たったこれだけ!月曜日のつらさを乗り越える秘策

月曜日つらい

月曜日が憂鬱でなくなったら、仕事はもっと楽しくなります。月曜日は月に4回、出勤日の約1/5。毎回つらさを感じていたら、仕事自体嫌いになってしまいそうですよね。(毎日辛い人もいるかもしれませんが…)

 

つらい月曜日が少しでも楽しめるように、「休日」「月曜日」にわけて対処法を紹介していきます。早速次の月曜に備えて試してみましょう。

それでも来てしまう月曜日

月曜日が辛い様子を“ブルーマンデー”と言われたり、日曜日の夜に「また明日仕事だ」と憂鬱になるのを”サザエさん症候群”と呼ばれたり。それほど月曜日が苦手な人が多いでしょう。

 

仕事が嫌いでなくても、週末が楽しくて仕事に行きたくない時もありますよね。誰にも邪魔されず、好きなことをできる休日は幸せです。

「月曜日なんて来なければ良いのに」

と思いながらも必ず来てしまうのが現実。せっかくなら、少しでもポジティブな気持ちで迎えたいですよね。

 

日曜夕方にやってくる「サザエさん症候群」とは?原因と克服方法を紹介

休日の過ごし方を工夫しよう

「寝すぎて疲れが溜まった。うまくリズムがとれず、一週間ずっと疲れている」
「月曜日を少しでも明るく迎えたい」

そんな人は、休日の過ごし方から変えていきましょう。

適度に活動する

だらだらしたい休日ですが、できれば適度に動きましょう。2日間だらだらしたのにいきなり5日も働くとなると、変化が激しくて体がついていけません。

 

・友達との約束を入れる
・スーパーに行くついでに散歩する
・配信ではなく映画館で映画を観に行く
・ベッドではなくカフェで本を読む
・日曜は外食する

「1日中出かける!」でなくても、無理のない範囲で動いてみましょう。きっと月曜からも対応できるはずです。充実した休日も過ごせて、一石二鳥!

 

ただし、人に会わない時間を作るのも大切。ちょうど良いバランスを見つけられると良いですね。

日曜夜は”休む”に徹する

「明日が仕事と思うと寝たくない」
「休日だから夜更かししちゃおう」

そう思って寝不足になってしまい、月曜の朝に「もっと寝とけばよかった」と思うことはありませんか?心地よい月曜日を迎えるかは、日曜夜の過ごし方次第!

 

・夕方からお風呂に入って、”憂鬱だ”と考える前に寝る
・早めにご飯を食べる
・気分が明るくなるような映画・漫画を読む
・寝る環境を整えてぐっすり眠る

仕事に備えて、ゆっくり休めるような工夫をしましょう。

 

仕事のことを考えたくなるかもしれませんが、今あなたがいるのは日曜日の休日です。先のことを考えずに「今」を楽しみましょう。そんな「日曜」しかできない過ごし方をすれば、リフレッシュして月曜日を迎えられるでしょう。

 

疲れた時に観る映画20選

つらい月曜日を乗り越える方法

来てしまった月曜日。「行きたくない、だけど行かなきゃ…」そんな時に試してほしいことを紹介します。

出社するだけですごい!と褒める

月曜日はいっそのことハードルを下げて、「出社する」を目標にしてみましょう。会社に行けば目標達成なので、達成感を感じて仕事ができます。

 

「憂鬱だ」と思うのは、最初から頑張りたいと思うから。その気持ちは大切ですが、最初から頑張りすぎると火曜日以降に負担がかかるでしょう。

 

月曜日はエンジンをかけるイメージで、「とにかく出社」を目標にしてみると良いかもしれません。

おいしいものを食べる

月曜日は食べ物にこだわってテンションを上げましょう。どんな時でも、ご飯が美味しいと幸せな気分になりますよね。

 

朝ご飯 :カフェでリッチに1日を始める
昼ごはん:贅沢にデザートもつける
夜ごはん:ちょっと高いお弁当を買う

おいしいご飯を食べれたし、仕事も頑張ろうかな」と思えるはずです。次の月曜日、どれかを試してみましょう。

会社にいる時間を極力減らす

慣れさせるために、会社にいる時間を極力減らしてみましょう。

・月曜日はセルフノー残業デー
・ランチは外出する
・眠気覚ましに散歩する

会社にいるのは決められた就業時間だけにおさえれば、土日とのギャップも少しだけ感じづらくなります。

夜は何も予定を入れない

月曜日の夜は何も予定を入れないようにすることで、火曜に疲れを持ち越さずにすみます。飲みや遊びの予定を入れて睡眠時間が遅くなると、どうしても疲れが溜まってしまうでしょう。

その上、遊びが楽しすぎて「仕事したくない。金曜まで乗り切れない」と思ってしまうかも。

 

紹介した通り「月曜日は出社だけ、すぐに帰る」と決めることで、余計な疲れを増やさずにすみます。

なんで辛いのか?を考える

あなたの月曜への憂鬱には、ストレスの原因が潜んでいるかも。月曜だけ乗り切っても変わらない問題かもしれません。

「なんでそんなに月曜が嫌なのか?」
「嫌なのは月曜だけか?」

じっくり考えたり、紙に書き出したりしてみて理由を深堀りしていきましょう。考えていくうちに、根本から改善できるものを見つけられます。

 

月曜以降も仕事に前向きになるためにも、一度じっくり考える時間をとってみましょう。

 

書き出すことでストレス解消!?感情を紙に吐き出そう!【方法・効果】

みんな月曜日は辛い

月曜が辛いのはあなただけではありません。きっと隣に座っている同僚や上司も、「月曜が来てしまった…」と思いながら仕事をしているはずです。

 

対処法を試してみて、少しでも「楽しい」と思えるような月曜を過ごしましょう。

時短読書で簡単スキルアップ!人気要約サービス『flire』

ビジネスパーソンに欠かせないアプリ!

 

仕事の効率や収入を上げるために欠かせないのがビジネス本。なんと、平均1000万円稼ぐ人は、平均年収層(432.2万円)の人の3倍以上ビジネス本を読んでいるそう!読書量は収入アップにも繋がります。

 

しかし、なかなか時間がとれなかったり、どの部分が重要かわからなかったり、継続するのは難しいですよね。

 

そんな人におすすめなのが、本の要約が読める『flier。本の内容がわかりやすくまとめられているので、普段は2~4時間かかる内容も約10分で読めます。覚えやすく実践にも活かせるので、収入アップが期待できるでしょう。

 

まずはアプリをダウンロードしてみましょう。(flierをダウンロード

 

参考データ:ハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」 今どき 1,000 万円プレイヤーの「読書事情」を徹底調査

 

関連flierで年収が上がる?注目の本要約アプリの評判・注意点

24時間対応、エキサイトお悩み相談室今なら新規登録で1000円分の相談が無料

「悩みを誰かに聞いてほしい」「でも身近な人にはどう反応されるかが怖くて、相談しづらい」こんな誰にも言えない悩みを抱えている人におすすめなのが、エキサイトお悩み相談室。プロのカウンセラーが24時間365日あなたの悩みを聴きます。まずは無料会員登録してあなたに合ったカウンセラーを探しましょう。

無料相談はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】