【旅行のメリット】旅行で価値観が変わると言われる理由

日本人は世界最強と呼ばれるパスポートを持ち、国内にも素敵な場所がたくさん。

 

「社会人になって旅行に全然行かなくなったなあ、、、」

というあなたに、旅行のメリットを紹介します。

 

「世界は1冊の本だ。旅をしない人々は本を1ページしか読んでいないのと一緒だ。」(アウグスティヌス、古代キリスト教の神学者、哲学者)

 

旅行で起こること

国内外関わらず、住み慣れた場所とは違う旅先では、いろんなことが起こります。

 

1,新しいものとの出会い
2,予想外の事態
3,珍しい目で見られる

 

旅行のメリットを知る前に、旅行で起こることを紹介します。

 

新しいものとの出会い

旅行先では人や景色、文化、ご飯などたくさんの新しいものと触れ合います。お店の人と仲良くなったり、今まで見たこともない景色に出会ったり。

 

交通手段など、日々の過ごし方1つをとっても、普段の自分とは違う経験をするはず。

 

そして旅先での楽しみの1つに食事がありますよね。
屋台では1食50円もしないものも。言葉が通じない国では見た目で選んだりすると、

「意外とおいしい」「口に合わない」

など新たな発見があります。

 

新しいものと出会うことのメリット

・想像力が広がる
・自分と向き合う時間を持てる
・ニュースが自分ごとに感じられる

 

予想外の事態

特に外国だと日本よりも環境が整っていないことも多く、ハプニングも珍しくありません。

 

「飛行機が大幅に遅延して、急遽1泊しなければいけなくなった」
「生野菜でお腹を壊して、2日間観光ができなかった」

など、予想もしなかった事態が起こります。

 

予想外の事態が起こることのメリット

・交渉力が上がる
・行動力が高まる
・計画力が身につく
・「生きている」ことに感謝できる

 

珍しい目で見られる

場所によっては観光客がいることが珍しく、お店に入ってみると現地の人しかいない、ということもあります。

「みんな一緒」に慣れていて、周りを気にする傾向がある日本人には心地良いと感じるかも。

 

珍しい目で見られることのメリット

・自分と向き合う時間を持てる
・帰る場所があることに、ありがたみを感じられる

 

旅行のメリット8つ

では実際に、旅行ではどんなことが得られるのでしょうか。メリットを8つ紹介します。

 

1,想像力が広がる
2,交渉力が上がる
3,行動力が高まる
4,計画力が身につく
5,「生きている」ことに感謝できる
6,自分と向き合う時間を持てる
7,ニュースが自分ごとに感じられる
8,帰る場所があることに、ありがたみを感じられる

 

想像力が広がる

同じ場所で暮らしていると、まるで世界には自分がいる場所しか存在しないように思いますよね。メディアで外国の景色を見ても「本当に存在するのか?」と感じてしまいます。

 

しかし新たな人・景色に会う旅行では、

「私がいる地球には、住んでいるところ以外にこんな世界が広がっているんだ」

と思えるのです。

 

それにより、新しい視点を得られます。
いろんな世界を知ることで、「こう考えてみればいいんじゃないか」や、「旅先で出会った人は、どう考えるんだろう」など。

 

旅行から帰ってきたら、きっと想像力を膨らませて、あらゆる視点から物事を考えられるようになっているでしょう。

空想は知識より重要である。知識には限界があるが、想像力は世界を包み込む。(アルベルト・アインシュタイン、理論物理学者)

 

交渉力が上がる

旅行先では、タクシーやマーケットなどでの値段交渉は日常茶飯事です。タクシーでは異常に高い値段を要求されることもあるので、要注意。

 

そんな時は交渉力を上げられるチャンスです。距離の取り方や頼み方などを工夫して、いかに揉めずにお互いの合致するところまで持っていけるか試してみましょう。

 

違う文化の人と接するからこそ、「自分と相手は違う考えかもしれない」という意識が強くなり、より相手の視点に立つようになります。

 

行動力が高まる

慣れない場所で、知恵や力を振り絞って目的地に向かう旅行。初めての場所で奮闘すれば、「どこにいてもなんとかなる」と思えるでしょう。

 

特にネット環境なしでたどり着けたときは、達成感も一入。小さいころ、隣町へも一人で行けなかった自分と比べるとすごい進化ですよね。

 

計画力が見につく

事前にホテルを予約したり、行く場所を探したり、行きたい場所を決めたり。旅行中は決めることが多いです。

それにより、「どう廻れば滞在期間内に行きたいところに行けるか」などを自然に考えるようになります。

 

だんだんと事前に全てを計画しなくても、その時の気分で旅をできるようなったら、旅の楽しさも増すでしょう。

 

「生きている」ことに感謝できる

住んでいる場所のように、街の情報がわからないと、「もしかして危険にあうかもしれない」と不安になりますよね。しかも危険がおきても、どこに逃げれば安全かわからない状況。

 

そんな旅行中は、「今日もホテルに無事着けて良かった」とふとしたところで「生きている」ということを実感できます。

ハプニングに対しても、対処したあとは「サバイバル力が上がった!」と感じるはず。

旅とは結婚のようなものだ。コントロールしようとすること自体が間違いなのだ。(ジョン・アーンスト・スタインベック、小説家)

 

自分と向き合う時間を持てる

ネットの不具合や、荷物の少なさなど、普段より不便を感じることが多い旅行中。

 

しかし、インターネットや物の多さに邪魔されることがないので、意識的に向き合う時間をとることができます。特に一人旅だと、常に誰かと一緒にいるわけではないので、考える時間が増えますよ。

 

向き合うことで、大切なもの・好きなものがはっきりします。異国の地で心が反応するものに向き合ってみると、大切にしたいことや好きなことが自然とわかってくるのです。

 

普段はうやむやにしてしまう自分の声に、耳を傾けてみましょう。

1人旅をしているときには、好きな人のことや、残してきた人達のことばかり不思議に思い出すものだ。(リチャード・ホームズ、作家)

 

ニュースが自分ごとに感じられる

過去に旅行した場所や、その近くがニュースに取り上げられてると、遠い場所で起こったこととは思えなくなります。ニュースと一緒に、そこで出会った人の顔や、経験したことを思い出すからです。

 

これにより、旅行中には知ることができなかった一面や、ニュースに関連した事柄など、いろんなものに興味がわくようになります。

共感力が上がり、いろんな問題を自分ごとと捉えて、どんなことにも寄り添えるようになるでしょう。

本当の世界は、想像よりもはるかに小さい。(ニーチェ、哲学者)

 

帰る場所があることに、ありがたみを感じられる

少しの間見知らぬ土地にいると、安心できる場所に帰れることが当たり前ではないと感じられます。帰る場所があるからこそ、挑戦できますよね。

マンネリしてしまっていた生活でも、より充実感を味わえるでしょう。

また自分の仕事に向き合う勇気をもらえるはず。

あちこち旅をしてまわっても、自分から逃げることはできない。(アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ、小説家)

 

旅行のデメリット

たくさんのメリットがある旅行ですが、良いことだけではありません。

事前にデメリットも確認しておき、安心して旅行しましょう。

 

1,治安の悪さが心配
2,衛生面が整っていない
3,体調を壊す可能性がある
4,文化が合わない

旅行をするなら覚えておいてほしい。外国とはあなたが快適に過ごせるように作られているのではなく、現地の人々が快適に過ごせるように作られているのだということを。(クリフトン・フェディマン、作家)

 

治安の悪さが心配

旅行先によっては、スリなど犯罪に巻き込まれる可能性が高まる場所があります。インターネットで調べていると、不安に思いますよね。

 

そんな時は、自分が安心するまで情報収集をしましょう。「治安が怖い」とずっと思っていたら、せっかくの旅行も楽しめません。

 

「できる準備は全部した」という状態で旅行に向かえば、きっと不安が少しでも解消されるはず。

 

衛生面への不安

特に水は、水質が悪いことにより、普段の生活よりも気を遣うことが多くなります。

 

「氷は食べない」「水で洗われているから、生野菜は食べない」

などルールを決めて、極力被害にあわないように気を付けましょう。

 

体調を壊す可能性がある

毎日新しいことを経験する旅行では、知らない間にストレスが溜まっています。

 

そんなときは無理をせずに、カフェでゆっくりする1日を作ったり、日が暮れる前にホテルに帰ったり、意識的に休みをとるようにしましょう。

 

もったいないと感じるかもしれませんが、ゆっくり休む時間をとれるのも、旅の特権です。

 

文化が合わない

今までの環境と違いすぎて、文化が合わないと感じる可能性があります。特に毎日口にする食事や人、街の雰囲気から。

 

合わないものはしょうがありません。

そんな自分を認めて、「どうして合わないんだろう」「今まで暮らしてきた場所との違いはなんだろう」と深堀していくと、新しい発見があるかも。

 

社会人が旅行をする方法

社会人はスケジュール的にも金銭的にも、旅行に出かける余裕がない方も多いはず。

そんな方のために、旅に出るための方法を4つ紹介します。

 

副業で隙間時間に稼ぐ

本業だけだと、旅行に使えるお金が少なくなってしまいますよね。

本業に支障が出ない程度にできる副業を始めれば、月5万円も夢ではありません。

サラリーマンで副業を始める際は、「副業ができる時間」「どのくらいの収入が欲しいか」などを確認して、ストレスなくできる副業を見つけましょう。

 

連休を把握して計画的にお金を貯める

有給を使わないで休める連休は、旅行をするチャンス。事前にいつ連休があるのかを把握して貯金をすれば、計画的に旅行に行けるでしょう。

 

旅行計画アプリを活用する

旅行を決めたら、アプリを使って効率よく計画を進めましょう。

友達と共有できるものや、自動に所要時間を出してくれるものもあるので、時間がない社会人でもスムーズに予定を決められます。

 

 

映画を観る

とは言ってもなかなか時間がとれない方も多いでしょう。そんな方には、映画を観て旅をしている気分になるのをおすすめします。

 

SF系を観て想像を膨らませたり、歴史系を観てタイムスリップした気分になったり、行きたい国から映画を選んだり、、

自由に浸りたい世界を選べるのでおすすめです。

 

まとめ

旅行のメリットと社会人が旅行をする方法を紹介しました。

 

仕事を頑張っていると休暇を後回しにしてしまいがちですが、そんな時こそ遠くへ行きましょう。きっと自分のいる場所を前よりも好きになれるはず。

 

今回紹介したもの以外にも、自分なりの旅行の良さを見つけてみてください。

ビジネスパーソンに欠かせないアプリ!『flier』

 

仕事の効率や収入を上げるために欠かせないのがビジネス本。なんと、平均1000万円稼ぐ人は、平均年収層(432.2万円)の人の3倍以上ビジネス本を読んでいるそう!読書量は収入アップにも繋がります。

 

しかし、なかなか時間がとれなかったり、どの部分が重要かわからなかったり、継続するのは難しいですよね。

 

そんな人におすすめなのが、本の要約が読める『flier。本の内容がわかりやすくまとめられているので、普段は2~4時間かかる内容も約10分で読めます。覚えやすく実践にも活かせるので、収入アップが期待できるでしょう。

 

まずはアプリをダウンロードしてみましょう。(flierをダウンロード

 

参考データ:ハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」 今どき 1,000 万円プレイヤーの「読書事情」を徹底調査

 

関連flierで年収が上がる?注目の本要約アプリの評判・注意点

24時間対応、エキサイトお悩み相談室今なら新規登録で1000円分の相談が無料

「悩みを誰かに聞いてほしい」「でも身近な人にはどう反応されるかが怖くて、相談しづらい」こんな誰にも言えない悩みを抱えている人におすすめなのが、エキサイトお悩み相談室。プロのカウンセラーが24時間365日あなたの悩みを聴きます。まずは無料会員登録してあなたに合ったカウンセラーを探しましょう。

無料相談はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】