「毎日楽しい」って言いたい!いつもの生活を”ちょっとだけ”素敵にする10のアイデア

毎日楽しい

「すごく思い悩んでいるわけでもないけど、なんだか最近つまらない。なにか起こらないかな。」

 

そんな時は無理やり新しいことをしようとする前に、毎日の生活を見つめ直してみることがおすすめ。きっとまだあなたが楽しめるチャンスは転がっているはずです。

 

普段の生活に取り入れられるような、「毎日楽しい」と思える技を紹介していきます。

朝ごはんにフルーツを食べる

「朝ご飯は適当にすませる。食べれない時もあり」
「デスクに置いてあるお菓子で空腹をまぎらわせる」

そんな方は、朝ごはんにフルーツがおすすめ。フルーツは安くないですし、滅多に食べない人は朝から贅沢気分を味わえます。リンゴやバナナなら包丁を使わず、そのまま食べられるので準備の必要がありません。

 

フルーツによっては病気のリスクを下げたり、美肌に効果があったり、栄養満点。フルーツを食べることで朝から「体に良いことをした」と満足度が上がるでしょう。

お気に入りのものを身につける

「今日は仕事しかないし、Tシャツでいいや」
「とりあえずこの時計なら無難でしょ」

そう思って、毎日服装選びをおろそかにしていませんか?毎日通う会社。慣れてくると服装選びが適当になってしまいますよね。

 

たまには一番お気に入りの服を着る・靴を履くなどで、気分を上げてみましょう。

・トイレの鏡を見た時
・疲れて足元を見た時
・パソコンをタイプする度にネイルが見える時

特に変わりばえのしない日でも、きっとうきうきして仕事ができるはずです。ファッションにはそんなパワーがあります。

 

何もない日だからこそ、着飾ってみましょう。

その日の気分に合わせてお茶を選ぶ

「特にこだわりない紅茶のみを飲んでいる」
「朝は一息ついてお茶を飲む間もない」
「会社に置いてあるコーヒーをただの眠気覚ましとして飲む」

安くても紅茶・緑茶・カフェラテなど選択肢を持っておくと、「今日は何にしようかな」と選ぶ楽しさがあります。今日という日を楽しめるようになるでしょう。

 

家を出発する前、お茶を飲む間もない人は5分だけ一息つく時間を作るのも良いですね。暖かい飲み物は安心感がありますし、会社にも落ち着いて向かえるでしょう。

自分の通勤テーマ曲を決める

「家と会社の切り替えができない」
「だるさを感じながら電車に乗る」

そんな方は、「通勤時間はこれ!」というあなたにピッタリな曲を選んで聴いてみましょう。ドラマや映画の主題歌ように、自分のテーマをかけるイメージです。

 

気合いが入る、励まされる、テンションが上がる曲で、1日をワクワクして始められるはず。音楽の力で1日が特別になるでしょう。

ランチ+αをする

「ランチは仕事から離れたいけど、なかなかリフレッシュできない」
「朝も忙しいし、夜は疲れてるし、結局時間がとれていない」

そんな方は、ランチの時間を有効活用してみましょう。1時間お昼休憩がある場合、食べる時間を30分におさめるだけでも以下のことができます。

・本屋に行く
・読書する
・散歩する
・瞑想をする

本屋は夜遅くまで空いていないところもありますし、仕事で悩んでいることの解決方法を探しに行けるのでおすすめ。

 

気分転換に散歩したり、小説で現実を離れたりするのも良いでしょう。小説は6分読むだけでストレスが68%減るのだとか。

 

もっとご飯を楽しみたい人には、以下の3つがおすすめ。

・食事だけに集中する
(緊急事態以外はスマホを見ずに)
・同僚や上司とランチに行って会話を楽しむ
・新しいランチのお店を開拓する

ランチ休憩はされど1時間。週にすると5時間、月にすると約20時間以上にもなります。「なんとなく過ぎた」だと午後の仕事も頑張れませんよね。その日の気分に合わせて過ごし方を変えてみましょう。

あえて遠回りをして帰る

「電車は座れないし、帰路は苦痛」
「家に着いても、だらだらテレビやSNSを見てしまう」

そんな帰り道にマンネリしている方は、”あえて”各駅停車に乗ったり、違う路線に乗ってみることをおすすめします。いつもより時間がかかる分、新しい発見があるのです。

・いつもの電車にはない広告を観察できる
・座れるからゆっくり読書や仕事の振り返りができる

満員電車だと窮屈でイライラしますが、各駅停車だと人が少なくストレスも減るでしょう。電車をインプットの時間にあてれば、家との切り替えができます。家でだらだらしてしまう人は、毎日の電車の時間を有効活用しましょう。

簡単でも良いから料理をする

「いつもコンビニ弁当。選ぶのも疲れてきたな」
「気づいたら炭水化物ばかり食べている」
「ご飯はただお腹を満たすためのもの」

生きるために必要な”食”に楽しさを感じていない場合、簡単でも良いから自炊をしましょう。「自分のために作られた料理」なら味以上に温もりや、“食べれるありがたさ”を感じるはず。

・納豆にキムチやトマトなどひと手間加える
・ミックス野菜を使って野菜炒め
・ご飯は炊いて冷凍しておく
・スープは土日に一気に作り置き

工夫すれば一人暮らしでも食材を無駄にしない方法もあり。料理は「切る」「炒める」「味を付ける」などの工程に没頭できるので、仕事のストレスも解消できるでしょう。

 

食は心と体に栄養になるもの。料理を通して、自分の体を大事にできます。

入浴剤にこだわる

「気づいたら寝落ちして朝シャン」
「体の疲れが全然とれない」

そんな普段リラックスできない悩みがある人は、お風呂の入り方にこだわってみましょう。

 

一番手軽なのが、入浴剤。普段は大容量の入浴剤を使っている方は、1つずつ小分けになっている入浴剤や、バスボムを使ってみましょう。入浴の効果に加え、良い香りで癒し効果が相乗されます。五感が刺激され、仕事のストレス解消にも繋がるかも。

 

憂鬱な月曜日、折返しの水曜日など、気分が下がりがちな日に特別な入浴剤でマンネリ打破しましょう。

銭湯に行く

「仕事と家の往復に疲れた」
「とはいえ、次の日のことを考えて遊ぶのは控えたい」

気分転換やリラックスをかねて、仕事終わりに癒し効果抜群な銭湯や温泉施設に行ってみましょう。広い浴槽でゆったりし、贅沢な時間を過ごせます。お風呂上りの牛乳も格別!その後は家に帰って寝るだけなので、いつものお風呂では得られない効果を感じて、ぐっすり眠れるでしょう。

 

最近では岩盤浴やマッサージなど、いろいろなサービスを提供しているところも。費用が高い場合がありますが、それも自己投資の1つ。仕事のストレスが解消できたら、むしろ安いかもしれません。

好きな映画の1シーンを観てから寝る

「映画が大好きだけど、平日は時間なくて観れない」
「SNSで不快な情報を見てしまい、眠れなくなる」

仕事で忙しい平日でも、仕事以外に娯楽も楽しみたいですよね。そんな時は「映画の気に入った1シーンだけ」観るのがおすすめ。1シーンなら大体10~30分。短い時間で映画の世界を楽しめます。

 

うっとりするようなシーン、大好きな俳優が活躍するシーンなど、気分よく眠りにつけそうな場面を選びましょう。そのまま夢で映画の世界に入り込むこともあるかも。

 

選ぶシーンによって、興奮したり考えすぎて寝られなくなったりしないように注意です。

ちょっとだけ手間をかけてみよう

紹介したのは、いつもの暮らしにちょこっと手間をかけただけのもの。完全に新しいことを始めようとしなくても、毎日を楽しめることはできます。全てやろうとせず1つでも試して、「なんか今日楽しい」という瞬間を増やしていきましょう。

時短読書で簡単スキルアップ!人気要約サービス『flire』

ビジネスパーソンに欠かせないアプリ!

 

仕事の効率や収入を上げるために欠かせないのがビジネス本。なんと、平均1000万円稼ぐ人は、平均年収層(432.2万円)の人の3倍以上ビジネス本を読んでいるそう!読書量は収入アップにも繋がります。

 

しかし、なかなか時間がとれなかったり、どの部分が重要かわからなかったり、継続するのは難しいですよね。

 

そんな人におすすめなのが、本の要約が読める『flier。本の内容がわかりやすくまとめられているので、普段は2~4時間かかる内容も約10分で読めます。覚えやすく実践にも活かせるので、収入アップが期待できるでしょう。

 

まずはアプリをダウンロードしてみましょう。(flierをダウンロード

 

参考データ:ハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」 今どき 1,000 万円プレイヤーの「読書事情」を徹底調査

 

関連flierで年収が上がる?注目の本要約アプリの評判・注意点

キャリアを磨く情報メディア『みんなのキャリア』をリリース

キャリアを磨く情報メディア『みんなのキャリア』がリリース。転職、就職、フリーランス、副業、バイト・派遣、起業、スクール、職種に関わるサービスのおすすめ比較や口コミ・評価、体験談を紹介し、あなたのキャリアを磨くお手伝いをする情報メディアです。

みんなの口コミを見る

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】