【自由に働く】具体的な5つの方法と自由に働くために必要なこと

自由に働く

「自由に働く」、そんな夢のようなことを実現しやすい時代になりました。誰もが「自分らしく働きたい」と一度は思うでしょう。しかし、「あなたらしく働く」とはどんな働き方でしょうか。

 

今回は自由に働く方法と、自由に働くために必要なことを紹介します。理想の働き方を実現させるために、チェックしておきましょう。

自由に働いても許される時代

IT技術の発展、AIの台頭、働き方改革、労働人口の減少など、日々さまざまな変化が起こっています。それに伴い、それぞれのライフスタイル・価値観に合わせた働き方が可能になってきました。

・転職が当たり前に
・副業を許可する会社の増加
・リモートワーク推進
・ノマドワーカー、フリーランスの増加
・子育てとの両立

このように働き方1つとっても、さまざまな形があります。これらに「正解」はありません。

 

だからこそ重視されるのが「自分はどんなことに幸せを感じるか」。自分さえ選べば、「一番幸せを感じる働き方・生き方」を実現できるのです。

自由に働く方法

「自由に働く」といっても、漠然としすぎて難しいですよね。今回は5つの自分で選べるポイントを紹介します。

 

その中でどんなことに一番幸せを感じそうか、考えてみましょう。

職種を選ぶ

職種によって働く時間や、一緒に働く人の特徴が変わってきます。働きやすさに大きな影響を及ぼすでしょう。

自分にできることを元に職種を選ぶ

・”絶対に避けたいもの”を除いて職種を選ぶ

例:クレームストレス

まずは副業で興味のある職種に関わったり、思い切って未経験で挑戦したりするのも良いかもしれません。

働く場所を選ぶ

あなたはどこで目覚め、どこで生活したいですか?「どこで生きるか」はあなたの幸せに大きく関わってきます。場所によって出会う人や食べるもの、見える景色などあらゆるものが異なるからでしょう。

仕事さえ見つかれば、どこでも自由自在に動けます。

・VISAの取得が必要か(海外の場合)
・どこでも仕事を得られるスキルがあるか
→プログラミング、Webデザインなど

これらの注意点を忘れず、自分の理想を求めて「働きたい場所」を考えてみましょう。

本業以外の過ごし方を選ぶ

働き方改革で残業削減が進んでいます。それにより、仕事終わりの時間が増えた人も多いのではないでしょうか。

日々の充実度もUPする上、仕事へのアイデアが湧くなど本業へも良い効果があるでしょう。

仕事の優先順位を選ぶ

誰にとっても「仕事が一番」とは限りません。「食べていくお金さえ稼げれば良い」という人もいますよね。反対に、「ずっと仕事をしていても苦ではない」という人もいるでしょう。

 

そんな仕事の順位も、自分次第で選べます。

働き方の正解がないからこそ、仕事やプライベートをどれだけ優先するかは自由に選べます。

仕事を辞める時期を選ぶ

終身雇用も崩壊といわれ、「新卒から勤めた会社で定年まで働く」のが”普通”とは限らない時代。辞める時期も自由です。

 

生きていけるお金さえあれば、「アーリーリタイア」として定年を迎える前に辞めることも可能です。反対に、定年を超えても好きな仕事さえあれば、ずっと働けます。

・早く仕事を辞めて、自由に過ごす
・定年を超えても、好きな仕事をやり続ける

どちらも素敵ですね。

自由に働くために必要なこと

「自由って素敵!」と思いがちですが、実はその裏には準備すべきことや、人によっては苦労することもあります。

自分の価値観を知る

いろいろな選択肢を紹介してきましたが、どれが心地よいかは自分の価値観によります。メディアで多く取り上げられていても、自分には合わない場合もあるのです。

 

それによって苦しい思いをしないため、事前に自分が大切にしたいことを考えておきましょう。

・マインドマップで”人生において重要なこと”を洗い出す
・知り合いと価値観について話す

これらの方法を試して、自分の価値観を知っておきましょう。自己分析にもなりますね。

 

ホワイトでもブラックでもない!1人1人に合わせたカラフルな働き方 ワーク・ライフ・バリューの意味【株式会社OKAN提唱・事例】

時間内に自分の仕事を終わらせる

自由を優先するあまり、他人に迷惑をかけるのはNG。任された仕事はきっちり最後までやり遂げましょう。

 

会社に所属している以上、与えられた仕事を責任持って行うのは最低限求められていること。

・タスク管理を徹底する
・休憩をこまめにとる
・本当にできない場合は頼る

早く帰ることを目標にしている場合、このような工夫をすれば効率が上がり、かえって成績が上がるかもしれません。

 

自分次第で無駄な残業は減らせる【原因・対処法】

 

【完全版】タスク管理の方法・コツを徹底解説!

断れるようになる

抱えきれないほどの仕事量を任された場合、時には断ることも大事です。キャパオーバーな時は遠慮せず、周りの同僚や上司を頼りましょう。

・自分の状況を伝えた上で断る
・丁寧に感謝を伝える

このように断り方にも配慮することで、職場環境の悪化は防げるでしょう。

 

断る勇気で仕事がしやすい環境に【良い断り方・断るメリット/デメリット】

自由には責任が伴うことを知る

自由とは、自分の行動に責任が持てるからこそ。例えば好きな時間に働けるからこそ、監視がなくても自分で時間管理を行って納期までに仕事を納める必要があります。

 

慣れてくると、「責任さえ持てれば自由に働ける」と楽しくなってくるかもしれません。

 

“ちょうどいい”責任感って?仕事のストレスに押しつぶされないためのコツ

エンプロイアビリティを高める

エンプロイアビリティとは、雇用され得る力。簡単に言うと、社内でも社外でも「あなたを雇用したい」と思われる力です。

 

エンプロイアビリティを高めると、どの組織でも通用する上、必要な変化に対応できたり将来の不安も軽減されたりします。

 

自由に働けるのも、雇用され得る力があってこそ。こちらの記事をチェックして、エンプロイアビリティを高めていきましょう。

ビジネスパーソンに欠かせないアプリ!『flier』

 

仕事の効率や収入を上げるために欠かせないのがビジネス本。なんと、平均1000万円稼ぐ人は、平均年収層(432.2万円)の人の3倍以上ビジネス本を読んでいるそう!読書量は収入アップにも繋がります。

 

しかし、なかなか時間がとれなかったり、どの部分が重要かわからなかったり、継続するのは難しいですよね。

 

そんな人におすすめなのが、本の要約が読める『flier。本の内容がわかりやすくまとめられているので、普段は2~4時間かかる内容も約10分で読めます。覚えやすく実践にも活かせるので、収入アップが期待できるでしょう。

 

まずはアプリをダウンロードしてみましょう。(flierをダウンロード

 

参考データ:ハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」 今どき 1,000 万円プレイヤーの「読書事情」を徹底調査

 

関連flierで年収が上がる?注目の本要約アプリの評判・注意点

24時間対応、エキサイトお悩み相談室今なら新規登録で1000円分の相談が無料

「悩みを誰かに聞いてほしい」「でも身近な人にはどう反応されるかが怖くて、相談しづらい」こんな誰にも言えない悩みを抱えている人におすすめなのが、エキサイトお悩み相談室。プロのカウンセラーが24時間365日あなたの悩みを聴きます。まずは無料会員登録してあなたに合ったカウンセラーを探しましょう。

無料相談はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】