行きたくない・・・仕事が怖い時の原因と対処法

仕事 怖い

「仕事が怖い。明日行きたくないな」毎晩次の日のことを考えると憂鬱で、眠れない。仕事に対する漠然とした恐怖に悩まされてはいませんか?

 

その恐怖心を放っておくのは危険かもしれません。仕事が怖い原因を突き止めて、対処していきましょう。

仕事が怖い原因

まずは仕事が怖いと思ってしまう原因を明確にしていきましょう。原因がわからないと対処することもできません。仕事が怖い原因を紹介します。

人間関係

仕事に対して恐怖心を抱くきっかけは、人間関係による問題が多いのではないでしょうか。「相手にどう思われているか」を考えすぎて仕事自体が怖くなってしまうのです。

 

上司や先輩

 

上司や先輩がいつもピリピリしていたり、他の人に怒鳴っているのを見ると「いつか自分も怒られるかもしれない」という気持ちから、恐怖心が生まれます。

 

また人によって上司の態度が違うと、「自分は嫌われているのかもしれない」とコミュニケーションを取ることが怖くなってしまうのです。

 

同期

 

同期は社会人になってから初めてできる存在。プライベートも含めて仲良くなれればいいですが、ビジネス上だけの関係になってしまう人もいるはず。そうなると、人となりがうまく掴めず、本音がわからないので不安が生まれます。

 

「〇〇が・・・って言ってたよ」と告げ口を1回でも聞いてしまうと、「他にも言われているかもしれない」とどんどん気になってしまうものです。また、過去のいじめや悪口を言われた経験があると人の目を過度に気にしすぎて人間関係を築くのが怖くなってしまうでしょう。

 

クライアント

クライアントとは、会社としてのお付き合い。「会社の評判を守るためにも、うまくやらなきゃ」とプレッシャーを感じ、「良く見られたい」という思いが次第にストレスへと変わっていってしまいます。

 

営業職や接客業などはお客様やお得意先からクレームを受けることも多く、それが恐怖心へと変わっていくでしょう。

失敗

過去に失敗をして怒られた経験があったり、真面目な性格で自分のミスが許せないタイプに多いのがこの原因です。失敗を全て自分の責任と捉えてしまいます。1つ1つの仕事に対するプレッシャーを人よりも多く感じてしまうので、追い込まれやすいのです。

仕事が覚えられない

「仕事が覚えられない」「仕事が遅い」などの問題を抱えていると、仕事に行くのが怖くなってしまいます。上司や先輩から同期と比較され文句を言われたり、自分自身で他人で比べてしまったりすることでストレスがかかるのです。

仕事が怖い。そのまま続けると・・・

恐怖心を抱いたまま、仕事を続けると生活に悪影響を及ぼします。仕事が怖い状態が続くとどうなってしまうのか紹介します。

心身ともに健康を害する

恐怖心を抱いたまま「辞めたい」「行きたくない」気持ちを我慢して仕事を続けると、ストレスが徐々に溜まりさまざまな症状を引き起こします。まず「夜眠れない」「食欲が出ない」「異常に汗をかく」などの身体症状が現れ、続いてうつ病や適応障害などの精神疾患にかかってしまうのです。

 

健康を害してしまっては仕事ばかりか、まともな日常生活も過ごすことができなくなってしまいます。

職場で孤立する

仕事に対して恐怖心を抱いてしまうと、周りの人とのコミュニケーションがうまくいかなくなり、孤立してしまうことがあります。

 

仕事は組織でやるものなので、1人でも失敗を恐れて仕事に時間がかかる人や、消極的な人がいると、スムーズに仕事が進まず迷惑がかかります。それに対して心ないことをいう人もいるかもしれません。

 

すると立場がなくなっていき、発言する勇気さえ出なくなってしまうのです。仕事がますます辛くなり負のループに陥ってしまうでしょう。

会社を辞めることになる

「仕事が怖い。辞めたい。毎日行きたくない」

そんな仕事は続けることはできないでしょう。もちろん退職は悪いことではありません。転職したら楽しく働けるようになる可能性もあります。人間関係が原因となっている人は転職を一度検討してみるのもアリでしょう。

 

しかし「仕事が覚えられない」「失敗が怖い」などが原因の場合、今の会社を辞めても根本的な解決にはなりません。その恐怖心を生んでいるのは過去の経験やあなた自身の感情。それを克服しない限り職場を変えても同じことの繰り返しになってしまうかもしれないのです。

 

退職も1つの手段ですが、まずはいくつか対処法を試してみましょう。

仕事が怖い時の対処法

では、仕事に対する恐怖心にはどのように対処していけばいいのでしょうか?仕事が怖い時の対処法を紹介します。

信頼できる人に相談する

まずは上司や先輩、同期、友達、家族など信頼できる人に相談してみましょう。口に出すとストレス発散になり、言語化することで自分の悩みがちっぽけなことに感じることもあります。

 

上司に相談してみると過去に同じように悩んでいたことがあって良いアドバイスがもらえるかもしれません。同期が実は、同じような悩みを抱えていて一緒に悩んでくれることもあるでしょう。

 

相談することで得られる「1人じゃない」という安心感は、恐怖心を減らしてくれます。

他人を気にしすぎない

「人からどう思われるか」考えすぎてしまうのは、意識をすると少しずつ直していくことができます。

 

まず意識してほしいのが、他人の気持ちはいくら想像しても100%完全に理解することは不可能であること。他人があなたの気持ちを100%理解することもできません。また、この世の中の全員に好かれることも無理です。人には必ず好き・嫌いがあります。あなたにも苦手な人が1人はいるはずです。

 

他人を気にするエネルギーを自分自身のレベルアップに向ければ、余計なことは気にせずに前向きに仕事に取り組むことができるでしょう。

 

目の前の仕事だけに集中して取り組んでみたり、資格取得に向けて勉強してみたり、ジムに通ったり、新しい趣味を見つけてみたりすれば、自分のことに精一杯に慣れて他人のことなんか気ならなくなります。

関連【時間が増える】朝活で何する?いつも挫折しているあなたへ

自信をつける

仕事が怖いのは、何が原因であれ自信を失っている状態。自信をつければ自然と怖さはなくなっていくはずです。

 

自信はそう簡単につくものではありませんが、日々の小さな積み重ねで得ることができます。

 

毎日ポジティブな出来事だけを書く「成功ノート」を作成したり、互いに褒め合う「褒めるための飲み会」を上司や同期と開催したりしましょう。

関連楽しい人生への近道|自信がないあなたが自信を持つ方法はこの3つ 関連“自己否定”をどうしてもやめられない|少しづつ変えていける6つの習慣

病院に行く

仕事が怖い状態が精神的な病気からきていることもあります。何をしても変わらない場合や、どんどん悪化する場合は一度病院で診てもらいましょう。

 

「病院に行くほどじゃない」と思ってしまうかもしれませんが、その強がりがあなたを苦しめます。病院に行って原因が明確になると、不安が解消されることもあります。

退職代行を利用する

毎日仕事に向かうこと自体が辛く、一刻も早く抜け出したい場合は退職代行の利用も一つの方法です。あなたの代わりに会社に退職の意思を伝えてくれるので、気まずい思いをせずにすみます。

 

ただ、その場の勢いで退職して後悔しないように注意。(仕事を辞めたい時に試してほしいこと

 

退職代行のおすすめサービス
退職代行Jobs

・顧問弁護士監修
・入金前に無料相談可能
・入金後の相談回数無制限
・プレゼントあり(退職届/業務引継書テンプレートなど)

まとめ

「仕事が怖い」のは甘えではありません。仕事に対して自信がなかったり、不安があったりするとき感じる当たり前の感情です。そう感じてしまう自分を責めず、うまく向き合っていきましょう。

英単語を覚えてお小遣いを稼ごう!ENGDOM

 

「勉強を頑張ったらお金をもらえる。そんな夢のようなサービス、あるわけないか」

実はその望み、『ENGDOM(イングダム)』でなら叶えられます!TOEIC頻出英単語のテストを受けて正解するだけで、報酬がもらえるのです。

 

溜まったポイントはAmazonギフト券とも交換可能!勉強を頑張ったご褒美になりますね。

 

通勤中、家でごろごろしている時、ENGDOMで勉強しながらお小遣いを稼ぎましょう。

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】