「仕事についていけない」は伸びしろ!今すぐできる6つの対処法

仕事 ついていけない

「仕事が難しくてついていけない」と感じる人は少なくありません。特に、仕事を始めてまだ時間があまり経過していないうちは強く感じるでしょう。

 

「転職したけどついていけないから、もう辞めたい」と再転職を決心する前に、「ついていけない」理由について考えてみませんか。

 

「仕事についていけない」と感じるのは自分のせいだけではありません。まずは「仕事についていけない」理由を突き止めて、辛い日々から抜け出しましょう

「仕事についていけない」と思うとき

 

例えばこのような時に「仕事についていけない」と思うでしょう。

 

・量が多すぎて仕事が終わらない
・能力以上の働きを要求される
・コミュニケーションがうまくとれない
・周りと仕事に対する熱意が違う
・周りの人が優秀過ぎる

「仕事についていけない」と思うときは、目の前に今まで感じたことのない大きな壁が現れたと感じるときなのです。

 

これを乗り越えられれば大きな成長が待っているかもしれません。とはいえ仕事についていけないと無力感を覚え、辛いですよね。

 

まずは仕事についていけない理由を深掘りし、自分に最適な対処法を見つけていきましょう。

仕事についていけない理由

 

「ついていけない」と感じる理由として次のことが考えられます。

経験・スキルが不足しているから

未経験の状態から完璧にできる人はいません。経験やスキルが不足していれば「ついていけない」と感じることも多いでしょう。

 

例えば運転免許を取得した翌日から教習所の教官になるのは難しいですよね。実務経験は日々の積み重ねで身につくものです。

 

経験が不足しているうちは「ついていけない」と感じるものだと開き直って、目の前の仕事に精を出しましょう。

完璧を目指しているから

完璧主義の人は「仕事についていけない」と感じやすいでしょう。

 

「中途半端な結果では満足しないため、仕上がるまでに時間がかかり過ぎて周囲との作業時間に差が出てしまう」

このように、完璧を求めるあまり他の人よりスピードが遅くなり、ついていけないと感じているかもしれません。完璧主義の人は過剰に周りからの期待を意識するので、仕事ができないと思われないようにしています。

 

わからないことも言い出せずミスが発生しやすくなり、作業効率が下がって「ついていけない」状況となってしまうのです。

コミュニケーションをうまく取れていないから

「ついていけない」人はコミュニケーションが苦手かもしれません。

 

日頃から積極的にコミュニケーションをとっていると、性格や仕事に対する価値観などがなんとなく理解できるようになるものです。上司も仕事の担当を考えるときの参考にしてくれるでしょう。

 

コミュニケーションが取れずにその人のことがよくわからないと、キャパオーバーの業務がまわってきたり、スキルに見合わない仕事を任されたりするようなことが起きてしまいます。

 

また自分が「ついていけない」と悩んだときにも、普段から会話をしている人には相談しやすいでしょう。

作業効率が悪いから

作業効率が悪いと「この仕事にはついていけない」と感じやすくなります。

 

・タスク管理が徹底していない
・デスクの周りが散らかっている

そういう状況ではどうしても作業効率が低下し、仕事に集中できずミスも多発。重要度の低い仕事を優先させてしまうなど、チーム全体に影響が出てしまう可能性もあります。

 

周りと波長が合わず「ついていけない」と感じるときには一度自分の仕事の仕方を見直してみるのもよいでしょう。

「仕事についていけない」は伸びしろ!

 

「仕事についていけない」状態は最悪な状態ではありません。「ついていけない」状態をポジティブに変換してみましょう。

「ついていけない」は勘違い

目の前の仕事しか見えていないあなたは「ついていけない」と思っていますが、決してそうではありません。本当は誰もが通る道を普通のスピードで進んでいるのです。

 

例えば前任者から業務を引き継いで間もない時、前任者と全く同じことはできなくても当たり前。わからないことも多く、ミスもあるでしょう。時には前任者と比べてクレームも受けるかもしれません。

 

しかしそのミスはあなたに能力がないからではありません。最初から完璧にこなせる人などいないことは上司を含め誰もが理解しています。クレームも一時的なもの。担当が変わればクレームは当然想定される状況です。

「ついていけない」環境は最高

「ついていけない」と感じるほど優秀な人材が周りにいるなんて恵まれていると思いませんか。

 

近くで仕事の様子を見ることもでき、考え方や仕事のやり方をいつでも質問できる環境です。優秀な人と比べて自分はダメだと自己否定していては、せっかくの環境を活かせません。

 

学んでスキルを身につけ少しでも優秀な人に近づけるようになりましょう。

「ついていけない」状況は挑戦

できる仕事だけを何年やっても成長はありません。成長するには壁にぶち当たる必要があります。その壁こそが「ついていけない」状況。能力以上の仕事を任される時、上司はその仕事に対する姿勢を見ています。

 

できないと断るのか、協力を仰ぎながらでも最後までやり遂げるか。その姿勢が今後の仕事を左右するかもしれません。

 

理解力や知識量は個人差があるもの。その差は嘆いても仕方がありません。理解力がないのも個性だと気にせず「ついていけない」状況にチャレンジしましょう。

仕事についていけない時の対処法

 

仕事についていけない理由を元に、適切な対処法を試してみましょう。何か行動することで流れが変わるかもしれません。

「ついていけない」状態を客観視する

「ついていけないから自分はダメだ!辞めるしかない!」と感情的になっていると、いつまでたっても解決方法は見つかりません。気持ちに余裕がないうちは道は開けないのです。

 

現状を書きだして今の状態を客観視すると気持ちに余裕が生まれます。辛い気持ちを全部紙に書き出したら、ついていけない理由を突き止めて対処していきましょう。

 

書き出すことでストレス解消!?感情を紙に吐き出そう!【方法・効果】

「ついていけない」自分を認める

他人と比較して自分はついていけないと感じている心の状態ではどんな対処法も効果がありません。自己否定していると何もかもをネガティブに捉えてしまうので、前向きな対処に気持ちが向かないからです。

 

「ついていけない」状況を変えるには、まず「ついていけない自分」を受け入れましょう。ついていけないことはダメなことではないのです。条件がそろえばだれでも「ついていけない」状況になります。

 

自分を否定せず、ありのままの自分を認め、心の状態を整えましょう。その上で対処すれば状況は変わります。

 

Let It Go!ありのままの自分を受け入れて!自己受容の意味と方法

目の前の仕事に集中する

「ついていけない」と不安を感じるときは、意識が過去や未来にいってしまっています。「前の人はこうだったんだろう」「仕事ができない人と思われるだろう」など、過去や未来のことはどうすることもできないので、考えれば考えるほど不安になり、ますます「ついていけない」と思うでしょう。

 

やれること、考えることができるのは今のことだけです。先のことはランチの時にでも考えることにして、まずは目の前の仕事を終わらせるようにしましょう。仕事に集中する時間は不安を感じていないため、心の負担が軽くなります。

 

不安でいっぱいの心に少し余裕ができてくるようになれば、どんどん前向きになれます。

 

「集中力が続かない…」デスクで今すぐできる7つの対処法【スイッチをONに】

【目から鱗】効果抜群な”深い瞑想”のやり方・コツ大全・効果が出ないワケ【アプリ】

タスク管理を徹底する

能力以上であっても、多すぎる量であっても任された仕事は責任を持って遂行すべきです。

 

そのためにはタスク管理を徹底しましょう。締め切りと自分の状況、力量を照らし合わせ、一日のタスクを決めます。上司や関連部署の予定なども考慮し、余裕のある予定を立てましょう。

 

優先順位など自分1人で決めるのが不安な時は同僚や上司に相談すれば快く協力してくれます。

 

【完全版】タスク管理の方法・コツを徹底解説!”仕事がデキる人”に近づこう

優秀な人の真似をする

「ついていけない」と感じるほど、周りには優秀な人がいるのですからその人の真似をしましょう。優先順位のつけ方やタスク管理の仕方など、全ては無理でも部分的に真似できることはあるはずです。

 

真似するのは気が引ける人はコミュニケーションを積極的に取ってみましょう。仕事に対する考え方、オンとオフの切り替えなど参考になる話を聞けるかもしれません。

 

仕事ができる人はデスク周りもきれいですが頭のなかも同様に整理されています。何気ない世間話でもそのスマートな頭脳は感じることができるでしょう。

 

「守破離」はもう古い?意味・ビジネスで用いられる理由【事例】

ラテラルシンキングを意識する

ラテラルシンキングは「ついていけない」と狭くなった視野を広げることに役立つ考え方です。

 

ラテラルシンキングとは「固定概念や既存の論理に捉われず物事を考え、新しい発想を生み出す思考法」のこと。

 

「ついていけない」と感じるのはこうあるべきと自分の姿を固定しているからかもしれません。今の自分の「ついていけない」状況を全く別の角度からとらえれば前向きな気持ちも湧いてくるでしょう。

 

ラテラルシンキングはそういう広い視野が可能になる考え方です。

 

【ラテラルシンキングとは】ラテラルシンキングのコツ・身につけ方・ロジカルシンキングとの違い

仕事についていけなくて限界な時はプロに相談を

1人だとどんどんネガティブな方向に考えてしまって、「誰か助けて」と思う時もありますよね。そんな時は勇気を出して相談してみましょう。

 

「身近な人にはなんだか話しづらい」
「仕事についていけないなんて、上司に相談したら何て言われるか…」
「でも解決したい!」

そんな人には、第三者であるカウンセラーに相談がおすすめ。あなたの普段の様子を知らないからこそ、偏見なく話を聴いてくれるでしょう。これまでの経験からあなたに合ったアドバイスをしてくれるかもしれません。

 

おすすめサービス:エキサイトお悩み相談室

カウンセラー例
・得意分野:キャリアや職場の人間関係
・国家資格であるキャリアコンサルタント資格取得
・行政機関やNPOでカウンセラーを経験

プロのカウンセラーが24時間365日あなたの話を聴きます。今なら新規登録で1000円分の相談が無料!まずは無料会員登録してあなたに合ったカウンセラーを探しましょう。

 

エキサイトお悩み相談室の特徴・口コミ・おすすめな人

 

 

【カウンセラーに無料相談してみる】

ビジネスパーソンに欠かせないアプリ!『flier』

 

仕事の効率や収入を上げるために欠かせないのがビジネス本。なんと、平均1000万円稼ぐ人は、平均年収層(432.2万円)の人の3倍以上ビジネス本を読んでいるそう!読書量は収入アップにも繋がります。

 

しかし、なかなか時間がとれなかったり、どの部分が重要かわからなかったり、継続するのは難しいですよね。

 

そんな人におすすめなのが、本の要約が読める『flier。本の内容がわかりやすくまとめられているので、普段は2~4時間かかる内容も約10分で読めます。覚えやすく実践にも活かせるので、収入アップが期待できるでしょう。

 

まずはアプリをダウンロードしてみましょう。(flierをダウンロード

 

参考データ:ハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」 今どき 1,000 万円プレイヤーの「読書事情」を徹底調査

 

関連flierで年収が上がる?注目の本要約アプリの評判・注意点

24時間対応、エキサイトお悩み相談室今なら新規登録で1000円分の相談が無料

「悩みを誰かに聞いてほしい」「でも身近な人にはどう反応されるかが怖くて、相談しづらい」こんな誰にも言えない悩みを抱えている人におすすめなのが、エキサイトお悩み相談室。プロのカウンセラーが24時間365日あなたの悩みを聴きます。まずは無料会員登録してあなたに合ったカウンセラーを探しましょう。

無料相談はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】