バレーボールの魅力・評価・メリット/デメリット・副業方法【趣味一覧】

バレーボール

バレーボールの趣味を徹底分析します。

気になる10個の指標で総合評価
メリット・デメリット
趣味にしたくなる参考情報
副業にする方法

上記4つをまとめています。

バレーボールの総合評価

趣味の評価

 

バレーボールを「趣味探しに必須の10項目」で分析してみました。

出会える度    :★★★★☆
一人でできる度  :★☆☆☆☆
みんなでできる度 :★★★★★
インドア度    :★★☆☆☆
アウトドア度   :★★★★★
モテる度     :★★★☆☆
レア度      :★★★☆☆
継続できる度   :★★★☆☆
難易度      :★★★★☆
お金がかかる度  :★★★☆☆

バレーボールは野球と同様に、ある程度のスキルがなければ楽しみづらいスポーツです。

 

そのため、社会人バレーボールサークルなどに入り、バレーボール好きの人だけで楽しむのがおすすめです。

 

野球に比べて、男女比が均等になりやすく、出会いモテ度につながりやすいです。

バレーボールを趣味にするメリット・デメリット

趣味 メリット デメリット

バレーボールを趣味にする良い点/悪い点をピックアップしてみました。

バレーボールのメリット
・わいわい楽しめる
・チームで親睦/絆を深められる
・筋力トレーニングになる
・初心者でも少し経験すれば楽しめることも
(全体のレベルによる)
・ルールがシンプルで分かりやすい

バレーボールのデメリット
・毎回お金がかかる
(コート代が高い)
・用具を揃える必要がある
(レンタルも可能)
・身長が高い方が有利
・スパイク/ブロックが怖い
・腕/手が痛いと感じる人も

バレーボールは、他の球技と比べて接触回数が少なく、ケガをしにくいのが好ポイント。

 

しかし、強烈なスパイクを打つ人がいれば、腕や手を痛めることも。気を付けましょう。

バレーボールを趣味にしたくなる参考情報

バレーボールと言えば、誰もが憧れるスパイク。初心者であれば簡単にはいきません。動画を見て、格好良くスパイクを打つイメージを持っておくと、やる気が上がるかもしれません。

バレーボールで副業をする方法

趣味を副業にする方法

 

バレーボールで副業をする方法は以下の通り。

 

バレーボール関連のブログを運営する
→アクセスを増やし、広告で稼ぐ&集客手段にする

 

・バレーボール関連のノウハウを販売
スキルシェアサービスで自由に販売できる
→必ず売れるとは限らない

 

・バレーボール関連ライターになる
クラウドソーシングで仕事を探す

 

・バレーボール関連の人気Twitterアカウントをつくる
→ファンづくり、集客口、仕事オファーなどが期待される

 

・バレーボール関連の人気インスタグラマーになる
→ファンづくり、集客口、仕事オファーなどが期待される

 

・バレーボール系YouTuberになる
→再生回数を稼ぎ、広告で稼ぐ&集客手段にする

 

・スタジアム/会場でアルバイトをする
→基本的に見れないことが多いですが、運よく完全に見えることも
少なくても、会場の雰囲気は楽しめるでしょう

 

 

好きなことを仕事にするのが難しい理由&対策も確認しておきましょう。

ビジネスパーソンに欠かせないアプリ!『flier』

 

仕事の効率や収入を上げるために欠かせないのがビジネス本。なんと、平均1000万円稼ぐ人は、平均年収層(432.2万円)の人の3倍以上ビジネス本を読んでいるそう!読書量は収入アップにも繋がります。

 

しかし、なかなか時間がとれなかったり、どの部分が重要かわからなかったり、継続するのは難しいですよね。

 

そんな人におすすめなのが、本の要約が読める『flier。本の内容がわかりやすくまとめられているので、普段は2~4時間かかる内容も約10分で読めます。覚えやすく実践にも活かせるので、収入アップが期待できるでしょう。

 

まずはアプリをダウンロードしてみましょう。(flierをダウンロード

 

参考データ:ハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」 今どき 1,000 万円プレイヤーの「読書事情」を徹底調査

 

関連flierで年収が上がる?注目の本要約アプリの評判・注意点

ライター未経験者大歓迎『みんなのキャリア相談室』ライター募集中

キャリアに関するあらゆる悩み解決メディア『みんなのキャリア相談室』では、記事ライターを募集しています。 私たちが目指しているのは、1人1人が自分のキャリアアップを目指して多種多様なキャリアを自由に選択できる社会。 「周りの人に認められたい」 「社会に貢献して、もっと輝きたい」 「自分らしい働き方を見つけたい」 このように 「キャリアアップしたいけど、自信がない」という人の背中を押せるような記事を日々投稿しています。 あなたもライターとして、キャリアに悩む人のサポートをしてみませんか?

「みんなのキャリア相談室」ライター応募はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】