用携帯をチェックしてしまうのは、仕事をしているのと同じこと。まさに休日も会社に縛り付けられているような状態です。

 

一旦有給を取得して仕事から距離を置くようにするか、上司に相談してみるようにしましょう。

関連つながらない権利とは|副業の連絡・報告には要注意!具体的な事前対策を紹介

会社のことを考えすぎて眠れない

「休みの日が終わったら会社に行かなければいけない」
「もし次も同じ失敗してしまったらどうしよう」

そんなことを考えると眠れなくなり、寝付けても睡眠が浅いから疲れが抜けない。これに当てはまる人は注意が必要です。

 

人は眠ることで疲れをとり、脳をリセットします。休みの日にちゃんと眠っておかないと、仕事のパフォーマンスにも影響するでしょう。そうなると仕事も上手く回らず、さらに不安になり眠れなくなるという悪循環を生んでしまいます。

 

不安から睡眠障害を引き起こしていることも考えられるため、あまりに寝られないということであれば、病院に行くなどして対処しましょう。睡眠不足はさまざまな病気の原因ともなるので、悪循環にはまってしまう前に心療内科や会社の産業医などに相談すると良いです。産業医であれば、仕事のことも相談できるのでオススメです。

不安になるあまり虚無感に苛まれる

休日に何に対してもやる気が出ず、虚無感に苛まれるということもあります。外に出ることも億劫になるため、心身のリフレッシュができず、更に疲労が溜まるということもあるでしょう。

 

そのような状態の人は、気の合う友達に連絡するなど何か予定を立てて、外に出るようにしましょう。閉じこもっていては、仕事→家の繰り返しになってしまい、そこから抜け出すことはできなくなってしまう可能性があります。

まとめ

休日に仕事が不安にならない考え方や具体的な方法、また危険な状態について紹介しました。

 

「自分だけがこんなに不安に思うのはおかしい」と思う必要はありません。仕事でミスをして不安になるのは、あなたがそれだけ真剣に向き合っている証拠です。同じようなことを上司や友達も経験しているかもしれませんので、思い切って相談してみるのがいいでしょう。

 

上記でも述べたように、会社だけが自分の人生ではありません。仕事のことよりも、まず自分を一番に考えて行動してみてください。

未経験から最先端エンジニアになるならNEXT CAREER

ネクストキャリアは未経験エンジニア専用の企業紹介エージェンシーです。 研修が充実している企業や残業が少ない企業など優良企業2000社以上の求人を保有しています。 自分に合った企業探しから、履歴書作成、面接対策、入社手続きまで専属のキャリアアドバイザーがワンストップでサポートしますので、初めて就業される方も、初めて転職される方も安心してご利用いただけます。

NEXT CAREERへ

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】