断る勇気で仕事がしやすい環境に【良い断り方・断るメリット/デメリット】

断る勇気

自分の仕事で手一杯なのに、仕事を頼まれた経験は誰でもあるはず。断る勇気が出ず全部引き受けてしまうと、全てが中途半端になってしまうことがあります。

 

全ての頼みを断る必要はありません。断るメリット/デメリットを正しく理解しながら良い断り方を知って、自分も周りも仕事がしやすい環境を作っていきましょう。きっと断る勇気が出てくるはずです。

断れるようになると、こんな良いことがある

断るってハードルが高いですよね。仕事だと後でどんな影響があるのか不安になります。そんな時は、断った時のメリットをイメージしておきましょう。

時間を自由に使えるようになる

断れるようになると、自分で時間をコントロールすることができます。定時で帰れたり、余裕を持ってタイムスケジュールを組めたり。持っている仕事を責任もって引き受けながらも、仕事とプライベートのメリハリをつけられるようになるでしょう。

 

「断れる」というのは、「任された仕事を全て断る」わけではありません。自分の状況に合わせて、引き受けるか受けないか選べる状態

急に仕事が降ってきても「無理です」も言えるし、「今はできるので引き受けます」と言えるので、全ての進め方は自分次第なのです。

「すべてがやらされ仕事に思える」

そんな気持ちを払拭できるでしょう。

周りのことを気にしなくなる

断れるということは、自分軸で物事が判断できるということ。周りの視線や考えが気にならなくなります。

 

断る前は「断っていいのかな」と不安に思っている方も多いでしょう。しかし、意外と周りはあなたのことを気にしていません。断られたら、また別の人にお願いするだけです。

それを経験すると、「断っていいかな」と気にしなくなるでしょう。

 

やってみるまでは怖いと思うので、勇気を出すことが大切です。

仕事に集中できるようになる

自分で処理できる仕事だけになりますし、振られても断れば良いので、目の前の仕事に集中できます。「まだこんなにある」というこの先の仕事への不安がなくなるでしょう。

 

また、やるべき仕事は嫌々引き受けたものではありません。自分の判断の下引き受けたものなので、最後まで責任を持ってやり遂げられるでしょう。意欲も上がるはずです。

 

集中できればアウトプットの質も上がり、成果に繋がるでしょう。

断れないことによるデメリット

では反対に、断れないとどんなことが起こるのでしょうか。仕事にどんな支障が出るだけでなく、ストレスにもなる可能性があります。探っていきましょう。

やりたいことをやる時間が減る

やろうと思っていた仕事に手をつける暇がなくなったり、残業までして終わらせたり、やりたいことをする時間が減ってしまいます。

 

仕事を十分に仕上げる時間がない。プライベートの時間も少ない。気づいたらどちらも時間に追われていると感じるでしょう。

 

やりたくて引き受けた仕事なら良いですが、振られた仕事だと「あの上司のせい」とネガティブな気持ちが溜まっていってしまいます。

どちらの仕事もやりきれない

時間が減るとどちらの仕事もやりきれなくなってしまいます。満足してないのに、期限だから中途半端なまま提出…なんてこともあるでしょう。ある程度は管理次第で改善できるかもしれませんが、量が多すぎると難しいですよね。

 

せっかく引き受けたのに「どっちも中途半端なら引き受けるな」と怒られてしまうかもしれません。

利用されてしまう

断れないことを周りが良いように使って、利用されてしまうでしょう。

 

頼まれた仕事を引き受け続けると、「あの人に頼めば忙しくてもやってくれる」という印象を与えます。あなたが忙しそうにしても「引き受けたのはあの人だし」と見て見ぬふりをしてくるかもしれません。

 

ひどい場合は、あなたに仕事を任せた人は定時で颯爽と帰る、なんてことも。「大丈夫です」と言ったら相手は都合よくそのまま受け取るので、ハッキリとあなたの意思を伝える必要があります。

仕事が嫌いになる

時間が無くて、全部中途半端。でも断れなくてそんな自分が嫌になる。

そんな生活を続けていると、仕事も自分も嫌いになってしまいます。もともとは好きな仕事でも、自信を失っていくでしょう。

 

特に任された仕事はあなたが得意ではない仕事かもしれません。そんな時はストレスを感じてしまいますよね。

良い断り方をする方法

メリット・デメリットを知って、「私も断れるようになりたいな」と思っているかもしれません。断り方には注意が必要。断ったことで迷惑をかけたり、悪い印象を与えたりしないように、良い断り方を学んでおきましょう。

常に自分の仕事の状況を把握しておく

「なんでもかんでも断る人」と思われないために、現状を把握しておく必要があります。「しょうがない」と思ってもらえるでしょう。

・週ごとにTo do listを作成
・それぞれの仕事にどれくらい時間がかかるか把握

タスク管理を徹底しておけば、客観的に「今どのくらい仕事を抱えていて、どのくらい余裕があるのか」把握できあす。

それらを明確にしておけば、断る時も申し訳なさを感じなくなるでしょう。

 

また、全てを断る必要はありません。余裕がある時には嫌々引き受けていた時よりも、意欲を持って助けられるようになるでしょう。

 

【完全版】タスク管理の方法・コツを徹底解説!

ハッキリと答える

断る時は、言いづらくてもハッキリと「すみません」と伝えるのが大切。相手は他に引き受けてくれる人をすぐに探しに行けます。困っていると、相手もどうしていいかわからず戸惑ってしまうでしょう。

 

その時は紹介したように現状を把握していると、その理由と一緒にハッキリと伝えやすくなります。あなたの意思をはっきりと伝えて、相手を困らせないようにしましょう。

感謝を伝える

断る時は「ありがとうございます」と伝えるのを忘れずに。どんな理由であろうと、相手はあなたに助けを求めてくれたということ。頼ってくれるのは単純に嬉しいですよね。

 

もちろん「すみません」と謝るのも必須。しかし相手も言いづらい中あなたに頼んでいます。「こちらこそすみません」と困らせすぎないように、「ありがとうございます」も添えてポジティブに終わりましょう。

 

【体験談】”ありがとう”の効果仕事編|職場の雰囲気改善にも

「やりたくないこと」を考えてみる

どんな仕事を断れば良いのかわからない時、「やりたくないこと」を考えてみましょう。嫌な仕事を防げます。

 

時にはやりたくないことをするのも大事。しかしそれは普段の業務でも経験できます。わざわざキャパオーバーになってまで、嫌な仕事を付け足す必要はありません。

 

仕事を嫌いにならないように、避けられるものは避けましょう。

どっちにしても嫌う人は嫌う

どんなにメリット・デメリットがわかっていても、やはり嫌われるのは怖いですよね。職場で嫌われたら仕事にも支障をきたします。

 

極論ですが、全員に好かれることは不可能です。どんなことをしても、嫌う人は嫌いますし、好きになってくれる人もいます。

 

仕事を断れる人も、「はっきりしていてかっこいい」と思われるときもあれば、「やる気がないのでは」「付き合いが悪い」と思われてしまうこともあります。

断れない人は「頼れる」と思ってくれる人もいますし、「八方美人」と悪い印象を持つ人もいるでしょう。

 

どんなことも良い/悪いように取る人がいるのなら、他人の評価だけ気にして生きているのはもったいない!「自分はどうありたいか」「どっちの印象を持たれたいか」で考えていきましょう。

ビジネスパーソンに欠かせないアプリ!『flier』

 

仕事の効率や収入を上げるために欠かせないのがビジネス本。なんと、平均1000万円稼ぐ人は、平均年収層(432.2万円)の人の3倍以上ビジネス本を読んでいるそう!読書量は収入アップにも繋がります。

 

しかし、なかなか時間がとれなかったり、どの部分が重要かわからなかったり、継続するのは難しいですよね。

 

そんな人におすすめなのが、本の要約が読める『flier。本の内容がわかりやすくまとめられているので、普段は2~4時間かかる内容も約10分で読めます。覚えやすく実践にも活かせるので、収入アップが期待できるでしょう。

 

まずはアプリをダウンロードしてみましょう。(flierをダウンロード

 

参考データ:ハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」 今どき 1,000 万円プレイヤーの「読書事情」を徹底調査

ライター未経験者大歓迎『みんなのキャリア相談室』ライター募集中

キャリアに関するあらゆる悩み解決メディア『みんなのキャリア相談室』では、記事ライターを募集しています。 私たちが目指しているのは、1人1人が自分のキャリアアップを目指して多種多様なキャリアを自由に選択できる社会。 「周りの人に認められたい」 「社会に貢献して、もっと輝きたい」 「自分らしい働き方を見つけたい」 このように 「キャリアアップしたいけど、自信がない」という人の背中を押せるような記事を日々投稿しています。 あなたもライターとして、キャリアに悩む人のサポートをしてみませんか?

「みんなのキャリア相談室」ライター応募はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】