【脱!豆腐メンタル!!】メンタルが弱い人の特徴とメンタルを鍛える方法

メンタル 弱い

「メンタルを強くしたい」「大事なところでいつも失敗してしまう」

このようにメンタルの弱さに悩んでいる人も多いはず。些細なことで落ち込んで立ち直るのに時間がかかり、プレッシャーを感じすぎると体調を崩してしまうこともありますよね。

 

そんな豆腐のように崩れやすく弱いメンタル「豆腐メンタル」を鍛える方法を紹介します。メンタルを鍛えて、自分らしい人生を堂々と歩みましょう。

 

メンタルが弱い人の特徴

メンタルが弱い人には一体どのような特徴があるのでしょうか?メンタルが弱い人の特徴を紹介します。

 

負の感情に対して敏感である

まずメンタルが弱い人は、自分の負の感情に振り回されやすいという特徴があります。

 

過去の大きな失敗や、他人からの悪口や暴言などで深く傷つけられた経験があると、何が起きても「また自分が傷つくのではないか」と恐れるようになってしまうのです。

 

その結果、負の感情に対して敏感になり、常に間違った事をしていないかと人の目も気になります。

落ち込みやすく、立ち直りに時間がかかる

メンタルが弱い人は落ち込みやすく、立ち直るのに時間がかかります。相手はその場のノリや冗談のつもりで言ったこともストレートに受け止め、傷ついてしまうのです。

 

1回傷つくと、過去のことを掘り起こして反省し始めたり、「この先も上手くいかないのではないか」と不安になったりして、立ち直るのにも時間がかかります。

 

メンタルが弱い人には自己肯定感が低い人が多いため、ほんの少し否定的なことを言われたとしても「やっぱり自分はダメなんだ・・」と考えてしまうのです。

 

関連自己肯定感が低い人みんなが試し始めた7つの習慣とは?自己肯定感の高め方

完璧主義である

メンタルが弱い人は自分のメンタルを守るために「自分は~すべき」「自分は~である」という思考が強く、自分を認めるハードルが高くなりすぎている傾向にあります。

 

そうなると理想通りではない自分自身を認めることができず、「自分はダメな人間だ」と思うようになってしまうのです。

何事もネガティブに捉えてしまう

メンタルが弱い人は、何事もネガティブに捉えがち。自分はメンタルが弱いと思うと、傷つけそうなものを排除して自分を守ろうとするのです。

 

上司や先輩からのアドバイスも「自分ができない人間だから言われてしまうのではないか」と捉えてしまったり、同期が二人で話しているのを見ると「自分の悪口を言われているのではないか。」と考えてしまったりするでしょう。

本番やプレッシャーに弱い

メンタルが弱い人は「自分が失敗して周りに迷惑をかけたらどうしよう」「結果が出せなくて評価が下がったらどうしよう」と気にしすぎてしまい、他の人よりもプレッシャーを感じやすいです。

 

「失敗したら終わりだ」との考えが強く、「失敗したらまた挑戦しよう」という気持ちがないので自分で自分の首を締めてしまっているのです。それによって、新しいことに自ら挑戦することもできません

メンタルが弱い自分を認めよう

メンタルの弱さに悩んでいる人はそんな自分に嫌気がさして「今すぐに変えたい!」と思っているかもしれませんが、メンタルが弱いことにもメリットがあるのです。

 

・他人の心に寄り添える

メンタルが弱い人は感情に敏感なため、他人の心にも寄り添えます。そのため相手が不快な思いをしないように配慮した行動ができます。

 

また相談に乗るときも相手の立場に立って一緒に悩んであげられるため、相手からとても喜ばれるでしょう。

 

・仕事が丁寧である

メンタルが弱い人は普段から周りを観察する癖があるので細かいことによく気が付き、また失敗を恐れているため仕事が丁寧です。

 

人は簡単に変わることはできません。ある程度の時間が必要なのです。無理にメンタルを強くすればしようとするほど、できない自分にがっかりしてしまいます。

 

自分を責めすぎず、まずはメンタルが弱い自分を受け入れることから始めましょう。自己受容をすることはなりたい自分への近道にもなるのです。

 

関連Let It Go!ありのままの自分を受け入れて!自己受容の意味と方法

メンタルを鍛える方法

メンタルを鍛える方法を紹介します。すぐに鋼のメンタルになろうとしなくて構いません。

 

まずなるべきは「こんにゃくメンタル」。こんにゃくメンタルとは柔軟性があり、辛いことがあっても崩れにくく、それを跳ね返すようなメンタルを表します。

 

こんにゃくメンタルを目指して、メンタルを鍛えていきましょう。

 

自分を褒める

まず自分を褒めて、自己肯定感を上げましょう。望んだ結果が得られないとき、人は心が折れそうになります。

 

そこで結果も大切ですが過程を重視して、自分をほめる回数を増やしましょう。

 

例えば新しいプロジェクトを任せられたとき、結果だけでなく自分なりに達成しやすい小さな目標をいくつか掲げ、それが1つ達成できるごとに自分を褒めるようにします。

 

自分にご褒美スイーツを買ってあげてもいいですね。自分を褒める癖をつけて、自分自身を認めてあげましょう。

 

関連自己肯定感が低い人みんなが試し始めた7つの習慣とは?自己肯定感の高め方

 

体を鍛える

「内面は外見に出る」とよく言われますが、外見から中身を変えていくこともできます。

そこでおススメなのが、体を鍛えること。筋トレにはメンタルを鍛える効果もあるのです。

 

運動をするとセロトニンという神経伝達物質が分泌されます。これは精神を安定させる効果があり、うつ状態を改善する働きがあるのです。さらにテストステロンというホルモンが分泌され、決断力や自尊心の向上が期待できます。

 

体を鍛えることで理想の見た目だけでなく、理想の内面まで手に入れることができるのです。

(参考:PRESIDENT Online 日本人にこそ一生涯の筋トレが必要なワケ どんな脅威でも心身を守ってくれる

 

【おススメの記事】

Testosterone「自信がない人は筋トレしろ。不安・焦燥を取りのぞく科学的根拠がある」|新R25 – シゴトも人生も、もっと楽しもう。

 

前向きな言葉を使う

メンタルが弱い人は「でも」「だって」「無理」など否定的な言葉を使いがちです。それらをポジティブな言葉に変換して自己暗示をかけるのです。

 

言葉には、自分自身の気持ちや行動を変える大きな力があります。日々の会話を振り返ってよく使ってしまうネガティブな言葉を書き出し、どうポジティブに変換できるかかんがえてみるのもいいですね。

 

関連【決定版】ポジティブになる方法12選!負のループから抜け出そう

 

あえて自らを厳しい場所に置く

「自分はメンタルが弱い」と思っている人こそ、あえて自ら厳しい環境に飛び込んでみましょう。とても勇気がいる方法かもしれませんが、効果は抜群なはずです。

 

自分が思っているよりも、人は強いもの。無理だと思っていたことでも、意外にやってみるとできちゃったなんてことはありませんか?

 

守りすぎてどんどん脆くなっていってしまうこともあります。

 

過保護になりすぎず、思い切っていろんなことにチャレンジしてみましょう。おススメは1人旅です。新しいことにチャレンジしたときは、まずチャレンジできた自分を褒めることを忘れずに

 

関連コンフォートゾーンとは?意味・抜け出す方法【成長のために不可欠】

まとめ

メンタルの弱さは改善していくことができます。「生まれつき」と諦めずに、まずは自分が簡単にできそうなことから取り組んでください。

 

まず必要なのが「自分の弱いメンタルを変えよう」という強さです。メンタルが強くなった理想の自分を思い描いて一歩一歩近づいていきましょう。

24時間対応、エキサイトお悩み相談室

「ストレスの限界で何もしたくない」
「人間関係の悩みを誰かに聞いてほしい」

こんな誰にも言えない悩みを抱えている人におすすめなのが、エキサイトお悩み相談室。プロのカウンセラーが24時間365日あなたの悩みを聴きます。

 

カウンセラー例
・得意分野:キャリアや職場の人間関係
・国家資格であるキャリアコンサルタント資格取得
・行政機関やNPOでカウンセラーを経験

今なら新規登録で1000円分の相談が無料!まずは無料会員登録してあなたに合ったカウンセラーを探しましょう。

 

エキサイトお悩み相談室の特徴・口コミ・おすすめな人

 

 

【カウンセラーに無料相談してみる】

みんなのキャリア相談室【無料】キャリアの悩みをアドバイザーに直接相談

『みんなのキャリア相談室』専属のキャリアアドバイザーに、キャリアに関する悩みを相談できます。 「そもそも今、転職したら失敗するんじゃないか?」 「転職エージェントに相談するべき状況だろうか?」 「自分にはどんな転職エージェントが合うだろうか?」 こんな不安・疑問に直接お答えします!ご希望にマッチする転職エージェントのご紹介も可能です!

【無料】キャリアの悩みをアドバイザーに直接相談へ

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】