【あなたは何ドリブン?】最近話題の「ドリブン」とは|意味・使い方

ドリブン 意味

最近よく耳にする「ドリブン」とは一体なんなのでしょうか?

 

「データ」や「テクノロジー」などの言葉と一緒に使われることの多い言葉ですが、ITやマーケティングの専門用語としてだけではなく、自分の生き方を表す言葉としても使うことができるのです。

 

話題の「ドリブン」の意味と用法を紹介します。「ドリブン」の意味を理解し自分が何ドリブンなのかを明確にして、自分らしい働き方・生き方を手に入れましょう。

ドリブンとは

ドリブン(driven)とはドライブ(drive)の過去分詞。「~に突き動かされた」「~に駆り立てられる」というのが本来の意味です。

 

「○○ドリブン」はそこから転じた言葉で、「○○を起点にした」「○○をもとにした」物事や人を指します。

 

最近では「テクノロジードリブン」や「データドリブン」以外にも、「ハートドリブン」や「カスタマードリブン」など様々な名詞と組み合わせて造語として使われているケースが多いようです。

「○○ドリブン」の種類

では、一般的にどんな「○○ドリブン」が使われているのでしょうか?

データドリブン

データをもとにして次のアクションを決めることをデータドリブンと言います。

 

近年注目されている「データドリブンマーケティング」とはその考えに基づき、データを分析し根拠のあるマーケティング企画を提示するための手法のこと。

 

この手法はITの発展に伴い、消費者行動に関するデータ収集が容易になったこと、そして消費者の価値観の多様化とともに重要視されてきました。

テクノロジードリブン

テクノロジードリブンとは、新しい技術の登場が契機となり、従来とは異なる新たなビジネス・サービス・製品などが普及すること。

 

近年新しく生み出される商品やサービスには、AIやソーシャルメディア、loTなどの最新テクノロジーが用いられ、テクノロジードリブンなビジネスが多く展開されているのです。

議事録ドリブン

議事録ドリブンとは、議事録をもとに会議を進めていく方法です。

 

具体的なやり方としては、まず定型の議事録フォーマットを用意し、プロジェクタで投影したり、紙で配布したりしてメンバーに共有します。そしてその余白を埋めていく方式で会議を進め、議事録の余白が埋まれば会議は終了。

 

議事録ドリブンを取り入れることで、話がそれたり、結論が出なかったりといった問題を防ぐことができます。

カスタマードリブン

カスタマードリブンとは、顧客主義のこと。顧客の声に耳を傾け、顧客の意見を取り入れてマーケティングなどを行うという考え方です。

 

顧客のニーズを想定しマーケティングを行う顧客志向とは違うので、使い間違えないようにしましょう。

ハートドリブン

株式会社アカツキの塩田元規代表が掲げているのがこの「ハートドリブン」。1人1人が自分のワクワクする感情に突き動かされて行動する社会をつくろうという考え方です。

(参考:ハートドリブンって何? 尖ったコンテンツを生み出すエモい組織づくり|株式会社アカツキ 塩田元規|スーパーCEO列伝|SUPER

 

【おすすめの本】
ハートドリブン 目に見えないものを大切にする力 (NewsPicks Book)

自分は「何ドリブン」か考えてみよう

「○○ドリブン」の種類について説明してきましたが、他にも「家族ドリブン」や「お金ドリブン」、「好奇心ドリブン」などさまざまな造語が生まれ、SNSや書籍で使われています。

 

そこで自分は何ドリブン、いわゆる自分を突き動かしているものは何なのかを考えてみましょう。

「○○ドリブン」の「○○」にはあなたの人生において大切なものが入ってきます。

自分の「○○ドリブン」を見つけることは、自分の軸を見つけることになのです。

 

自分の軸が明確になっていれば、人生の岐路に立たされたときや決断に迷ったときに自分の大切なものを見失わずに正しい判断ができるようになります。

 

例えば会社で上司から「新しいプロジェクトの責任者をやってみないか?」と言われたとします。

そのプロジェクトは、今まで誰も挑戦したことのない画期的なアイデアで成功すれば昇進間違いなし。失敗すれば大赤字、降格も考えられます。

それまでなら責任や失敗への不安から逃げてしまったかもしれません。

 

しかし「自分は好奇心ドリブンだ」と優先すべきものが明確になっていれば、「やります!」と積極的に答えることができるようになるのです。

自分の「○○ドリブン」の見つけ方

ではどうすれば、自分が何ドリブンか見つけることができるのでしょうか?

 

まず過去の自分の大きな決断した時のことや、後悔している選択を思い出します。

あなたは何を基準に進む道を選んできましたか?また、どんな選択をしたとき後悔したでしょうか?

 

辛くてもワクワクする方をずっと選んできたかもしれません。金銭的に苦労しないような道を選んできた人も、家族を悲しませる決断をしたことで後悔している人もいるでしょう。

そのとき大切にしてきたもの・大切にしたかったものが、あなたを突き動かすものなのです。

 

マインドマップを使うのもおススメ。

紙の真ん中に自分の名前を書き、自分から連想されるもの、自分の人生・生活を構成しているものを思いつくだけ書き出します。そうすることで自分が大切にしているものが見えてくるでしょう。

関連ホワイトでもブラックでもない!1人1人に合わせたカラフルな働き方 ワーク・ライフ・バリューの意味【株式会社OKAN提唱・事例】

 

関連“できること”から自分らしい仕事を発見する3つのヒント

 

まとめ

「ドリブン」を単なる言葉と捉えず、考え方・生き方にプラスすることで着実に自分の人生を歩めるようになります。

ビジネスパーソンに欠かせないアプリ!『flier』

 

仕事の効率や収入を上げるために欠かせないのがビジネス本。なんと、平均1000万円稼ぐ人は、平均年収層(432.2万円)の人の3倍以上ビジネス本を読んでいるそう!読書量は収入アップにも繋がります。

 

しかし、なかなか時間がとれなかったり、どの部分が重要かわからなかったり、継続するのは難しいですよね。

 

そんな人におすすめなのが、本の要約が読める『flier。本の内容がわかりやすくまとめられているので、普段は2~4時間かかる内容も約10分で読めます。覚えやすく実践にも活かせるので、収入アップが期待できるでしょう。

 

まずはアプリをダウンロードしてみましょう。(flierをダウンロード

 

参考データ:ハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」 今どき 1,000 万円プレイヤーの「読書事情」を徹底調査

 

関連flierで年収が上がる?注目の本要約アプリの評判・注意点

ライター未経験者大歓迎『みんなのキャリア相談室』ライター募集中

キャリアに関するあらゆる悩み解決メディア『みんなのキャリア相談室』では、記事ライターを募集しています。 私たちが目指しているのは、1人1人が自分のキャリアアップを目指して多種多様なキャリアを自由に選択できる社会。 「周りの人に認められたい」 「社会に貢献して、もっと輝きたい」 「自分らしい働き方を見つけたい」 このように 「キャリアアップしたいけど、自信がない」という人の背中を押せるような記事を日々投稿しています。 あなたもライターとして、キャリアに悩む人のサポートをしてみませんか?

「みんなのキャリア相談室」ライター応募はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】