今年こそ!克服して見せる、三日坊主|三日坊主の理由とその克服法

三日坊主 克服

何をやっても三日坊主。そんな自分を責めていませんか。

 

新しい年を迎え「よし、今年こそは三日坊主を克服するぞ!」と決意しても、また挫折。こんなにやる気があるのに、どうして続かないのだろう。

 

そんな疑問を抱いているあなたに、三日坊主をしてしまう理由と克服する方法を紹介します。

未経験エンジニア Next Career

三日坊主をしてしまう原因

まず、三日坊主になってしまう原因を見ていきましょう。

目的や目標が漠然としているから

「痩せよう」「英語が話せるといいな」と漠然とした目標だと、長続きしません。何のために努力を始めたのかわからなくなってしまうからです。

 

それらがハッキリしていないと、目標達成のために何をすればいいかもわからず、「達成のために何をしたらいいんだろう」と考えているうちに時間はどんどん経ってしまいます。何も変わらない自分に自信をなくし、諦めに繋がるでしょう。

目標に近づいていることが感じられないから

目標に近づいていることが感じられないと次第に意欲がなくなっていきます。目標や自分の成果を可視化していないと、目標までの道のりの中で、今の自分の位置がわかりません。そのために、努力が無駄のように感じてしまうのです。

やらなくてもペナルティがないから

「今日は出来なかったけれど,その分明日やればいいか。」という考えがあると長続きしません。出来なくても、何もペナルティがなく許されてしまうと、やらなければならないという意識が次第に薄れてしまうのです。一度くらいやらなくてもいいか、という甘い考えが三日坊主を引き起こしています。

心が穏やかな状態に戻ろうとする本能があるから

本来、人には「穏やかな状態に戻ろうとする本能」があります。すごく嬉しいことがあっても、逆にすごく悲しいことがあっても、その感情はいつまでも続きませんよね。

 

これは心が穏やかな状態に戻ろうとする脳の働きによるもの。嬉しいことや悲しいことで心が高ぶっている状態は異常だと脳は判断しているのです。

 

何か新しいことにチャレンジしようと心が高ぶっても、脳はその高ぶりを収めようとします。やる気が続かないのはこの本能のせいなのです。

楽しいことを優先する本能があるから

人には「楽しいことを優先する本能」もあります。筋トレしようと思ったけれど、その前にスマホを手に取ってしまうこと、ありませんか。これは、スマホを見る方があなたにとって楽しいことだからです。

 

そして、誰にとっても心が穏やかになっていることが何より楽しいこと。人間にとって新しいこと、変化は負担なので、他の楽しいことが優先されてしまい、チャレンジは長続きしなくなってしまうのです。

三日坊主を克服する方法

どんな人でもなってしまう「三日坊主」。これを克服する方法はただひとつ。
「習慣化する」ことです。習慣化された行動をするとき、心は穏やかで、楽しいことをしているように感じるため、誰でも飽きることなく続けることができるのです。

 

嫌なことでも、繰り返すとだんだん慣れて嫌ではなくなってきます。これが「習慣化」。一般的に習慣化されるまでの期間は次のとおり。

行動習慣(部屋の片づけ、日記、家計簿など)…1ヶ月
身体習慣(筋トレ、早起き、ダイエットなど)…3ヶ月
思考習慣(ポジティブ思考、論理的思考など)…6ヶ月

習慣化されるまでのこの時期を乗り越えることが、三日坊主を克服するカギです。次の方法を参考にして習慣化していきましょう。

目的や目標を明確にする

まずは、具体的な目的や目標を立てましょう。ポイントは以下を明確にすること。

・いつまでに達成するか
・どのくらいの成果を得たいか
・その結果によるメリット

例えば英語学習がテーマの場合、「英語ができるようになる」からもう少し掘り下げて、このように設定してみましょう。

いつまで→1年後
どのくらいの成果→TOEIC800点をとる
その結果のメリット→字幕版で洋画を楽しめる

具体的な目標を置くことで、目標までの道筋がはっきり見えて、目指しやすくなります。

段階ごとの小さなゴールを決める

最終的な目標を決めたら、次に、その目標に向けてなるべく細かく段階を分けて小さなゴールを決めましょう。

1年後→TOEIC800点
半年後→TOEIC600点
2ヶ月→英単語を〇〇個覚える
1ヶ月→テキストを1冊終わらせる
1週間→毎日1ページテキストを終わらせる

細分化したゴールは目に見えるようにしましょう。壁に貼ってあるカレンダーに書き込んでおくと毎日目にするのでモチベーションが低下する心配がありません。

ご褒美を準備する

各段階の目標を達成するたびに「ご褒美」を自分に上げるようにしましょう。「美味しいランチを食べに行く」「旅行に行く」「新しい靴を買う」などのご褒美を準備しておくとモチベーションも上がります。

 

習慣化用のアプリを活用する方法もありますよ。目標のために行動をポイント化し、ポイントがたまったらご褒美に使うことができるという仕組み。自分で行動もご褒美も設定することができます。ポイントをためることが好きな人におすすめです。

おすすめアプリ

自分ルール

ペナルティを準備する

目標が達成できなかったときのために「ペナルティ」も必要です。やらなかった時には「罰金500円を貯金箱に入れる」「デザートを一回我慢する」などのルールを決めます。「腕立て100回」などあまり強いペナルティはNG。かえってモチベーションが下がってしまう可能性もあるので、我慢できる程度の軽いペナルティが効果的です。

目標達成ごとに友人と会う

段階的な目標ごとに友人と会う約束をすることも有効です。目標達成日に合わせてランチの約束をし、そこで達成状況を話しましょう。達成したことを友人に認めてもらえれば、この後も頑張ろうというモチベーションアップになります。

 

その約束の日までに目標を達成できていないと、何となく友人との約束を破ったような気まずい心地になるでしょう。目標達成に友人と会うことを関連付けることでご褒美にもペナルティにもなります。

発想を変える

それでもやはり続ける自信が湧かない人は三日坊主に対する考え方を変えてみましょう。「3日しか続かなかった」ではなく「3日、頑張った」と考えるのです。

 

0はどんなに足してもいつまでも0のまま。しかし、1は足していけばやがて憶にも兆にもなります。三日坊主も何度もやることで、継続してやることと同じ成果が期待できるのです。

 

しかし、3日間だけ続けることを最初から目標にしてしまうと、「何回続ければいいんだ」辛く感じるかもしれませんね。途中でやめてしまったけれど、もう一回やってみようという気持ちになることをまずは最初の目標としましょう。

まとめ

三日坊主で上等。3日も努力した自分を褒めてあげましょう。

 

でも、継続してコツコツと努力することで大きな成果が期待できることも事実。今年こそ、三日坊主を卒業して、習慣化できるようにしましょう。

未経験エンジニア Next Career

未経験から最先端エンジニアになるならNEXT CAREER

ネクストキャリアは未経験エンジニア専用の企業紹介エージェンシーです。 研修が充実している企業や残業が少ない企業など優良企業2000社以上の求人を保有しています。 自分に合った企業探しから、履歴書作成、面接対策、入社手続きまで専属のキャリアアドバイザーがワンストップでサポートしますので、初めて就業される方も、初めて転職される方も安心してご利用いただけます。

NEXT CAREERへ

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】