【仕事ができる人の共通点】頭の回転が速い人になりたい!頭の回転が遅い原因・速くする方法

何でもパッパッと答える人を見ると「頭の回転、速いなぁ」と感心してしまいますね。

 

仕事ができる人の共通点の1つ「頭の回転が速い」。真似してみようと思ってもうまくいかず、「頭の回転速度は生まれつきのものだ」と諦めている人も多いでしょう。

 

頭の回転は先天的なものがベースではありますが、日頃の意識を変えることで改善できます。頭の回転を速くする方法はあるのです。しかもその方法はきっと誰もがやったことがあるはずのもの。

 

この記事では頭の回転が速いことのメリットとともに回転を速くする方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

頭の回転が速いとは

 

「頭の回転」とはすなわち「自身の持つ知識を隅々までよく使うこと」。「回転」には「効力などが隅々まで及ぶ」「よく機能する」という意味があります。

 

つまり、「頭の回転の速い」とは自身の多量な知識を検索する範囲やスピードが速いということ。

 

・アイデアを即座に複数出す
・展開を先読みして準備を始める
・さりげなく手が必要な人の補助にまわる

このようなことが頭の回転が速いとできるようになるのです。

 

同じ指示を聞いてもその後のリアクションに違いが出るのは頭の回転のスピードの違い。

 

指示された内容を指示された期限内に仕上げる人が普通のスピードとすれば、回転の速い人は正確に素早く仕上げるだけでなく、その先に必要性が予想される資料を準備したり問題点を指摘したりするでしょう。

 

一方で回転の遅い人は指示をもう一度聞き直すかもしれません。

頭の回転が遅い理由

 

頭の回転が速い人もいる一方、自分の頭の回転の遅さに悩んでいる人もいるはず。どうして頭の回転が速くならないのでしょうか。その理由を探ってみましょう。

現状に満足している

「今のままで十分」と現状に満足しているひとは頭の回転は遅いままです。

 

同じことを繰り返しているだけでは、頭の中を使うスピードも現状維持。新しい仕事を覚えたての頃はミスを恐れて緊張していても、慣れてくると緊張もなく、あまり考えなくても手だけは動くという状態になりますよね。

 

脳の状態もそれと同じ。現状に満足して鍛えようとしなければスピードは変わりません。慣れによって頭の回転スピードが低下しているかもしれないのです。

自分に自信がない

自分に自信が持てないと「今の自分を変えようとしても成功するとは限らない」とネガティブ思考になりがち。その結果何においても改善しようとは思えなくなり、頭を使うことも減り、現状維持になってしまうのです。

 

自分に自信がないので、頭の回転が速い人を羨ましいと思ってもなかなか一歩を踏み出す勇気は出ません。現状維持の生活では頭の回転も現状維持です。

 

楽しい人生への近道|自信がないあなたが自信を持つ方法はこの3つ

自分で考えようとしない

仕事で不明な点があったときすぐに質問する人は頭の回転は速くなりません。不明点を放置せず質問するのは良いことですが、質問する前にまずは自分で考えて自分なりの意見を持つべきでしょう。

 

優秀な人にアドバイスを受けることは仕事を覚える上で大切なことですが、自分の頭をしっかり使わないと思考停止状態に。それでは頭の回転が速くなることはありません。

頭の回転を速くする方法

 

頭の回転は先天的なものがベースですが、日頃の意識を変えることで改善できます。効率よく仕事ができるよう回転数をあげて、仕事ができる人を目指しましょう。

ケーススタディをする

誰もが経験している「避難訓練」。実はこれこそが頭の回転を速くする方法。命の危険が迫っている時に頭が素早く働かないと困りますよね。そのため避難訓練を繰り返し、緊急時に対応できるよう全員の頭の回転を速めているのです。

 

課題を目の前にして「何すればよいだろうか」「誰か手伝ってくれないか」と悩んでいるだけでは、一向に課題は進みません。自分でやるべきことを考えることではじめて頭が回転し始めます。

 

例えば「Aが発生したらBの行動をする、BができなければCにする」といったケーススタディを繰り返し学ぶことにより、いざAが発生したときには「Bをすればいいんだ」と頭が速く回転するおかげで適切に行動できるのです。

プラスαを常に考える

プラスαを常に求めると頭の回転は速くなっていきます。

 

学生の頃は先生の言われた通り=正解でしたが、社会人となればそうはいきません。もちろん指示されたことをきっちりこなすことは大事な事。しかし仕事ができるようになるには指示プラスαが必要なのです。

 

プラスαとは現状を改善するようなこと。今までと同じことを繰り返していては頭の回転数は上がりません。

「もっと効率を上げるには?」
「何を準備したらこのあと円滑に進むかな?」

このように現状に満足せず、改善方法をいつも考えるようにすると頭の回転は速くなっていきます。

思考時間を増やす

思考時間を増やして考える習慣を身につければ頭の回転は速くなっていきます。頭の回転の速い人はいつも頭のデータベースを検索して考えている状態なので、何かにつけて対応が速いのです。

 

時には通勤の時間を睡眠時間にせず、読書や人間観察などの思考時間にあてましょう。本を読むと筆者の考えに対して意見を考えたり、小説であれば世界に浸って想像が膨らんだりするので思考時間が増えます。

 

周囲の人をさりげなく観察して、「朝、何食べてきたのかな」「次の駅で降りるかも」などその人の背景について想像をするのも思考時間を増やすには効果的。

 

頭を常に動かす習慣をつけることで、次第に頭の回転が速くなっていくでしょう。

体調を整える

大切な時に頭の回転を速めるには体調管理が重要です。睡眠不足や疲労がたまっている状態では集中力も低下。脳も十分に働かず回転スピードは低下してしまいます。

 

「大事なプレゼンが明日に控えている」という日は残業はせず、余裕を持ってゆっくり休めるようスケジュールを管理しましょう。

脳トレゲームをする

最近では「脳トレ」と検索するとたくさんのアプリが紹介されますね。

 

言葉探しや数独などの脳トレゲームも頭の回転数を上げるには有効です。ランチの後や通勤時間などの隙間時間を利用すると良いでしょう。

 

ただしスマホなどスクリーンを長い時間見るのはNG。かえって脳が疲れ回転が鈍くなってしまいます。適度な時間で楽しむようにしましょう。

ビジネスパーソンに欠かせないアプリ!『flier』

 

仕事の効率や収入を上げるために欠かせないのがビジネス本。なんと、平均1000万円稼ぐ人は、平均年収層(432.2万円)の人の3倍以上ビジネス本を読んでいるそう!読書量は収入アップにも繋がります。

 

しかし、なかなか時間がとれなかったり、どの部分が重要かわからなかったり、継続するのは難しいですよね。

 

そんな人におすすめなのが、本の要約が読める『flier。本の内容がわかりやすくまとめられているので、普段は2~4時間かかる内容も約10分で読めます。覚えやすく実践にも活かせるので、収入アップが期待できるでしょう。

 

まずはアプリをダウンロードしてみましょう。(flierをダウンロード

 

参考データ:ハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」 今どき 1,000 万円プレイヤーの「読書事情」を徹底調査

 

関連flierで年収が上がる?注目の本要約アプリの評判・注意点

24時間対応、エキサイトお悩み相談室今なら新規登録で1000円分の相談が無料

「悩みを誰かに聞いてほしい」「でも身近な人にはどう反応されるかが怖くて、相談しづらい」こんな誰にも言えない悩みを抱えている人におすすめなのが、エキサイトお悩み相談室。プロのカウンセラーが24時間365日あなたの悩みを聴きます。まずは無料会員登録してあなたに合ったカウンセラーを探しましょう。

無料相談はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】