【GRIT(グリット)とは】成功者の共通点!やり抜く力の身につけ方|GRITの測定方法も紹介

あらゆる業界・分野で注目されている成功の秘訣「GRIT」を知っていますか?

 

GRIT(グリット)とは日本語で「やり抜く力」のことを指し、「成功者に共通する力」であると言われています。

 

起業家、ビジネスマン、アスリート、アーティスト、学者など、あらゆる分野で活躍する成功者に共通するのは、才能や知性ではなく「GRIT」だとすると、いったいどんな力なのか気になりますよね。

 

GRITは後天的に身につけたり伸ばしたりすることはできるのでしょうか?

 

今回はGRITについて詳しく知ってもらったうえで、GRITを高める方法について具体的に解説します。

GRITとは

 

GRITという言葉の持つ意味と、注目された背景について詳しく解説していきます。

GRITの意味

GRIT(グリット)はアメリカの心理学者である、ペンシルヴァニア大学のアンジェラ・リー・ダックワース教授が提唱した言葉です。

 

Guts(闘志)、Resilience(粘り強さ)、Initiative(自発)、Tenacity(執念)の4つの頭文字をとった言葉で、「やり抜く力」のことを意味します。

 

アンジェラ氏は、「才能やIQ(知能指数)や学歴ではなく、個人のやり抜く力こそが、社会的に成功を収める最も重要な要素である」として、GRIT(グリット)理論を提唱しました。

 

【GRIT(グリット)理論】

・成功に生まれ持った才能・知能は関係がない
・成功するためには、失敗を恐れず挑戦することが重要である

・成功するためには、長期間、継続的に粘り強い努力を必要とする

GRITは生まれ持った才能ではなく、後天的に身につけることができる力であるとされています。

GRITが注目を集めた背景

教育者でもあったアンジェラ氏は、学校現場でIQの高さと成績が必ずしも一致していないことに疑問を抱いていました。

 

そして研究を続けた結果「粘り強く物事に取り組む能力」の有無が成績に深く関係しているのではないかと考えたのです。

 

「才能がないからダメなんだ」
「センスがないから頑張っても無理」
「成功してる人はIQが高いんだ」

このように諦める必要はなく、やり抜く力を身につけることによって、誰しも成功する可能性を秘めているということを訴えたのです。

 

「成功に才能や知能が関係していない」とするこの理論は、さまざまな人種や学歴の人が存在するアメリカで広く受け入れられました。

 

2016年に発売されたアンジェラ氏の書籍「Grit: The Power of Passion and Perseverance」はベストセラーとなり、日本でも「やり抜く力――人生のあらゆる成功を決める『究極の能力』を身につける」というタイトルで発売されています。

 

GRITの4要素

 

次にGRITを構成する4つの要素について、一つ一つ説明していきます。

 

4つの要素は全て、生まれ持った能力ではなく、後天的に身に付けられるもの。また、才能や環境に左右されることなく、これらの力を伸ばすことで物事を成功に導くことができるとされています。

Guts(ガッツ):「闘志」

「ガッツ」は日本語で「闘志」という意味があります。そのまま日本語としても使われるほど一般的な言葉ですね。

闘志とは、戦おうとする意気込み。

(引用:闘志(とうし)の意味 – goo国語辞書

何事もやり抜くためには、困難に立ち向かうためには、ガッツが必要なのです。

Resilience(レジリエンス):「粘り強さ」

「レジリエンス」は、「粘り強さ」という意味。最後までやり抜くためには、逆境に負けない粘り強さが必要です。

 

レジリエンス自体も「逆境や困難に負けず、環境に適応し、生き抜く回復力」として注目されています。

 

レジリエンスとは?これからの時代の必須能力!折れない心で変化の激しい社会を生き抜こう

Initiative(イニシアチブ):「自発」

「イニシアチブ」は、「自発的に目標を定め取り組む力」との意味があります。

 

自ら見出し設定した目標だからこそ、それを達成するために粘り強く努力をし、継続して頑張ることができるのです。

Tenacity(テナシティ):「執念」

「テナシティ」は日本語で「執念」という意味。途中で困難や逆境にぶつかっても、最後までやり抜くためには「何としても達成する」という執念が必要なのです。

GRITを測定してみよう

 

自分のGRITはどのくらいあるのか、気になりますよね。GRITを測定する方法に「グリット・スケール」というものがあります。

 

グリット・スケールは、以下の10項目についての評価から導き出します。その数字の合計を10で割った数字(グリット・スコア)によりGRITの高さを測定することができるのです。

 

グリット・スコアが高いほどGRITが高い状態となります。

 

このグリット・スコアは、自分のその時の状況や気持ちによって変動するもの。常に高い数値を取ることができるように、自分のGRITを高めておくことが大切です。

 

1. 新しいアイデアや企画があると、ついそちらに気を取られてしまう。

 

非常に当てはまる 1点
かなり当てはまる 2点
やや当てはまる 3点
あまり当てはまらない 4点
まったく当てはまらない 5点

2. 妨げがあっても挫けないし、簡単にはあきらめない。

 

非常に当てはまる 5点
かなり当てはまる 4点
やや当てはまる 3点
あまり当てはまらない 2点
まったく当てはまらない 1点

3. 目標を設定しても、途中で変えてしまうことがよくある。

 

非常に当てはまる 1点
かなり当てはまる 2点
やや当てはまる 3点
あまり当てはまらない 4点
まったく当てはまらない 5点

4. 私は努力家だ。

 

非常に当てはまる 5点

かなり当てはまる 4点
やや当てはまる 3点
あまり当てはまらない 2点
まったく当てはまらない 1点

5. 達成まで何ヶ月もかかるようなことだと、集中を維持することが難しい。

 

非常に当てはまる 1点
かなり当てはまる 2点
やや当てはまる 3点
あまり当てはまらない 4点
まったく当てはまらない 5点

6. 始めたことは必ずやり遂げる。

 

非常に当てはまる 5点
かなり当てはまる 4点
やや当てはまる 3点
あまり当てはまらない 2点
まったく当てはまらない 1点

7. 興味が毎年のように変わる。

 

非常に当てはまる 1点
かなり当てはまる 2点
やや当てはまる 3点
あまり当てはまらない 4点
まったく当てはまらない 5点

8. 私は勤勉で、絶対にあきらめない。

 

非常に当てはまる 5点
かなり当てはまる 4点
やや当てはまる 3点
あまり当てはまらない 2点
まったく当てはまらない 1点

 

9. アイデアや計画に夢中になっても、直ぐに飽きてしまう。

 

非常に当てはまる 1点
かなり当てはまる 2点
やや当てはまる 3点
あまり当てはまらない 4点
まったく当てはまらない 5点

10. 大切なことを成し遂げるために、挫折を克服してきた。

 

非常に当てはまる 5点
かなり当てはまる 4点
やや当てはまる 3点
あまり当てはまらない 2点
まったく当てはまらない 1点

GRITを高める方法

 

次に、GRITを身につけ、高める方法について具体的に解説していきます。

新しいことにチャレンジする

まずは新しいことにチャレンジすることです。自分の興味のある分野で構いません。新しいこと、今より少し難しいことにチャレンジすれば、GRITは伸びていきます。

 

新しい目標を設定し達成するためには、闘志や粘り強い努力が必要。あえてその経験を繰り返すことでGRITを強化することができるのです。

 

はじめに「よし!まずはやってみよう」とマインドセットすることを意識し、プラス思考を習慣化していきましょう。

 

「GRITのある人は失敗しない人」ではありません。多くのチャレンジをして多くの失敗を経験しています。失敗から学び、失敗してもまた果敢に挑戦する、ことが重要であり、その力こそがGRITなのです。

小さな成功体験を積み重ねる

小さなことでも良いので「できた」という成功体験を積みましょう。自分に自信を持つこと、自己肯定感を育むことによって、GRITは高められます。

 

「自分ならできる」という信念があるからこそ、新しい挑戦に踏み出すことができ、困難にぶつかってもなお、立ち上がり粘り強く取り組むことができるのです。

 

これまでの経験で成功したこと、うまくいったことなどを振り返り、改めて書き出してみるのも良いでしょう。

 

自己肯定感が低い人みんなが試し始めた7つの習慣とは?自己肯定感の高め方

目標に向かって集中して取り組む

目標を設定し、そこに向かって集中して取り組みましょう。自発的に目標を定め、達成するために粘り強く取り組むことでGRITが鍛えられます。

 

最初は簡単な目標で良いのです。少しずつ難しいことにチャレンジし、短期だけでなく長期的な目標も視野に入れていきましょう。

 

その際、必ずいつまでに達成したいか期日も決めておくことが大切。それにより、目標に向かって計画的に努力することができるようになります。

 

自分でもできそうなことから始めて、自信を積み重ねながら、徐々に高い目標を設定するのがおすすめです。

GRITがある人のいる環境に身を置く

GRITを持った人の近くにいることで、その人の考え方、行動から良い影響を受けられます。目標の設定方法や取り組み方、姿勢などを学び、自分自身がGRITを高めるために活かしましょう。

 

また、GRITを持った人からフィードバックやアドバイスをもらうのも、とても価値のあることです。自己を高めるためにも進んでフィードバックを受けられる機会を設け、素直に聞き入れましょう。

まとめ

 

成功を収めた人は「天才だ」「別世界の人だ」と思われがちです。しかし彼らは当たり前のように簡単に成功を手にしたのでしょうか?

 

彼らはきっと何度も困難を乗り越えて、長い時間をかけて努力をして、執念を持ってやり遂げて、やっと成功を掴んだのです。

 

「GRIT(やり抜く力)」が備わっていたからこそ、大きな成功を収めることができたのでしょう。

 

これからますます変化の激しい時代になります。多くの変化や困難を乗り越え、成功を収めるためにも、「GRIT(やり抜く力)」を身につけ伸ばしていきたいですよね。

 

まずは一歩。自分の目指す成功に向かって、チャレンジを始めてみませんか?

ビジネスパーソンに欠かせないアプリ!『flier』

 

仕事の効率や収入を上げるために欠かせないのがビジネス本。なんと、平均1000万円稼ぐ人は、平均年収層(432.2万円)の人の3倍以上ビジネス本を読んでいるそう!読書量は収入アップにも繋がります。

 

しかし、なかなか時間がとれなかったり、どの部分が重要かわからなかったり、継続するのは難しいですよね。

 

そんな人におすすめなのが、本の要約が読める『flier。本の内容がわかりやすくまとめられているので、普段は2~4時間かかる内容も約10分で読めます。覚えやすく実践にも活かせるので、収入アップが期待できるでしょう。

 

まずはアプリをダウンロードしてみましょう。(flierをダウンロード

 

参考データ:ハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」 今どき 1,000 万円プレイヤーの「読書事情」を徹底調査

 

関連flierで年収が上がる?注目の本要約アプリの評判・注意点

24時間対応、エキサイトお悩み相談室今なら新規登録で1000円分の相談が無料

「悩みを誰かに聞いてほしい」「でも身近な人にはどう反応されるかが怖くて、相談しづらい」こんな誰にも言えない悩みを抱えている人におすすめなのが、エキサイトお悩み相談室。プロのカウンセラーが24時間365日あなたの悩みを聴きます。まずは無料会員登録してあなたに合ったカウンセラーを探しましょう。

無料相談はこちら

エンジニア転職 マンツーマン支援完全未経験OK!!【簡単60秒応募】